霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 天下泰平(てんかたいへい)〔八一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 篇:第3篇 光明の魁 よみ:こうみょうのさきがけ
章:第18章 天下泰平 よみ:てんかたいへい 通し章番号:818
口述日:1922(大正11)年08月10日(旧06月18日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年8月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
直会の宴で、マリヤス姫は立ち上がって歌った。自らの生い立ちを歌に明かし、悪人たちの動向を探りつつ、三五教のために立ち働いたこれまでの経緯を歌った。
続いて照代姫は、琉球にて代々三五教を奉じていた家の出であり、妹の八千代姫とともに照彦王に仕えていた身の上を歌に歌った。そして照彦王の命により、台湾島のために尽くす覚悟であることを歌った。
カールス王は真道彦命にこれまでの無理解と無礼を謝し、突如、罪滅ぼしのために宣伝使となって各地を放浪するために、真道彦に王位を継ぐようにと懇願した。
真道彦は驚き、互いの家系の使命を説いてカールス王を諌め、断固として王位に就く意思のないことを明かした。真道彦の清廉潔白なる精神に感じたカールス王は、真道彦を導師として、全島に王として範を示すことになった。
カールス王はヤーチン姫を正妃となし、マールエースを宰相となし、ホールサースを副宰相とするなどして国の要職の人々を定め、ここに台湾島は治まった。王は琉球の照彦王に感謝の使いを遣わした。照彦王はカールス王の誠意に感じて台湾島に渡り、泰安城に迎えられて歓迎を受けた。
ここに琉球と台湾は相提携して神業に奉仕することとなった。マールエースは八千代姫、ホールサースは照世姫を娶り、その子孫は永く繁栄し泰安城に仕えた。
カールス王とヤーチン姫の間に、八千彦、八千姫の一男一女が生まれた。照彦王と照子姫の間にも、照国彦、照国姫の一男一女が生まれた。真道彦の媒酌によって八千彦と照国姫、照国彦と八千姫を娶わせ、両家は親族関係を結ぶこととなった。
また、マリヤス姫はカールス王のいとこにあたるフエールスの妻となり、夫婦合わせて国王夫妻を助け、今まで混乱を重ねた台湾島を天国浄土となした功績が大いにあった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:220頁 八幡書店版:第5輯 432頁 修補版: 校定版:228頁 普及版:99頁 初版: ページ備考:
001 マリヤス(ひめ)(たち)あがり、002(みづか)(うた)(みづか)()ふ。
003花森彦神(はなもりひこのかみ)(すゑ)
004アークス(わう)(かく)()
005(うま)()でたる(わが)身魂(みたま)
006(ちち)(みこと)内命(ないめい)
007(ほう)じて侍女(じぢよ)()をやつし
008セールス(ひめ)(したが)ひて
009サアルボースやホーロケース
010(その)()魔神(まがみ)行動(かうどう)
011(あさ)(ゆふ)なに偵察(ていさつ)
012悪人(あくにん)(ども)計略(けいりやく)
013一々(いちいち)(むね)にたたみつつ
014(とき)(きた)るを()(うち)
015セールス(ひめ)一類(いちるゐ)
016ヤーチン(ひめ)排斥(はいせき)
017カールス(わう)()となりて
018泰安城(たいあんじやう)主権(しゆけん)をば
019(わが)()(にぎ)暴政(ばうせい)
020()かむとしたる折柄(をりから)
021(わらは)(たま)らずセールスの
022(ひめ)一派(いつぱ)打懲(うちこ)らし
023泰安城(たいあんじやう)()()でて
024真道(まみち)(ひこ)()れませる
025日月潭(じつげつたん)聖場(せいぢやう)
026(しの)びて(かみ)(つか)へつつ
027(あさ)(ゆふ)なに月鉾(つきほこ)
028雄々(をを)しき姿(すがた)()るにつけ
