霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 悪現霊(あくげんれい)〔九九六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻 篇:第1篇 天意か人意か よみ:てんいかじんいか
章:第8章 第36巻 よみ:あくげんれい 通し章番号:996
口述日:1922(大正11)年09月21日(旧08月1日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
アナンの軍は牢獄から一度は同志たちを救い出したが、アナン、セール、シルレング、ユーズたちの一隊は城内の落とし穴に落ち込んでしまった。
竜雲の左守ケリヤと右守ハルマは采配を打ち振ってアナンの軍を迎え撃ち、寄せ手の三分の一ほどを打倒した。アナン軍の指揮を執っていたサールとウインチはやむを得ず退却し、バリーの館に引き上げて行った。
竜雲は部下たちの防戦をねぎらい、城の防備を固めた。しかし牢獄は破られ、サガレン王は姿を消していた。エームスとテーリスの姿も見えなくなっていた。竜雲は部下に下知して、三人の行方を探るべく捕り手たちを四方に派遣した。
竜雲は味方の将卒をねぎらうために城内の庭で祝宴を開いた。竜雲はシロの島の司となって人民をウラル教に導こうという野望を歌った。ケールス姫やケリヤも竜雲を称える歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3608
愛善世界社版:71頁 八幡書店版:第6輯 608頁 修補版: 校定版:72頁 普及版:31頁 初版: ページ備考:
001 アナン、002セールの一隊(いつたい)(やかた)(むか)ひ、003サール、004ウインチはタールチン、005キングス(ひめ)006ゼム、007エール、008シルレング、009ユーズを(すく)()さむと、010牢獄(らうごく)(はう)猛進(まうしん)した。
011 ベールは部下(ぶか)獄卒(ごくそつ)(とも)死力(しりよく)(つく)して(たたか)うたが、012つひにコリヤ(かな)はぬと(おも)ひしか(くも)(かすみ)姿(すがた)(かく)して(しま)つた。
013 サール、014ウインチは一同(いちどう)忠臣(ちうしん)首尾(しゆび)よく(すく)()だし、015(つぎ)にアナン、016セールの(たい)(がつ)すべく(わう)(やかた)()して(すす)()く。017竜雲(りううん)018ケールス(ひめ)(おく)()(かほ)(いろ)()へ、019手鎗(てやり)小脇(こわき)(かか)へ、020()らば()かむと身構(みがま)へしてゐる。
021 真先(まつさき)(すす)んだアナン、022セールを(はじ)め、023シルレング、024ユーズは不運(ふうん)にも、025(やかた)(なか)俄作(にはかづく)りの(ふか)陥穽(おとしあな)におち()んで(しま)つた。
026 サール、027ウインチを(はじ)め、028タールチン、029キングス(ひめ)030ゼム、031エールは、032(この)(うへ)深入(ふかい)りするは如何(いか)なる羽目(はめ)(おちい)るやも(はか)(がた)しと、033大事(だいじ)をふんで(あと)引返(ひきかへ)し、034(おもて)()でて(ふたた)(たたか)ひを継続(けいぞく)しつつあつた。
035 ケリヤ、036ハルマは采配(さいはい)(うち)ふり(うち)ふり、037所在(あらゆる)精鋭(せいえい)武器(ぶき)(そろ)へて、038(いのち)(かぎ)りに(ふせ)(たたか)()()人数(にんず)(ほとん)三分(さんぶ)以上(いじやう)(またた)(うち)()(たふ)されて(しま)つた。039サール、040ウインチは()むを()ず、041タールチン、042キングス(ひめ)043(その)()(とも)一先(ひとま)づここを退却(たいきやく)し、044(ふたた)捲土重来(けんどぢうらい)(さく)(かう)ぜむと、045バリーの(やかた)(ぐん)(かへ)した。
046 竜雲(りううん)見方(みかた)将卒(しやうそつ)(あつ)め、047今日(けふ)防戦(ばうせん)偉勲(ゐくん)(くち)(きは)めて賞揚(しやうやう)し、048(しろ)外部(ぐわいぶ)念入(ねんい)りに警護(けいご)せしめた。049そしてサガレン(わう)(はじ)め、050信用(しんよう)()つたるエームス、051テーリスの姿(すがた)()えざるに(おどろ)き、052(ふたた)びケリヤ、053ハルマに(めい)じ、054捕手(とりて)四方(しはう)(つか)はして、055(わう)056(ほか)二人(ふたり)所在(ありか)(きび)しく捜索(そうさく)せしめた。057(しか)(なが)ら、058(わう)行方(ゆくへ)到底(たうてい)(わか)らなくなつて(しま)つたのである。
059 竜雲(りううん)部下(ぶか)将卒(しやうそつ)(ねぎら)ふべく、060(しろ)広庭(ひろには)草蓆(くさむしろ)()き、061四方(しはう)警戒(けいかい)(なが)ら、062大祝宴(だいしゆくえん)(ひら)いた。063(その)席上(せきじやう)にて竜雲(りううん)(こゑ)高々(たかだか)(うた)ふ。
064(この)()御祖(みおや)とあれませる
065塩長彦大神(しほながひこのおほかみ)
066御稜威(みいづ)(いま)(かがや)きて
067ウラルの(をしへ)()となりぬ
