霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 三昧経(さんまいきやう)〔一二〇四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第45巻 舎身活躍 申の巻 篇:第4篇 鬼風獣雨 よみ:きふうじゅうう
章:第14章 第45巻 よみ:さんまいきょう 通し章番号:1204
口述日:1922(大正11)年12月13日(旧10月25日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
お寅は昔自分が捨てた夫の熊公に暴れこまれて千両の金をとられ、業を煮やして信仰上のぐらつきをはじめだし、ウラナイ教の神をののしったが、最後に自ら舌を噛んだことで神に心を向けた。
五三公はこれをきっかけにお寅の迷いをさまそうと、ウラナイ教の神は高姫の罪悪によって天の八街にさまよったときに移った古狐が造ったものだと歌った。
教祖の高姫と黒姫は、極悪無道の神だと思っていた神素盞嗚大神の仁慈の徳に打たれて三五教に帰順し、宣伝使たちの薫陶によって迷いの雲は心から取り除かれた。
しかし蠑螈別は依然として高姫の衣鉢を継いでウラナイ教を支持していた。それは、高姫と黒姫の肉体を機関として三五教をかく乱しようと企んでいた悪魔たちが、高姫・黒姫の帰順によってその肉体から逃げ出し、蠑螈別・魔我彦・お寅に宿変えしてしまったのである。
蠑螈別は以前は軍人で教育もあるが、そういう人間ほど悪神にとっては道具として便利なのである。悪神に憑依された三人はもはや善悪正邪を判断する力を失っていた。
蠑螈別はありがたがって観物三昧経を常々唱えていたが、これは釈迦弟子どもの偽作であって、中身は釈迦のひいきの引き倒しのようなお経である。
万公、五三公、アク、タク、テクの五人がヘグレ神社をぶらぶらしていたところ、蠑螈別が熱心に経文を唱えるのが聞こえてきた。五三公は、このお経は釈迦が妻帯したことについてこじつけの説明をするあまり、釈迦の肉体について馬鹿馬鹿しい話をでっち上げた内容なのだと解説した。
万公たちは五三公の解説に感心する。五三公は先生のような口調になって冗談を言い、仲間を茶化す。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4514
愛善世界社版:225頁 八幡書店版:第8輯 329頁 修補版: 校定版:237頁 普及版:87頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第一篇 既成宗教 > 第九章 仏説観物三昧経の真相
001 蠑螈別(いもりわけ)はお(とら)()アさまに()められ、002(はな)をねぢられ気絶(きぜつ)した揚句(あげく)003(いぬ)()はない悋気喧嘩(りんきげんくわ)をケロリと(わす)れて、004(おく)一間(ひとま)でお寅婆(とらばば)アの(しやく)(ふたた)般若湯(はんにやたう)舌鼓(したつづみ)打始(うちはじ)めた。005(とら)(かみ)より大切(たいせつ)(おも)うて()つた千両(せんりやう)小判(こばん)悪因縁(あくいんねん)のまはり(あは)せか、006十五年前(じふごねんぜん)にふりすてた(をつと)007(よひ)どれの熊公(くまこう)にふンごまれ、008(さけ)をしたたか()みつぶされ、009ふンだくられて(ごふ)()やし、010迷信者(めいしんじや)にはよくある信仰上(しんかうじやう)のグラツキを(はじ)()し、011(くち)(きは)めて()のつつ()りにもならぬ(かみ)だとコキおろした揚句(あげく)012(みづか)(した)()み、013ハツと()がつき、014(ふたた)(かみ)礼拝(れいはい)する(こころ)立返(たちかへ)つた。