霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 湖上(こじやう)怪物(くわいぶつ)〔七九四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 篇:第4篇 竜神昇天 よみ:りゅうじんしょうてん
章:第12章 第27巻 よみ:こじょうのかいぶつ 通し章番号:794
口述日:1922(大正11)年07月25日(旧06月02日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月20日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言依別命は、国依別らの身に変事があったとは思わず、一心不乱に神言を奏上しながら、千畳敷の岩石が散乱する谷間にやってきた。そこには山と山との間に紺碧の淵が広がり、風もないのに波騒いでいた。
若彦は波が騒いでいるのを見て、国依別が途中の太平柿を取って竜神の機嫌を損ねたのではないかと心配になる。
言依別と待っていると、常楠が息せききってやってきた。常楠はさいぜんの出来事を包み隠さず報告した。そこへ、国依別とチャール、ベースが宣伝歌を歌いながら登ってきた。
国依別はまた茶目っ気を出して軽口を叩いている。すると一陣の暴風が水面から吹き起こり、巨大な岩石を巻き上げる勢いになってきた。国依別は大木の幹に抱きついて必死に祈念していた。
言依別をはじめその他の人々は、暴風にも裾もふかれず端座していた。一同は国依別の様子を見てからかっている。国依別以外の人々には、暴風を感じていないようであった。言依別命は国依別をたしなめた。
夜が更けてきた。一同が月に祈願を凝らしていると、雨つぶてがばらばらと降ってきた。湖面は鉢のように窪みがいくつも生じてきた。雨が止まると湖底に火柱のようなものが横たわって輝き始めた。
四方の山々から怪音が響き出し、四辺は真っ暗となって見えなくなってしまった。湖面を渡ってくる白色の長大な怪物があった。白髪・髭を長く垂らして金色さんぜんたる角を生やし、口は耳まで裂け、金色の牙をむき出していた。
怪物は、竜神の眷属・竜若彦神であると名乗った。ハーリス山の竜神・大竜別命、大竜別姫命は、言依別命らが玉照彦・玉照姫の神命によって琉球の玉を受け取りに来たことを喜んでいる、と伝えた。
しかし言依別命幕下の国依別が、柿を盗んで喰ったために、眷属たちは大いに立腹し、琉球の玉を引き渡すことは考え直さなければならないと大評定の真っ最中であると伝えた。
国依別は自分が交渉しようと前に出ると、竜若彦命に対して、怪物の姿で現れて脅したことを非難した。また柿については、竜神が食べるわけでもないのに、人間に食べることを禁じて、天与の珍味を木に腐らせたことを、天恵を無視する大逆と非難した。
国依別が背水の陣で自棄になって力限りに天の数歌を歌うと、竜若彦命と名乗る竜神は次第に容積を減じて小さくなり、消えてしまった。
国依別は、竜神が執着心から難癖をつけて少しでも長く玉を手元に置いておこうとしていることを見抜き、水底に向かって、玉が三五教に渡るべき時節が来たことを告げ、大喝した。国依別の面はこのとき、崇高な威厳に満たされていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2712
愛善世界社版:203頁 八幡書店版:第5輯 315頁 修補版: 校定版:209頁 普及版:89頁 初版: ページ備考:
001 言依別(ことよりわけ)若彦(わかひこ)(とも)に、002途中(とちう)国依別(くによりわけ)()(たい)し、003()かる変事(へんじ)ありとは(ゆめ)にも()らず一心不乱(いつしんふらん)神言(かみごと)奏上(そうじやう)(なが)ら、004千畳敷(せんぜうじき)岩石(がんせき)005彼方(あなた)此方(こなた)伍列(ごれつ)する谷間(たにま)に、006(やうや)辿(たど)()き、007()(はな)てば紺碧(こんぺき)(ふち)008際限(さいげん)もなく(やま)(やま)との谷間(たにま)()(ひろ)がり、009(かぜ)()きに(なみ)(たか)()(さわ)いで()る。010一見(いつけん)して(じつ)凄惨(せいさん)()(おそ)はるる(ごと)くである。011言依別(ことよりわけ)(あと)()(かへ)り、
