霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 願望成就(ぐわんまうじやうじゆ)〔八一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 篇:第3篇 光明の魁 よみ:こうみょうのさきがけ
章:第15章 第28巻 よみ:がんもうじょうじゅ 通し章番号:815
口述日:1922(大正11)年08月09日(旧06月17日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年8月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日楯と月鉾は、マリヤス姫にならって、これまでの艱難辛苦から、今の神宝を授けられて戻ってきた喜びと、これからの戦いに臨む意気込みを歌った。
月鉾はテーリン姫に向かって、泰安城の戦に出て見事凱旋してから夫婦の契りを結ぼうと歌いかけた。
それに対してテーリン姫は、本当に自分を想う気持ちがあるのであれば、出陣前に今ここで、夫婦の誓いをして自分も戦に連れて行ってくれと歌って月鉾に迫った。
マリヤス姫も月鉾を促した。そして、ここに月鉾とテーリン姫の結婚式が行われた。これより、マリヤス姫を主将とし、日楯・月鉾夫婦と八千代姫、照代姫らは準備を整えて出陣することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2815
愛善世界社版:179頁 八幡書店版:第5輯 418頁 修補版: 校定版:184頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001 日楯(ひたて)祝意(しゆくい)(へう)する(ため)002マリヤス(ひめ)(なら)つて(みづか)(うた)()(みづか)()(はじ)めた。
003(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
004(たふと)(かみ)(えら)みてし
005高砂島(たかさごじま)中心地(ちうしんち)
006(くも)(そび)えた新高(にひたか)
007(やま)(たつみ)神聖地(しんせいち)
008日月潭(じつげつたん)(みづうみ)
009(ひか)へて(きよ)玉藻山(たまもやま)
010遠津御祖(とほつみおや)真道彦命(まみちひこのみこと)
011代毎々々(よごとよごと)神定(しんてい)
012此処(ここ)(しづ)まりましまして
013(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
014四方(よも)民草(たみぐさ)(のこ)りなく
015(をし)(みちび)(たま)ひつつ
016(ちち)(みこと)御代(みよ)になり
017(しこ)(をしへ)のバラモン(けう)
018(この)神島(かみしま)(わた)()
019体主霊従(たいしゆれいじう)振舞(ふるまひ)
020世人(よびと)(あたま)()()ませ
021()()(くも)人心(ひとごころ)
022山河(やまかは)どよみ草木(くさき)()
023四方(よも)人々(ひとびと)()(さけ)
024(あらそ)()ゆる(ひま)もなく
025修羅(しゆら)(ちまた)となり()てぬ
026(ちち)(みこと)(いま)()
027有様(ありさま)()るに(しの)びかね
028(こころ)(つく)()(つく)
029(まこと)(みち)()(ひと)
030(あさ)(ゆふ)なにこまごまと
031(さと)(たま)へど如何(いか)にせむ
032(とき)(ちから)容赦(ようしや)なく
033悪人(あくにん)(さか)(はびこ)りて
034(ぜん)はますます凋落(てうらく)
035(かみ)威徳(ゐとく)完全(くわんぜん)
036(あら)はれ(たま)はず(いま)(はや)
037御国(みくに)(ため)(つく)したる
038(その)真心(まごころ)(あだ)となり
039カールス(わう)(うたが)はれ
040往来(ゆきき)()えたる岩窟上(がんくつじやう)
041(くら)牢獄(ひとや)呻吟(しんぎん)
042果敢(はか)なき浮世(うきよ)(かこ)ちつつ
043(くら)(たま)へる(かな)しさに
044吾等(われら)兄弟(きやうだい)両人(りやうにん)
045烏羽玉(うばたま)()
046(あさひ)豊栄(とよさか)(のぼ)るごと
047(てら)(きよ)めて国民(くにたみ)
048塗炭(とたん)()より(すく)()
049(ちち)(みこと)寃罪(ゑんざい)
050すすぎまつりて孝養(かうやう)
051(つく)さむものと国魂神(くにたまがみ)
052竜世(たつよ)(ひめ)神勅(しんちよく)
