霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 (おし)対面(たいめん)〔八一三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 篇:第3篇 光明の魁 よみ:こうみょうのさきがけ
章:第13章 唖の対面 よみ:おしのたいめん 通し章番号:813
口述日:1922(大正11)年08月09日(旧06月17日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年8月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
三人はセルに導かれて広い一間に通された。侍臣によれば、照彦王と照子姫は、今朝神勅により天啓山に登ったが、戻ってくるまで三人は無言無食無飲の行を行って待たなければならないという。
侍臣たちは砂や石の食事を持ってきたり、三人を笑わそうと滑稽を見せたりしたが、三人は三日三晩、行を勤めた。
すると大勢の従者を連れて照彦王が帰ってきた。照彦王らは無言のまま三人に一礼すると、別館に行って神前に祈願の祝詞を唱えた。照彦王と照子姫は、侍臣の八千代姫、照代姫に三宝を持たせて三人の前に現れた。見れば、三人に当てた封書であった。
三人がそれぞれ封書を押し頂いて開けてみると、そこにはさまざまな神示が書かれてあった。三人は喜び、無言のまま感謝の意を表した。照彦王と照子姫は別館に姿を隠した。
一行はさっそく神示にしたがって館を出て城外に走り出した。八千代姫と照代姫もそれに続いた。一行は常楠仙人が籠もるという向陽山を目指していた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:155頁 八幡書店版:第5輯 409頁 修補版: 校定版:159頁 普及版:73頁 初版: ページ備考:
001千早(ちはや)()神代(かみよ)(むかし)エルサレム
002(いづ)(みやこ)(つか)へたる
003(かみ)(つかさ)国彦(くにひこ)
004(たま)御裔(みすゑ)(うま)れたる
005(こころ)(かた)常楠(つねくす)
006(なが)れを()みし(きよ)(てる)
007二人(ふたり)御子(みこ)琉球(りうきう)
008双児(ふたご)(しま)北南(きたみなみ)
009(あひ)受持(うけも)ちて永久(とこしへ)
010(この)浮島(うきじま)(まも)ります
011(なか)にも()けて照彦(てるひこ)
012(とほ)神代(かみよ)(その)(むかし)
013(うづ)(みやこ)天使長(てんしちやう)
014広宗彦(ひろむねひこ)(その)御裔(みすゑ)
015照子(てるこ)(ひめ)(めと)りつつ
016(みなみ)(あた)八重山島(やへやまたう)
017(かみ)(つかさ)国王(こきし)(かね)
018(かぜ)さへ(きよ)高原地(かうげんち)
019サワラの土地(とち)神都(しんと)(ひら)
020四方(よも)国人(くにびと)愛撫(あいぶ)して
021(かみ)(ごと)くに(うやま)はれ
022()太平(たいへい)(をさ)まりて
023宛然(さながら)神代(かみよ)(ごと)くなり
024サワラの(しろ)(めぐ)らせる
025清泉(せいせん)(ただよ)水垣(みづがき)
026真鯉(まごひ)緋鯉(ひごひ)数多(かずおほ)
027溌溂(はつらつ)として金鱗(きんりん)
028(あさひ)()らしキラキラと
029(およ)(たの)しむ光景(くわうけい)
030(むかし)聖地(せいち)(めぐ)りたる
031黄金(こがね)(うみ)(ごと)くなり。
032城頭(じやうとう)(たか)金色(こんじき)
033十曜(とえう)神紋(しんもん)(かがや)きて
034神威(しんゐ)四方(よも)()(わた)
035小鳥(ことり)(こゑ)(なん)となく
036長閑(のどか)(はる)(うた)ひつつ
037()(かみ)御稜威(みいづ)照彦(てるひこ)
038照子(てるこ)(ひめ)功績(いさをし)
039(たか)御空(みそら)(あら)はしぬ。
040無事(ぶじ)太平(たいへい)(きう)(しま)
041(たみ)(たがひ)(むつ)()
042(あらそ)ひもなく(やまひ)なく
043凶作(きようさく)もなく国人(くにびと)
044安喜和楽(あんきわらく)(ゆめ)()
045歌舞音曲(かぶおんきよく)艶声(えんせい)