012言依別(ことよりわけ)若彦(わかひこ)さま、013ここは(りう)(きう)との宝玉(ほうぎよく)()つて()竜神(りうじん)棲処(すみか)でせう』
014若彦(わかひこ)『ハイ左様(さやう)御座(ござ)います。015今日(けふ)大変(たいへん)(なみ)()れて()ります。016屹度(きつと)途中(とちう)(おい)国依別(くによりわけ)017常楠(つねくす)が、018(なに)神慮(しんりよ)(かな)はぬ(こと)()つたのではあるまいかと、019()(かか)つてなりませぬ。020………アレアレ御覧(ごらん)なさいませ。021(この)無風(むふう)地帯(ちたい)(なみ)増々(ますます)(あら)くなつて()たではありませぬか。022アレアレ(やま)(ごと)(なみ)()つて()ました』
023言依別(ことよりわけ)成程(なるほど)024(この)湖水(こすゐ)余程(よほど)(おもむ)きが(ちが)つて()ります。025(この)(なみ)()様子(やうす)から(かんが)へても、026(たつと)竜神(りうじん)潜伏(せんぷく)して()られるのは(あきら)かであります。027(しか)(なが)国依別(くによりわけ)常楠(つねくす)(その)()方々(かたがた)は、028如何(どう)なつたのでせうか。029大変(たいへん)(おそ)いぢやありませぬか』
030若彦(わかひこ)途中(とちう)(おい)て、031竜神(りうじん)守護(しゆご)すると()太平柿(たいへいがき)が、032(えだ)もたわわに()のつて()りましたが、033大方(おほかた)()(かき)でも国依別(くによりわけ)さまが()つて()ひ、034竜神(りうじん)(いか)りに()れて、035一騒動(ひとさうどう)をオツ(ぱじ)めて()るのではありますまいかと()()でなりませぬ』
036言依別(ことよりわけ)『あの(をとこ)茶目式(ちやめしき)で、037揶揄(からかひ)専門(せんもん)より(ほか)芸能(げいのう)のない(をとこ)だ。038(しか)淡白(たんぱく)正直(しやうぢき)面白(おもしろ)(やつ)だから、039(ひと)(おそ)れる(かき)()つて()ようなぞと、040痩我慢(やせがまん)()したのかも()れませぬよ。041常楠翁(つねくすをう)(じつ)真面目(まじめ)(ひと)だから、042矢張(やつぱり)国依別(くによりわけ)(うま)(くち)()せられて、043犠牲(まきぞへ)()つて()るのでせう。044(なに)()もあれ一同(いちどう)無事(ぶじ)(やう)此処(ここ)祈願(きぐわん)(いた)しませう』
045両手(りやうて)(あは)せ、046湖面(こめん)(むか)つて両人(りやうにん)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、047(あま)数歌(かずうた)(うた)()げて(やや)(とき)(つい)やした。
048 ()()()れて(かさ)(ゆら)ついて()る。049よくよく()れば常楠(つねくす)(ただ)一人(ひとり)050(いき)せききつて(のぼ)(きた)り、051二人(ふたり)(まへ)()()いて、
052常楠(つねくす)『ドウも御待(おま)たせ(いた)しました。053(さぞ)御退屈(ごたいくつ)()らせられたでせう。054これには(すこ)(わけ)御座(ござ)いますので、055ツイ時間(じかん)(つぶ)しました。056どうぞ御赦(おゆる)しを(ねが)ひたう御座(ござ)います』
057言依別(ことよりわけ)大方(おほかた)国依別(くによりわけ)が、058竜神(りうじん)(かき)()つて()つたのぢやありませぬか』
059常楠(つねくす)『ハイ(その)()めに大変(たいへん)珍事(ちんじ)突発(とつぱつ)(いた)し、060イヤもう()()みましたが、061(やや)安心(あんしん)する(こと)出来(でき)ましたので、062()るものも()(あへ)ず、063此処迄(ここまで)(いそ)いで(のぼ)つて(まゐ)りました』
