霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 神木(しんぼく)〔一一九二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第45巻 舎身活躍 申の巻 篇:第1篇 小北の特使 よみ:こぎたのとくし
章:第2章 第45巻 よみ:しんぼく 通し章番号:1192
口述日:1922(大正11)年12月11日(旧10月23日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
お寅は松彦に向かって河鹿川の川岸の老松を指し、八百万の大神様がお休みする世界一の生き松であり、松彦の本守護神だという。万公がそれを茶化して、またお寅婆さんと言い合いになりながら進んで行く。
お寅は松の木の根に肝心のお仕組場があり、その因縁がわからなければ小北山の因縁がわからないと言って一同を引っ張っていく。松彦はいやいやながら付いていくと、大きな岩に玉垣をめぐらし、切り口の石を畳んで高いところに祀ってある。
そこには蠑螈別の筆跡で「さかえの神政松の御神木」と記してある。五三公がこれは何かと尋ねると、お寅は実のところは素盞嗚尊の生魂をここへ封じ込み、永遠に出てこれないようにしているのだという。
ウラナイ教総出で二十日間も寝ずに大岩を引っ張ってきて、素盞嗚尊の悪神をここに封じ込めたから、三五教は八方ふさがりになった。それで三五教の信者を小北山に引っ張り込もうという蠑螈別の御神策なのだと得意気に説明した。
万公と五三公は怒ってお寅をつかんで引き倒そうとするが、ビクともしない。二人はなぜか大岩を引っ張っており、お寅に馬鹿にされてしまう。
お寅が大門神社へ案内する急坂の途中で、松彦たちは腰を下ろして休息する。お寅は後を振り返って、万公がへたばっているのをなじる歌を歌い、万公はお寅をののしりかえす。一同は一通り歌でやり取りをした後、お寅についていく。
万公と五三公は婆の乙姫だとお寅をそしって一同の笑いを買う。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4502
愛善世界社版:23頁 八幡書店版:第8輯 261頁 修補版: 校定版:24頁 普及版:10頁 初版: ページ備考:
001 お(とら)()アさまは松彦(まつひこ)(むか)河鹿川(かじかがは)川岸(かはぎし)枝振(えだぶ)りのよい老松(らうしよう)蜒々(えんえん)として(えだ)四方(しはう)(ひろ)(かは)(うへ)にヌツと()()()るのを()し、
002(とら)『もし、003末代日(まつだいひ)王天(わうてん)大神(おほかみ)生宮様(いきみやさま)004あの(まつ)御覧(ごらん)なさいませ。005立派(りつぱ)なものぢや(ござ)りませぬか』
006松彦(まつひこ)()(ほど)007(かは)景色(けしき)()ひ、008あの枝振(えだぶ)りと()青々(あをあを)とした(つや)()ひ、009(じつ)()(ぶん)のない(なが)めですな。010随分(ずゐぶん)(つる)巣籠(すごも)りをするでせうな』
011(とら)『ハイハイ、012(つる)どころか、013あの(まつ)には()大神様(おほかみさま)014(つき)大神様(おほかみさま)(はじ)八百万(やほよろづ)大神様(おほかみさま)がお(やす)(あそ)ばす世界一(せかいいち)生松(いきまつ)(ござ)ります。015末代日(まつだいひ)王天(わうてん)大神様(おほかみさま)の、016あれが御神体(ごしんたい)(ござ)ります』
017松彦(まつひこ)『さうすると、018あの(まつ)(わたし)御霊(みたま)変化(へんげ)ではあるまいかな』