053いと(おごそ)かに(かかぶ)りて
054アーリス(ざん)打渡(うちわた)
055須安(シユアン)(やま)峰伝(みねづた)
056ふみも(なら)らはぬ(なが)(たび)
057千里(せんり)(なみ)乗切(のりき)りて
058(おとうと)月鉾(つきほこ)、ユリコ(ひめ)
059(ここ)三人(みたり)琉球(りうきう)
060(みなみ)(しま)安着(あんちやく)
061サワラの(みやこ)(すす)()
062三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
063国王(こきし)()ねたる照彦王(てるひこわう)
064照子(てるこ)(ひめ)面会(めんくわい)
065神政(しんせい)成就(じやうじゆ)神策(しんさく)
066いと(こま)やかに(をし)へられ
067大谷川(おほたにがは)打渡(うちわた)
068向陽山(こうやうざん)岩窟(がんくつ)
069(すす)(すす)みて常楠(つねくす)
070(かみ)(つかさ)仙人(せんにん)
071(たま)(かがみ)(さづ)けられ
072二男三女(になんさんによ)()身魂(みたま)
073(こころ)(いさ)()(かる)
074(ふたた)(ふね)(あやつ)りて
075(この)神島(かみしま)到着(たうちやく)
076やうやう此処(ここ)(かへ)りけり
077あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
078御霊(みたま)(さち)(かうむ)りて
079吾等(われら)兄弟(きやうだい)(はじ)めとし
080ユリコの(ひめ)八千代姫(やちよひめ)
081(くも)(この)()照代姫(てるよひめ)
082(くし)功績(いさを)(あら)はして
083(ちち)(みこと)永久(とことは)
084(しづ)まりゐませし霊場(れいぢやう)
085(かへ)(きた)れる(うれ)しさは
086(なん)(たと)へむ(もの)もなし
087あゝ(たふと)しや(かみ)(おん)
088(あふ)ぐも(かしこ)(かみ)(とく)
089いよいよ吾等(われら)大神(おほかみ)
090大御守(おほみまも)りを(ちから)とし
091泰安城(たいあんじやう)立向(たちむか)
092(たま)(かがみ)()()ちて
093言霊戦(ことたません)押開(おしひら)
094魔神(まがみ)(のこ)らず言向(ことむ)けて
095カールス(わう)やヤーチン(ひめ)
096(うづ)(みこと)(はじ)めとし
097(こひ)しき(ちち)生命(いのち)をば
098(すく)(まつ)らむ(とき)()
099(おも)へば(うれ)(かみ)(おん)
100(あふ)げば(たか)(かみ)(とく)
101あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
102御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
103(うた)(をは)つて()()いた。104月鉾(つきほこ)(また)もや立上(たちあが)(みづか)(うた)(みづか)()(はじ)めた。
105時世時節(ときよじせつ)といひ(なが)
106(ちち)牢獄(ひとや)(とら)へられ
107三五教(あななひけう)聖地(せいち)なる
108玉藻(たまも)(やま)立向(たちむか)
109千代(ちよ)住家(すみか)(さだ)めたる
110数多(あまた)(かみ)取次(とりつぎ)
111(ちち)(みこと)遭難(さうなん)
112(こころ)生地(きぢ)(あら)はして
113(かみ)(そむ)いて()(かへ)
114阿諛諂佞(あゆてんねい)(かぎ)りを(つく)
115カールス(わう)取入(とりい)りて
116自己(じこ)利益(りえき)栄達(えいたつ)
117(はか)魔神(まがみ)(かへ)りけり
118(つき)()つとも()くるとも
119仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
120(ふた)つなき()生命(いのち)をば
121(かみ)(ため)には(ささ)げむと
122口先(くちさき)(ばか)(はな)やかに
123(さへづ)りゐたる百鳥(ももどり)
124(しり)より(ふん)()つかけて
125素知(そし)らぬ(かほ)曲業(まがわざ)
126無念(むねん)(なみだ)やるせなく
127(あさ)(ゆふ)なに国魂神(くにたまがみ)
128(うづ)御前(みまへ)にひれ()して
129(いの)()りしも竜世姫(たつよひめ)
130いと(おごそ)かに(あら)はれて
131吾等(われら)二人(ふたり)打向(うちむか)
132(なんぢ)はこれより琉球(りうきう)
133(みなみ)(しま)打渡(うちわた)
134サワラの(みやこ)照彦王(てるひこわう)
135一日(ひとひ)(はや)面会(めんくわい)
136至治太平(しちたいへい)神策(しんさく)
137(さづ)かり(かへ)れと詳細(こまごま)
138()らせ(たま)ひし(うれ)しさに
139(あに)日楯(ひたて)やユリコ(ひめ)
140(やみ)(まぎ)れて聖地(せいち)をば
141(ひそか)立出(たちい)蓑笠(みのかさ)
142(かる)扮装(いでたち)トボトボと
143山路(やまぢ)(つた)ひてアーリスの
144(たうげ)にかかり路端(みちばた)
145(いはほ)(こし)打掛(うちか)けて
146(いき)(やす)むる折柄(をりから)
147思掛(おもひが)けなきテーリン(ひめ)
148(へび)(かはず)(ねら)ひし(ごと)
149執念深(しふねんぶか)くも(あと)()ひて
150大胆(だいたん)至極(しごく)一人旅(ひとりたび)
151ヤツサモツサと(うら)(ごと)
152百万(ひやくまん)ダラリと(なら)べられ
153(こま)()つたる最中(さいちう)
154(あら)はれ()でしマリヤス(ひめ)
155(うづ)(みこと)御計(みはか)らひ
156金剛杖(こんがうづゑ)(うち)ふりて
157(わが)身体(しんたい)滅多打(めつたうち)
158木石(ぼくせき)ならぬ月鉾(つきほこ)
159(はら)(しき)りに立騒(たちさわ)
160(くや)(なみだ)(あめ)(ごと)
161()(きた)(ども)如何(いか)にせむ
162大事(だいじ)(かか)へし(いま)()
163堪忍(かんにん)するより(みち)なしと
164(あきら)()たる折柄(をりから)
165テーリン(ひめ)(たちま)ちに
166マリヤス(ひめ)御腕(おんうで)
167(ちから)(かぎ)りに(かぶ)りつき
168(あらそ)(すき)(うかが)ひて
169吾等(われら)三人(みたり)逸早(いちはや)
170(やみ)(まぎ)れて()をかくし
171(やま)()(わた)(たに)()
172いろいろ雑多(ざつた)(くるし)みを
173()めてやうやうキル(みなと)
174(ふね)(もと)めて(なみ)(うへ)
175琉球島(りうきうじま)安着(あんちやく)
176竜世(たつよ)(ひめ)(めい)(ごと)
177照彦夫婦(てるひこふうふ)常楠(つねくす)
178(たふと)(かみ)にめぐり()
179(いつ)つの(たから)(さづ)かりて
180(やうや)(ここ)(かへ)()
181あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
182御霊(みたま)(さち)はひましまして
183今日(けふ)生日(いくひ)(よろこ)びは
184()りたる(まめ)生花(いきばな)
185()(にほ)ひたる(おも)ひなり
186天津御神(あまつみかみ)国津神(くにつかみ)
187国魂神(くにたまがみ)御恵(おんめぐみ)
188(いま)吾々(われわれ)兄弟(きやうだい)
189見放(みはな)(たま)はぬ(うれ)しさよ
190さらば()れより()身魂(みたま)
191水火(いき)(あは)せて泰安(たいあん)
192(みやこ)(すす)言霊(ことたま)
193伊吹(いぶき)征矢(そや)(はな)しつつ
194(むら)がる魔神(まがみ)言向(ことむ)けて
195国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
196仕組(しぐ)ませ(たま)ひし五六七(みろく)()
197堅磐常磐(かきはときは)(まつ)()
198千代(ちよ)万代(よろづよ)(ゆる)ぎなく
199建設(けんせつ)せむは(あん)(うち)
200マリヤス(ひめ)(はか)らひに
201テーリン(ひめ)はアーリスの
202(やま)()()(あらそ)ひを
203(やうや)(ここ)納得(なつとく)
204今迄(いままで)時節(じせつ)待居(まちゐ)たる
205(その)心根(こころね)健気(けなげ)さよ
206さはさり(なが)らテーリン(ひめ)
207妹背(いもせ)(ちぎり)(いま)ここで
208(むす)()へむは(やす)けれど
209泰安城(たいあんじやう)一戦(ひといくさ)
210無事(ぶじ)凱旋(がいせん)する(まで)
211(しばら)()つて(たま)へかし
212あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
213竜世(たつよ)(ひめ)御前(おんまへ)
214(かた)御誓(おんちか)(たてまつ)
215(かなら)(とも)にテーリン(ひめ)
216(こころ)(なや)ます(こと)(なか)れ』
217(うた)(をは)つた。218テーリン(ひめ)(ただち)立上(たちあが)り、219銀扇(ぎんせん)(ひろ)げて、220(みづか)(うた)(みづか)()うた。
221男心(をとこごころ)(あき)(そら)
222(ねこ)目玉(めだま)諸共(もろとも)
223(かは)(やす)いと()くからは
224如何(いか)なる(かた)御言葉(おことば)
225(わたし)(こころ)(やす)からず
226()はねばならぬ身魂(みたま)なら
227(いま)でも将来(さき)でも(おな)じこと
228美味(うま)(もの)なら(さき)()
229()(ことわざ)もあるものを
230(いづ)れの(ひと)気兼(きがね)して
231左様(さやう)(こと)仰有(おつしや)るか
232(きこ)えませぬぞえ月鉾(つきほこ)さま
233そんな気休(きやす)(わたし)()うて
234結構(けつこう)(たま)()()れた
235(ため)にお(まへ)(こころ)(かは)
236田舎(いなか)じみたるテーリン(ひめ)
237一生(いつしやう)一代(いちだい)女房(にようばう)()つよりは
238泰安城(たいあんじやう)(いた)りなば
239(もも)(すみれ)桜花(さくらばな)
240()()見取(みど)りのよい女房(にようばう)
241勝手気儘(かつてきまま)(めと)らむと
242(さき)見越(みこ)してのお(まへ)言葉(ことば)
243(わたし)はどしても()におちぬ
244どうせ()うなら(いま)(うち)
245大事(だいじ)(かか)へたお(まへ)()(うへ)
246無理(むり)(まくら)(かは)せとは
247(わたし)野暮(やぼ)(をんな)でない(かぎ)
248(わか)らぬ(こと)()ひませぬ
249マリヤス(ひめ)御前(おんまへ)
250二世(にせ)三世(さんせ)夫婦(ふうふ)ぞと
251キツパリ()うて(くだ)さんせ
252(まへ)(あに)日楯(ひたて)さま
253ユリコの(ひめ)()()いて
254(なか)よう(くら)して(ござ)るでないか
255(まへ)(わし)邪魔者扱(じやまものあつかひ)
256なさつて一人(ひとり)琉球(りうきう)
257(しま)へお()でたばつかりに
258夫婦(ふうふ)(なか)(ただ)(ひと)
259(しろ)(たま)よりありはせぬ
260(まへ)(あに)日楯(ひたて)さま
261夫婦(ふうふ)(そろ)うて神業(しんげふ)
262(つと)めなさつた(その)おかげ
263(たま)(かがみ)夫婦事(ふうふごと)
264これでも(わか)るでありませう
265あの(とき)(まへ)(この)(わし)
266御用(ごよう)()れて()つたなら
267(わたし)結構(けつこう)神業(しんげふ)
268(くは)はり(うづ)御鏡(みかがみ)
269(もら)うて(かへ)つたに(ちが)ひない
270今度(こんど)(まへ)泰安城(たいあんじやう)
271言霊戦(ことたません)()くならば
272日楯(ひたて)夫婦(ふうふ)(おな)(やう)
273(わたし)結婚(けつこん)相済(あひす)まし
274夫婦(ふうふ)水火(いき)(あは)せつつ
275(かみ)御用(ごよう)()たうでないか
276これ(ほど)(わし)(こと)わけて
277()うても()かぬお(まへ)なら
278ヤツパリ(いま)のお言葉(ことば)
279(うそ)()はれても仕方(しかた)があるまい
280(はや)返答(へんたふ)(うけたま)はりませう
281あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
282国魂神(くにたまがみ)竜世姫(たつよひめ)(さま)
283何卒々々(なにとぞなにとぞ)(いま)ここで
284夫婦(ふうふ)(ちぎり)(むす)ばせ(たま)
285テーリン(ひめ)真心(まごころ)
286(ささ)げて(いの)(たてまつ)
287あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
288御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
289(うた)(をは)つた。290月鉾(つきほこ)当惑顔(たうわくがほ)(かく)し、
291『あゝテーリン(ひめ)(さま)292あなたの御心(おこころ)はよく(わか)りました。293(わたくし)もこれから千騎一騎(せんきいつき)活動(くわつどう)(いた)さねばなりませぬ。294女房(にようばう)があつては、295(その)(ため)(こころ)()かれ、296(おも)(やう)活動(くわつどう)出来(でき)ませぬから、297どうぞ凱旋(がいせん)(のち)まで()つて(くだ)さい。298キツト約束(やくそく)履行(りかう)(いた)しませう。299……マリヤス(ひめ)(さま)300さう(いた)しましたら、301如何(どう)(ござ)いませうかな』