015五三公(いそこう)(いま)こそ迷夢(めいむ)()ましやらむと(うた)によそひて説明(せつめい)した。016小北山(こぎたやま)祭神(さいじん)虚偽的無名(きよぎてきむめい)(かみ)なること、017高姫(たかひめ)(みづか)(こころ)()んだ罪悪(ざいあく)のために、018一旦(いつたん)根底(ねそこ)(くに)(おちい)り、019(あめ)八衢(やちまた)にさまよひ、020(やうや)(いき)吹返(ふきかへ)し、021()(とほ)くなつてゐる(ところ)へ、022(その)(きよ)(うかが)つて這入(はい)つて()古狐(やかん)(かみ)真似(まね)をして、023いろいろの他愛(たあい)もない神名(しんめい)()()し、024()出神(でのかみ)生宮(いきみや)妄信(まうしん)し、025自分(じぶん)変性男子(へんじやうなんし)系統(ひつぽう)だ、026生粋(きつすゐ)大和魂(やまとだましひ)だと(かた)主張(しゆちやう)()し、027三千世界(さんぜんせかい)のことは(この)()出神(でのかみ)でなければ(わか)らぬ、028(これ)変性女子(へんじやうによし)にソツと()らしてやるお(やく)だと、029(わる)(やかん)(たぶら)かされて、030益々(ますます)(かた)自分(じぶん)副守(ふくしゆ)(しん)()し、031変性女子(へんじやうによし)御霊(みたま)金勝要神(きんかつかねのかみ)御霊(みたま)取上(とりあ)げぬのを、032非常(ひじやう)憤慨(ふんがい)し、033黒姫(くろひめ)034蠑螈別(いもりわけ)035魔我彦(まがひこ)036(その)(ほか)精神上(せいしんじやう)大欠陥(だいけつかん)のあるデモ紳士(しんし)婆嬶(ばばかか)(ども)籠絡(ろうらく)し、037三五教(あななひけう)信者(しんじや)より寄附金(きふきん)(あつ)め、038北山村(きたやまむら)本拠(ほんきよ)(かま)へてゐた(ところ)039とうとう(ばけ)がはげかけたので、040蠑螈別(いもりわけ)(めい)じ、041小北山(こぎたやま)本山(ほんざん)(うつ)すことを(めい)じておいたのである。042(その)(うち)肝腎(かんじん)高姫(たかひめ)043黒姫(くろひめ)極悪無道(ごくあくぶだう)(かみ)(おも)つてゐた神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)仁慈(じんじ)(とく)感歎(かんたん)し、044ウラナイ(けう)弊履(へいり)(ごと)くに()てて、045三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)し、046宣伝使(せんでんし)(うち)にヤツと(くは)へられたのである。047(しか)(なが)執着心(しふちやくしん)はどこ(まで)(つよ)く、048自分(じぶん)義理天上日出神(ぎりてんじやうひのでのかみ)生宮(いきみや)だといふ観念(くわんねん)中々(なかなか)容易(ようい)()れなかつた。049(また)黒姫(くろひめ)黒姫(くろひめ)自分(じぶん)こそ竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)生宮(いきみや)だと(かた)(しん)じ、050随分(ずゐぶん)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)手古摺(てこず)らしたものである。051(しか)しながら言依別命(ことよりわけのみこと)以下(いか)熱心(ねつしん)なる種々(しゆじゆ)薫陶(くんたう)()つて、052高姫(たかひめ)053黒姫(くろひめ)一日々々(いちにちいちにち)薄紙(うすがみ)をヘグ(やう)(まよ)ひの(くも)(こころ)(そら)から取除(とりのぞ)かれた。054(いま)(まつた)二人(ふたり)迷夢(めいむ)()めて、055今迄(いままで)自分(じぶん)言行(げんかう)(かへり)み、056羞恥(しうち)(こころ)(なや)んでゐる。