019(とら)滅相(めつさう)な、020変化(へんげ)どころか、021あれが貴方(あなた)本守護神(ほんしゆごじん)ですよ。022時節(じせつ)()ふものは(こは)いものですな。023たうとう生神様(いきがみさま)貴方(あなた)(さま)がお()しなさる(やう)になつたのだから、024ウラナイ(けう)朝日(あさひ)豊栄昇(とよさかのぼ)彦命(ひこのみこと)になります。025蠑螈別(いもりわけ)教祖(けうそ)仰有(おつしや)つた(こと)一分一厘(いちぶいちりん)(ちが)ひませぬがな』
026万公(まんこう)『アハヽヽヽ松彦(まつひこ)さま、027貴方(あんた)不自由(ふじゆう)(からだ)ですな、028いつもあの川辺(かはべ)水鏡(みづかがみ)ばつかり()(とんび)(たか)(わし)(など)(あたま)から(ふん)()つかけられ泰然自若(たいぜんじじやく)として川端柳(かはばたやなぎ)気取(きど)つて(ござ)るのですな。029道理(だうり)(あし)(おも)いと(おも)うて()た。030本守護神(ほんしゆごじん)があの(まつ)大木(たいぼく)だと(わか)つての(うへ)は、031松彦(まつひこ)さまの無精(ぶしやう)なのも、032あながち(せめ)(わけ)にも()きますまい。033エヘヽヽヽ』
034(とら)『これこれブラリ(ひこ)035(また)(くち)八釜(やかま)しい。036左兵衛治(さひやうゑぢ)をするものぢやない』
037万公(まんこう)『これ(ばあ)さま、038わしは左兵衛治(さひやうゑぢ)なんて、039そんな老爺(おやぢ)めいた()ぢやありませぬぞ。040万古末代(まんごまつだい)生通(いきとほ)しと()生々(いきいき)した万公(まんこう)さまだ。041(あんま)見損(みそこな)ひをして(もら)ひますまいかい』
042(とら)『オホヽヽヽ(なん)(あたま)(わる)(をとこ)だな。043左兵衛治(さひやうゑぢ)()つたら差出物(さしでもの)()(こと)だ。044(なん)でもかンでもよく差出(さしで)邪魔(じやま)ばつかり(いた)すから、045左兵衛治(さひやうゑぢ)()つたのだよ。046大松(おほまつ)のお(まへ)差出(さしで)(ところ)ぢやない、047芋掘奴(いもほりやつこ)めが』
048万公(まんこう)(おれ)や、049あんな大松(おほまつ)とはチツと(ちが)ふのだ。050なんぼ大松(おほまつ)だつて(まつ)寿命(じゆみやう)千年(せんねん)だ。051(この)(はう)万年(まんねん)寿命(じゆみやう)(たも)万公(まんこう)さまだ。052あんまり(やす)()うて(もら)ひますまいかい』
053(とら)『エーエ、054(なに)から(なに)まで教育(けういく)してやらねば(わけ)(わか)らぬ(こま)つた(をとこ)だな。055大松(おほまつ)()(こと)大喰人足(おほぐひにんそく)()(こと)代名詞(だいめいし)だ。056野良(のら)へやれば(かぶら)をぬいて()ふ、057大根(だいこん)をかじる、058人参(にんじん)()ふ、059薩摩芋(さつまいも)から南瓜(かぼちや)(なま)まで、060()じる(くら)ひぬけだから、061それで大松(おほまつ)()ふのだ』
062万公(まんこう)大喰(おほぐ)ひするものを大松(おほまつ)()ふのは可笑(をか)しいぢやないか。063(その)言葉(ことば)起源(きげん)説明(せつめい)して(もら)ひたいものだな』
064(とら)『エーエ、065合点(がてん)(わる)代物(しろもの)だ、066ランオン(がは)(くひ)は、067みんな(なが)(おほ)きな(やつ)()るので、068それで大杭(おほくひ)長杭(ながくひ)()ふのだ。069その大杭(おほくひ)長杭(ながくひ)大松(おほまつ)ぢやなければ出来(でき)ぬのだから大松(おほまつ)()つたのだよ』
070 万公(まんこう)(めう)手付(てつき)をして、
