霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 三六合(みろくがふ)〔一〇一二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻 篇:第4篇 言霊神軍 よみ:ことたましんぐん
章:第24章 第36巻 よみ:みろくごう 通し章番号:1012
口述日:1922(大正11)年09月24日(旧08月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
続いて、サガレン王の左守タールチンの妻・キングス姫はこれまでの経緯を述懐する祝歌を歌った。またエームスも顕恩郷をサガレン王と共に出立してから、竜雲に牢獄に捉われていたこと、牢獄を脱出して王と松浦の里に逃げ、そこで天の目一つの神に出会って改心したこと等、これまでのいきさつを祝歌に歌った。
サガレン王は天の目一つの神の媒酌によって君子姫をめとって妃となし、シロの島に君臨した。エームスは清子姫をめとり、サガレン王の右守となって仕えた。
ケールス姫は天の目一つの神の弟子となり、ついに宣伝使となって天下四方の国々を巡教した。
竜雲はシロの島を放逐されたが、インド本土に帰って心を改め、神の大道の宣伝に従事したという。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3624
愛善世界社版:269頁 八幡書店版:第6輯 678頁 修補版: 校定版:281頁 普及版:117頁 初版: ページ備考:
001 キングス(ひめ)立上(たちあが)り、002銀扇(ぎんせん)(ひろ)げて(うた)()ふ。
003白雲山(はくうんざん)山麓(さんろく)
004そそり()ちたる神館(かむやかた)
005天地(てんち)(つつ)みし黒雲(くろくも)
006(いま)(まつた)()れわたり
007正義(せいぎ)(ひかり)日月(じつげつ)
008(かがや)御代(みよ)となりにけり
009タールチンの(わが)(つま)
010サガレン(わう)見出(みいだ)され
011左守(さもり)(かみ)()けられて
012(あさ)(ゆふ)なに真心(まごころ)
013(つく)して(つか)へゐたりしが
014何処(いづこ)ともなく(くだ)()
015(まが)(つかさ)竜雲(りううん)
016(した)(つるぎ)(つらぬ)かれ
017(その)()(あやふ)くなりければ
018バラモン(けう)大神(おほかみ)
019(あさ)(ゆふ)なに真心(まごころ)
020(ささ)げて(いの)りし(とき)もあれ
021(こころ)(たか)ぶる竜雲(りううん)
022(わらは)(むか)つて(おそ)ろしや
023天地(てんち)(ゆる)さぬ恋雲(こひぐも)
024(こころ)(きたな)(その)艶書(えんしよ)
025(わが)()(きみ)()(しの)
026いらへをなせと(せま)()
027(あま)りの無道(むだう)(あき)()
028天地(てんち)(かみ)はなきものか
029(まこと)(かみ)のいますなら
030(この)黒雲(くろくも)逸早(いちはや)
031()らさせ(たま)へと(いの)(をり)
032(わが)()(きみ)(そば)(ちか)
033(すす)ませ(たま)ひて竜雲(りううん)
034艶書(えんしよ)()せよと(はづ)かしや
035(せま)りますこそ是非(ぜひ)なけれ
036(かほ)(あか)らめて竜雲(りううん)
037(こころ)(みだ)れし艶書(つやぶみ)
038(わが)()(きみ)相渡(あひわた)
039夫婦(ふうふ)和合(わがふ)謀計(はかりごと)
040(ここ)返書(へんしよ)(したた)めて
041(こひ)(まよ)ひし竜雲(りううん)
042夏風(なつかぜ)(すず)しき(ふぢ)(もり)
043大木(おほき)(もと)(いざな)ひつ
044(たく)みも(ふか)陥穽(おとしあな)
045(みち)真中(まなか)相穿(あひうが)
046(いま)(おそ)しと()(うち)
047(かみ)ならぬ()竜雲(りううん)
048かかる(たく)みのある(こと)
049(ゆめ)にも()らず()(まぎ)
050(やかた)一人(ひとり)立出(たちい)でて
051(こひ)しき(をんな)(ただ)一人(ひとり)
052(そら)(なが)めてわれ()つと
053(おも)()めたる(おろか)さよ
054竜雲(りううん)(たちま)坂路(さかみち)
055(わが)()(きみ)穿(うが)ちたる
056無残(むざん)(あな)におち()めば
057木蔭(こかげ)(ひそ)みしタールチン
058(きみ)(あだ)をば(ほろぼ)すは
059(いま)(この)(とき)(いさ)()
060かねて用意(ようい)(くは)をもち
061(くる)しみ(もだ)ゆる竜雲(りううん)
062(あたま)(うへ)よりバラバラと
063岩石(がんせき)(まじ)りの土塊(つちくれ)
064(おほ)ひかぶせて何気(なにげ)なく
