霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 難有迷惑(ありがためいわく)〔八〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 篇:第1篇 高砂の島 よみ:たかさごのしま
章:第5章 第28巻 よみ:ありがためいわく 通し章番号:805
口述日:1922(大正11)年08月06日(旧06月14日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年8月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日楯と月鉾は禊を終わって、信徒を連れて神殿に戻ってきた。そして神殿の前で父の無事な帰還を祈っていた。そこへ人々をかきわけて真道彦が現れ、兄弟と共に拝礼を行った。
真道彦は拝礼を終えると、兄弟の手を握って父の名乗りをした。兄弟をはじめその場の信徒一同は喜び、祝いの直会は三日も続いた。
玉藻の湖水の東には、天嶺という景勝の山地があり、日楯とユリコ姫に守らせることになった。西側の泰嶺には、月鉾とマリヤス姫に守らせた。真道彦は玉藻山の霊場にヤーチン姫を奉じていた。
日楯とユリコ姫は夫婦となって神業に仕えた。マリヤス姫は月鉾に想いを寄せたが、月鉾は神の命により独身生活を続けていた。
ヤーチン姫は、老いたとはいえ精悍な真道彦に対し、自分を救ってくれたという思いからいつしか恋の想いを抱くようになった。そしてその想いが募って病気を発し、床に就いてしまった。
侍臣のキールスタンはヤーチン姫を看病したが、一向に効験はなく重病となってしまった。ある日真道彦がヤーチン姫の病床を見舞った。ヤーチン姫は、真道彦に想いを伝えた。
真道彦は、死の床にある婦人に対して没義道な振る舞いをせずに見送ろうと決心し、姫の思いを入れる返答をなした。ヤーチン姫は喜び、病の身のまま病床を出て身を繕い、真道彦を自分の居間に導いた。
そして真道彦をカールス王であると誤認して、当惑する真道彦の腕にしがみついて泣き伏した。キールスタンはこの様を見て驚き、二人の間には夫婦関係が結ばれたものという噂が信徒の間には広まった。
しかし真道彦は将来を慮り、ヤーチン姫には一指もさえることはなく、主人のように尊び仕えた。ヤーチン姫も病気が回復するにしたがい、誤認は解けて、真道彦の信仰の堅実さに感歎し、互いに胸襟を開いて神業に参加することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2805
愛善世界社版:59頁 八幡書店版:第5輯 373頁 修補版: 校定版:60頁 普及版:26頁 初版: ページ備考:
001 日楯(ひたて)002月鉾(つきほこ)(りやう)教主(けうしゆ)数多(あまた)取次(とりつぎ)信徒(しんと)()取巻(とりま)かれ、003数多(あまた)松明(たいまつ)(てん)(なが)ら、004(みづうみ)(ほとり)長蛇(ちやうだ)(ぢん)(つく)り、005蜿蜒(えんえん)として玉藻山(たまもやま)聖地(せいち)()して(かへ)()く。006松明(たいまつ)火光(くわくわう)湖面(こめん)(えい)じ、007(あたか)水中(すゐちう)火竜(ひりよう)(およ)ぐが(ごと)く、008壮観(さうくわん)(たと)ふるに(もの)なき(なが)めなりけり。
009 真道彦命(まみちひこのみこと)松明(たいまつ)(うしろ)より、010ヤーチン(ひめ)011ユリコ(ひめ)012キールスタンと(とも)一行(いつかう)(したが)ひ、013聖地(せいち)(かへ)()いた。014されど、015夜中(よなか)(こと)()ひ、016最後(さいご)より(きた)りし(こと)とて、017()()(もの)一人(ひとり)もなかりけり。