071万公(まんこう)『あゝさうでおまつか、072ヘーン、073松彦(まつひこ)さまもさうすると(まつ)因縁(いんねん)があるから大松(おほまつ)でせうね』
074(とら)『お(まへ)(まつ)(くひ)になつた(まつ)だ。075(この)(かた)(まつ)は、076あの(とほ)生々(いきいき)した生命(せいめい)のある(まつ)だよ。077万古末代(まんごまつだい)生通(いきとほ)しの(まつ)と、078(みき)()られ(えだ)(はら)はれ、079(ねん)年中(ねんぢう)(あたま)(けづ)られて(さか)トンボリにされ(けつ)(たた)かれて、080()()まれて()大松(おほまつ)とは、081(まつ)(ちが)ふのだ。082善悪(ぜんあく)混淆(こんかう)して(もら)うては大変(たいへん)(こま)りますわい。083(しか)松彦(まつひこ)さま、084あの(まつ)()根元(ねもと)結構(けつこう)御守護(ごしゆご)がしてあるのだから大門(おほもん)神社(じんしや)()(まで)一寸(ちよつと)そこの神様(かみさま)参拝(さんぱい)して(もら)ひたいのです』
085松彦(まつひこ)『あの(まつ)根元(ねもと)神様(かみさま)(まつ)つてあるのですかな』
086(とら)『ハイハイ、087あそこが肝腎(かんじん)御仕組場(おしぐみば)だ。088あの因縁(いんねん)(わか)らねば小北山(こぎたやま)因縁(いんねん)(わか)りませぬ。089是非(ぜひ)(とも)()(もら)()いものです』
090万公(まんこう)『さうすると、091まだ(ほか)(かみ)さまが(まつ)つてあるのか。092一遍(いつぺん)()せると食滞(しよくたい)すると受付(うけつけ)(ぢい)さまが()ふた(かみ)さまだな。093(ひと)()るも(ふた)()るも(おな)(こと)だ。094(ついで)観覧(くわんらん)して()ようかな。095おい、096五三公(いそこう)097アク、098タク、099テク、100()うだ、101貴様(きさま)(ひと)見物(けんぶつ)する()はないか』
102一同(いちどう)『ウン、103面白(おもしろ)からうな。104参考(さんかう)(ため)にお(とら)さまの、105亡者案内(もさひき)見物(けんぶつ)して()ようかい。106(とら)さま、107亡者案内賃(もさひきちん)(やす)うして()いてくれや、108見掛(みかけ)どりをやられると(この)(ごろ)吾々(われわれ)はチツとばかり手許(てもと)不如意(ふによい)なのだから(こま)りますぞえ』
109(とら)観覧(くわんらん)だの、110見物(けんぶつ)だのと、111(なん)()勿体(もつたい)ない(こと)仰有(おつしや)るのだ。112()()くのだない、113参拝(さんぱい)()くのだ。114何故(なぜ)参拝(さんぱい)さして(いただ)きますと()はぬのだ』
115万公(まんこう)三杯(さんばい)どころか、116もう(これ)()沢山(たくさん)誤託宣(ごたくせん)()かして(いただ)いた(うへ)腹一杯(はらいつぱい)胸一杯(むねいつぱい)だ、117アハヽヽヽ』
118(とら)『サア、119末代様(まつだいさま)120御案内(ごあんない)(いた)しませう。121何卒(どうぞ)(この)(ばば)について()(くだ)さいませ』
122 松彦(まつひこ)はいやいや(なが)(ばば)アの(あと)一行(いつかう)(とも)枝振(えだぶ)りのよい大松(おほまつ)(ふもと)まで(すす)んで()つた。
123 ()れば途方途徹(とはうとてつ)もない(おほ)きな(いは)玉垣(たまがき)(めぐ)らし切口(きりくち)(いし)(たた)んで置物(おきもの)(やう)にチヨンと(たか)(ところ)立派(りつぱ)(まつ)つてある。124さうして(かたはら)案内石(あんないいし)()蠑螈別(いもりわけ)筆跡(ひつせき)で、