046国内(こくない)(くま)なく(ひび)きけり。
047()かる(ところ)台湾(たいわん)
048玉藻(たまも)(やま)聖地(せいち)より
049日楯(ひたて)月鉾(つきほこ)、ユリコ(ひめ)
050(はじ)めて三人(みたり)神司(かむづかさ)
051(なみ)押切(おしき)つて(きう)(しま)
052エルの(みなと)()()けて
053樹木(じゆもく)(しげ)れる高原(かうげん)
054(こころ)(こま)(むちう)ちて
055(なや)みも()らぬ膝栗毛(ひざくりげ)
056(やうや)(みやこ)辿(たど)()
057(なが)橋梁(けうりやう)打渡(うちわた)
058(ひがし)(もん)より徐々(しづしづ)
059百日紅(ひやくじつこう)日和花(ひよりばな)
060()(ほこ)りたる(みち)(うへ)
061(こころ)欣々(いそいそ)三人(さんにん)
062サワラの(しろ)表門(おもてもん)
063やうやう月鉾(つきほこ)、ユリコ(ひめ)
064日楯(ひたて)(もん)(かたはら)
065(ひぢ)(まくら)(ねむ)りゐる
066サワラの(しろ)門番(もんばん)
067(れい)(つく)して掛合(かけあ)へど
068(みな)太平(たいへい)(ゆめ)()
069(ひる)日中(ひなか)真夜中(まよなか)
070(ゆめ)(うつつ)囈言(うさごと)
071(なら)べて()きぬもどかしさ
072(ここ)三人(みたり)()むを()
073(たたず)(をり)しも(もん)()
074(なか)より左右(さいう)(ひら)きつつ
075照彦王(てるひこわう)側近(そばちか)
076(つか)(まつ)りしセルの(つかさ)
077数多(あまた)男女(なんによ)()きつれて
078いと慇懃(いんぎん)()(むか)
079奥殿(おくでん)()して(すす)()る。
080三人(みたり)(つかさ)(なん)となく
081(こころ)いそいそし(なが)らも
082セルの(うしろ)()いて()く。
083 三人(さんにん)はセルの(つかさ)(あと)(したが)ひ、084奥殿(おくでん)(ふか)(すす)()つた。085(うる)はしき琉球畳(りうきうたたみ)()()めたる(ひろ)一間(ひとま)には、086数多(あまた)男女(なんによ)威儀(ゐぎ)(ただ)し、087行儀(ぎやうぎ)よく端坐(たんざ)して、088一行(いつかう)()(きた)るを()(むか)へて()た。089セルは三人(さんにん)(むか)ひ、
090セル『どうか、091これへ御坐(おすわ)(くだ)さいませ』
092最上壇(さいじやうだん)()に、093三人(さんにん)(みちび)いた。094三人(さんにん)円座(ゑんざ)(うへ)端坐(たんざ)し、095一同(いちどう)(むか)つて目礼(もくれい)(ほどこ)した。
096 数十人(すうじふにん)男女(なんによ)威儀(ゐぎ)(ただ)し、097行儀(ぎやうぎ)よく(れつ)(つく)りて端坐(たんざ)(なが)ら、098無言(むごん)(まま)099目礼(もくれい)(かへ)した。100少時(しばらく)あつて、101(へだ)ての(ふすま)(おし)あけ()(きた)妙齢(めうれい)美人(びじん)102一人(ひとり)照代姫(てるよひめ)103一人(ひとり)八千代姫(やちよひめ)104三人(さんにん)(まへ)丁寧(ていねい)両手(りやうて)をつき、105言葉(ことば)(しと)やかに八千代姫(やちよひめ)は、
106『これはこれは日楯様(ひたてさま)107月鉾様(つきほこさま)108ユリコ(ひめ)(さま)109遠路(ゑんろ)(ところ)110はるばるとようこそ御越(おこ)(くだ)さいました。111二三日(にさんにち)以前(いぜん)より照彦王様(てるひこわうさま)御差図(おさしづ)()り、112あなた(がた)御一行(ごいつかう)御着城(ごちやくじやう)を、113(いま)(いま)かと、114(くび)()ばして御待受(おまちうけ)(いた)して()りました。115どうぞ長途(ちやうと)御疲(おつか)れの(なほ)ります(まで)116()ゆるりと御休息(ごきうそく)(くだ)さいませ』
117 三人(さんにん)一度(いちど)に、
118『ハイ有難(ありがた)御座(ござ)います。119いろいろと御心配(ごしんぱい)をかけまして、120(まこと)()みませぬ』