018 日楯(ひたて)019月鉾(つきほこ)二人(ふたり)(あらた)建造(けんざう)されたる神殿(しんでん)(すす)()り、020(ちち)真道彦命(まみちひこのみこと)一日(ひとひ)(はや)行方(ゆくへ)(わか)りますよう』……と一心不乱(いつしんふらん)祈念(きねん)をし()たり。
021 そこへ衆人(しうじん)()()け、022悠々(いういう)として(あら)はれ()でたる真道彦命(まみちひこのみこと)は、023()第一(だいいち)神前(しんぜん)(むか)つて拍手(はくしゆ)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(はじ)めた。024二人(ふたり)兄弟(きやうだい)(その)姿(すがた)()ひ、025(こゑ)()ひ、026()つ……()(まへ)()でて祝詞(のりと)奏上(そうじやう)する(もの)は、027三五教(あななひけう)一人(ひとり)もなし、028(まさ)しく(かみ)顕現(けんげん)か、029(ただし)(わが)(ちち)(かへ)りませしにあらずや……と心中(しんちう)()(うたが)ひ、030()(よろこ)び、031祝詞(のりと)(をは)るを()つて()た。
032 真道彦命(まみちひこのみこと)拝礼(はいれい)(をは)り、033一同(いちどう)目礼(もくれい)をなし、034兄弟(きやうだい)()(にぎ)り、035(なみだ)(なが)(なが)ら、
036()れは(ひさ)しく(この)聖地(せいち)(のが)()たる(なんぢ)(ちち)なるぞ。037よくマア無事(ぶじ)()(なが)らへしのみならず、038(ふたた)聖場(せいぢやう)復興(ふくこう)()たるは、039(まつた)汝等(なんぢら)信仰(しんかう)真心(まごころ)を、040三五教(あななひけう)大神(おほかみ)御照覧(ごせうらん)(あそ)ばし、041(あつ)(まも)らせ(たま)ふものならむ。042あゝ有難(ありがた)や、043(かたじけ)なや』
044落涙(らくるい)(むせ)び、045(うれ)しさ(あま)つて、046(その)()にハタと打倒(うちたふ)れけり。
047 これを()きたる数多(あまた)取次(とりつぎ)048信徒(しんと)()一斉(いつせい)神徳(しんとく)讃美(さんび)し、049神恩(しんおん)感謝(かんしや)し、050欣喜雀躍(きんきじやくやく)(あま)り、051()()くるも()らずに、052直会(なほらひ)(えん)に、053日三日(ひみつか)054夜三夜(よるみよさ)(つひ)やしけるが、055玉藻(たまも)聖地(せいち)開設(かいせつ)以来(いらい)大盛宴(だいせいえん)なりける。
056 真道彦命(まみちひこのみこと)日楯(ひたて)057月鉾(つきほこ)二人(ふたり)兄弟(きやうだい)に、058(うる)はしき(やかた)(つく)られ、059そこに(おい)()(やしな)ふこととなりぬ。060されど真道彦(まみちひこ)年齢(ねんれい)似合(にあ)はず、061神徳(しんとく)062霊肉(れいにく)(とも)充実(じゆうじつ)して若々(わかわか)しく、063元気(げんき)(また)壮者(さうしや)(しの)(ばか)りなり。
064 玉藻(たまも)湖水(こすゐ)東西(とうざい)十五里(じうごり)065南北(なんぽく)八里(はちり)066山中(さんちう)にては()なり(だい)なる湖水(こすゐ)なり。067玉藻山(たまもやま)霊地(れいち)(ほとん)(その)中心(ちうしん)(くらゐ)し、068(ひがし)(はし)天嶺(てんれい)といふ小高(こだか)樹木(じゆもく)密生(みつせい)せる景勝(けいしよう)山地(さんち)があつた。069そこに日楯(ひたて)をして(まも)らしめ、070神殿(しんでん)(あらた)(つく)り、071政教一致(せいけういつち)(みち)()かしめた。072さうしてユリコ(ひめ)宮司(みやつかさ)とし、073聖地(せいち)東方(とうはう)(かた)めしめ、074真道彦命(まみちひこのみこと)玉藻山(たまもやま)霊場(れいぢやう)()つて、075老後(らうご)(やしな)ひつつヤーチン(ひめ)(ほう)じ、076神業(しんげふ)奉仕(ほうし)して()た。
