霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第45巻 舎身活躍 申の巻 篇:前付 よみ:
章:第45巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年12月11日(旧10月23日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神霊界には、正神界と邪神界の二大区別がある。正神界は至善至美なる神人の安住する聖域であり、邪神界は至悪至醜なる鬼畜の住居する暗黒界である。
邪神界は常に正神界の隆盛を羨み、これを破壊しかく乱しようとあらゆる力をつくすものであり、かつまた正神界を呪い、自らの境遇を忘却して邪神界にいながら自ら正神界の神業を立派に奉仕しているものの如く確信しているのである。
自ら邪神界に墜落しているということが悟り得られれば、必ず改心する端緒が開けてくるものである。しかし邪神はその霊性が暗愚にして他を顧みる余裕なく、世人みな濁れり、我ひとりのみ澄めり、一日も早くこの暗黒な世界を善の光明に照らし、もって至善至美なる天国を招来しようと焦慮しつつあるのである。
どれほど海底を不二山頂たらしめようと焦慮しても到底不可能である。それよりもその海底を一日も早く浮かび出て自ら歩行の労を積み、徐に山頂に登る以外にないのである。
邪神界にあるものは到底真の天国を解するの明なく、また神の福音を聞くことはできない。小北山のウラナイ教の神域に集まっている諸霊や人間の霊身はすでにその身を根底の国に籍を置き、邪神の団体に加入しているから、なにほど言葉を尽くして説示しても駄目である。
諭せば諭すほど反対に取り、どこまでも自分が実見した天の八街や地獄のほかには霊の世界はないものと考えているのである。
本巻の物語を読んで、大本信者のある部分の人々は少しく反省されることがあれば、瑞月にとっては望外の喜びである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm450002
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第8輯 252頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 神霊界(しんれいかい)には正神界(せいしんかい)邪神界(じやしんかい)との二大(にだい)区別(くべつ)がある。002そして正神界(せいしんかい)至善(しぜん)至美(しび)至真(ししん)なる神人(しんじん)安住(あんぢう)する聖域(せいゐき)であり、003邪神界(じやしんかい)至悪(しあく)至醜(ししう)なる鬼畜(きちく)住居(ぢうきよ)する暗黒界(あんこくかい)である。004邪神界(じやしんかい)(つね)正神界(せいしんかい)隆盛(りうせい)(うらや)み、005(これ)破壊(はくわい)攪乱(かくらん)せむと所在(あらゆる)(ちから)(つく)すものであり、006(かつ)(また)正神界(せいしんかい)(のろ)ひ、007(みづか)らの境遇(きやうぐう)忘却(ばうきやく)して、008邪神界(じやしんかい)()ながら(みづか)正神界(せいしんかい)神業(しんげふ)立派(りつぱ)奉仕(ほうし)して()るものの(ごと)確信(かくしん)してゐるものである。009(みづか)邪神界(じやしんかい)墜落(つゐらく)せりといふことが(さと)()られたなれば、010(かなら)改心(かいしん)する端緒(たんちよ)(ひら)けて()るものであるけれども、011邪神(じやしん)なるものは(その)霊性(れいせい)暗愚(あんぐ)にして()(かへり)みるの余裕(よゆう)なく、012世人(せじん)(みな)(にご)れり、013(われ)のみ(ひと)()めり、014一日(いちにち)(はや)(この)暗黒(あんこく)なる世界(せかい)(ぜん)光明(くわうみやう)(てら)(もつ)至善(しぜん)至美(しび)なる天国(てんごく)招来(せうらい)せむと焦慮(せうりよ)しつつあるものである。015何程(なにほど)海底(かいてい)をして不二山頂(ふじさんちやう)たらしめむとして焦慮(せうりよ)するとも、016到底(たうてい)不可能(ふかのう)なるが(ごと)く、017仮令(たとへ)幾百万年(いくひやくまんねん)かかる(とも)海底(かいてい)不二山頂(ふじさんちやう)たることは(のぞ)まれない。018それよりも(その)海底(かいてい)一日(いちにち)(はや)()かび()(みづか)歩行(ほかう)(らう)()(おもむろ)山頂(さんちやう)(のぼ)るに()くはないのである。
019 邪神界(じやしんかい)にあるものは到底(たうてい)(しん)天国(てんごく)(かい)するの(めい)なく、020(また)(かみ)福音(ふくいん)()くことは出来(でき)ぬ。021小北山(こぎたやま)のウラナイ(けう)神域(しんゐき)(あつ)まつてゐる諸霊(しよれい)人間(にんげん)霊身(れいしん)(すで)(すで)にその()根底国(ねそこのくに)(せき)()邪神(じやしん)団隊(だんたい)加入(かにふ)してゐるのであるから、022何程(なにほど)(ことば)(つく)して説示(せつじ)しても駄目(だめ)である。023(さと)せばさとす(ほど)反対(はんたい)()何処(どこ)までも自分(じぶん)実見(じつけん)したる(あめ)八衢(やちまた)地獄(ぢごく)(ほか)には(れい)世界(せかい)()いものと(かんが)へてゐるものである。024本巻(ほんくわん)物語(ものがたり)()んで大本(おほもと)信者(しんじや)()部分(ぶぶん)人々(ひとびと)(すこ)しく反省(はんせい)されることがあらば瑞月(ずゐげつ)()つて望外(ばうぐわい)(よろこ)びとするところであります。
025  大正十一年十二月十三日
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)