029(たちま)(なや)(こひ)(やみ)
030(をり)ある(ごと)()()りて
031(こころ)(たけ)口説(くど)(ども)
032信心(しんじん)堅固(けんご)月鉾(つきほこ)
033天地(てんち)道理(だうり)(たて)()
034容易(ようい)(わらは)恋路(こひぢ)をば
035(うべ)なひ(たま)はぬ月鉾(つきほこ)
036(つれ)なき(こころ)(うら)みしが
037(かみ)御前(みまへ)(ぬか)づきて
038(しづか)神意(しんい)(うかが)へば
039アークス(わう)(かく)(つま)
040(つみ)より(うま)れし(わが)身体(からだ)
041(かみ)(ひと)しき月鉾(つきほこ)
042(たふと)(つかさ)(けが)れたる
043(わが)()(もつ)(いも)()
044(ちぎり)(せま)るは何事(なにごと)
045(あやま)つたりと悔悟(くわいご)して
046(ここ)(いよいよ)断念(だんねん)
047天地(てんち)(かみ)(その)(つみ)
048()ぶれば心天(しんてん)(たちま)ちに
049真如(しんによ)(つき)(かがや)きて
050恋路(こひぢ)(やみ)()れにけり
051()れより(わらは)一心(いつしん)
052泰嶺(たいれい)聖地(せいち)神前(しんぜん)
053(こころ)(つく)()(つく)
054(つか)へまつりてありけるが
055真道彦(まみちひこ)神司(かむづかさ)
056岩窟上(がんくつじやう)牢獄(ろうごく)
057(いまし)められて千万(ちよろづ)
058責苦(せめく)()はせ(たま)(こと)
059()くより(こころ)(あせ)()
060(すく)()さむと国魂(くにたま)
061(かみ)御前(みまへ)朝夕(あさゆふ)
062(いの)(をり)しも月鉾(つきほこ)
063日楯(ひたて)(かみ)やユリコ(ひめ)
064照彦王(てるひこわう)(つか)へたる
065照代(てるよ)(ひめ)八千代姫(やちよひめ)
066(たふと)(いつ)つの神宝(しんぽう)
067()ちて聖地(せいち)(かへ)りまし
068(あさ)(ゆふ)なに奉斎(ほうさい)
069(こころ)(みが)折柄(をりから)
070セールス(ひめ)一類(いちるゐ)
071シヤーカルタンやトロレンス
072サアルボース、ホーロケースの
073悪神(わるがみ)(ども)()(あつ)
074泰安城(たいあんじやう)(おとしい)
075暴威(ばうゐ)(ふる)ひカールスの
076(わう)(つか)へし(つかさ)()
077岩窟上(がんくつじやう)牢獄(ろうごく)
078一人(ひとり)(のこ)らず()()みて
079暴虐無道(ばうぎやくぶだう)(かぎ)りを(つく)
080(なほ)(すす)んで玉藻山(たまもやま)
081聖地(せいち)蹂躙(じうりん)せむものと
082セウルスチンを(はじ)めとし
083サアルボースやホーロケースを(しやう)となし
084()()(いきほひ)なかなかに
085(あなど)(がた)()えにける
086(わらは)少数(せうすう)神軍(しんぐん)
087(ひき)ゐて聖地(せいち)出発(しゆつぱつ)
088玉藻(たまも)湖辺(こへん)(いた)(をり)
089セウルスチンの(ひき)ゐたる
090数多(あまた)(いくさ)出会(しゆつくわい)
091獅子(しし)奮迅(ふんじん)(いきほひ)
092(やり)(そろ)へて()(きた)
093猪武者(いのししむしや)打向(うちむか)
094大蛇(をろち)(かがみ)取出(とりいだ)
095(てき)()らせば鏡面(きやうめん)
096(はげ)しき(ひかり)()(くら)
097(こん)(をのの)きて(たちま)ちに
098将棋倒(しやうぎだふ)しとなりにける
099(かみ)()けたる言霊(ことたま)
100(わらは)はすかさず()りつれば
101今迄(いままで)(たふ)れし敵軍(てきぐん)
102(こころ)(まなこ)()ふも(さら)
103(にく)()さへも(たちま)ちに
104(もと)(ごと)くに(ひら)かれて
105(やうや)(さと)三五(あななひ)
106(たふと)(かみ)御恵(おんめぐ)
107(こころ)(そこ)より正覚(しやうかく)