065(わが)()をさして(かへ)りけり
066悪運(あくうん)()きざる竜雲(りううん)
067(おも)(がけ)なくエームスの
068(かみ)(つかさ)(たす)けられ
069(いのち)カラガラ城内(じやうない)
070(ふる)(ふる)ひて立帰(たちかへ)
071あくるを()つてエームスを
072(わが)(そば)(ちか)()(いだ)
073(なんぢ)はわれの危難(きなん)をば
074(すく)ひし功績(いさを)はよみすれど
075タールチンやテーリスと
076(こころ)(あは)せて(わが)()をば
077ベツトせむとの(たく)みなり
078かくなる(うへ)一時(ひととき)
079容赦(ようしや)はならぬと()(はな)
080情容赦(なさけようしや)荒縄(あらなは)
081手足(てあし)(しば)りて牢獄(らうごく)
082投込(なげこ)みけるぞ無残(むざん)なれ
083あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
084(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
085吾等(われら)夫婦(ふうふ)牢獄(らうごく)
086(とら)へられたる()(なが)らも
087(すこ)しの苦痛(くつう)(かん)じなく
088(かみ)(たま)ひし(わが)(たま)
089天地(てんち)(ひろ)逍遥(せうえう)
090東雲(しののめ)(ちか)(あさひ)かげ
091(のぼ)らせ(たま)ひて六合(りくがふ)
092()らさむ(とき)()(うち)
093アナン、ユーズの神司(かむつかさ)
094義兵(ぎへい)(おこ)して城内(じやうない)
095(とき)(つく)つて()(きた)
096(その)(いきほひ)(いさ)ましき
097吾等(われら)夫婦(ふうふ)忠勇(ちうゆう)
098(かみ)(つかさ)(たす)けられ
099サガレン(わう)(かく)れます
100小糸(こいと)(さと)岩窟(がんくつ)
101(しば)しかくれて竜雲(りううん)
102誅伐(ちうばつ)せむと謀計(はかりごと)
103めぐらす(をり)しも三五(あななひ)
104(かみ)(つかさ)宣伝使(せんでんし)
105北光神(きたてるかみ)()れまして
106(かみ)(まこと)御心(みこころ)
107完美(うまら)委曲(つばら)()(さと)
108(こころ)にかかりし村雲(むらくも)
109(あら)(たま)ひし(うれ)しさよ
110サガレン(わう)(はじ)めとし
111君子(きみこ)(ひめ)清子姫(きよこひめ)
112(わが)()(きみ)やエームスや
113テーリス、ウインチ、ゼム、エール
114(もも)(つかさ)諸共(もろとも)
115言霊軍(ことたまぐん)編成(へんせい)
116(かぜ)(はた)をば(ひるがへ)
117旗鼓(きこ)堂々(だうだう)山路(やまみち)
118単縦陣(たんじうぢん)をはり(なが)
119()めよせ(きた)りし(いさ)ましさ
120(また)もや北光彦神(きたてるひこのかみ)
121ここに(あら)はれましまして
122善悪正邪(ぜんあくせいじや)(みち)()
123(てき)味方(みかた)(へだ)てなく
124(こころ)(そら)村雲(むらくも)
125伊吹(いぶき)(はら)ひて(すく)ひまし
126神人和楽(しんじんわらく)瑞祥(ずゐしやう)
127八尋(やひろ)殿(との)(あつ)まりて
128(ことほ)ぎまつるぞ(うれ)しけれ
129あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
130御霊(みたま)(さち)はひましませよ
131朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
132(つき)()つとも()くるとも
133仮令(たとへ)(いのち)はすつるとも
134(かみ)(おん)(ため)(くに)(ため)
135(こころ)(つく)しの大丈夫(ますらを)
136(かみ)(きみ)とに(ささ)げたる
137(その)真心(まごころ)永久(とこしへ)
138千引(ちびき)(いは)のいや(かた)
139千代(ちよ)八千代(やちよ)(うご)かざれ
140(かみ)吾等(われら)(まも)ります
141吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
142(かみ)(ひと)しき(おこな)ひを
143(あら)はしまつり()(ひと)
144(かみ)大道(おほぢ)(みちび)くは
145(かみ)(つかさ)()けられし
146吾等(われら)(たふと)(つと)めなり
147国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
148塩長彦大御神(しほながひこのおほみかみ)
149大国彦(おほくにひこ)御前(おんまへ)
150真心(まごころ)(ささ)げて()ぎまつる
151あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
152御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
153 エームスは立上(たちあが)祝歌(しゆくか)(うた)ふ。
154常世(とこよ)(くに)自在天(じざいてん)
155大国彦(おほくにひこ)(まつ)りたる
156バラモン(けう)神館(かむやかた)
157顕恩城(けんおんじやう)にあれませし
158大国別(おほくにわけ)(うづ)御子(みこ)
159国別彦(くにわけひこ)(わが)(きみ)
160(こころ)(きたな)曲神(まがかみ)
161(しひた)げられて聖地(せいち)をば
162(あと)()すててはるばると
163(もも)(なや)みに()へながら
164大海原(おほうなばら)乗越(のりこ)えて
165(なみ)(うか)べるシロの(しま)
166(うづ)御国(みくに)()(たま)
167バラモン(けう)大道(おほみち)
168(こころ)をつくして遠近(をちこち)
169(ひら)かせ(たま)有難(ありがた)
170セイロン(たう)国人(くにびと)
171(きみ)御徳(みとく)(した)ひつつ
172(とほ)(ちか)きの(へだ)てなく
173(あつ)まり(きた)りて大神(おほかみ)
174(めぐみ)(よく)(わが)(きみ)
175(その)仁徳(じんとく)感激(かんげき)
176(つひ)には(きみ)(わう)となし
177大峡(おほがひ)小峡(をがひ)()()りて
178(うづ)(やかた)建設(けんせつ)
179サガレン(わう)奉称(ほうしよう)
180主師親(しゆししん)三徳(さんとく)兼備(けんび)せる
181(かみ)(つかさ)大君(おほぎみ)
182上下(しやうか)一般(いつぱん)(よろこ)びて
183(つか)へまつれる(とき)もあれ
184(しこ)魔風(まかぜ)のふきすさび
185(ひま)()(こま)(おそ)ろしく
186城内(じやうない)(ふか)侵入(しんにふ)
187ケールス(ひめ)()()れて
188ウラルの(をしへ)(くま)もなく
189(この)国内(こくない)(ひろ)めむと
190(たく)みし曲津(まがつ)竜雲(りううん)
191天運(てんうん)ここに(あひ)()きて
192(いま)(まつた)旧悪(きうあく)
193(わが)大君(おほぎみ)御前(おんまへ)
194つつまずかくさず言上(ごんじやう)
195(すく)ひを(もと)むる()となりぬ
196(おも)へば(おも)へば()ぎし夜半(よは)
197月見(つきみ)をせむと(ふぢ)(もり)
198(みね)(のぼ)りて()(きた)
199夜風(よかぜ)(あせ)(ぬぐ)ひつつ
200(つき)(ひかり)をほめながら
201坂道(さかみち)(くだ)折柄(をりから)
202(すべ)()ちたる陥穽(おとしあな)
203(いぶか)しさよと(うかが)へば
204(おも)ひもかけぬ(ひと)(こゑ)
205こは何者(なにもの)悪業(あくげふ)
206おちたる(ひと)何人(なにびと)
207(とも)家路(いへぢ)(はし)らせて
208(すき)(くは)をば数多(かずおほ)
209使(つか)ひて(やうや)(すく)()
210(つき)にすかして(なが)むれば
211豈計(あにはか)らむや朝夕(あさゆふ)
212(きみ)(あだ)する曲津神(まがつかみ)
213(こころ)(きたな)竜雲(りううん)
214(さと)りし(とき)残念(ざんねん)
215()うなる(うへ)是非(ぜひ)もなし
216天地(てんち)(かみ)御心(みこころ)
217(まか)さむものと断念(だんねん)
218家路(いへぢ)(かへ)一夜(ひとよ)さを
219()かす()もなく竜雲(りううん)
220捕手(とりて)(やつ)(とら)へられ
221(あん)相違(さうゐ)牢獄(らうごく)
222投込(なげこ)まれたる無念(むねん)さよ
223あゝさり(なが)らさり(なが)
224(かみ)至愛(しあい)にましませば
225いかでか悪魔(あくま)竜雲(りううん)
226()のがし(たま)(こと)やある
227あゝ()(しば)()(しば)
228(こころ)(きよ)()(きよ)
229(たふと)(かみ)御救(みすく)ひに
230これの牢獄(ひとや)をぬけ(いだ)
231サガレン(わう)御為(おんため)
232八岐大蛇(やまたをろち)宿(やど)りたる
233醜神(しこがみ)たちを(ことごと)
234(かみ)伊吹(いぶき)()(はら)
235清明無垢(せいめいむく)聖場(せいぢやう)
236立直(たてなほ)さむは()のあたり
237あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
238大国彦(おほくにひこ)御神(おんかみ)
239われらが(つく)誠忠(せいちう)
240(あはれ)(たま)へと(いの)(をり)