057(しか)るに蠑螈別(いもりわけ)依然(いぜん)として高姫(たかひめ)遺鉢(ゐはつ)をつぎ、058執念深(しふねんぶか)くウラナイ(けう)支持(しぢ)してゐた。059(その)理由(りいう)は、060今迄(いままで)高姫(たかひめ)061黒姫(くろひめ)肉体(にくたい)機関(きくわん)として三五(あななひ)(まこと)(をしへ)攪乱(かくらん)せむと(たく)んでゐた諸々(もろもろ)悪魔(あくま)(ども)は、062高姫(たかひめ)063黒姫(くろひめ)帰順(きじゆん)(とも)(その)身内(みうち)(とど)まる余地(よち)なく次第々々(しだいしだい)脱出(だつしゆつ)して、064小北山(こぎたやま)蠑螈別(いもりわけ)065魔我彦(まがひこ)066寅婆(とらばあ)さまの肉体(にくたい)全部(ぜんぶ)宿替(やどがへ)をして(しま)つたのである。067それだから此等(これら)三人(さんにん)猛烈(まうれつ)なる迷信(めいしん)以前(いぜん)高姫(たかひめ)068黒姫(くろひめ)(まさ)(とも)(けつ)して(おと)らなかつた。069(また)蠑螈別(いもりわけ)以前(いぜん)軍人(ぐんじん)であつて、070相当(さうたう)社会的(しやくわいてき)教育(けういく)もあり、071一寸(ちよつと)哲学(てつがく)もカジリ、072各宗(かくしう)教典(けうてん)(なま)かじりて(やや)見聞(けんぶん)(ひろ)くして()たから、073曲神(まがかみ)道具(だうぐ)使(つか)ふのには、074高姫(たかひめ)075黒姫(くろひめ)よりも余程(よほど)便利(べんり)があるのだ。076(しか)(なが)何程(なにほど)常識(じやうしき)があつても、077学問(がくもん)があつても、078肝腎要(かんじんかなめ)良心(りやうしん)(をか)され、079精神(せいしん)大欠陥(だいけつかん)(きた)した(うへ)は、080世間(せけん)所謂(いはゆる)賢人(けんじん)学者(がくしや)もヤツパリ愚夫愚婦(ぐふぐふ)以上(いじやう)始末(しまつ)がをへなくなるものである。081蠑螈別(いもりわけ)高姫(たかひめ)のあらはした支離(しり)滅裂(めつれつ)神名(しんめい)教理(けうり)審判(さには)することの出来(でき)ない(やう)文盲者(もんまうしや)ではないが、082(しか)(なが)最早(もはや)今日(こんにち)となつては公平(こうへい)理解力(りかいりよく)全然(ぜんぜん)(うしな)つて()た。083それ(ゆゑ)(あした)にウラナイの(かみ)(ねん)じ、084日中(まひる)にアーメンを(さけ)び、085夕暮(ゆふぐれ)になれば数珠(じゆず)をもみ、086(りん)()らして、087(ぶつ)教典(けうてん)一生懸命(いつしやうけんめい)読誦(どくしよう)して唯一(ゆゐいつ)善行(ぜんぎやう)(しん)じてゐたのである。
088 蠑螈別(いもりわけ)有難(ありがた)がつて(とな)へる御経(おきやう)はいつも観物三昧経(くわんぶつさんまいきやう)であつた。089(この)経文(きやうもん)釈迦仏(しやかぶつ)弟子(でし)(ども)偽作(ぎさく)であつて、090仏教弘通(ぶつけうぐつう)方便(はうべん)として、091釈迦(しやか)弁護(べんご)する(ため)(つく)つたものである。092(えう)するに(この)経文(きやうもん)釈迦(しやか)(たい)贔屓(ひいき)引倒(ひきだふ)しであることは(すこ)思慮(しりよ)ある(もの)(さと)()ることであらう。093夕暮(ゆふぐれ)になつたので、094蠑螈別(いもりわけ)(れい)(ごと)数珠(じゆず)をもみ、095(りん)打鳴(うちな)らし(なが)観物三昧経(くわんぶつさんまいきやう)(とな)()した。
 
