霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 (まこと)告白(こくはく)〔八一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 篇:第3篇 光明の魁 よみ:こうみょうのさきがけ
章:第17章 誠の告白 よみ:まことのこくはく 通し章番号:817
口述日:1922(大正11)年08月09日(旧06月17日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年8月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
泰安城に戻ってきた一行は、カールス王を中心に、大広間にて会見の式を行った。互いに祝辞を述べると、大国治立尊のひもろぎを立て、国魂神の祭典を厳かに行い、直会の宴を設けた。
カールス王は立って、自らの不明から正しい教えを見失い、国を混乱させたことを懺悔し、ヤーチン姫やマリヤス姫へのこれまでの仕打ちを詫びる歌を歌った。
ヤーチン姫は、自分を救ってくれた人々に感謝を表し、カールス王に神の恵みがあり、自分自身も神業に参加できるよう祈願する歌を歌った。
真道彦は自分の家系の役割を歌い、これまでの艱難辛苦を神の鞭と受け止めて、今後の泰安城の繁栄を祈る歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:207頁 八幡書店版:第5輯 428頁 修補版: 校定版:214頁 普及版:95頁 初版: ページ備考:
001 ()(つづ)いて月鉾(つきほこ)牢獄(ろうごく)(なか)より、002マールエース、003テールスタン、004(その)()一旦(いつたん)三五教(あななひけう)聖地(せいち)(おい)幹部(かんぶ)となり、005(ふたた)叛旗(はんき)(ひるがへ)し、006カールス(わう)(ため)立働(たちはたら)き、007セールス(ひめ)一派(いつぱ)(とら)へられて、008カールス(わう)(とも)に、009岩窟(がんくつ)牢獄(ろうごく)(とう)ぜられたる連中(れんちう)をも(すく)()し、010泰安城(たいあんじやう)()して(かへ)(きた)り、011八咫(やあた)大広間(おほひろま)(おい)て、012一同(いちどう)会見(くわいけん)(しき)()げた。013中央(ちうあう)正座(しやうざ)にはカールス(わう)014憔悴(せうすゐ)せる体躯(たいく)(あら)はし、015(その)(かたはら)にヤーチン(ひめ)016マリヤス(ひめ)相並(あひなら)び、017(つぎ)には真道彦命(まみちひこのみこと)018日楯(ひたて)019月鉾(つきほこ)020八千代姫(やちよひめ)021照代姫(てるよひめ)()順序(じゆんじよ)(れつ)(ただ)し、022綺羅星(きらほし)(ごと)くに(あつ)まつて、023(たがひ)祝詞(しゆくじ)()べ、024(をは)つて神籬(ひもろぎ)()て、025大国治立尊(おほくにはるたちのみこと)(はじ)め、026国魂神(くにたまのかみ)祭典(さいてん)厳修(げんしう)し、027()いで直会(なほらひ)(えん)(うつ)り、028(たがひ)にかけ(へだ)てなく、029上下(しやうか)相睦(あひむつ)びて懐旧談(くわいきうだん)(ふけ)り、030()つマリヤス(ひめ)以下(いか)(この)(たび)戦功(せんこう)賞揚(しやうやう)し、031()感謝(かんしや)し、032一絃琴(いちげんきん)(だん)じつつ、033(おのおの)()つて(かみ)()祝歌(しゆくか)(うた)()(くる)うた。034カールス(わう)(つる)(ごと)(やせ)たる体躯(たいく)(うご)かせ(なが)ら、035(みづか)(うた)(みづか)()ふ。036(その)(うた)
037(とほ)神代(かみよ)(その)(むかし)
038国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
039神言(みこと)(かしこ)遠津祖(とほつおや)
040花森彦大神(はなもりひこのおほかみ)
041(かみ)神言(みこと)(かうむ)りて
042(とほ)波路(なみぢ)打渡(うちわた)
043高砂島(たかさごじま)胞衣(えな)として
044(かみ)(つく)りし(この)(しま)
045(あら)はれまして国人(くにびと)
046いと(たひら)けく(やす)らけく
047(をさ)(たま)ひし(くに)(おや)
048アークス(わう)(うづ)()
049(うま)()でたるカールスは
050隙間(すきま)(かぜ)にも(あた)らずに
051数多(あまた)侍女(じぢよ)(かしづ)かれ
052成長(せいちやう)したる(むく)いにて
053()有様(ありさま)何事(なにごと)
054(わきま)()らぬ(かな)しさに
055(おの)使(つか)ひし醜司(しこつかさ)
056テールスタンや(その)(ほか)
057(こころ)ねぢけし者共(ものども)
058言葉(ことば)(しん)三五(あななひ)
059(まこと)(ひと)つの神司(かむづかさ)
060真道(まみち)(ひこ)(みこと)をば
061(われ)刃向(はむか)仇人(あだびと)
062(おも)(あやま)岩窟(がんくつ)
063牢獄(ひとや)(なか)()げこみて
064(あさ)(ゆふ)なの憂苦労(うきくらう)
065おはせし(こと)(はづ)かしさ
066かかる(たふと)神人(しんじん)
067(くるし)めたりし(その)(むく)
068(たちま)(われ)(めぐ)()
069(とき)めき(わた)泰安(たいあん)
070(しろ)(ただ)ちに陥落(かんらく)
071セールス(ひめ)(その)(ほか)
072(しこ)魔神(まがみ)(とら)へられ
073(おの)(つく)りし牢獄(ろうごく)
074(なさけ)容赦(ようしや)荒々(あらあら)しく
075(つめ)たき(あな)()げこまれ
076悲歎(ひたん)(なみだ)(むせ)びつつ
077痩衰(やせおとろ)へて(ほね)()
078()()(よわ)(わが)(からだ)
079(はや)(たま)()生命(いのち)(まで)
080(つひ)()れむとする(ところ)
081仁慈無限(じんじむげん)三五(あななひ)
082(かみ)(つか)ふる宣伝使(せんでんし)
083玉藻(たまも)(うみ)片畔(かたほとり)
084天嶺(てんれい)泰嶺(たいれい)両聖地(りやうせいち)
085(つか)(たま)ひし日楯彦(ひたてひこ)
086月鉾彦(つきほこひこ)神人(しんじん)
087(あや)ふき生命(いのち)(たす)けられ
088やうやう(もと)(わが)(しろ)
089(かへ)(きた)りし(うれ)しさよ
090仁慈無限(じんじむげん)大神(おほかみ)
091()(たま)ひたる三五(あななひ)
092(まこと)(をしへ)他所(よそ)にして
093体主霊従(たいしゆれいじう)(をしへ)をば
094此上(こよ)なきものと迷信(めいしん)
095利己(りこ)一片(いつぺん)()(とほ)
096近侍(きんじ)(もの)(あやま)られ
097国人(くにびと)(たち)怨恨(えんこん)
098()らずに()ひし(おろ)かさよ
099あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
100(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
101(おも)ひもかけぬ今日(けふ)()
102(ふたた)(この)()(うま)れたる
103驚天動地(きやうてんどうち)(よろこ)びは
104何時(いつ)()にかは(わす)るべき
105日楯(ひたて)月鉾(つきほこ)両人(りやうにん)
106(ちち)(みこと)(くるし)めて
107(あく)(かぎ)りを(つく)したる
108カールス(わう)をば(にく)まずに
109(たす)(たま)ひし兄弟(きやうだい)
110(きよ)(こころ)何時(いつ)(まで)
111五六七(みろく)御代(みよ)(すゑ)(まで)
112子々孫々(ししそんそん)(あひ)(つた)
113(わす)れざらまし(この)御恩(ごおん)
114ヤーチン(ひめ)やマリヤス(ひめ)
115(かみ)(みこと)真心(まごころ)
116(こころ)(おに)()められて
117(いま)今迄(いままで)一筋(ひとすぢ)
118(うたが)()たる(おろ)かさよ。
119(こころ)(そこ)より()(した)
120ヤーチン(ひめ)よマリヤスよ
121今迄(いままで)(なんぢ)(あた)へたる
122無理難題(むりなんだい)(くる)しみを
123直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
124(わが)罪咎(つみとが)(ゆる)せかし
125あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
126御霊(みたま)(さち)はひましまして
127われに(したが)曲業(まがわざ)
128()らず()らずに(つく)したる
129(しこ)(つかさ)(もも)(つみ)
130直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
131(ゆる)させ(たま)天津神(あまつかみ)
132国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
133国魂神(くにたまがみ)御前(おんまへ)
134(つつし)(うやま)()ぎまつる
135あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
136御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
137(うた)(をは)つて、138中央(ちうあう)正座(しやうざ)()いた。
139 ヤーチン(ひめ)立上(たちあが)(みづか)(うた)(みづか)()ふ。
140花森彦(はなもりひこ)(その)末裔(みすゑ)
141アークス(わう)(おとうと)
142(うま)(たま)ひしエーリスの
143(むすめ)(うま)れしヤーチン(ひめ)
144アークス(わう)見出(みいだ)され
145カールス(わう)(つま)として
146(おや)(ゆる)せし許嫁(いいなづけ)
147(とき)(いた)るを()(うち)
148サアルボースの()みませる
149セールス(ひめ)曲神(まがかみ)
150(はか)られ(つひ)発狂(はつきやう)
151言葉(ことば)(たくみ)()ひられて
152()るも(おそ)ろし淡渓(たんけい)
153(ふか)谷間(たにま)()()まれ
154生命(いのち)(あやふ)(をり)もあれ
155(なさけ)(ふか)三五(あななひ)
156真道(まみち)(ひこ)(たす)けられ
157(いき)()(かへ)(その)(みぎ)
158キールスタンやユリコ(ひめ)
159(あと)(した)つて()(きた)
160(ここ)四人(よにん)はアーリスの
161御山(みやま)()えて玉藻湖(たまもこ)
162(ほとり)をよぎり三五(あななひ)
163(かみ)聖地(せいち)参詣(まゐまう)
164八尋(やひろ)殿(との)朝夕(あさゆふ)
165(つか)()たりし折柄(をりから)
166シヤーカルタンやトロレンス
167数多(あまた)民軍(みんぐん)引率(ひきつ)れて
168泰安城(たいあんじやう)攻上(せめのぼ)
169容易(ようい)ならざる形勢(けいせい)
170()くより(わらは)()をいらち
171真道(まみち)(ひこ)押立(おしたて)
172(かみ)(いくさ)引率(いんそつ)
173泰安城(たいあんじやう)立向(たちむか)
174カールス(わう)(うたが)はれ
175真道(まみち)(ひこ)諸共(もろとも)
176牢獄(ひとや)(うち)投込(なげこ)まれ
177(くる)しき月日(つきひ)(おく)るうち
178(ぜん)(あく)とを立分(たてわ)ける
179(まこと)(かみ)(あらは)れし
180今日(けふ)生日(いくひ)(うれ)しさよ
181最早(もはや)生命(いのち)()きものと
182覚悟(かくご)(きは)めし(この)(からだ)
183日頃(ひごろ)(しん)ずる三五(あななひ)
184皇大神(すめおほかみ)(めぐみ)にて
185(すく)はれたるかあら(たふ)
186(たふと)(かみ)御道(おんみち)
187(つか)(まつ)りて(この)前途(さき)
188(わが)()につける一切(いつさい)
189執着心(しふちやくしん)脱却(だつきやく)
190(あまね)世人(よびと)善道(ぜんだう)
191(みちび)(すく)大神(おほかみ)
192(ふか)(めぐみ)(つゆ)だにも
193(むく)(まつ)らむあが(こころ)
194日楯(ひたて)(ひこ)月鉾(つきほこ)
195ユリコ(ひめ)八千代姫(やちよひめ)
196照代(てるよ)(ひめ)御前(おんまへ)
197ヤーチン(ひめ)(こころ)より
198生命(いのち)(すく)(たま)ひたる
199(おや)にもまさる鴻恩(こうおん)
200(つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)る。
201あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
202(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
203カールス(わう)(はじ)めとし
204(ここ)()みゐる人々(ひとびと)
205(かみ)(めぐみ)(さち)はひて
206(こころ)(たま)逸早(いちはや)
207直日(なほひ)(たま)(みが)きあげ
208(たふと)(かみ)神業(しんげふ)
209(つく)させ(たま)惟神(かむながら)
210国魂神(くにたまがみ)御前(おんまへ)
211(つつし)(ねが)(たてまつ)
212あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
213御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
214(うた)()(をは)つて()()いた。
215 真道彦命(まみちひこのみこと)(たち)あがり、216(みづか)(うた)(みづか)()ふ。
217神代(かみよ)(むかし)(その)(むかし)
218(うづ)(みやこ)のエルサレム
219(かみ)(つかさ)(あれ)ませる
220色香(いろか)めでたき稚桜姫(わかざくらひめ)
221(うづ)(みこと)のはるばると
222天降(あも)りましたる(この)(しま)
223遠津御祖(とほつみおや)とあれませる
224真道(まみち)(ひこ)(かしこ)くも
225(ふか)()めたる宝玉(ほうぎよく)
226(ひめ)(みこと)(たてまつ)
227真鉄(まがね)(ひこ)奇八玉(くしやたま)
228(その)()(たふと)神々(かみがみ)
229(おのおの)(たま)()(いで)
230稚姫君(わかひめぎみ)御神(おんかみ)
231(たてまつ)りたる由緒(ゆいしよ)ある
232(うづ)聖地(せいち)玉藻山(たまもやま)
233(われ)祖先(そせん)()をつぎて
234真道(まみち)(ひこ)名乗(なの)りつつ
235(かみ)(をしへ)四方(よも)(くに)
236青人草(あをひとぐさ)()(つた)
237祖先(そせん)(わざ)朝夕(あさゆふ)
238(つか)へまつりし折柄(をりから)
239泰安城(たいあんじやう)にセールス(ひめ)
240(かみ)(みこと)(あら)はれて
241利己(りこ)一辺(いつぺん)(まつりごと)
242(ひら)かれしより泰安(たいあん)
243(しろ)(つか)へし(つかさ)()
244(わが)(まも)りたる聖場(せいぢやう)
245(うしほ)(ごと)押寄(おしよ)せて
246(かみ)(まこと)大道(おほみち)
247(ただ)一筋(ひとすぢ)(つか)へむと
248殊勝(しゆしよう)言葉(ことば)感歎(かんたん)
249三五教(あななひけう)幹部(かんぶ)とし
250(をしへ)四方(よも)(ひら)(をり)
251泰安城(たいあんじやう)大変事(だいへんじ)
252突発(とつぱつ)せしと()くよりも
253テールスタンを(はじ)めとし
254数多(あまた)人々(ひとびと)三五(あななひ)
255(をしへ)(つた)ふる(わが)()をば
256現世的(げんせいてき)救主(すくひぬし)ぞと
257(こころ)(そこ)より誤解(ごかい)して
258泰安城(たいあんじやう)(むか)はしめ
259(たちま)(われ)振棄(ふりすて)
260利己一辺(りこいつぺん)魔心(まごころ)
261(また)もや(とら)はれカールスの
262(わう)(みこと)()()りて
263(われ)牢獄(ひとや)(おとしい)
264(もも)(なや)みを(あた)へたる
265それの(うらみ)(かへ)さむと
266無念(むねん)()がみをなし(なが)
267()()もねずに()きゐたる
268(とき)しもあれや竜世姫(たつよひめ)
269牢獄(ひとや)(なか)(あら)はれて
270(なんぢ)(まこと)天地(あめつち)
271(かみ)(こころ)(かよ)ひたり
272(いま)苦難(くなん)(のち)()
273大歓楽(だいくわんらく)(いしずゑ)
274高砂島(たかさごじま)全島(ぜんたう)
275(たす)(みちび)救世主(きうせいしゆ)
276(かみ)(はしら)となさむ(ため)
277(たふと)(かみ)経綸(けいりん)
278(なんぢ)牢獄(ひとや)(おと)(なり)
279(かなら)(こころ)(わづら)ふな
280(かみ)(なんぢ)(まも)るべし
281(はな)()(はる)(しば)()
282黒白(あやめ)(わか)(やみ)()
283(ひかり)ともなり(しほ)となり
284色香(いろか)かんばし(はな)となり
285(まこと)果実(くわじつ)(むす)ぶまで
286(かみ)(なんぢ)(ため)すなり
287(こころ)(いた)むる(こと)(なか)
288これぞ(まつた)国治立(くにはるたち)
289(いづ)(みこと)御心(みこころ)
290(よろこ)(いさ)真道彦(まみちひこ)
291(かみ)(なんぢ)()みませる
292日楯(ひたて)月鉾(つきほこ)両人(りやうにん)
293宏大無辺(くわうだいむへん)神徳(しんとく)
294(さは)(さづ)けて高砂(たかさご)
295(しま)(おほ)へる黒雲(くろくも)
296(はら)(きよ)めて(うるは)しき
297神代(かみよ)(はしら)となさしめむ
298(かなら)(うたが)(こと)(なか)
299(かみ)言葉(ことば)二言(にごん)はなしと
300言葉(ことば)(をは)ると諸共(もろとも)
301(その)(まま)姿(すがた)()(たま)
302あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
303(おも)へば(うれ)しき今日(けふ)()
304(たふと)(かみ)(まも)ります
305稜威(いづ)仕組(しぐみ)(ひら)(ぐち)
306堅磐常磐(かきはときは)神国(かみくに)
307(さか)えを()つや高砂(たかさご)
308(しま)(おい)たる(ひと)(まつ)
309千歳(ちとせ)(つる)永久(とこしへ)
310何時(いつ)巣籠(すごも)芽出度(めでた)さは
311やがて(ひら)くる五六七(みろく)()
312(かめ)(よはひ)万世(よろづよ)
313八百万世(やほよろづよ)末永(すえなが)
314(この)神島(かみじま)(さち)あれよ
315花森彦大神(はなもりひこのおほかみ)
316御裔(みすゑ)(かみ)()れませる
317カールス(わう)三五(あななひ)
318(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
319(つか)(たま)ひて泰安(たいあん)
320(この)聖場(せいぢやう)末永(すえなが)
321(しづ)まりまして国人(くにびと)
322いと(やす)らけく(たひら)けく
323堅磐常磐(かきはときは)(しろ)()
324あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
325(かみ)御前(みまへ)真道彦(まみちひこ)
326真心(まごころ)こめて()(まつ)る』
327(うた)(をは)り、328(わが)()復帰(ふくき)した。
329大正一一・八・九 旧六・一七 松村真澄録)