霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 歎願(たんぐわん)〔一〇〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻 篇:第2篇 松浦の岩窟 よみ:まつうらのがんくつ
章:第14章 第36巻 よみ:たんがん 通し章番号:1002
口述日:1922(大正11)年09月22日(旧08月2日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
サガレン王は岩窟に帰り、奥の間に端座して天津祝詞を奏上し、悔悟の歌を歌った。セイロン島にやってきて人々をバラモン教に導いたことにより王として祀りあげられ、天地の神に対して清き行いをしてきたつもりが、知らず知らずに慢心し、小さな区別に捉われて仁慈無限の大神の御心から離れてしまったことを心から詫びた。
サガレン王は自ら大神への信仰に身を捧げることを誓い、また部下たちにも訓示を垂れるのであった。
左守のタールチンやその妻・キングス姫は、サガレン王の言霊に喜び、改心と心から大神に仕え王を補佐する決意を歌った。
一方エールは、それでもなお今現在、少なからぬ仲間たちが竜雲に捕えられて苦しんでいる現状を訴え、大神の教えに背くかもしれないが、都に行って命を的に立ち向かい、仲間を助けたいのだ、と訴えた。
王をはじめ高官たちは、エールの歌を聞いてしばし無念の涙にくれていた。そこに女宣伝使の美しい宣伝歌が聞こえてきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3614
愛善世界社版:140頁 八幡書店版:第6輯 633頁 修補版: 校定版:145頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 サガレン(わう)(やかた)をたつて、002(ふたた)(もと)岩窟(がんくつ)にエームスを(したが)立帰(たちかへ)り、003(おく)()端坐(たんざ)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、004(かつ)神歌(しんか)(うた)ふ、005(その)(うた)
006『あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
007広大無辺(くわうだいむへん)天地(あめつち)
008(かみ)慈愛(じあい)(くら)ぶれば
009(われ)(ちひ)さき(もの)なりし
010セイロン(たう)浮島(うきじま)
011(かみ)(つかさ)(あらは)れて
012バラモン(けう)御教(みをしへ)
013世人(よびと)(つた)()たりしが
014()むを()ずして(きみ)となり
015顕幽一致(けんいういつち)政治(まつりごと)
016(あさ)(ゆふ)なに(つか)へつつ
017天地(てんち)(かみ)相対(あひたい)
018(たふと)(きよ)神業(かむわざ)
019(こころ)(そこ)より(つか)へしと
020(おも)()たりし(おろか)さよ
021広大無辺(くわうだいむへん)大宇宙(だいうちう)
022五十六億(ごじふろくおく)七千万(しちせんまん)
023宇宙(うちう)(かず)はありと()
024(わづ)かに(ひと)つの小宇宙(せううちう)
025()らさせ(たま)天津(あまつ)()
026(つき)(ひかり)()(かぎ)
027青人草(あをひとぐさ)(とり)(けもの)
028草木(くさき)()()葦原(あしはら)
029瑞穂(みづほ)(くに)片傍(かたほと)
030大海原(おほうなばら)(ただよ)ひし
031(この)神国(かみくに)大海(おほうみ)
032()()てられし一粒(ひとつぶ)
033(あは)より(ちひ)さき(もの)なりし
034かかる天地(てんち)跼蹐(きよくせき)
035(ぜん)ぢや(あく)ぢやと(あらそ)ひて
036無限(むげん)(よく)()りまかれ
037仁慈無限(じんじむげん)大神(おほかみ)
038大御心(おほみこころ)(さと)らずに
039(きた)りし(われ)愚者(おろかもの)
040(さだ)めし天地(てんち)大神(おほかみ)
041吾等(われら)(ちひ)さき心根(こころね)
042(さぞ)(わら)はせ(たま)ふらむ
043仮令(たとへ)宇宙(うちう)(われ)一人(ひとり)
044()ろしめすべき()ありとも
045広大無辺(くわうだいむへん)大宇宙(だいうちう)
046(その)現状(げんじやう)(くら)ぶれば
047(たと)へにならぬ(もの)ぞかし
048あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
049(かみ)宇宙(うちう)()ろしめす
050(その)神徳(しんとく)(かへり)みて
051(いま)より(のち)村肝(むらきも)
052(こころ)(あらた)信仰(あななひ)
053(まこと)(みち)(まつろ)ひて
054(この)()(つづ)かむ(その)(かぎ)
055(わが)()(およ)麻柱(あななひ)
056(まこと)(ささ)大神(おほかみ)
057(その)功績(いさをし)万分一(まんぶいち)
058(つつし)(むく)(まつ)るべし
059左守(さもり)(かみ)(つか)へたる
060タールチンやキングスの
061(ひめ)(みこと)よエームスよ
062(その)()(もも)(つかさ)(たち)
063(なれ)(いま)より(たましひ)
064(きよ)(ただ)しく()(なほ)
065(ちひ)さき浮世(うきよ)執着(しふちやく)
066科戸(しなど)(かぜ)払拭(ふつしき)
067(つか)へまつれよ惟神(かむながら)
068(かみ)(ちか)ひてサガレン(わう)
069(かみ)(つかさ)()(つた)
070あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
071御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
072 タールチンはサガレン(わう)(うた)()(うれ)しく()(あが)り、073(こころ)欣々(いそいそ)として(うた)()ふ。
074『あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
075(かみ)(めぐ)みの(ふか)くして
076無明(むみやう)(やみ)()けにけり
077(みづ)(ねむ)れる丑満(うしみつ)
078時刻(じこく)はたちて(とら)(こく)
079()正刻(しやうこく)となりぬれば
080(あづま)(そら)(かがや)かし
081豊栄(とよさか)(のぼ)()御影(みかげ)
082(たふと)(きよ)御姿(みすがた)
083(あらは)(たま)ひて葦原(あしはら)
084(かみ)御国(みくに)()らしまし
085青人草(あをひとぐさ)()ふも(さら)
086(とり)(けだもの)虫族(むしけら)
087草木(くさき)片葉(かきは)(いた)(まで)
088(まも)らせ(たま)(うづ)(くに)
089(その)海原(うなばら)片隅(かたすみ)
090(いや)永久(とこしへ)()かみたる
091七五三(しめ)()りたるシロの(しま)
092(その)真秀良場(まほらば)()れまして
093(かみ)御代(おんよ)大国彦(おほくにひこ)
094(きみ)(みこと)とあれませる
095(ちから)もわけて自在天(じざいてん)
096(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
097世人(よびと)()めにたてられし
098バラモン(けう)神司(かむづかさ)
099人子(ひとご)(きみ)とあれまして
100吾等(われら)(をさ)(たま)ひたる
101(その)功績(いさをし)(いや)(たか)
102天教山(てんけうざん)(ごと)(なり)
103(そら)ゆく(くも)(はばか)りて
104(かげ)さへかくす(きみ)稜威(いづ)
105(つつ)ませ(たま)ひて(いま)此処(ここ)
106(うづ)言霊(ことたま)()(たま)
107謙譲(へりくだ)ります(たふと)さよ
108(ひと)(かみ)()神宮(かみみや)
109(むかし)(ひと)()りつれど
110八岐大蛇(やまたをろち)のはびこりて
111青人草(あをひとぐさ)身霊(みたま)をば
112千代(ちよ)棲家(すみか)(さだ)めたる
113(いま)世人(よびと)(ことごと)
114()ばかり(きよ)(かみ)(みや)
115(まこと)(まが)容器(いれもの)
116(ちひ)さき(よく)にからまれて
117(にく)(あらそ)()(さけ)
118焦熱地獄(せうねつぢごく)水地獄(みづぢごく)
119修羅(しゆら)(ちまた)はまだ(おろ)
120根底(ねそこ)(くに)(おちい)りて
121阿鼻叫喚(あびけうくわん)(うめ)(ごゑ)
122(きこ)えもせずに得々(とくとく)
123()らず()らずに()(みち)
124辿(たど)世人(よびと)(あは)れさよ
125吾等(われら)(かみ)朝夕(あさゆふ)
126(つか)(まつ)れる()なれども
127(こころ)(やみ)()れやらず
128身魂(みたま)(けが)れは何時(いつ)(まで)
129(あら)ひきれない罪人(つみびと)
130されども(かみ)御心(みこころ)
131(てん)より(ひろ)神直日(かむなほひ)
132大直日(おほなほひ)にと見直(みなほ)して
133(ゆる)(たま)へる有難(ありがた)
134(つみ)(けが)れになづみたる
135(いや)しき(ひと)()(もつ)
136如何(いか)でか(かみ)御心(みこころ)
137かなひ(まつ)らむ(よし)もなし
138(ただ)何事(なにごと)吾々(われわれ)
139(かみ)(こころ)(こころ)とし
140大慈(だいじ)大悲(だいひ)(かみ)(みち)
141(あまね)世人(よびと)()(つた)
142(こころ)筑紫(つくし)()(まで)
143(つか)(まつ)らむ惟神(かむながら)
144(かみ)御前(みまへ)(つつし)みて
145(かしこ)(かしこ)()(まつ)
146あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
147御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
148 キングス(ひめ)白扇(はくせん)(ひら)()(あが)り、149長袖(ちやうしう)しとやかに(みづか)(うた)(みづか)()ふ。
150豊葦原(とよあしはら)(うづ)(しま)
151(かみ)御国(みくに)(とな)へたる
152四方(しはう)(うみ)(つつ)まれし
153(きよ)(たふと)きシロの(しま)
154神地(かうぢ)(みやこ)()れまして
155(めぐ)みの(つゆ)四方(よも)(くに)
156青人草(あをひとぐさ)(くま)もなく
157(そそ)がせ(たま)ひし大君(おほぎみ)
158如何(いか)なる(まが)(たけ)びにや
159(たふと)九五(きうご)()(もつ)
160痛々(いたいた)しくも松浦(まつうら)
161小糸(こいと)(さと)(くだ)りまし
162天津日影(あまつひかげ)碌々(ろくろく)
163(かよ)ひもはてぬ岩窟(がんくつ)
164(たふと)御身(おんみ)(しの)ばせて
165(くに)(おん)()(ひと)()
166(こころ)(つく)(たま)ふこそ
167()有難(ありがた)(きは)みなり
168何処(いづこ)(そら)より(きた)りしか
169(こころ)(きたな)竜雲(りううん)
170()くも(たふと)姫君(ひめきみ)