064(いき)をつぎつぎ(くる)しさうに物語(ものがた)る。065言依別(ことよりわけ)(ひざ)(すす)(なほ)(つぎ)から(つぎ)へと、066詳細(しやうさい)(たづ)ねた。067常楠(つねくす)()りし(こと)ども一切(いつさい)(つつ)まず(かく)さず物語(ものがた)つた。
068 三人(さんにん)(また)もや国依別(くによりわけ)無事(ぶじ)(しゆく)し、069(ふたた)感謝(かんしや)祈願(きぐわん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)しつつあつた。070其処(そこ)以前(いぜん)(うた)(うた)(なが)ら、071意気(いき)揚々(やうやう)として国依別(くによりわけ)は、072チヤール、073ベース(ほか)五人(ごにん)()()れ、074三人(さんにん)(まへ)(あら)はれ、075(あたま)()(なが)ら、
076国依別(くによりわけ)『イヤどうも、077(なが)らく御待(おま)たせ(まを)して申訳(まをしわけ)御座(ござ)いませぬ。078様子(やうす)(のこ)らず常楠翁(つねくすをう)から御聞取(おききとり)(こと)(ぞん)じますれば、079(なに)申上(まをしあ)げませぬ。080これにて(わたし)副守護神(ふくしゆごじん)茶目坊(ちやめぼう)悉皆(しつかい)退散(たいさん)(いた)しまして、081本当(ほんたう)真摯(しんし)な、082率直(そつちよく)な、083清廉(せいれん)な、084潔白(けつぱく)な、085勇壮活溌(ゆうさうくわつぱつ)人物(じんぶつ)(うま)(かは)りました』
086若彦(わかひこ)『アハヽヽヽ、087国依別(くによりわけ)さま、088茶目坊(ちやめぼう)は……益々(ますます)猛烈(ひどく)なつたぢやありませぬか』
089国依別(くによりわけ)灯火(とうくわ)(めつ)せんとするや(その)(ひかり)(こと)(つよ)し……とか()つて、090副守(ふくしゆ)(やつ)091(いま)滅亡(めつぼう)断末魔(だんまつま)悲痛(ひつう)(さけ)びで御座(ござ)います。092(じつ)悲痛(ひつ)守護神(しゆごじん)で、093国依別(くによりわけ)(まこと)迷惑千万(めいわくせんばん)094チヤール、095ベースの両人(りやうにん)も、096(ふぐ)(ごと)(はら)(ふく)れ、097臨月(りんげつ)女房(にようばう)()児腹(ごばら)(かか)へた(やう)体裁(ていさい)098ウンウンキヤアキヤア(うな)(とほ)し、099揚句(あげく)にや皮癬(ひぜん)()いて、100おまけに疳瘡(かんさう)で、101陰金(いんきん)たむしで………』
102若彦(わかひこ)国依別(くによりわけ)さま、103(また)脱線(だつせん)しましたぞ。104()加減(かげん)茶目坊(ちやめぼう)()()しなさらぬか』
105国依別(くによりわけ)何程(なにほど)チヤール、106ベース(ぼう)()()さうと(おも)うても、107(わたし)引付(ひつつ)いて生命(いのち)(おや)ぢやと(おも)うて、108副守(ふくしゆ)(はな)れぬのですから仕方(しかた)がありませぬ……なア、109チヤール、110ベース、111若彦(わかひこ)さまの仰有(おつしや)(とほ)り、112モウ(わたし)副守護神(ふくしゆごじん)になる必要(ひつえう)はないから、113トツトと(はな)れて(くだ)さい』
114常楠(つねくす)『オホヽヽヽ、115(なん)とまア、116戦場(せんぢやう)(のぞ)んで気楽(きらく)(こと)()うて()(かた)(こと)
117国依別(くによりわけ)強敵(きやうてき)(まへ)(ひか)へて横笛(よこぶえ)()き、118悠揚(いうやう)(せま)らざる(その)態度(たいど)119これで()くては本当(ほんたう)言霊戦(ことたません)参加(さんか)し、120大勝利(だいしようり)()()(こと)不可能(ふかのう)でせう。121アハヽヽヽ』