077 玉藻湖(たまもこ)西端(せいたん)には泰嶺(たいれい)()霊山(れいざん)があつた。078そこには月鉾(つきほこ)配置(はいち)し、079マリヤス(ひめ)神司(かむづかさ)として奉仕(ほうし)せしめつつありき。080玉藻山(たまもやま)以東(いとう)日潭(につたん)聖地(せいち)(しよう)し、081以西(いせい)月潭(げつたん)霊地(れいち)(とな)へ、082オレオン(せい)(ごと)三座(さんざ)相並(あひなら)びて、083三五教(あななひけう)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)し、084(その)稜威(みいづ)台湾(たいわん)全島(ぜんたう)(とどろ)(わた)り、085新高山(にひたかやま)山麓(さんろく)なる泰安(たいあん)(みやこ)にまで、086(その)勢力(せいりよく)(とどろ)いて()た。
087 泰嶺(たいれい)鎮守(ちんじゆ)として使(つか)へたる月鉾(つきほこ)(かみ)(めい)により独身(どくしん)生活(せいくわつ)(つづ)()たり。088マリヤス(ひめ)何時(いつ)とはなしに月鉾(つきほこ)(たい)恋慕(れんぼ)(ねん)(おこ)り、089()(たて)もたまらず、090神業(しんげふ)閑却(かんきやく)して昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく、091月鉾(つきほこ)(たい)(こころ)(うば)はれ、092(すき)ある(ごと)()()ひて、093種々(いろいろ)(おも)ひの(たけ)()()つるのであつた。094されど月鉾(つきほこ)信心(しんじん)堅固(けんご)にして、095(かみ)(めい)をよく(まも)り、096()つマリヤス(ひめ)泰安(たいあん)(みやこ)にましますカールス(わう)(いもうと)たる(たふと)()(うへ)なる(こと)()()たれば、097手厳(てきび)しく(いまし)むる(こと)()せず、098(また)放逐(はうちく)する(こと)()ずして、099(こころ)(かぎ)尊敬(そんけい)(はら)つて()た。100マリヤス(ひめ)恋路(こひぢ)益々(ますます)猛烈(まうれつ)となり、101(つひ)には取次(とりつぎ)信徒(しんと)()(はし)(いた)(まで)102月鉾(つきほこ)とマリヤス(ひめ)(あひだ)(あたた)かき関係(くわんけい)(むす)ばれある(こと)(かた)(しん)じいたりけり。103月鉾(つきほこ)神命(しんめい)(ひめ)との板挟(いたばさ)みとなつて、104日夜(にちや)苦慮(くりよ)しつつ(その)()(おく)()たり。105(また)日楯(ひたて)はユリコ(ひめ)(とも)夫婦(ふうふ)となり(むつ)まじく神業(しんげふ)参加(さんか)()たり。
106 (おい)たりとは()へ、107(いま)元気(げんき)旺盛(わうせい)なる真道彦命(まみちひこのみこと)(つま)先立(さきだ)たれ、108独身(どくしん)生活(せいくわつ)(つづ)けて、109余生(よせい)(この)聖地(せいち)(おく)()たるが、110ヤーチン(ひめ)(あやふ)生命(いのち)(すく)はれたる真道彦(まみちひこ)(たい)して何時(いつ)とはなしに(こひ)()ち、111昼夜(ちうや)煩悶(はんもん)結果(けつくわ)112(おも)やつれ、113身体(しんたい)骨立(こつりつ)し、114(つひ)には(おも)(やまひ)(とこ)()きける。
115 侍女(じぢよ)のユリコ(ひめ)天嶺(てんれい)聖地(せいち)にあつて、116日楯(ひたて)(つま)となり、117(はや)くも妊娠(にんしん)()となり()たり。118それ(ゆゑ)ヤーチン(ひめ)重病(ぢうびやう)看護(かんご)することさへ出来(でき)ざりき。119キールスタンは昼夜(ちうや)(べつ)なく、120忠実(ちうじつ)(ひめ)看護(かんご)全力(ぜんりよく)(つく)()たれ(ども)121(ひめ)(やまひ)()()(おも)(ばか)りなりける。