171(しこ)手振(てぶり)(たぶ)らかせ
172()(みだ)したる(かな)しさよ
173仮令(たとへ)(この)()海原(うなばら)
174藻屑(もくづ)となりて()つるとも
175(きみ)(あだ)する曲者(くせもの)
176(まこと)(かみ)言霊(ことたま)
177言向(ことむ)(やは)()(なか)
178(さわ)(わた)れる黒雲(くろくも)
179(はら)(きよ)めで()くべきか
180あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
181(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
182吾等(われら)夫婦(めをと)真心(まごころ)
183大御心(おほみこころ)(たひら)かに
184(きこ)()されてシロの(しま)
185無事(ぶじ)太平(たいへい)(かぜ)もなく
186(くも)りも()らぬ神国(かみくに)
187(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
188(かみ)御前(みまへ)()(まつ)
189朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
190(つき)()つとも()くるとも
191悪魔(あくま)如何(いか)(つよ)くとも
192(まこと)(かみ)()(かぎ)
193(いや)永遠(とことは)君ケ代(きみがよ)
194(やす)(おだひ)(をさ)まりて
195(もも)民草(たみぐさ)()(そろ)
196(よろこ)(いさ)みて君ケ代(きみがよ)
197(むら)がり(きた)小雀(こすずめ)
198千代(ちよ)万代(よろづよ)(たた)へまし
199上下和楽(しやうかわらく)神人(しんじん)
200(むつ)(した)しむ御代(みよ)となり
201(くに)(さか)えをミロクの()
202(いづ)(みづ)との言霊(ことたま)
203(すく)はせ(たま)へと()(まつ)
204あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
205御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
206 エールは()つて(うた)ふ。
207(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
208(まこと)(ひと)つを()(とほ)
209(みち)にかなひし(おこな)ひを
210(あさ)(ゆふ)なに(はげ)みなば
211天ケ下(あめがした)には(おそ)るべき
212(あだ)曲津(まがつ)もあらざらめ
213さはさり(なが)らバラモンの
214(きみ)(つか)へし神司(かむづかさ)
215アナン、セールやシルレング
216ユーズの(とも)竜雲(りううん)
217(まが)(たく)みに(とら)はれて
218(そこ)ひも()らぬ陷穽(おとしあな)
219(おちこ)みたりと()(およ)
220かかる便(たよ)りを()吾等(われら)
221(この)まま袖手傍観(しうしゆばうくわん)
222(あさ)(ゆふ)なに友垣(ともがき)
223(なや)みを(なが)めて(すご)さむや
224天則違反(てんそくゐはん)()らねども
225吾等(われら)(した)しき(とも)()
226生命(いのち)(まと)()(むか)
227神地(かうぢ)(みやこ)(はびこ)れる
228(こころ)(きたな)竜雲(りううん)
229枉人(まがひと)(たち)()(きた)
230四人(よにん)(とも)逸早(いちはや)
231(すく)(いだ)さでおくべきか
232一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
233(この)目的(もくてき)達成(たつせい)
234(かみ)大道(おほぢ)(つか)へたる
235信徒(まめひと)たるの(まこと)をば
236(つく)しまつらむ惟神(かむながら)
237(かみ)(つかさ)のサガレン(わう)
238御心(みこころ)(やす)(きこ)()
239吾等(われら)(ねがひ)(ゆる)しませ
240(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
241(あく)言向(ことむ)善人(ぜんにん)
242(すく)ひて(かみ)御恵(みめぐみ)
243(うる)はせ(たま)神司(かむづかさ)
244わが大君(おほぎみ)御前(おんまへ)
245(つつし)(ゐやま)()(まつ)
246あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
247御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
248(わう)(むか)つて四人(よにん)神司(かむづかさ)(すく)ふべく、249神地(かうぢ)(みやこ)(つか)はされむ(こと)懇願(こんぐわん)する。250サガレン(わう)(はじ)めとし、251タールチンやキングス(ひめ)252テーリス、253エームスの上司(じやうし)は、254エールの言霊(ことたま)(かうべ)(かたむ)け、255両手(りやうて)()んで、256(やや)(しば)無念(むねん)(なみだ)()れて()た。
257 かかる(ところ)(うる)はしき(をんな)宣伝歌(せんでんか)258(たに)木霊(こだま)(ひび)かせつ音楽(おんがく)(ごと)(きこ)()る。259あゝ()たして如何(いか)なる(ひと)宣伝歌(せんでんか)であらうか。
260大正一一・九・二二 旧八・二 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。