121照代姫(てるよひめ)折角(せつかく)御越(おこ)(くだ)さいましたが、122照彦王様(てるひこわうさま)照子姫(てるこひめ)(さま)と、123今朝(けさ)より(にはか)神勅(しんちよく)(ほう)じて天啓山(てんけいざん)御登(おのぼ)りになりました。124(いづ)御帰(おかへ)りは二三日(にさんにち)(のち)御座(ござ)いませう。125王様(わうさま)御言葉(おことば)に、126三人(さんにん)御方(おかた)()いでになつたらば、127吾々(われわれ)帰城(きじやう)する(まで)128御待(おま)ちを(ねが)つて()けとの御命令(ごめいれい)御座(ござ)いました。129どうぞ王様(わうさま)御帰城(ごきじやう)(まで)此処(ここ)にてゆるゆる御待(おま)ちの(ほど)(ねがひ)()(たてまつ)ります。130吾々(われわれ)一同(いちどう)王様(わうさま)無事(ぶじ)(かへ)りになる(まで)(おのおの)謹慎(きんしん)(へう)し、131無言(むごん)無食(むしよく)無飲(むいん)(げう)(いた)さねばなりませぬ。132それ(ゆゑ)あなた(さま)御挨拶(ごあいさつ)(をは)れば、133(あと)何事(なにごと)無言(むごん)御座(ござ)いますれば、134どうぞ御気(おき)()へない(やう)にして(くだ)さいませ』
135三人(さんにん)『ハイ承知(しようち)(つかまつ)りました。136さうして王様(わうさま)何日(いつ)(ごろ)(かへ)りで御座(ござ)いますか』
137 八千代姫(やちよひめ)138照代姫(てるよひめ)一旦(いつたん)挨拶(あいさつ)(をは)りし(こと)とて一言(いちごん)(こた)へず、139サラサラと(たたみ)(あし)(すべ)らせ(なが)(ふたた)(ふすま)(おし)あけ、140スツと()ぢて一間(ひとま)姿(すがた)(かく)した。141(なみ)ゐる一同(いちどう)男女(なんによ)(いづ)れも無言(むごん)(まま)142行儀(ぎやうぎ)よく円座(ゑんざ)(うへ)端坐(たんざ)して、143(わう)不在中(ふざいちゆう)絶対的(ぜつたいてき)謹慎(きんしん)(へう)して()る。
144 三人(さんにん)()むを()ず、145無言(むごん)(まま)146(ひざ)もくづさず、147昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく円座(ゑんざ)(うへ)安座(あぐら)し、148(ひざ)(きびす)もむしれる(ごと)(いた)さをジツと(こら)へ、149(あせ)をブルブルかき(なが)ら、150一同(いちどう)手前(てまへ)(はばか)り、151(かほ)をも得拭(えぬぐ)はず、
152『ヤアえらい修業(しうげふ)をさせられたものだ。153こんな(こと)なら、154モウ二三日(にさんにち)どつかで(あそ)んで()たらよかつたに……』
155(こころ)(うち)(おも)(なが)ら、156(くる)しさを(こら)へて()る。
157 以前(いぜん)八千代姫(やちよひめ)158照代姫(てるよひめ)三人(さんにん)侍女(じぢよ)膳部(ぜんぶ)(はこ)ばせ、159(うやうや)しく三人(さんにん)(まへ)無言(むごん)(まま)つき()した。160()れば(めし)(ひら)(しる)生酢(なます)一切(いつさい)団子石(だんごいし)(すな)(ばか)りが()つてある。161三人(さんにん)侍女(じぢよ)はしづしづとして、162無言(むごん)(まま)立去(たちさ)つた。163照代姫(てるよひめ)164八千代姫(やちよひめ)盛装(せいさう)をこらし、165二人(ふたり)(おのおの)銀扇(ぎんせん)(ひら)いて無言(むごん)(まま)166壬生(みぶ)狂言(きやうげん)(やう)三人(さんにん)馳走(ちそう)心持(こころもち)か、167(しな)よく、168手拍子(てべうし)足拍子(あしべうし)(そろ)へ、169一時(ひととき)(ばか)(あせ)をたらして(をど)つて()せた。170(その)()つき(あし)つき、171(しり)()りやう、172(こし)具合(ぐあひ)173(じつ)滑稽(こつけい)(きは)め、174()()(やう)(おも)はれたが、175無言(むごん)(げう)(この)(せき)には()()(こと)出来(でき)ず、176可笑(をか)しさを無理(むり)(こら)へて()(くる)しさ。177(きび)しき(あつ)さに(のど)(かは)いて()る。178(はら)()いて()る。179され(ども)(いし)()らふ(わけ)にもゆかず、180(うら)めし(さう)膳部(ぜんぶ)(なが)めてゐるのみであつた。181照代姫(てるよひめ)182八千代姫(やちよひめ)一時(ひととき)(ばか)(をど)つた(すゑ)183(つぎ)()姿(すがた)(かく)した。