125「さかえの神政松(しんせいまつ)御神木(ごしんぼく)
126(しる)してある。
127五三(いそ)『もしお(ばあ)さま、128(この)(おほ)きな(いは)一体(いつたい)(なん)だい。129さうして御神木(ごしんぼく)(しる)してあるが、130こりや()ぢやない、131(いは)ぢやないか』
132(とら)『そんな(こと)()にかけいでも、133理屈(りくつ)いはいでも、134いいぢやないか。135前達(まへたち)神木(しんぼく)する(やう)に「さかえの神政松(しんせいまつ)御神木(ごしんぼく)」と()いてあるのだよ。136ここは(ぜん)(あく)との(さかひ)だから小北山(こぎたやま)()高天原(たかあまはら)悪神(あくがみ)這入(はい)つて()(やう)千引岩(ちびきいは)()うして()いてあるのだ。137表向(おもてむ)きは弥勒様(みろくさま)御神体(ごしんたい)だと()つて()るのだ。138さうして十六柱(じふろくばしら)神様(かみさま)がお(まつ)りしてある(しるし)だと()つて十六本(じふろくぽん)小松(こまつ)(この)(とほ)()ゑてあるのだ。139(しか)(なが)(これ)表向(おもてむ)き、140(じつ)(ところ)素盞嗚尊(すさのをのみこと)生魂(いきだま)をここへ(ふう)()んで(うご)きのとれぬ(やう)周囲(ぐるり)八方(はつぱう)石畳(いしだたみ)(めぐ)らし、141(うへ)から千引(ちびき)(いは)()せて、142万古末代(まんごまつだい)(あが)れぬ(やう)(ふう)()めておいたのだ。143そのために(みづ)(みたま)素盞嗚尊(すさのをのみこと)八方(はつぱう)(ふさ)がり同様(どうやう)で、144()()()()もならぬ(やう)になり(こま)つてゐやがるのだ。145(この)(いし)をここへ(はこ)(とき)にも随分(ずゐぶん)苦労(くらう)をしたのだよ。146第一(だいいち)蠑螈別(いもりわけ)さま、147魔我彦(まがひこ)さま、148大将軍(たいしやうぐん)さま、149(この)(とら)(たち)奮励努力(ふんれいどりよく)()つたら(たい)したものだつた。150(よる)(ひる)二十日(はつか)ばかり()ずに活動(くわつどう)して到頭(たうとう)素盞嗚尊(すさのをのみこと)悪神(あくがみ)(ふう)()めてやつたのだ。151三五教(あななひけう)(やつ)(なん)にも()らずに馬鹿(ばか)だからヤツパリ素盞嗚尊(すさのをのみこと)(この)()(あら)はれて()(やう)(おも)うてゐるのだよ。152()うしておけば三五教(あななひけう)信者(しんじや)(ねづみ)(もち)ひく(やう)(みな)小北山(こぎたやま)引張込(ひつぱりこ)むと()蠑螈別(いもりわけ)さまの御神策(ごしんさく)だ。153(なん)(えら)いものだらうがな』
154 万公(まんこう)155五三公(いそこう)両人(りやうにん)はクワツと(はら)()両方(りやうはう)から(ばば)()をグツとひん(にぎ)り、
156万公(まんこう)『こりや糞婆(くそばば)157もう量見(れうけん)ならねえ。158(この)(かは)水葬(すゐさう)してやるから、159さう(おも)へ。160()しからぬ(こと)(ぬか)す』
161五三(いそ)『こりや、162(とら)163(かへる)(くち)から、164(われ)(わが)()白状(はくじやう)(いた)した(うへ)からは、165もはや量見(れうけん)ならぬぞ。166サア覚悟(かくご)せい。167おい万公(まんこう)168其方(そつち)(あし)をとれ、169(おれ)(この)(あし)()つて(かは)深淵(ふかぶち)(かつ)いで()つて(はふ)()んでやるのだ』