096『爾時太子於其根処出白蓮華。097其色紅白上下二三華相連。098諸女見已復相謂言。099此如神人有蓮華相。100此人云何。101心有染著。102作此語已噎不能言。103是時蓮中忽有身根如童子形。104諸女見已更不勝喜悦現此相。105時羅睺羅母見彼身根華々相次如天劫貝。106一々華上乃有無数大身菩薩。107手執白華囲繞身根現已還没。108爾時復有諸婬女等。109皆言。110瞿曇是無根人。111仏聞此語如馬王相漸々出現。112初出之時猶如八歳童子身根。113漸々長大如少年形。114諸女見已皆悉歓喜。115時漸長大如蓮華幢。116一々層間有百億蓮華。117一々蓮華有百億宝色。118一々色中有百億化仏。119一々化仏有百億菩薩無量大衆。120以為侍者。121時諸化仏異口同音毀諸女人悪欲。122而説偈言。
123 若有諸男子 年皆十五六 盛壮多力勢
124 数満恒河沙 持以供給女 不満須臾意
125時諸女人聞此語已。126心懐慚愧懊悩。127僻地挙手拍頭。128而嗚呼悪欲。129各厭女身皆発菩提心』チーン……
 
130 万公(まんこう)131五三公(いそこう)132アク、133テク、134タクの五人(ごにん)はヘグレ神社(じんしや)をブラブラと巡見(じゆんけん)して種々(いろいろ)批評(ひひやう)(こころ)みて()(ところ)135(にはか)不思議(ふしぎ)な、136(かみ)(やかた)似合(にあ)はず、137経文(きやうもん)(こゑ)(きこ)えて()たので、138ソツと(かべ)(そと)から、139足音(あしおと)(しの)ばせ、140どこの坊主(ばうず)がやつて()て、141経文(きやうもん)(とな)へてゐるのだらう、142蠑螈別(いもりわけ)余程(よほど)物好(ものずき)だ、143ドレ(ひと)(かんが)へて()ようかと、144一行(いつかう)五人(ごにん)(みみ)をすまして()いてゐる。145五人(ごにん)(なか)(ぶつ)経文(きやうもん)()つてゐる(もの)五三公(いそこう)一人(ひとり)であつた。
146五三(いそ)『あゝコリヤ不思議(ふしぎ)だ、147あの(こゑ)蠑螈別(いもりわけ)だ。148観物三昧経(くわんぶつさんまいきやう)()げてゐる(やう)だ。149ヤツパリ三教(さんけう)合同(がふどう)御本尊(ごほんぞん)眷族(けんぞく)だと()いてゐたが、150(しん)151(ぶつ)152()混淆(こんかう)のウラナイ(けう)教主(けうしゆ)さまだな』
153万公(まんこう)観物三昧経(くわんぶつさんまいきやう)にはどんなことが()つてあるのだ。154(ひと)(その)(わけ)()きたいものだなア。155オイ(これ)から蠑螈別(いもりわけ)さまに拝謁(はいえつ)(ねが)つて、156(きやう)解説(かいせつ)(ねが)ふことにしようかなア』
157五三(いそ)(なに)……ダメだよ、158観物三昧経(くわんぶつさんまいきやう)真相(しんさう)理解(りかい)されたら、159馬鹿(ばか)らしくつて、160有難(ありがた)さうに(とな)へられるものぢやない。161ああして棒読(ぼうよ)みにダヽブダ ダヽブダと()んで()くから、162有難(ありがた)(やう)(きこ)えるのだ』
163万公(まんこう)『さうするとヤツパリ(わか)らぬのが有難(ありがた)いのかなア。164五三公(いそこう)さま、165(まへ)経文(きやうもん)精神(せいしん)()つてゐるのなら、166(ひと)(その)説明(せつめい)(ねが)ひたいものだなア』