184 (かは)(がは)男女(なんによ)()(きた)りて、185面白(おもしろ)物真似(ものまね)(えん)じ、186一同(いちどう)(あご)をとき、187(わら)(たふ)さむと(つと)むるものの(ごと)くであつた。188されど(いづ)れも、189そんな(こと)(なに)可笑(をか)しい……と()つた(やう)(しぶ)()つた(かほ)をして、190可笑(をか)しさを(かく)して()る。
191 ()くして(やうや)三日三夜(みつかみよさ)()ぎた。192(にはか)騒々(さうざう)しき(ひと)足音(あしおと)193何事(なにごと)ならむと三人(さんにん)(こころ)(くば)(をり)194数多(あまた)従臣(じゆうしん)(まも)られて、195(かへ)(きた)りしは照彦王(てるひこわう)196照子姫(てるこひめ)一行(いつかう)であつた。
197 矢庭(やには)奥殿(おくでん)(すす)()り、198これ(また)無言(むごん)(まま)199三人(さんにん)(かる)目礼(もくれい)し、200夫婦(ふうふ)()()(もの)()はせ(なが)ら、201別館(べつくわん)足早(あしばや)姿(すがた)(かく)した。
202 照彦王(てるひこわう)御供(みとも)(つか)へし男女(なんによ)(おな)じく無言(むごん)(まま)203一同(いちどう)(かる)目礼(もくれい)し、204(その)()行儀(ぎやうぎ)よく(れつ)(ただ)して端坐(たんざ)して()る。205(やや)少時(しばし)あつて別館(べつくわん)より、206照彦王(てるひこわう)207照子姫(てるこひめ)奏上(そうじやう)する天津祝詞(あまつのりと)(こゑ)(ひび)(きた)る。208一同(いちどう)(この)(こゑ)(つれ)て、209待兼(まちかね)てゐた(やう)調子(てうし)で、210天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(あま)数歌(かずうた)(とな)()げた。211されど日楯(ひたて)212月鉾(つきほこ)213ユリコ(ひめ)依然(いぜん)として無言(むごん)(まま)214合掌(がつしやう)して暗祈黙祷(あんきもくたう)(つづ)くるのみであつた。
215 (しばら)くあつて照彦王(てるひこわう)216照子姫(てるこひめ)は、217以前(いぜん)美人(びじん)八千代姫(やちよひめ)218照代姫(てるよひめ)三宝(さんぱう)()たせ(なが)ら、219三人(さんにん)(まへ)厳然(げんぜん)として(あら)はれ、220(かる)目礼(もくれい)して(もの)をも()はず、221照代姫(てるよひめ)222八千代姫(やちよひめ)目配(めくば)せすれば、223二人(ふたり)三宝(さんぱう)三人(さんにん)(まへ)差出(さしいだ)した。224()れば三通(さんつう)封書(ふうしよ)である。225一通(いつつう)日楯(ひたて)に、226(また)()二通(につう)月鉾(つきほこ)227ユリコ(ひめ)宛名(あてな)(しる)してあつた。228三人(さんにん)無言(むごん)(まま)押戴(おしいただ)き、229(ただち)(ふう)押切(おしき)つて(ひら)()れば、230種々(いろいろ)神示(しんじ)(しめ)されてある。231三人(さんにん)(よろこ)びの(いろ)(あら)はし、232無言(むごん)(まま)感謝(かんしや)()(しめ)した。233照彦王(てるひこわう)234照子姫(てるこひめ)悠々(いういう)として(また)もや別館(べつくわん)姿(すがた)(かく)した。
235 (ここ)日楯(ひたて)一行(いつかう)一同(いちどう)目礼(もくれい)(なが)(いそ)(やかた)立出(たちい)で、236表門(おもてもん)(くぐ)り、237城外(じやうぐわい)(はし)()た。238(あと)より八千代姫(やちよひめ)239照代姫(てるよひめ)(いき)もせきせき()つかけ(きた)る。240(やうや)くサワラの(みやこ)(みなみ)(もん)にて、241二人(ふたり)()()き、242(ここ)二男三女(になんさんによ)常楠仙人(つねくすせんにん)立籠(たてこも)向陽山(こうやうざん)()して(すす)()(こと)となつた。
243大正一一・八・九 旧六・一七 松村真澄録)