302マリヤス(ひめ)『ヘイ……』
303()つた()り、304黙然(もくねん)として(うつ)むいてゐる。
305テーリン(ひめ)女房(にようばう)があつては()()かれて十分(じふぶん)(はたら)きが出来(でき)ぬとは、306これは(また)(めう)(こと)仰有(おつしや)いますな。307女房(にようばう)があつて(はたら)きが出来(でき)ないのなら、308世界(せかい)(をとこ)(のこ)らず未結婚(みけつこん)()(はず)ぢやありませぬか。309日楯(ひたて)さまでさへも、310夫婦(ふうふ)(そろ)うて立派(りつぱ)御神業(ごしんげふ)御勤(おつと)(あそ)ばしたぢやありませぬか。311瓢箪鯰式(へうたんなまづしき)(なん)とか()んとか()つて、312一時(いちじ)(のが)れに()()ばし、313(わたし)姥桜(うばざくら)にして(しま)貴方(あなた)御考(おかんが)へでせう。314(なん)仰有(おつしや)つても、315(わたし)貴方(あなた)(あと)(した)戦場(せんぢやう)(むか)ひます。316貴方(あなた)一緒(いつしよ)(まゐ)り、317チツとでも御邪魔(おじやま)になる(やう)(こと)がありましたら、318(わたし)(をんな)(はし)くれ、319(いさぎよ)(のど)()()つて()んで()せませう』
320月鉾(つきほこ)『そんな(こと)をさせともないから、321凱旋(がいせん)(のち)まで()つて()れと()ふのだ』
322テーリン(ひめ)『それ(ほど)(わたし)をヤクザの(をんな)とお見下(みさ)(あそ)ばして御座(ござ)るのですか。323(わたし)だつてユリコ(ひめ)(さま)のなさる(こと)(くらゐ)立派(りつぱ)(つと)めてお()にかけます。324……コレコレ、325マリヤス(ひめ)(さま)326貴女(あなた)は、327アーリス(ざん)(わたし)仰有(おつしや)つたぢや御座(ござ)いませぬか。328どうぞ(はや)結婚(けつこん)取持(とりもち)をして(くだ)さいませ。329(この)()(およ)んで躊躇(ちうちよ)なさるのはヤツパリ(すゑ)になつて月鉾(つきほこ)さまと情意(じやうい)投合(とうがふ)なさるお(かんが)へでせう』
330(めう)(ところ)(ほこ)()けて駄々(だだ)()()した。331マリヤス(ひめ)是非(ぜひ)なく(おも)()つた(やう)に、
332マリヤス(ひめ)月鉾(つきほこ)さま、333是非(ぜひ)(この)()結婚(けつこん)(しき)()げて(くだ)さい。334万一(まんいち)()(くだ)さらねば、335(わたし)はテーリン(ひめ)(さま)疑惑(ぎわく)()(ため)336ここで自刃(じじん)して相果(あひは)てまする』
337(はや)くも懐剣(くわいけん)をスラリと引抜(ひきぬ)決心(けつしん)(こころ)(あら)はし、338(くちびる)をビリビリ(ふる)はせ、339顔色(がんしよく)(あを)ざめて、340唯事(ただごと)ならぬ気配(けはい)(しめ)してゐる。
341月鉾(つきほこ)『ハイ、342貴女(あなた)御意(ぎよい)(したが)ひます。343……テーリン(ひめ)(さま)344そんなら今日(けふ)から天下(てんか)()れての夫婦仲(めをとなか)345どうぞ末長(すゑなが)御世話(おせわ)(たの)みます』
346 テーリン(ひめ)()()(ばか)りに打喜(うちよろこ)び、
347『マリヤス(ひめ)(さま)348有難(ありがた)う、349……月鉾(つきほこ)さま、350(まへ)立派(りつぱ)(をとこ)351流石(さすが)真道彦(まみちひこ)(さま)御胤(おんたね)352(わたし)観察(くわんさつ)(ちが)はなかつた』
353狂気(きやうき)(ごと)(よろこ)び、354(ただち)神前(しんぜん)駆上(かけあが)つて、355感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)するのであつた。
356 マリヤス(ひめ)媒酌(ばいしやく)にて芽出度(めでた)く、357月鉾(つきほこ)358テーリン(ひめ)結婚(けつこん)(おこな)はれた。359これより、360マリヤス(ひめ)首領(しゆりやう)とし、361()362(つき)夫婦(ふうふ)(はじ)め、363八千代姫(やちよひめ)364照代姫(てるよひめ)二男五女(になんごぢよ)は、365(いよいよ)準備(じゆんび)(ととの)へ、366泰安城(たいあんじやう)へカールス(わう)367ヤーチン(ひめ)368真道彦命(まみちひこのみこと)(その)()(すく)ふべく出陣(しゆつぢん)する(こと)となつた。
369大正一一・八・九 旧六・一七 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)