122 (この)(とき)一陣(いちぢん)暴風(ばうふう)水面(すゐめん)より()(おこ)り、123巨大(きよだい)なる岩石(がんせき)(まで)空中(くうちう)()()げる(いきほひ)となつて()た。124「コリヤ大変(たいへん)」と国依別(くによりわけ)は、125大木(たいぼく)(みき)抱付(だきつ)き、126一生懸命(いつしやうけんめい)(こゑ)(まで)(ふる)はせて祈念(きねん)して()る。127何故(なにゆゑ)言依別(ことよりわけ)128若彦(わかひこ)129常楠(つねくす)(その)()一同(いちどう)は、130さしもの暴風(ばうふう)(すそ)さへも()かれず依然(いぜん)として(その)()端坐(たんざ)して()た。
131言依別(ことよりわけ)国依別(くによりわけ)さま、132強敵(きやうてき)(まへ)(ひか)へて、133余裕綽々(しやくしやく)たる貴下(あなた)態度(たいど)134(じつ)(かん)()りました』
135 若彦(わかひこ)可笑(をか)しさを(こら)へて「キユーキユーキユープー」と()()して()る。136常楠(つねくす)真面目(まじめ)(かほ)をして(ひか)へて()る。
137国依別(くによりわけ)綽々(しやくしやく)として()つから余裕(よゆう)()りませぬ。138神直日(かむなほひ)139大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)して(くだ)さいませ。140どうぞ(この)烈風(れつぷう)()まるやうに御祈念(ごきねん)して(くだ)さい。141あのやうな大岩石(だいがんせき)頭上(づじやう)落下(らくか)しようものなら、142それこそ五体(ごたい)微塵(みじん)になりませう。143(なん)だか体躯(からだ)筋肉(きんにく)細密(さいみつ)活動(くわつどう)(はじ)めました』
144若彦(わかひこ)国依別(くによりわけ)さま、145何処(どこ)烈風(れつぷう)()いて()りますか。146(すこ)(かぜ)()しい(くらゐ)だ。147(あま)(あつ)いからなア……貴下(あなた)()には(かぜ)()くやうに()えますか』
148国依別(くによりわけ)『アヽどうしても……コリヤ……(わたくし)はどうかして()るワイ。149ほんに矢張(やつぱり)(かぜ)()いて()りませぬなア。150大方(おほかた)過去(くわこ)未来(みらい)烈風(れつぷう)惨状(さんじやう)時間(じかん)空間(くうかん)超越(てうゑつ)して、151(わたくし)()(うつ)つたのでせう』
152若彦(わかひこ)何処迄(どこまで)徹底(てつてい)した何々(なになに)ですな、153アハヽヽヽ』
154(わら)ふ。
155 言依別命(ことよりわけのみこと)厳然(げんぜん)として、
156言依別(ことよりわけ)『サア、157国依別(くによりわけ)さま、158(これ)からが正念場(しやうねんば)だ。159今晩(こんばん)(この)谷間(たにま)湖水(こすゐ)(なが)めて祈願(きぐわん)()らし、160竜神(りうじん)宝玉(ほうぎよく)受取(うけと)らねばならない、161大切(たいせつ)(よう)でありますぞ。162(これ)(かぎ)真面目(まじめ)になつて善言美詞(ぜんげんびし)一点張(いつてんば)り、163()()けなされませ』
164国依別(くによりわけ)『ハイ』
165(しと)やかに(ゆめ)から()めたる(ごと)く、166両手(りやうて)()真面目(まじめ)くさつて、167(あたま)()げて()る。168一同(いちどう)三間(さんげん)(ばか)距離(きより)(へだ)てて、169谷川(たにがは)湖辺(こへん)伍列(ごれつ)する岩影(いはかげ)()(しの)ばせ、170暗祈黙祷(あんきもくたう)(なが)(とき)(うつ)るを()(こと)とした。
171 ()追々(おひおひ)()けて()る。172西(にし)から(ひがし)から延長(えんちやう)した、173(やま)(やま)との谷間(たにま)は、174二十三夜(にじふさんや)利鎌(とがま)(やう)(つき)175(やうや)(くも)()()けて(のぼ)つて()た。176一同(いちどう)月光(げつくわう)(むか)つて祈願(きぐわん)()らし()(さい)177(つぶて)(あめ)178まばらにパラパラと(いし)()くやうに()つて()た。179湖面(こめん)()れば(いく)つともなく、180水鉢(みづばち)(なら)べた(やう)水面(すゐめん)(くぼ)みを(いん)し、181(まる)波紋(はもん)(たがひ)(かさ)なり(かさ)なりて、182時計(とけい)(ふた)生地(きぢ)(やう)()えて()た。