170(とら)『オホヽヽヽ、171()から()えた()(やう)なものだ。172(この)(ばば)がお前達(まへたち)三人(さんにん)五人(ごにん)(うご)かされる(やう)なヘドロい(ばば)か。173竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまの御神力(ごしんりき)(いただ)いた(うへ)(うしとら)金神様(こんじんさま)()(みたま)のお(かか)(あそ)ばした(うし)(とし)(うま)れの(とら)さまだ。174丑寅婆(うしとらば)アさまを(なん)心得(こころえ)てるのだ』
175万公(まんこう)『おい、176五三公(いそこう)177随分(ずゐぶん)(おも)(ばば)だな。178本当(ほんたう)にビクともしやがらぬわ』
179アク『アハヽヽヽ、180ビクともせぬ(はず)だよ。181()アさまは其処(そこ)()るぢやないか。182前達(まへたち)は、183(いは)一生懸命(いつしやうけんめい)(うご)かさうとしたつて(うご)くものかい。184それが()アさまに()えたのか』
185五三(いそ)『いや、186ほんにほんに(いは)だつたな。187おけおけ馬鹿(ばか)らしい。188寅婆(とらばば)彼処(あすこ)にけつかるぢやないか』
189(とら)『オホヽヽヽ三五教(あななひけう)信者(しんじや)眼力(がんりき)(えら)いものだな。190(とら)さまとお(いは)さまと取違(とりちが)へするのだから』
191万公(まんこう)『エー』
192アク、193タク、194テク三人(さんにん)『アハヽヽヽ、195(また)いかれやがつたな』
196(とら)『あまり(うたが)うて()ると真逆(まさか)(とき)眩惑(めまひ)がくるぞよ、197足許(あしもと)深溜(ふかだまり)()()えぬ(やう)になるぞよ。198ウフヽヽヽ』
199松彦(まつひこ)『お(ばあ)さま、200いや如何(どう)感心(かんしん)(いた)しました。201これから(ひと)大門(おほもん)神社(じんしや)(まゐ)りませう』
202(とら)『あ、203(まへ)さまは末代(まつだい)(さま)だ。204身霊(みたま)綺麗(きれい)だと()える。205あんなガラクタは後廻(あとまは)しで(よろ)しい。206(とら)さまの(あと)から()いて()なさい。207竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまが末代(まつだい)さまを御案内(ごあんない)(いた)しませう』
208松彦(まつひこ)『ありがたう。209(しか)(なが)(この)連中(れんちう)()てて()(わけ)にも()かぬから()れて()かう』
210(とら)『それは貴方(あなた)211末代(まつだい)さまの御都合(ごつがふ)にして(くだ)さい。212サア()うおいで()さいませや』
213(かしら)をペコペコさせ(しき)りに(こび)(てい)(なが)ら、214もと()(みち)引返(ひつかへ)急坂(きふはん)一行(いつかう)(さき)()つて(のぼ)()く。
215 急坂(きふはん)二三丁(にさんちやう)ばかり(のぼ)つた(ところ)にロハ(だい)(なら)んでゐる。
216万公(まんこう)『もし松彦(まつひこ)さま、217一寸(ちよつと)ここで休息(きうそく)して()きませうか』
218松彦(まつひこ)『ウン、219よからう』
220(こし)をかけ(いき)(やす)める。221(とら)怪嫌(けげん)(かほ)をし(なが)(あと)ふり(かへ)り、
222(とら)逆理屈(さかりくつ)ばかり(さへづ)万公(まんこう)
223(さか)中央(なかば)屁古垂(へこた)れにけり。
224偉相(えらさう)(あご)をたたいて()万公(まんこう)
225(この)(よわ)(やう)(なん)(こと)だい。
226(すつぽん)(たで)()はした()(いき)づかひ
227万々々公(まんまんまんこう)(やす)むがよからう』