167五三(いそ)(あま)馬鹿(ばか)らしくて、168説明(せつめい)する(だけ)価値(かち)がないのだ。169釈迦(しやか)さまも、170ああして(まつ)()まれちや、171本当(ほんたう)にお()(どく)だ。172露骨(ろこつ)()へば……全体(ぜんたい)釈迦如来(しやかによらい)(さま)無生無死(むせいむし)大神人(だいしんじん)国大立尊(くにひろたちのみこと)別御霊(わけみたま)なる大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(さま)月照彦(つきてるひこ)(あら)はれ三五教(あななひけう)(をしへ)宣布(せんぷ)し、173(なが)幽政(いうせい)(つかさど)(つひ)には久劫(きうごふ)(むかし)から成仏(じやうぶつ)して都率天(とそつてん)といふ天上(てんじやう)()()印度(いんど)(くに)(おい)(ふたた)肉体(にくたい)示顕(じけん)され時代(じだい)地方(ちはう)との関係上(くわんけいじやう)から仏法(ぶつぼふ)弘布(こうふ)せむと天津神(あまつかみ)(さま)命令(めいれい)(ほう)じて浄飯王(じやうぼんわう)(つま)摩耶夫人(まやふじん)(はら)宿(やど)つて(うま)婆羅門教(ばらもんけう)勢力(せいりよく)旺盛(わうせい)にして刹帝利族(せつていりぞく)圧迫(あつぱく)()毘舎(びしや)174首陀(しゆだ)二族(にぞく)(しひた)弊害(へいがい)(はなは)だしかつたので婆羅門教(ばらもんけう)言向和(ことむけやは)すべく活動(くわつどう)されたのだ。175(しか)しその(をしへ)(なが)れを()後世(こうせい)仏弟子(ぶつでし)どもが()(ひと)に、176釈迦(しやか)はそれ(ほど)(ひさ)しい(むかし)から成仏(じやうぶつ)して()たといつたならば、177妻子(さいし)(ごと)きものが()るべき(はず)がないと(なん)じられた(とき)(こま)(わけ)だから、178その(とき)(しり)(むす)ぶために糞坊主(くそばうず)どもが()つたことだ。179まだまだその()仏教(ぶつけう)にも(しり)(むす)べぬ(こと)()いて()るが(みな)釈迦如来(しやかによらい)精神(せいしん)ではないのだ。
180 (いま)(とな)へて()るのは観物三昧経(くわんぶつさんまいきやう)だが、181その意味(いみ)(やく)すれば、182釈迦(しやか)(つま)(めと)つたけれど交合(かうがふ)()なかつた、183(ところ)耶輸陀羅(やしゆだら)(はじ)数多(あまた)侍女(じぢよ)どもが非常(ひじやう)(あや)しんで()(とき)に、184侍女(じぢよ)一人(ひとり)()ふには(わし)釈迦(しやか)奉事(ほうじ)して(なが)らくの(とし)()たけれども(いま)だにその(こん)()たことが()い、185(いは)んや世事(せじ)あらむやといふ、186(ただし)(わし)(こん)()つたるは(すなは)陰茎(いんけい)のことだ。187そして世事(せじ)()ふのは、188やがて交合(かうがふ)(こと)だ、189(なん)(こと)はない釈迦(しやか)(つか)へて(とし)()たけれどもその陰茎(いんけい)()たことが()いから()して交合(かうがふ)はせぬ(はず)ぢやと()ふのだ。190(とき)にまた一人(ひとり)(をんな)()ふには、191(わたし)太子(たいし)(つか)へて十八年(じふはちねん)()たが(いま)太子(たいし)便利(べんり)(くわん)あるを()ない(いは)ンや()(もも)()()ようぞと()つた。192そこで一同(いちどう)(しか)らば太子(たいし)(をとこ)ではあるまいと()つて()るので釈迦(しやか)(これ)(さつ)して(わざ)昼寝(ひるね)をして(かれ)一物(いちもつ)()して()せた、193(その)(おもむき)経文(きやうもん)(まま)棒読(ぼうよ)みにするから(じつ)有難(ありがた)()えたり(きこ)えたりするのだ、194アハヽヽヽ(のち)坊主(ばうず)どもが釈迦(しやか)贔屓(ひいき)(おも)()ごしてこんな馬鹿(ばか)(せつ)(つく)つて贔屓(ひいき)引倒(ひきだふ)しを()たものだ。