霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第44巻 舎身活躍 未の巻 篇:前付 よみ:
章:第44巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年12月07日(旧10月19日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年8月18日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm440001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第8輯 137頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)大正(たいしやう)十一年(じふいちねん)十二月(じふにぐわつ)七日(ななか)より九日(ここのか)まで前後(ぜんご)三日間(みつかかん)にて口述(こうじゆつ)筆記(ひつき)(をは)りました。002筆録者(ひつろくしや)松村(まつむら)真澄(まさずみ)003北村(きたむら)隆光(たかてる)004加藤(かとう)明子(はるこ)005外山(とやま)介昭(かいせう)順序(じゆんじよ)にて従事(じうじ)し、006二十一節(にじふいつせつ)原稿用紙(げんかうようし)一千二百四十枚(いつせんにひやくしじふまい)です。007(ふゆ)(みじか)日足(ひあし)にも(かか)はらず、008(はや)脱稿(だつかう)出来(でき)るやうになつたのは(かみ)御援助(ごゑんじよ)(まを)(まで)もなく、009筆録者(ひつろくしや)各位(かくゐ)鍛練(たんれん)結果(けつくわ)(ほか)ならないのであります。010大祭(たいさい)終了後(しうれうご)高熊山(たかくまやま)参拝(さんぱい)()ませてから亀岡(かめをか)万寿苑(まんじゆゑん)滞在(たいざい)し『舎身活躍(しやしんくわつやく)』((うま)(まき))を終述(しうじゆつ)してから苑内(ゑんない)山林(さんりん)手入(てい)れに着手(ちやくしゆ)し、011非常(ひじやう)身体(からだ)疲労(ひらう)(おぼ)えましたので、012早々(さうさう)()()げて帰綾(きりよう)し、013(また)もや数日間(すうじつかん)休養(きうやう)(うへ)014(やうや)一昨(いつさく)七日(なぬか)より口車(くちぐるま)運転(うんてん)開始(かいし)することになりました。015亀岡(かめをか)滞在中(たいざいちう)八木(やぎ)福島(ふくしま)()より是非(ぜひ)()()れとの依頼(いらい)ありしため口述(こうじゆつ)(なかば)出張(しゆつちやう)いたしました。016(しか)(ところ)それ(かぎ)物語(ものがたり)がピツタリと()まつて(しま)大変(たいへん)迷惑(めいわく)(いた)しました。017神界(しんかい)御気(おき)()らぬのでもありますまいが、018今春(こんしゆん)八木(やぎ)福島家(ふくしまけ)小火(ぼや)があつたので火事(くわじ)見舞(みまひ)()きました。019さうすると(また)その(とき)口述(こうじゆつ)()まりました。020今一(いまひと)不可思議(ふかしぎ)なのは伊豆(いづ)湯ケ島(ゆがしま)入湯(にふたう)()つて、021口述(こうじゆつ)()つて()ると、022(また)もや福島(ふくしま)久子(ひさこ)023星田(ほしだ)悦子(えつこ)二人(ふたり)訪問(はうもん)(くだ)さつた。024その(とき)(また)不思議(ふしぎ)口述(こうじゆつ)()まつて(しま)何程(なにほど)(ねが)つても出来(でき)なかつた(こと)があります。025(あま)りの奇蹟(きせき)ですから記念(きねん)のために(ここ)()()へて()きました。026八木(やぎ)祭神(さいじん)ユラリ彦命(ひこのみこと)(さま)とかの(れい)(うつ)つてサウ(いそ)ぐには(およ)ばぬ、027マアマア ユラリ ユラリと()つたが()からうと仰有(おつしや)つて、028口車(くちぐるま)()められたのではあるまいかとも(おも)はれるのです。029呵々(かか)
030  大正十一年十二月九日