228万公(まんこう)迷信(めいしん)(ふち)(しづ)んだお(とら)さま
229(そこ)()れぬ(ふち)へバサンとはまつて。
230(これ)(ほど)にきつい(さか)をばスタスタと
231(のぼ)るは(きつね)(たぬき)なるらむ。
232(のぼ)(さか)上手(じやうづ)(やつ)馬兎(うまうさぎ)
233丑寅婆(うしとらば)さまのの十八番(おはこ)なるらむ』
234(とら)(ばば)()れて()さまの(のぼ)山道(やまみち)
235屁古垂(へこた)れよつた万公(まんこう)(けつ)
236(いも)(かぶら)大根(だいこん)人参(にんじん)あつたなら
237(まん)野郎(やらう)()はせ()きもの。
238大根(だいこん)(かぶら)がきれて(いき)つまり
239(なん)茄子(なすび)溝漬(どぶづ)(をとこ)
240万公(まんこう)(くさ)(やつ)(わが)一行(いつかう)(さき)()
241腋臭(わきが)とべら(ばば)尻糞(しりくそ)
242(とら)『こりや万公(まんこう)(くさ)(やつ)とは(なに)()
243貴様(きさま)(くさ)穴探(あなさが)しぞや。
244彼岸(ひがん)()ぎになつても(あな)()(へび)
245そこら(あた)りをのたくり(まは)る。
246(あな)ばかり(さが)して(ある)万公(まんこう)
247岩窟(いはや)(あな)()れてやり()い』
248万公(まんこう)(なに)(ぬか)丑寅婆(うしとらばば)尻糞(しりくそ)()
249(けつ)(あき)れて雪隠(せんち)(をど)る』
250松彦(まつひこ)『ロハ(だい)(こし)()(かけ)万公(まんこう)
251(しり)のつぼめの()はぬ(こと)()ふ』
252五三公(いそこう)『ロハ(だい)(しり)(おろ)した万公(まんこう)さま
253糞落(くそお)ちつきのないも道理(だうり)よ』
254アク『アクアクと(たがひ)(そし)(ねた)()
255無性(むしやう)矢鱈(やたら)(くち)をアクかな』
256タク『いろいろとタクみし証拠(しようこ)千引岩(ちびきいは)
257(まつ)根元(ねもと)沢山(たくさん)にある』
258テク『山坂(やまさか)をテクる(わが)()(なん)となく
259足腰(あしこし)だるくなりにけるかな。
260面白(おもしろ)もない(ばあ)さまに(みちび)かれ
261(のぼ)るも(つら)(はり)山坂(やまさか)
262(とら)万公(まんこう)よアク、テク、タクの御一同(ごいちどう)
263(この)坂道(さかみち)(かみ)(さか)だよ。
264(かみ)になり(おに)になるのも(この)(さか)
265()えぬ(こと)には(わか)るまいぞや』
266アク『(のぼ)りつめアクになつたら(なん)とせう
267丑寅婆(うしとらば)さまに(あざむ)かれつつ』
268(とら)(うたがひ)()らして竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)
269(あと)()()大丈夫(だいぢやうぶ)だよ』
270松彦(まつひこ)『サア一同(いちどう)271もう()つてもよからう。272乙姫(おとひめ)さま、273(よろ)しう(たの)みます』
274(とら)『ホヽヽヽヽ末代(まつだい)(さま)275サア(まゐ)りませう』
276万公(まんこう)『ヘン、277馬鹿(ばか)にして()やがる。278(ばば)乙姫(おとひめ)さまも見初(みはじ)めだ。279なア五三公(いそこう)
280五三(いそ)『きまつた(こと)だ。281逆様(さかさま)()(なか)だもの、282乙姫(おとひめ)さまだつて世界(せかい)のために御心配(ごしんぱい)(あそ)ばして(ござ)るのだもの、283チツたあ(とし)()らうかい。284アハヽヽヽ』
285一同(いちどう)『ウフヽヽヽ』
286大正一一・一二・一一 旧一〇・二三 北村隆光録)