195何程(なにほど)わからぬ人間(にんげん)だとて蠑螈別(いもりわけ)(ごと)文盲(もんまう)なものばかりも()るもので()いから坊主(ばうず)のやうにダヽブダ ダヽブダ ダヽブダとばかり()んで()らず、196たまさかには(わし)(やう)にシヤンと()(ひと)もあるからなア、197こんな具合(ぐあひ)諸々(もろもろ)仏経(ぶつきやう)(ことごと)釈迦(しやか)(たく)して(のち)仏者(ぶつしや)どもが偽作(ぎさく)したものだよ、198大方(おほかた)人間(にんげん)(すべ)ての仏経(ぶつきやう)全部(ぜんぶ)阿難(あなん)()いて()いたものだと(かた)(おも)つて()るから目指(めざ)して釈迦(しやか)(そし)つたり非難(ひなん)する(やう)になるのだ』
199万公(まんこう)『ヤア有難(ありがた)い。200(しか)(なが)らヒイキの引倒(ひきだふ)し、201商売(しやうばい)道具(だうぐ)使(つか)はれちや、202釈迦(しやか)さまもキツと阿弥陀(あみだ)をこぼして(ござ)るだらう。203何程(なにほど)教祖(けうそ)(ただ)しいことを()つても、204(のち)(やつ)がいろいろと誤解(ごかい)をしたり、205勝手(かつて)(ねつ)()いたり、206自分(じぶん)(せつ)(とほ)らないと、207如是我聞(によぜがもん)とつけて、208釈迦(しやか)(かく)(ごと)()いたと自説(じせつ)弁護(べんご)せうとするのだから(こま)つたものだな、209(しか)五三公(いそこう)さま、210(まへ)一行中(いつかうちう)大学者(だいがくしや)だ、211ヤアもう感心(かんしん)した、212今後(こんご)(けつ)してお(まへ)軽蔑(けいべつ)しないから、213どうぞ(おれ)知識(ちしき)分配(ぶんぱい)をしてくれ、214(たの)みだ』
215五三(いそ)『ヨシヨシ(おれ)(かみ)でもなければ(ほとけ)でもないのだから、216万屋(よろづや)(やう)(なん)でも引受(ひきう)けるといふことは出来(でき)ない。217蠑螈別(いもりわけ)(やう)()らぬことでも(なん)とか理屈(りくつ)をつけてチヨロまかすのなら、218どうでもなるが、219ゴマ(くわ)しは永続(ながつづ)きがせぬからな、220そして(また)下根(げこん)人間(にんげん)何程(なにほど)結構(けつこう)なことを()かした(ところ)で、221()(みみ)がないと反対(はんたい)()れるものだ、222さうだから愚夫愚婦(ぐふぐふ)には(かへつ)(まこと)のことは()はれないのだ。223自分(じぶん)暗愚(あんぐ)卑劣(ひれつ)(こころ)標準(へうじゆん)として、224(すべ)ての人間(にんげん)()くのだから、225(たま)(ひかり)のない(もの)には本当(ほんたう)のことを()つてやると(かへつ)誤解(ごかい)するものだ、226(しか)万公(まんこう)さまは下根(げこん)ではない、227中根(ちうこん)(くらゐ)(ところ)だから、228天国(てんごく)()へば第二(だいに)天国(てんごく)といふ(ところ)だ。229第二(だいに)天国(てんごく)相応(さうおう)説明(せつめい)(あた)へることにせう』
230万公(まんこう)『ヤア有難(ありがた)い、231中根(ちうこん)なら結構(けつこう)だ。232(おれ)(また)下根(げこん)だと()はれるかと(おも)つてヒヤヒヤしてゐたよ』
233五三(いそ)上根(じやうこん)にも上中下(じやうちうげ)があり、234中根(ちうこん)(うち)にも(また)上中下(じやうちうげ)があり、235下根(げこん)(なか)にも(また)上中下(じやうちうげ)があつて、236三三(さざん)九階級(くかいきふ)237区別(くべつ)がついてゐるのだ、238これもホンの大要(たいえう)で、239(こま)かく()へば百八十段(ひやくはちじふだん)になる』
240万公(まんこう)『さうすると、241(この)万公(まんこう)(ちう)(ちう)(くらゐ)(もの)かなア』