108帰順(きじゆん)なしたる(うれ)しさよ。
109(わらは)はそれよりアーリスの
110(みね)乗越(のりこ)泰安(たいあん)
111(しろ)馬場(ばんば)攻寄(せめよ)せて
112(むら)がる数万(すうまん)軍勢(ぐんぜい)
113(むか)つて(そそ)照代姫(てるよひめ)
114八千代(やちよ)(ひめ)宝鏡(ほうきやう)
115(ひかり)(てき)辟易(へきえき)
116(まなこ)(くら)みて()(たふ)
117(くるし)藻掻(もが)(その)(なか)
118城内(じやうない)(ふか)(すす)()
119セールス(ひめ)()(むか)
120大蛇(をろち)(たま)射照(いて)らせば
121悪狐(あくこ)姿(すがた)還元(くわんげん)
122数多(あまた)侍臣(じしん)諸共(もろとも)
123(あや)しき正体(しやうたい)(あら)はしつ
124(くも)(かすみ)()()せぬ
125(わらは)(ここ)(いき)(やす)
126照代(てるよ)(ひめ)八千代姫(やちよひめ)
127テーリン(ひめ)やユリコ(ひめ)
128(その)()(たふと)神人(かみびと)
129泰安城(たいあんじやう)(まも)りつつ
130カールス(わう)真道彦(まみちひこ)
131ヤーチン(ひめ)(はじ)めとし
132マールエースやホーレンス
133テールスタンや(その)(ほか)
134(とら)はれ(びと)(すく)はむと
135()(つき)二人(ふたり)兄弟(きやうだい)
136岩窟上(がんくつじやう)牢獄(ろうごく)
137差遣(さしつか)はせば両人(りやうにん)
138芽出度(めでた)使命(しめい)相果(あひは)たし
139凱歌(がいか)()げて堂々(だうだう)
140(かへ)()ませる(いさ)ましさ
141あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
142御霊(みたま)(さち)はひましまして
143カールス(わう)(はじ)めとし
144(まこと)(みち)(あやま)りし
145(この)()(ひか)ゆる諸人(もろびと)
146(かみ)(めぐみ)(さち)(ふか)
147(てん)より()けし(たましひ)
148(くも)りを()らして(もと)(ごと)
149(いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
150直日(なほひ)(たま)立直(たてなほ)
151(すく)はせ(たま)天津神(あまつかみ)
152国津御神(くにつみかみ)御前(おんまへ)
153(つつし)(うやま)()ぎまつる
154あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
155御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
156(うた)(をは)つて(もと)()()いた。
157 照代姫(てるよひめ)立上(たちあが)り、158(みづか)(うた)ひ、159(みづか)()ふ。
160(かみ)(みやこ)のエルサレム
161国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
162御前(みまへ)(つか)へし真鉄彦(まがねひこ)
163(かみ)御裔(みすゑ)(うま)れたる
164(くら)(この)()照代姫(てるよひめ)
165サワラの(みね)山麓(さんろく)
166(ちち)照若(てるわか)諸共(もろとも)
167(かみ)(をしへ)(まも)()
168(とき)しもあれや三五(あななひ)
169(かみ)(つかさ)照彦(てるひこ)
170照子(てるこ)(ひめ)諸共(もろとも)
171四辺(あたり)まばゆき神徳(しんとく)
172()らして(ここ)(くだ)りまし
173(みなみ)(しま)人々(ひとびと)
174(かみ)(ひかり)御恵(みめぐ)みに
175服従(まつろ)(やは)善政(ぜんせい)
176(ほどこ)(たま)へば(くさ)()
177(めぐみ)(かぜ)(なび)きつつ
178()泰平(たいへい)(をさ)まりぬ
179(ちち)照若(てるわか)(よろこ)びて
180照彦王(てるひこわう)御前(おんまへ)