183(しばら)くにして大粒(おほつぶ)(あめ)()まつた。184湖底(うみぞこ)()()はれぬ蜒々(えんえん)たる火柱(ひばしら)(ごと)きもの(よこ)たはり(かがや)(はじ)めた。185一同(いちどう)(こゑ)(ひそ)めて、186(この)光景(くわうけい)見守(みまも)つて()る。187微妙(びめう)音楽(おんがく)(ひき)かへ、188四辺(あたり)谷々(たにだに)山々(やまやま)より(なん)とも()へぬ殺風景(さつぷうけい)怪音(くわいおん)一時(いちじ)(ひび)いて()た。189大地(だいち)(うな)りを()てて震動(しんどう)し、190一同(いちどう)(からだ)(まで)がビリビリと(ひび)()した。191(たちま)四辺(しへん)暗澹(あんたん)として咫尺(しせき)(べん)ぜざるに立至(たちいた)つた。
192 (その)(とき)忽然(こつぜん)として(なみ)(うへ)(あゆ)(なが)ら、193此方(こなた)(むか)つて(すす)(きた)白色(はくしよく)長大(ちやうだい)なる怪物(くわいぶつ)がある。194(ちか)づくに(したが)つてよくよく()れば、195頭髪(とうはつ)飽迄(あくまで)(しろ)背後(はいご)()れ、196(ひげ)(へそ)(あたり)まで()らし、197(かほ)(べに)(ごと)()(かがみ)(ごと)く、198金色(きんしよく)燦然(さんぜん)たる二本(にほん)(つの)四五寸(しごすん)(ばか)りのもの、199(ひたい)左右(さいう)行儀(ぎやうぎ)よく並立(へいりつ)し、200(みみ)(まで)引裂(ひきさ)けたる鰐口(わにぐち)金色(きんしよく)(きば)()()し、201(なん)とも()へぬ(めう)石原薬鑵声(いしばらやくわんごゑ)で、
202怪物(くわいぶつ)(われ)こそはハーリス(ざん)竜神(りうじん)203大竜別命(おほたつわけのみこと)204大竜姫命(おほたつひめのみこと)(いち)眷属(けんぞく)205竜若彦神(たつわかひこのかみ)であるぞよ。206(その)(はう)(こと)聖地(せいち)(おい)て、207玉照彦(たまてるひこ)208玉照姫命(たまてるひめのみこと)より神命(しんめい)(ほう)じ、209(りう)210(きう)宝玉(ほうぎよく)大竜別命(おほたつわけのみこと)211大竜姫命(おほたつひめのみこと)より受取(うけと)らんと、212遥々(はるばる)此処(ここ)(きた)れる(こと)213大神様(おほかみさま)(おい)ても()むを()ずとして、214御満足(ごまんぞく)(あそ)ばして御座(ござ)る。215(しか)(なが)言依別命(ことよりわけのみこと)幕下(ばくか)(つか)ふる、216国依別命(くによりわけのみこと)217竜神(りうじん)(かき)(ぬす)(くら)ひし(その)()めに、218(わが)眷属(けんぞく)(ども)(おほい)立腹(りつぷく)(いた)し、219()かる天地(てんち)道理(だうり)(わきま)へざる家来(けらい)()言依別(ことよりわけ)(わた)(こと)は、220(ひと)(かんが)へねばならぬと大変(たいへん)大評定(だいへうぢやう)御座(ござ)る。221一度(いちど)聖地(せいち)(かへ)り、222出直(でなほ)して修行(しうぎやう)(いち)から()()へ、223(あらた)めて(ふた)つの宝玉(ほうぎよく)御迎(おむか)ひに(まゐ)つたがよからうぞ』
224若彦(わかひこ)『それ()よ、225国依別(くによりわけ)さま、226(まへ)一人(ひとり)(みな)(もの)総崩(そうくづ)れになつたぢやないか。227それだから一匹(いつぴき)(うま)(くる)へば千匹(せんびき)(うま)(くる)うと()ふのだ』