068大国彦(おほくにひこ)系統(けいとう)
069()(ほこ)りたるサガレン(わう)
070(しこ)魔神(まがみ)竜雲(りううん)
071広大無辺(くわうだいむへん)神徳(しんとく)
072()(はら)はれて(かげ)もなく
073(けむり)となつて()()せぬ
074われは(これ)よりシロ(しま)
075(つかさ)となりて百司(ももつかさ)
076百人達(ももびとたち)(ことごと)
077ウラルの(かみ)御教(みをしへ)
078まつろひ(あは)御恵(みめぐみ)
079(つゆ)(あまね)くうるほさむ
080あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
081塩長彦(しおながひこ)御威勢(ごゐせい)
082(いま)(はじ)めぬ(こと)(なが)
083四方(よも)草木(くさき)(ことごと)
084片葉(かきは)もとめず()しなびく
085かかる(たふと)大神(おほかみ)
086(をしへ)にまつろふ竜雲(りううん)
087天津神(あまつかみ)たち八百万(やほよろづ)
088国津神(くにつかみ)たち国魂(くにたま)
089(かみ)(ちから)()()けて
090月日(つきひ)(ごと)永久(とこしへ)
091(かがや)きわたるわが御稜威(みいづ)
092(たた)へまつれよ百司(ももつかさ)
093ケールス(ひめ)(はじ)めとし
094左守(さもり)右守(うもり)神司(かむつかさ)
095ケリヤ、ハルマは()ふも(さら)
096ベールやメール、ヨール(まで)
097(わが)神徳(しんとく)にまつろひて
098(きよ)(つか)へよ(わが)(まへ)
099われは(この)()(たひら)けく
100(をさ)むる(すく)ひの(かみ)なるぞ
101(この)シロ(しま)竜雲(りううん)
102(をさ)まる(かぎ)(おに)大蛇(をろち)
103いかなる曲津(まがつ)()()(とも)
104(おそ)るる(こと)はなき(ほど)
105(うへ)(した)とは(むつ)()
106(こころ)(あは)(ちから)をば
107(ひと)つになしてわが()らす
108(この)神国(かみくに)(まも)れかし
109あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
110(かみ)御前(みまへ)真心(まごころ)
111ささげて(いの)(たてまつ)る』
112(あく)にも三分(さんぶ)理屈(りくつ)があるとやら、113(いつ)かどよい()になつて、114臆面(おくめん)もなく大勢(おほぜい)(まへ)(あつ)かましくも(その)千枚張(せんまいば)りの(つら)(かは)をさらし、115得々(とくとく)としてゐる。
116 ケールス(ひめ)(その)()()けて機嫌(きげん)よく(みづか)(うた)ひ、117(みづか)()ひ、118竜雲(りううん)武運(ぶうん)(その)幸福(かうふく)(いの)りたる、119(その)(うた)
120高天原(たかあまはら)()れませる
121塩長彦(しおながひこ)大神(おほかみ)
122(まも)(たま)へるウラル(けう)
123(かみ)(つかさ)竜雲師(りううんし)
124広大無辺(くわうだいむへん)御神徳(ごしんとく)
125(あら)はれまして(いま)ここに
126シロの(しま)をば(たひら)けく
127いと(やす)らけく(をさ)めます
128(ひじり)()とはなりにけり
129(よろこ)(いさ)めよ百司(ももつかさ)
130国人達(くにびとたち)諸共(もろとも)
131竜雲司(りううんつかさ)神徳(しんとく)
132(こころ)(そこ)より(よろこ)びて
133(たた)へまつれよ惟神(かむながら)
134(かみ)(ちから)()のあたり
135(こころ)(よわ)きサガレン(わう)
136(きみ)(みこと)(けが)れたる
137バラモン(けう)朝夕(あさゆふ)
138(いのち)(ごと)(あが)めつつ
139(この)()(みだ)(たま)ひけり
140曲津(まがつ)(かみ)(たけ)びにて
141神地(かうぢ)(しろ)()(つき)
142(おとろ)()きて(かり)ごもの
143(みだ)()てたる有様(ありさま)
144(をさ)むる(よし)()きね()
145(くるし)()つたる折柄(をりから)
146ウラルの(みち)神司(かむつかさ)
147神徳(しんとく)(たか)竜雲(りううん)
148天津御空(あまつみそら)(くも)にのり
149はるばる(ここ)(くだ)りまし
150千変万化(せんぺんばんくわ)神力(しんりき)
151(あら)はし(たま)ひて吾々(われわれ)
152(かみ)大道(おほぢ)(みちび)きつ
153(たふと)(かみ)御国(おんくに)
154(すく)(たま)ふぞ(たふと)けれ
155あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
156(わらは)はいかなる仕合(しあは)せか
157(いま)まで(くも)りし(むね)のやみ
158科戸(しなど)(かぜ)(かげ)もなく
159()(はら)はれて村肝(むらきも)
160(こころ)(そら)(つき)()
161(ほし)(ひかり)はキラキラと
162(かがや)きわたる()となりぬ
163ケリヤ、ハルマを(はじ)めとし
164(その)()(もも)(つかさ)たち
165(わが)言霊(ことたま)(うべ)なひて
166(いま)より(さき)真心(まごころ)
167(かぎ)りを(つく)()(つく)