181(すす)()でまし八千代姫(やちよひめ)
182照代(てるよ)(ひめ)姉妹(けうだい)
183(みこと)(まへ)(たてまつ)
184御側(おんそば)(ちか)(はべ)らせて
185(まこと)(しめ)(たま)ひけり。
186(をり)しもあれや三五(あななひ)
187(かみ)御霊(みたま)(まつ)りたる
188玉藻(たまも)(やま)聖地(せいち)より
189日楯(ひたて)月鉾(つきほこ)兄弟(きやうだい)
190ユリコの(ひめ)(ともな)ひて
191照彦王(てるひこわう)照子姫(てるこひめ)
192(うづ)御前(みまへ)(あら)はれて
193(かみ)秘密(ひみつ)(かた)()
194(もと)より三人(みたり)(くち)()しの
195(こころ)(こころ)(かた)りつつ
196照彦王(てるひこわう)(はか)らひに
197大谷川(おほたにがは)()(わた)
198向陽山(こうやうざん)岩窟(がんくつ)
199(こころ)(かた)常楠(つねくす)
200白髪(はくはつ)異様(いやう)仙人(せんにん)
201(いつ)つの(たから)(さづ)かりつ
202エルの(みなと)船出(ふなで)して
203(なみ)(わた)りてキル(みなと)
204人目(ひとめ)(しの)(やま)()
205(つた)ひてやうやう玉藻山(たまもやま)
206(かみ)(あつ)まる聖場(せいぢやう)
207二男三女(になんさんによ)(いさぎよ)
208到着(たうちやく)したる(うれ)しさよ。
209()もなく(きこ)ゆる泰安(たいあん)
210(みやこ)(そら)大騒(おほさわ)
211セールス(ひめ)一族(いちぞく)
212カールス(わう)幽閉(いうへい)
213(なほ)暴威(ばうゐ)(ふる)ひつつ
214三五教(あななひけう)聖場(せいぢやう)
215蹂躙(じゆうりん)せむと(おそ)()
216(たか)(うはさ)()くよりも
217マリヤス(ひめ)(しやう)となし
218日楯(ひたて)月鉾(つきほこ)両人(りやうにん)
219副将軍(ふくしやうぐん)相定(あひさだ)
220テーリン(ひめ)やユリコ(ひめ)
221八千代(やちよ)(ひめ)諸共(もろとも)
222(わづか)(のこ)りし信徒(まめひと)
223(ひき)ゐて玉藻(たまも)湖畔(こはん)(まで)
224(すす)(きた)れる(をり)もあれ
225セウルスチンの一隊(いつたい)
226(ここ)にいよいよ衝突(しようとつ)
227大蛇(をろち)(かがみ)射照(ゐて)らせば
228神威(しんゐ)(おそ)れて()(くら)
229マリヤス(ひめ)言霊(ことたま)
230帰順(きじゆん)()をば(へう)しける
231セウルスチンの一軍(いちぐん)
232(ここ)(あらた)味方(みかた)とし
233泰安城(たいあんじやう)立向(たちむか)
234空前絶後(くうぜんぜつご)勝利(しようり)をば
235()たるは(まつた)皇神(すめかみ)
236(ふか)(まも)りと()られけり。
237あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
238御霊(みたま)(さち)はひましまして
239泰安城(たいあんじやう)末永(すえなが)
240カールス(わう)やヤーチン(ひめ)
241(かみ)(つかさ)(むつま)じく
242妹背(いもせ)(ちぎり)(むす)びまし
243真道(まみち)(ひこ)御教(みをしへ)
244(あさ)(ゆふ)なに奉戴(ほうたい)
245五六七(みろく)神代(かみよ)仁政(じんせい)
246台湾島(たいわんたう)(くま)もなく
247(ほどこ)(たま)惟神(かむながら)
248(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる。
249八千代(やちよ)(ひめ)照代姫(てるよひめ)
250サワラの(しろ)国王(こきし)より
251日楯(ひたて)月鉾(つきほこ)両人(りやうにん)
252(したが)ひまつりて玉藻山(たまもやま)
253聖地(せいち)(つか)へまつれよと
254()(わた)されし(うへ)からは
255仮令(たとへ)如何(いか)なる(こと)あるも