228国依別(くによりわけ)八釜敷(やかまし)()ふな。229(おれ)竜若彦(たつわかひこ)直接(ちよくせつ)談判(だんぱん)をやつて、230()(ごと)受取(うけと)つて(かへ)る。231……コラコラ竜若彦(たつわかひこ)とやら、232(なんぢ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(むか)つて、233礼儀(れいぎ)()らず不届(ふとど)きな(やつ)だ。234種々(いろいろ)化様(ばけやう)もあらうに、235(その)(はう)失敬(しつけい)千万(せんばん)なる(かほ)一体(いつたい)(なん)だ。236(ひと)(たい)する(とき)(もつと)(うる)はしき顔色(かんばせ)(もつ)て、237笑顔(ゑがほ)十二分(じふにぶん)(たた)え、238挨拶(あいさつ)するが(かみ)礼儀(れいぎ)なるに、239鬼面(きめん)(ひと)(おどろ)かすと()ふ、240(その)(はう)()(かた)241国依別(くによりわけ)中々(なかなか)承知(しようち)(つかまつ)らぬぞ。242これに返答(へんたふ)()らば(うけたま)はらう。243……(また)竜神(りうじん)(かき)()(くら)ひしを、244(なんぢ)非常(ひじやう)罪悪(ざいあく)(ごと)(いま)(まを)したが、245()(かき)なるもの、246竜神(りうじん)平素(へいそ)(しよく)()きものなるや返答(へんたふ)()かう。247(かき)人間(にんげん)()うべきもの、248人間(にんげん)()いでは(さる)249(からす)(しよく)()(もの)だ。250(ひと)にも()はさず、251(たな)にも()かず、252あたら天与(てんよ)珍味(ちんみ)毎年(まいねん)()(くさ)らし、253天恵(てんけい)無視(むし)する大逆無道(だいぎやくぶだう)254国依別(くによりわけ)…サアこれより言霊(ことたま)神力(しんりき)(もつ)て、255汝等(なんぢら)(まを)すに(およ)ばず、256大竜別命(おほたつわけのみこと)257大竜姫命(おほたつひめのみこと)言向(ことむ)(やは)し、258天晴(あつぱれ)259(りう)260(きう)(たま)(たてまつ)らせ()れん。261(この)(はう)(げん)(むか)つて一言(いちごん)弁解(べんかい)あるか……(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)………』
262国依別(くによりわけ)自暴自棄(やけくそ)になり、263背水(はいすゐ)(ぢん)()つて(ちから)(かぎ)りに言霊(ことたま)奏上(そうじやう)した。264竜若彦命(たつわかひこのみこと)(しよう)する怪物(くわいぶつ)は、265次第(しだい)々々(しだい)容積(ようせき)(げん)じ、266(つひ)には(まめ)(ごと)くになつて()えて(しま)つた。267国依別(くによりわけ)は、
268国依別(くによりわけ)『アハヽヽヽ、269コレ若彦(わかひこ)さま、270御心配(ごしんぱい)御無用(ごむよう)になされませ。271これより国依別(くによりわけ)272飽迄(あくまで)言霊(ことたま)(もつ)奮戦(ふんせん)し、273目的(もくてき)(りう)274(きう)宝玉(ほうぎよく)受取(うけと)つて()せませう。275最早(もはや)吾々(われわれ)(わた)()時機(じき)到来(たうらい)したのだ。276さうでなくては大神(おほかみ)直司(ぢきつかさ)なる、277玉照彦(たまてるひこ)(さま)278玉照姫(たまてるひめ)(さま)(なに)しに教主(けうしゆ)御命令(ごめいれい)あるものか。279(この)竜神(りうじん)執着心(しふちやくしん)(いま)()れやらず、280(ちい)さき(こと)かこ()けて、281すつた()んだと一日(いちにち)なりとも(なが)()()たんと、282吝嗇(けち)奴根性(どこんじやう)から(まを)して()たのである。283………ヤアヤア湖底(こてい)にある竜神(りうじん)284よつく()け。285三五教(あななひけう)(かみ)(つかさ)言依別命(ことよりわけのみこと)286国依別命(くによりわけのみこと)287若彦(わかひこ)288常楠(つねくす)四魂(しこん)(そろ)うて(たま)受取(うけと)りに(むか)うたり。289時節(じせつ)には(かな)ふまい、290(すみや)かに(わが)(まへ)持来(もちきた)目出度(めでた)授受(じゆじゆ)(をは)れツ』
291大喝(だいかつ)した。292(この)(とき)国依別(くによりわけ)顔面(がんめん)は、293四辺(あたり)()るが(ごと)崇高(すうかう)なる権威(けんゐ)に、294何処(どこ)となく(みた)されて()つた。
295大正一一・七・二五 旧六・二 谷村真友録)