122 真道彦命(まみちひこのみこと)(ひめ)大病(たいびやう)(すく)はむと、123(あさ)(ゆふ)神前(しんぜん)祈願(きぐわん)をこらしつつありしか(ども)124(すこ)しも(その)効験(かうけん)(あら)はれず、125(たふと)きエーリスの姫君(ひめきみ)126如何(いか)にもして、127(もと)身体(からだ)回復(くわいふく)せしめむと心胆(しんたん)(くだ)(なが)ら、128病床(びやうしやう)見舞(みま)つた。129キールスタンは真道彦命(まみちひこのみこと)(きた)れるに打喜(うちよろこ)び、130挨拶(あいさつ)碌々(ろくろく)になさず、131あはてふためきて、132ヤーチン(ひめ)枕許(まくらもと)(はし)()り、133(みみ)(くち)()せ、
134キールスタン『あなたの日頃(ひごろ)()はせ(たま)真道彦命(まみちひこのみこと)(さま)が、135(いま)(ここ)におみえになりました』
136(ささや)きし(この)(こゑ)に、137(ひめ)はムツクと起上(おきあが)り、138さも(うれ)しげに、139真道彦命(まみちひこのみこと)(むか)ひ、
140ヤーチン(ひめ)真道彦(まみちひこ)(さま)141ようこそ御親切(ごしんせつ)御訪(おたづ)(くだ)さいました。142モウ(わたし)143これぎり国替(くにがへ)(いた)しても、144(あと)(のこ)(こと)御座(ござ)いませぬ。145どうぞ(わたし)死後(しご)(おい)て、146(ゆめ)になりとも(わたし)(こと)(おも)()(たま)(こと)あらば、147(ただ)一言(ひとこと)なりと(わが)()をお()(くだ)さいませ。148これが(わたし)一生(いつしやう)(ねが)ひで御座(ござ)います』
149(はづ)かしげに()(をは)つて、150(まくら)(かほ)()せた。151真道彦(まみちひこ)(やや)当惑(たうわく)(てい)にて、152少時(しばし)ためらひ()たりしが、153()(まで)(われ)(した)へる(この)婦人(ふじん)(たい)し、154(いま)はの(きは)に、155(あま)没義道(もぎだう)にあしらふべきに(あら)ず、156(いづ)()()運命(うんめい)(ひと)ならば、157(やさ)しき言葉(ことば)をかけて、158(いさぎよ)(この)()()らしむるに()かじ……と決心(けつしん)し、159厳然(げんぜん)として()(かま)へ、
160真道彦(まみちひこ)『ヤーチン姫殿(ひめどの)161あなたの(たふと)御心(おこころ)162木石(ぼくせき)ならぬ真道彦(まみちひこ)満足(まんぞく)(ぞん)じます。163今迄(いままで)貴女(あなた)(たい)する無情(むじやう)(つみ)164御赦(おゆる)(くだ)さいませ』
165とキツパリ()(はな)つた。166ヤーチン(ひめ)(この)言葉(ことば)(なん)となく元気(げんき)づき、167(やまひ)()(わす)れて()(おこ)し、168(ひざ)()()せ、169(みこと)(かほ)(うち)みまもり、170感謝(かんしや)(なみだ)をハラハラと(なが)(なが)ら、
171ヤーチン『日頃(ひごろ)()(した)真道彦命(まみちひこのみこと)(さま)172それならあなたは今日(こんにち)只今(ただいま)より、173ヤーチン(ひめ)(をつと)174よもや御冗談(ごじようだん)では御座(ござ)いますまいなア』
175(ねん)()したりしに、
176真道(まみち)『エー勿体(もつたい)ない、177(わたし)(かみ)(つか)ふる()(うへ)178(けつ)して(うそ)(まを)しませぬ』