241アナン、セールやウインチや
242ゼムの(つかさ)(とき)()
243義勇(ぎゆう)(いくさ)編成(へんせい)
244(すす)(きた)りて吾々(われわれ)
245(すく)(たま)ひし(うれ)しさよ
246勇気(ゆうき)はここに百倍(ひやくばい)
247(いきほひ)()んで竜雲(りううん)
248居室(きよしつ)をさして(すす)()
249あはれやユーズを(はじ)めとし
250アナン、セールやシルレング
251(まこと)(つかさ)室内(しつない)
252俄作(にはかづく)りの陥穽(おとしあな)
253おち()(たま)へば諸人(もろびと)
254(まが)()くへる(この)(やかた)
255深入(ふかい)りするは(おそれ)あり
256一先(ひとま)づここを引返(ひきかへ)
257(ふたた)軍備(ぐんび)をととのへて
258(かれ)竜雲(りううん)(ともがら)
259(つるぎ)威徳(ゐとく)()りはふり
260殲滅(せんめつ)せむといひ(なが)
261(いくさ)(かへ)すもどかしさ
262あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
263(かみ)(この)()にましまさば
264(あく)退(しりぞ)善神(ぜんしん)
265何故(なにゆゑ)(たす)(たま)はざる
266などと愚痴(ぐち)をばこぼしつつ
267(おも)(おも)ひに一同(いちどう)
268一先(ひとま)姿(すがた)をかくしける
269サガレン(わう)はテーリスや
270エームス二人(ふたり)(たす)けられ
271河森川(かうもりがは)坂道(さかみち)
272(くだ)りて(とき)松浦(まつうら)
273小糸(こいと)(さと)(いた)りまし
274正義(せいぎ)勇士(ゆうし)()(あつ)
275(ふたた)竜雲(りううん)誅伐(ちうばつ)
276準備(じゆんび)をすすませ(たま)(をり)
277北光彦(きたてるひこ)神司(かむつかさ)
278(はと)(ごと)くに(くだ)りまし
279(つづ)いていでます君子姫(きみこひめ)
280清子(きよこ)(ひめ)宣伝使(せんでんし)
281(わが)大君(おほぎみ)諸共(もろとも)
282(こころ)(あは)御力(みちから)
283(ひと)つになして宣伝歌(せんでんか)
284(うた)ひて(すす)(いさ)ましさ
285(かみ)(めぐみ)(さち)はひて
286今日(けふ)(よろこ)(まつ)()
287堅磐常磐(かきはときは)(いしずゑ)
288(きづ)(たま)ひて永久(とこしへ)
289白雲山(はくうんざん)(くも)もはれ
290神地(かうぢ)(みやこ)(には)(かた)
291千引(ちびき)(いは)(その)(うへ)
292千代(ちよ)住処(すみか)(かた)めつつ
293(かみ)(うやま)(たみ)()
294(をさ)(たま)はむ今日(けふ)()
295五六七(みろく)御代(みよ)(ひら)(ぐち)
296一度(いちど)(ひら)()(はな)
297咲耶(さくや)(ひめ)御姿(おんすがた)
298(はちす)(はな)一時(ひととき)
299(にほ)()でたる目出度(めでた)さよ
300あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
301御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
302 ()(ほか)数多(あまた)神司(かむつかさ)祝歌(しゆくか)沢山(たくさん)あれども、303紙面(しめん)都合(つがふ)()りて省略(しやうりやく)したり。
304 (ちなみ)にサガレン(わう)(あめ)目一(まひと)つの(かみ)媒酌(ばいしやく)()り、305君子姫(きみこひめ)(めと)つて()となし、306シロの(しま)永久(とこしへ)君臨(くんりん)する(こと)となりぬ。307(また)エームスは目一(まひと)つの(かみ)媒酌(ばいしやく)にて清子姫(きよこひめ)(めと)り、308サガレン(わう)(そば)(ちか)右守神(うもりがみ)となつて、309顕幽一致(けんいういつち)神政(しんせい)奉仕(ほうし)し、310ケールス(ひめ)()(あらた)め、311(あめ)目一(まひと)つの(かみ)弟子(でし)となり、312宣伝使(せんでんし)(ゆる)されて(あめ)(した)四方(よも)国々(くにぐに)巡教(じゆんけう)し、313竜雲(りううん)(この)(しま)放逐(はうちく)され、314本国(ほんごく)印度(いんど)(かへ)り、315(こころ)(あらた)めて大道(おほぢ)宣伝(せんでん)従事(じうじ)せしといふ。316惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
317大正一一・九・二四 旧八・四 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。