256(ふたた)(くに)へは(かへ)らまじ
257カールス(わう)よヤーチンの
258姫命(ひめのみこと)真道彦(まみちひこ)
259(その)()(たふと)神人(かみびと)
260(わらは)()二人(ふたり)姉妹(おとどひ)
261身霊(みたま)(めぐ)(たま)ひつつ
262(かみ)使命(しめい)永久(とこしへ)
263()てさせ(たま)へよ台湾(たいわん)
264(しま)(とき)めく神人(かみびと)
265御前(みまへ)(いの)(たてまつ)
266あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
267御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
268(うた)(をは)つて、269(もと)()()いた。
270 (ここ)にカールス(わう)真道彦命(まみちひこのみこと)(むか)ひ、271従前(じゆうぜん)(あやま)ちと無礼(ぶれい)(しや)し、272()つ、
273(われ)はこれより三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)となり、274罪亡(つみほろ)ぼしのため宣伝使(せんでんし)となつて(あめ)(した)四方(よも)(くに)遍歴(へんれき)したければ、275貴下(あなた)(たふと)真道彦命(まみちひこのみこと)神裔(しんえい)なるを(さいは)ひ、276貴下(あなた)御子(みこ)なる日楯(ひたて)277月鉾(つきほこ)左右(さいう)(しん)となし、278泰安城(たいあんじやう)(なが)(とど)まりて、279政教(せいけう)両面(りやうめん)主権(しゆけん)(にぎ)り、280国家(こくか)平安(へいあん)(しろ)()せよ』
281宣示(せんじ)したるを、282真道彦命(まみちひこのみこと)(おほい)(おどろ)き、
283『カールス王様(わうさま)284折角(せつかく)御言葉(おことば)なれ(ども)285吾々(われわれ)国治立尊(くにはるたちのみこと)御退隠(ごたいいん)以前(いぜん)より、286(わが)祖先(そせん)(もつぱ)神政(しんせい)(つか)へ、287現界(げんかい)政治(せいぢ)容喙(ようかい)せざるを(もつ)天職(てんしよく)となし(きた)りたるものなれば、288如何(いか)なる事情(じじやう)あり(とも)289(われ)政教(せいけう)両面(りやうめん)主権者(しゆけんしや)となり、290王者(わうじや)位地(ゐち)(すす)むべき(もの)(あら)ず。291何卒(どうぞ)(この)(こと)(ばか)りは御取消(おとりけし)(ねが)(たてまつ)ります。292貴王(あなた)花森彦命(はなもりひこのみこと)御裔(おんすゑ)293(かなら)(この)島国(しまぐに)(をさ)(たま)ふべき、294祖先(そせん)よりの使命(しめい)おはしませば、295一刻(いつこく)(はや)(もと)王位(わうゐ)()き、296ヤーチン(ひめ)正妃(せいひ)として天下(てんか)君臨(くんりん)(たま)へ。297(およ)ばず(なが)ら、298真道彦命(まみちひこのみこと)父子(ふし)(もの)(きみ)政事(せいじ)(かげ)より麻柱(あななひ)(たてまつ)り、299天下泰平(てんかたいへい)()(をさ)(たま)ふべく守護(しゆご)(まつ)らむ。300(つい)ては(わう)進言(しんげん)したき(こと)あり。301信心(しんじん)堅固(けんご)にして、302仁慈(じんじ)剛直(がうちよく)とを()(そな)へたるマールエースを(もつ)宰相(さいしやう)となし、303ホールサースをして副宰相(ふくさいしやう)となし、304数多(あまた)罪人(つみびと)(ゆる)し、305シヤーカルタンやトロレンスをも(おも)(もち)(たま)へば、306天下(てんか)益々(ますます)太平(たいへい)ならむ。307これ真道彦(まみちひこ)赤誠(せきせい)()めて、308国家(こくか)(ため)進言(しんげん)する所以(ゆゑん)であります』
309(がう)政治的(せいぢてき)野心(やしん)なき(こと)告白(こくはく)した。310カールス(わう)真道彦命(まみちひこのみこと)清廉潔白(せいれんけつぱく)なる精神(せいしん)(かん)()り、311真道彦命(まみちひこのみこと)導師(だうし)(あふ)ぎ、312(みづか)三五教(あななひけう)信者(しんじや)となり、313全島(ぜんたう)(はん)(しめ)し、314天下(てんか)永久(とこしへ)三五教(あななひけう)掩護(えんご)(もと)に、315(えだ)もならさぬ高砂(たかさご)芽出度(めでた)神国(かみくに)(をさ)まることとなつた。316さうしてヤーチン(ひめ)(たい)する(わう)(うたがひ)(まつた)()れ、317(ここ)(ひめ)()れて正妃(せいひ)となし、318マリヤス(ひめ)侍女(じぢよ)(かしら)(さだ)め、319テールスタン、320ホーレンス(その)()人々(ひとびと)をも()(あらた)めしめ、321(もと)(ごと)重用(ぢうよう)して、322()永久(とこしへ)(をさ)まり、323万民(ばんみん)鼓腹撃壌(こふくげきじやう)(たのし)みに()うた。
324 (ここ)にカールス(わう)琉球(りうきう)のサワラの(みやこ)へ、325マールエース、326ホールサースを(つか)はし、327いろいろの(めづ)らしき貢物(みつぎもの)(もたら)せ、328照彦王(てるひこわう)(まへ)感謝(かんしや)帰順(きじゆん)()(へう)することとなつた。
329 照彦王(てるひこわう)はカールス(わう)誠意(せいい)(かん)じ、330マールエース、331ホールサースと(とも)(はじ)めて台湾島(たいわんたう)(わた)り、332泰安城(たいあんじやう)(むか)へられ、333(しばら)此処(ここ)(とど)まり、334山野河海(さんやかかい)饗応(きやうおう)()け、335()真道彦命(まみちひこのみこと)(しづ)まり()ます玉藻山(たまもやま)聖場(せいぢやう)参拝(さんぱい)し、336(ここ)(かた)()(にぎ)り、337琉球(りうきう)338台湾(たいわん)相提携(あひていけい)して、339神業(しんげふ)奉仕(ほうし)する(こと)となつた。
340 真道彦(まみちひこ)341照彦王(てるひこわう)媒介(ばいかい)()りて、342マールエースは八千代姫(やちよひめ)(めと)り、343ホールサースは照代姫(てるよひめ)(めと)り、344夫婦(ふうふ)相睦(あひむつ)びて泰安城(たいあんじやう)(つか)へ、345(その)子孫(しそん)(なが)繁栄(はんゑい)した。
346 (すゑ)(いた)りてカールス(わう)とヤーチン(ひめ)(あひだ)八千彦(やちひこ)347八千姫(やちひめ)一男一女(いちなんいちによ)(うま)れた。348(また)照彦王(てるひこわう)照子姫(てるこひめ)(あひだ)にも、349照国彦(てるくにひこ)350照国姫(てるくにひめ)一男一女(いちなんいちによ)(うま)れた。351真道彦命(まみちひこのみこと)媒酌(ばいしやく)()つて、352照彦王(てるひこわう)長子(ちやうし)照国彦(てるくにひこ)八千姫(やちひめ)(めあ)はせ、353(また)カールス(わう)長子(ちやうし)八千彦(やちひこ)照彦王(てるひこわう)(むすめ)照国姫(てるくにひめ)(めあ)はせ、354(ここ)(あらた)めて親族(しんぞく)関係(くわんけい)(むす)(こと)となつた。
355 マリヤス(ひめ)はアークス(わう)(おとうと)エーリスの長子(ちやうし)フエールスの(つま)となり、356泰安城(たいあんじやう)(はな)(うた)はれて、357上下(しやうか)信望(しんばう)(にな)ひ、358ヤーチン(ひめ)政事(せいじ)(たす)けて子孫(しそん)(なが)繁栄(はんゑい)し、359今迄(いままで)混乱(こんらん)混乱(こんらん)(かさ)ねたる台湾島(たいわんたう)(まつた)天国(てんごく)浄土(じやうど)(くわ)するに(いた)つたのは、360フエールス、361マリヤス(ひめ)(ちから)(おほい)(あづか)つて(こう)ありと()ふべしである。362あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
363大正一一・八・一〇 旧六・一八 松村真澄録)