179ヤーチン『そんなら……あなたは(わたし)(をつと)180モウ()うなる(うへ)は、181(やまひ)(くらゐ)(もの)(かず)では御座(ござ)いませぬ』
182(やせ)こけたる(からだ)(にはか)元気(げんき)づき、183(かほ)(いろ)さへ仄紅(ほのあか)く、184(ただち)井戸端(ゐどばた)(あゆ)()り、185()(きよ)め、186(みづか)衣服(いふく)着替(きか)へ、187身繕(みつくろ)ひを(をは)つて、188(ふたた)真道彦(まみちひこ)(まへ)(あら)はれ(きた)り、
189ヤーチン『あゝ(わが)夫様(つまさま)190(わが)居間(ゐま)御越(おこ)(くだ)さいませ。191いろいろと申上(まをしあ)げたき仔細(しさい)御座(ござ)います』
192無理(むり)()()き、193(わが)居間(ゐま)姿(すがた)(ぼつ)したり。
194 ヤーチン(ひめ)(わが)居間(ゐま)真道彦命(まみちひこのみこと)(ともな)ひ、195あたりを密閉(みつぺい)して両人(りやうにん)端坐(たんざ)(こゑ)(ひそ)めて、
196ヤーチン『カールス(さま)197泰安(たいあん)(みやこ)様子(やうす)如何(いかが)なりましたか。198セールス(ひめ)如何(どう)(あそ)ばされました。199どうぞ(つつ)まず(かく)さず、200御漏(おも)らし(くだ)さいませ』
201真道(まみち)『これは(また)()なることを(うけたま)はるものかな。202(わたし)祖先代々(そせんだいだい)(この)玉藻(たまも)聖地(せいち)住居(ぢうきよ)して、203三五教(あななひけう)(ひら)(もの)204(おそ)(おほ)くも泰安(たいあん)(みやこ)のカールス(わう)などとは(おも)ひも()らぬ御言葉(おことば)205(なが)御病気(ごびやうき)(ため)に、206精神(せいしん)御異状(ごいじやう)御来(おきた)(あそ)ばされ、207カールス(わう)に、208(わたし)()えたのでせう。209(けつ)して(わたし)左様(さやう)(たふと)身分(みぶん)では御座(ござ)いませぬ。210どうぞトツクリと御検(おあらた)(くだ)され』
211とヤーチン(ひめ)面前(めんぜん)にワザとに(かほ)をつき()して()せた。212ヤーチン(ひめ)は、213兎見(とみ)()()(なが)らニヤリと(わら)ひ、
214如何(いか)御忍(おしの)びの御身(おんみ)(うへ)なればとて、215さう御隠(おかく)しなさるには(およ)びますまい。216(わたし)淡渓(たんけい)()()まれ、217生命(いのち)(あやふ)(ところ)貴方(あなた)(わたし)(たす)けむと、218(さき)(まは)つて御救(おすく)(くだ)さつた生命(いのち)恩人(おんじん)カールス(さま)間違(まちが)ひは御座(ござ)いますまい。219最早(もはや)()うなる(うへ)は、220御隠(おかく)しなさるには(およ)びませぬ。221どうぞ打解(うちと)けて(まこと)(こと)仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ。222何程(なにほど)御隠(おかく)(あそ)ばしても、223どこから何処(どこ)まで、224毛筋(けすぢ)横巾(よこはば)(ちが)はぬあなたの御姿(おすがた)225これが如何(どう)して別人(べつじん)(おも)へませうか』
226真道(まみち)『これは(いささ)迷惑千万(めいわくせんばん)227()御考(おかんが)(あそ)ばしませ。228カールス(さま)()御年(おんとし)三十(さんじふ)()らせ(たま)はず、229(われ)最早(もはや)五十路(いそぢ)(さか)にかかつて()(おい)ぼれ(もの)230何程(なにほど)()()たりとは()へ、231老者(らうしや)壮者(さうしや)232皮膚(ひふ)(いろ)233(こゑ)(いろ)234(けつ)して(けつ)して(おな)(はず)御座(ござ)いませぬ。235仮令(たとへ)姿(すがた)()()たりと(いへど)も、236(つき)(すつぽん)237尊卑(そんぴ)(てん)(おい)雲泥(うんでい)相違(さうゐ)ある(わたし)何卒(なにとぞ)御心(おこころ)(しづ)められ、238真偽(しんぎ)御判断(ごはんだん)(くだ)(あそ)ばす(やう)239御願(おねがひ)(いた)します』
240ヤーチン『どこまでも用心(ようじん)(ぶか)いあなたの御言葉(おことば)241(をんな)嫉妬(しつと)大事(だいじ)(もら)すとの(ことわざ)(しん)じ、242(わか)()つたる秘密(ひみつ)を、243どこまでも(つつ)(かく)さむと(あそ)ばすあなた(さま)御心根(おこころね)(うら)めしう御座(ござ)います。244どこまでも御隠(おかく)(あそ)ばすならば、245最早(もはや)是非(ぜひ)御座(ござ)いませぬ。246真道彦命(まみちひこのみこと)ならば真道彦命(まみちひこのみこと)(よろ)しう御座(ござ)います。247王様(わうさま)間違(まちがひ)御座(ござ)いませぬ。248どうぞ此処(ここ)(あらた)めて結婚(けつこん)(しき)御挙(おあ)(くだ)さいます(やう)御願(おねがひ)(いた)します』
249真道(まみち)『アヽ(こま)つたなア。250どうしたら(ひめ)(さま)(うたがひ)()れるであらうか。251他人(たにん)空似(そらに)とは()(なが)勿体(もつたい)ない、252カールス王様(わうさま)()()()るとは………真道彦(まみちひこ)(なん)たる光栄(くわうえい)であらう。253(いや)迷惑(めいわく)であらう。254アヽどうしたら(この)難関(なんくわん)()()けられようかなア』
255とさし(うつむ)いて溜息(ためいき)をつき()る。
256ヤーチン『何程(なにほど)御隠(おかく)(あそ)ばしても、257カールス王様(わうさま)間違(まちがひ)はありませぬ。258あなたはサアルボースやホーロケース両人(りやうにん)悪者(わるもの)(おそ)れて、259淡渓(たんけい)(ほとり)()(かく)し、260真道彦命(まみちひこのみこと)()()へて、261(この)()(いつは)卑怯(ひけふ)未練(みれん)御振舞(おふるまひ)262御父上(おんちちうへ)(ゆる)(たま)ひし夫婦(ふうふ)(なか)263(いま)一夜(いちや)(まくら)(かは)さね(ども)264(おや)(おや)との(ゆる)(たま)ひし夫婦(ふうふ)間柄(あひだがら)265(たれ)遠慮(ゑんりよ)御座(ござ)いませう。266あなたは(むかし)はエルサレムに(つか)(たま)ひし、267天使(てんし)花森彦命(はなもりひこのみこと)御末孫(ごばつそん)268高国別(たかくにわけ)玉手姫(たまてひめ)悪神(あくがみ)(はら)より(うま)()でたる、269サアルボースや、270ホーロケースを(ちち)叔父(をぢ)()つ、271セールス(ひめ)御気(おき)()らぬのは御尤(ごもつと)もで御座(ござ)います。272さり(なが)(なに)(くるし)んで、273泰安(たいあん)(みやこ)()()で、274あの(やう)(ところ)()(かく)(あそ)ばしたので御座(ござ)いますか……それはさうと、275(わたし)生命(いのち)(たす)(くだ)さつたのもヤツパリあなた(さま)276(みやこ)()でさせ(たま)ひし(その)御蔭(おかげ)277()きぬ(えにし)(しるし)にて、278(こひ)しきあなたに(たす)けられ、279(この)(さと)(まゐ)りましたのも、280(むす)ぶの(かみ)引合(ひきあは)せ、281これより夫婦(ふうふ)(こころ)(あは)せ、282三五教(あななひけう)信徒(しんと)(ひき)つれ、283(とき)()泰安(たいあん)(みやこ)()()せ、284(ちち)(げふ)御継(おつ)(あそ)ばす御所存(ごしよぞん)御座(ござ)いませぬか。285それさへ(うけたま)はらば、286(わたし)(この)(まま)帰幽(きいう)(いた)(とも)287あなたの雄々(をを)しき(こころ)(ちから)として、288幽界(いうかい)より御神業(ごしんげふ)御助(おたす)(まを)覚悟(かくご)御座(ござ)います。289(いき)ても()しても、290(けつ)してあなたの御側(おそば)(はな)れぬヤーチン(ひめ)真心(まごころ)291どうぞ(あだ)思召(おぼしめ)(くだ)さいますな』
292真道(まみち)(わたし)には日楯(ひたて)293月鉾(つきほこ)()二人(ふたり)息子(むすこ)御座(ござ)います。294(わたし)(つま)(すで)(この)()()り、295(いま)(この)(とほ)位牌(ゐはい)となつて、296(この)神殿(しんでん)御祭(おまつ)りして御座(ござ)いますれば、297どうしても(つま)()つことは、298(わたし)として出来(でき)ませぬ。299(しか)(なが)らあなたの御志(おんこころざし)()にするも(つれ)なく(ぞん)じますれば、300夫婦(ふうふ)(まじ)はりのみは御許(おゆる)しを(いただ)きまして、301夫婦気取(ふうふきどり)御神業(ごしんげふ)参加(さんか)させて(くだ)さいませ。302カールス王様(わうさま)御身(おんみ)(うへ)(つい)て、303変事(へんじ)あらば(とき)(うつ)さず、304吾々(われわれ)数多(あまた)強者(つはもの)引具(ひきぐ)し、305泰安(たいあん)(みやこ)乗込(のりこ)んで御助(おたす)(まを)し、306貴女(あなた)(のぞ)みを(たつ)(まゐ)らす覚悟(かくご)御座(ござ)います。307(この)(こと)(ばか)りは御安心(ごあんしん)(あそ)ばしませ。308(けつ)して(わたし)はカールス(わう)では御座(ござ)いませぬ。309正真正銘(しやうしんしやうめい)真道彦(まみちひこ)御座(ござ)います』
310ヤーチン『エーもどかしや』
311()(なが)ら、312矢庭(やには)真道彦(まみちひこ)利腕(ききうで)にしがみつき、313(なみだ)(とも)()口説(くど)き、314()をもだえ()る。
315 (この)(とき)何気(なにげ)なく、316(へだ)(ふすま)をおし(ひら)き、317()(きた)るキールスタンは(この)(てい)()(おどろ)き、318(もの)をも()はず一目散(いちもくさん)(この)()駆出(かけだ)したり。319これより真道彦命(まみちひこのみこと)とヤーチン(ひめ)(あひだ)には、320情意(じやうい)投合(とうがふ)契約(けいやく)(むす)ばれたるものとして、321(ひそか)三五教(あななひけう)一般(いつぱん)(つた)へらるる(こと)となりぬ。322されど真道彦命(まみちひこのみこと)将来(しやうらい)(おもんばか)り、323(ひめ)(たい)して一指(いつし)だにも()へざりける。
324 (ひめ)(その)()病気(びやうき)追々(おひおひ)快復(くわいふく)して(もと)(ごと)容色(ようしよく)端麗(たんれい)なる美人(びじん)となり、325聖地(せいち)大神殿(だいしんでん)朝夕(あさゆふ)奉仕(ほうし)して、326(かみ)威徳(ゐとく)益々(ますます)四方(よも)(かがや)(わた)りぬ。327真道彦命(まみちひこのみこと)()(まで)もヤーチン(ひめ)尊敬(そんけい)し、328主人(しゆじん)(ごと)待遇(たいぐう)して、329至誠(しせい)(つく)したるに、330ヤーチン(ひめ)(やうや)くにして、331真道彦命(まみちひこのみこと)のカールス(わう)(あら)ざりしことを(さと)り、332()(みこと)信仰(しんかう)堅実(けんじつ)なるに感歎(かんたん)し、333(たがひ)胸襟(きやうきん)(ひら)きて神業(しんげふ)参加(さんか)し、334(とき)(いた)るを()ちつつありける。335惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
336大正一一・八・六 旧六・一四 松村真澄録)