霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 篇:前付 よみ:
章:第24巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年07月05日(旧閏05月11日) 口述場所:松雲閣 筆録者:口述著者 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
現代は真の宗教がなく、また真の宗教家もない時代である。神代の宣伝使の舎身的活動、無抵抗主義、忍耐強さを思えば、世界五大洲に一人も真の宗教家はいないと言っても言い過ぎではないと思う。
実に遺憾の限りである。本巻末尾には、神代の宣伝使の至善至美、至仁至愛の大精神が遺憾なく口述されているので、宣伝使はもちろん宗教信者たるもの、本巻を一読して大神の大御心を覚り、規範となし、真の大和魂を発揮することを望む。
キリスト教、仏教、神道もその真髄を窮めて見れば大和魂に他ならないのである。いわんや、日本魂の本場である神国に生まれた者であればなおさらである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm240002
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第4輯 610頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 現代(げんだい)(しん)宗教(しうけう)()く、002(また)宗教家(しうけうか)もない。003キリスト教徒(けうと)はキリストを()らず、004仏教家(ぶつけうか)仏教(ぶつけう)()らず、005教育家(けういくか)教育(けういく)()らず、006紺屋(こんや)白袴(しろばかま)007箕売(みう)(かさ)ひる(たとへ)(とほ)り、008(しん)宗教(しうけう)教育(けういく)や、009()(また)政事(せいじ)(かい)したものは(すくな)い。010(したが)つて人間(にんげん)として(はなし)をしようと(おも)(もの)(あま)沢山(たくさん)()りさうもない。011歩行(ある)樹木(じゆもく)石地蔵(いしぢざう)か、012もの()案山子(かがし)かと(おも)つて()たら(あま)(おほ)きな間違(まちが)ひもない(やう)だと、013(わたくし)副守(ふくしゆ)らしいものが(ささや)いて()る。014神代(かみよ)()ける(かみ)(みち)宣伝使(せんでんし)今日(こんにち)所謂(いはゆる)宗教家(しうけうか))の舎身的(しやしんてき)活動(くわつどう)と、015無抵抗主義(むていかうしゆぎ)忍耐(にんたい)(つよ)(こと)(おも)()せば、016現代(げんだい)宗教家(しうけうか)には五大洲中(ごだいしうちう)(ただ)一人(ひとり)()いと()つても過言(くわごん)ではあるまいと(おも)ふ。017(わたくし)現代(げんだい)教役者(けうえきしや)日々(にちにち)行動(かうどう)と、018その心理(しんり)状態(じやうたい)()るにつけ、019神代(かみよ)教役者(けうえきしや)活動(くわつどう)()し、020(じつ)天地霄壤(てんちせうじやう)()あること歎息(たんそく)せずには()られないのだ。
021 本巻(ほんくわん)末尾(まつび)には、022神代(かみよ)()ける宣伝使(せんでんし)至善(しぜん)至美(しび)023至仁(しじん)至愛(しあい)大精神(だいせいしん)遺憾(ゐかん)なく口述(こうじゆつ)されてあるから、024宣伝使(せんでんし)(さら)なり、025(すべ)ての宗教(しうけう)信者(しんじや)たるもの、026本巻(ほんくわん)一読(いちどく)されて大神(おほかみ)大御心(おほみこころ)(さと)り、027()信者(しんじや)たるものの軌範(きはん)となし、028(しん)日本魂(やまとだましひ)発揮(はつき)されむ(こと)希望(きばう)する。029キリスト(けう)()ふも、030仏教(ぶつけう)といふも、031神道(しんだう)といふも、032その真髄(しんずゐ)(きは)めて()れば、033(いづ)れも日本魂(やまとだましひ)別名(べつめい)(ほか)ならぬのである。034(いは)ンや日本魂(やまとだましひ)本場(ほんば)たる(かみ)(くに)(せい)(たく)するものに(おい)てをやである。
035   大正十一年七月五日   於松雲閣 口述著者識
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。