168竜雲司(りううんつかさ)御教(みをしへ)
169(こころ)(はな)さずよく(まも)
170天ケ下(あめがした)なる民草(たみぐさ)
171(すく)(たす)けて永久(とこしへ)
172ゆるがぬ()ちざる御世(みよ)となし
173天津誠(あまつまこと)大道(おほみち)
174まつろひまつれよ惟神(かむながら)
175塩長彦(しほながひこ)御前(おんまへ)
176ケールス(ひめ)真心(まごころ)
177あらむ(かぎ)りを(うち)あけて
178つつしみ(ゐやま)ひねぎまつる
179あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
180御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
181陽気(やうき)になつて(うた)()(をさ)め、182竜雲(りううん)()()いて、183(おく)()(ふか)(すす)()る。
184 ケリヤは一同(いちどう)(つかさ)(およ)雑役(ざつやく)()(むか)つて、185鼻高々(はなたかだか)(うた)(もつ)()(つた)へた、186(その)(うた)
187『げにも目出(めで)たき御世(みよ)なるか
188(あま)河原(かはら)にさをさして
189あもりましたる竜雲師(りううんし)
190広大無辺(くわうだいむへん)神力(しんりき)
191発揮(はつき)(たま)ひて(いま)ここに
192神地(かうぢ)(みやこ)(きみ)となり
193ケールス(ひめ)諸共(もろとも)
194(あまね)仁政(じんせい)()かむとて
195(こと)あげ(たま)ひし(たふと)さよ
196(たふと)(きみ)見出(みい)だされ
197(われ)左守神(さもりのかみ)となり
198(この)城内(じやうない)一切(いつさい)
199わが()(ひと)つに責任(せきにん)
200()はせ(たま)ひて天ケ下(あめがした)
201四方(よも)民草(たみぐさ)()(たま)
202げに有難(ありがた)(うづ)御代(みよ)
203われ()(たふと)御恵(みめぐみ)
204万分一(まんぶんいち)(むく)いむと
205(こころ)(かぎ)りを(つく)しつつ
206(あさ)(ゆふ)なに大神(おほかみ)
207(きみ)御前(みまへ)にいそしみて
208(つか)へまつらむ覚悟(かくご)なり
209右守神(うもりのかみ)(はじ)めとし
210(その)(ほか)(もも)(つかさ)たち
211青人草(あをひとぐさ)(いた)(まで)
212(あめ)より(くだ)りし(この)(きみ)
213御稜威(みいづ)(かしこ)(うやま)ひて
214(ただ)一言(ひとこと)(そむ)くなよ
215さはさり(なが)(はら)(くろ)
216タールチンやエームスや
217テーリス、ゼムやエール()
218(ふたた)(いくさ)(ととの)へて
219()(きた)らむも(はか)られず
220(その)(とき)汝等(なんぢら)一同(いちどう)
221()めず(おく)せず大神(おほかみ)
222(ちから)(たて)(きみ)(ため)
223世人(よびと)(ため)(たま)()
224(いのち)()しまず(たたか)へよ
225仮令(たとへ)生命(いのち)はすつる(とも)
226(かみ)(おん)(ため)(きみ)(ため)
227()てし生命(いのち)天国(てんごく)
228(かみ)御前(みまへ)()きし(とき)
229(うづ)宝座(ほうざ)(あた)へられ
230(その)(たましひ)永久(とこしへ)
231(やす)(たの)しく(よろこ)びの
232(その)(たの)しく(すく)はれむ
233あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
234(かみ)御前(みまへ)真心(まごころ)
235(ささ)げてケリヤが(いま)ここに
236(こころ)(たけ)(ちか)ひおく
237われと(おも)はむ人々(ひとびと)
238一日(ひとひ)(はや)村肝(むらきも)
239(こころ)(みが)(たい)()
240(この)()(まも)るつはものと
241なりて(つく)せよ惟神(かむながら)
242(かみ)(なんぢ)(まも)りつつ
243千代(ちよ)八千代(やちよ)(ほろ)びなき
244(たか)きほまれを(あら)はして
245(さか)えの身魂(みたま)となさしめむ
246ケリヤが(いま)()言霊(ことたま)
247(こころ)(きざ)みて片時(かたとき)
248(けつ)して(わす)るる(こと)(なか)
249左守神(さもりのかみ)(いま)(ここ)
250竜雲司(りううんつかさ)()(かは)
251一同(いちどう)(むか)つて()べておく
252あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
253御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
254宣示(せんじ)し、255悠々(いういう)として()につく。
256 右守神(うもりのかみ)のハルマを(はじ)め、257(その)()人々(ひとびと)脱線的(だつせんてき)(うた)沢山(たくさん)あれ(ども)258(あま)りくだくだしければ省略(しやうりやく)する(こと)とする。
259大正一一・九・二一 旧八・一 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。