242五三(いそ)『さうだなア、243ヤツとマア(ちう)()(くらゐ)(もの)だらうよ』
244アク『五三公(いそこう)さま、245(わたし)はどこら(くらゐ)ですか』
246五三(いそ)『ウン、247(まへ)比較的(ひかくてき)(みたま)(みが)けてゐる、248中根(ちうこん)(じやう)だ、249(ひと)気張(きば)れば上根(じやうこん)(すす)むのだよ』
250万公(まんこう)『オイ、251アク、252慢心(まんしん)すなよ、253芽出(めで)たう』
254アク『五三公(いそこう)さま、255イヤ先生(せんせい)256(わたし)のやうな(みたま)でも(ちう)(じやう)(くらゐ)理解力(りかいりよく)がありますかな』
257五三(いそ)『ハイ大丈夫(だいぢやうぶ)ですよ、258(しか)慢心(まんしん)をすると、259すぐに()ちますからな、260ハヽヽヽヽ』
261タク『先生(せんせい)262(わたし)はどこらですか』
263五三(いそ)『ウン、264(まへ)はさうだなア、265(なん)()つてよからうかな』
266タク『ヘー、267さうすると上中下(じやうちうげ)三根(さんこん)超越(てうゑつ)してゐるのですか』
268五三(いそ)番外(ばんぐわい)だなア、269よいと()へばよい、270(わる)いと()へば(わる)い、271まだ混沌(こんとん)として鶏子(けいし)(ごと)く、272溟淆(めいかう)にして()(ふく)めりと()(ところ)だ』
273タク『あゝさうすると、274開闢(かいびやく)(はじめ)(あら)はれた国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)同様(どうやう)身魂(みたま)ですかな、275(すなは)(くわ)して(かみ)となる、276国治立命(くにはるたちのみこと)(がう)す……といふ(やう)なものですか。277成程(なるほど)国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)世界(せかい)最初(さいしよ)(えら)神様(かみさま)であり(なが)ら、278一番(いちばん)()(なか)におちぶれて御座(ござ)つたといふ(こと)だから、279いかにも番外(ばんぐわい)でせう。280オイ、281(ちう)()先生(せんせい)282(ちう)(じやう)先生(せんせい)283どうですなア』
284万公(まんこう)『ハヽヽヽ、285国所立退(くにとこたちの)きの(みこと)だな、286(すな)(くわ)して(かはら)となるといふ(ところ)だ』
287テク『先生(せんせい)288(わたし)(なん)ですか』
289五三(いそ)『さうだなア、290テクもタクと(あま)()(まけ)はないだらう』
291テク『ヤア有難(ありがた)う』
292万公(まんこう)『ハヽヽヽつまり()へば神界(しんかい)のハネノケ(もの)だ。293チツと(これ)から観物三昧経(くわんぶつさんまいきやう)でも研究(けんきう)して、294()()(くらゐ)(まで)(すす)んだらよからうぞ、295ウツフヽヽ』
296テク『馬鹿(ばか)にすない、297あんな(もの)がこんな(もの)になるといふ仕組(しぐみ)だ、298(いま)よくても(さき)がよくならねば(まこと)でないぞよ。299(みたま)がよいと(まを)して慢心(まんしん)(いた)すとスコタンを()ふぞよ、300万公(まんこう)どのに()をつけるぞよ、301(はや)改心(かいしん)して(くだ)されよ、302改心(かいしん)一等(いつとう)ぞよ。303艮婆(うしとらばば)アに間違(まちがひ)ないぞよ、304蠑螈別(いもりわけ)女房(にようばう)(とら)()をつけるぞよ、305アハヽヽヽ』
306大正一一・一二・一三 旧一〇・二五 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら