霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 吹雪(ふぶき)〔一二〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第45巻 舎身活躍 申の巻 篇:第4篇 鬼風獣雨 よみ:きふうじゅうう
章:第19章 第45巻 よみ:ふぶき 通し章番号:1209
口述日:1922(大正11)年12月13日(旧10月25日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月12日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
お寅はお民のところにやってくると、お民は経典をひも解いている。お寅はお民に対して、蠑螈別を狙っても高嶺の花だ、魔我彦と結婚しろといきなり怒鳴りつけた。お民は驚いたが、すぐには返事はできないと冷静に返す。
お寅がしつこく迫っても、お民は頑として譲らない。お寅はしまいにお民を怒鳴りつけて帰ってしまった。
お民が独り言でいうことには、あんなケチで腰が曲がった魔我彦の女房になるくらいなら死んだ方がましだとくさした。そして自分がこんな教団に参詣するのは蠑螈別が一万両の金をもって駆け落ちしようといってくれたからだと独り言に明かした。
お民は、自分と蠑螈別との約束をお寅に見透かされたような対応を受けたので、もうこんな教団は逃げ出そうと去就を考えている。
一方お寅は夜分に松姫館を尋ねた。松姫からお民に言い聞かせてもらおうという魂胆である。お寅は、蠑螈別からお民を引き離したい一心で、お民が魔我彦の女房になることを今晩のうちに説きつけてくれと松姫に頼み込む。
そこへお菊と魔我彦がお寅を尋ねてやってきた。お寅は魔我彦に、蠑螈別の見張りをするようにと追い出すが、お寅と松姫が自分の結婚問題をどうさばくか気になり、雪がちらつく戸外で盗み聞きしている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4519
愛善世界社版:277頁 八幡書店版:第8輯 348頁 修補版: 校定版:290頁 普及版:112頁 初版: ページ備考:
001悋気(りんき)(つの)()()てて
002(かほ)真赤(まつか)()めながら
003(とどろ)(むね)()(おろ)
004居間(ゐま)魔我彦(まがひこ)(のこ)しつつ
005(すゐ)()()くお(とら)さま
006炊事場(すゐじば)さして(すす)()
007(たみ)居間(ゐま)(おとな)へば
008(たみ)(しき)りに経典(きやうてん)
009(ひもと)(はじ)()たりける
010(とら)(そと)から(こゑ)をかけ
011これこれ(まを)しお(たみ)さま
012こんな夜更(よふけ)(なに)してぞ
013(ひと)寝静(ねしづ)まつた(その)(あと)
014(ふみ)でも()いて()るのだらう
015油断(ゆだん)のならぬ(をんな)だなあ
016かう()()けに()ばはれば
017(たみ)(おどろ)経典(きやうてん)
018(ふた)つに(たた)んで(そば)におき
019貴女(あなた)内事(ないじ)のお(とら)さま
020この真夜中(まよなか)(なん)として
021態々(わざわざ)(たづ)ねて()なさつた
022合点(がてん)がゆかぬと(あや)しめば
023(とら)(まなこ)をむき(いだ)
024(はな)(さか)りのお(たみ)さま
025(かど)(おほ)くて(さぞ)やさぞ
026(こころ)()める(こと)でせう
027(まへ)がここへ(まゐ)つたのは
028神信心(かみしんじん)表向(おもてむ)
029(ほか)(のぞ)みがあるのだろ
030(まへ)(うつく)()をもつて
031グヅグヅして()(とき)ぢやない
032(はや)(をつと)()たさせよと
033大神様(おほかみさま)()いた(ゆゑ)
034(ねむ)たい()をばこすりつつ
035態々(わざわざ)やつて()たのだよ
036(まへ)身魂(みたま)義理天上(ぎりてんじやう)
037日出神(ひのでのかみ)(おく)さまの
038玉則姫(たまのりひめ)(ちが)ひない
039(かみ)(かみ)との因縁(いんねん)
040夫婦(めをと)にならねばなりませぬ
041日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)
042魔我彦(まがひこ)さまと逸早(いちはや)
043結婚式(けつこんしき)をあげなされ
044この神勅(しんちよく)(そむ)いたら
045其方(そなた)御身(おんみ)一大事(いちだいじ)
046(かみ)(いか)りで(たちま)ちに
047根底(ねそこ)(くに)()ちますよ
048何程(なにほど)蠑螈別(いもりわけ)さまを
049(こひ)(こひ)しと(おも)うても
050高根(たかね)(はな)(みづ)(つき)
051とても(つか)める(はず)がない
052そんな野心(やしん)(おこ)さずに
053(うま)(うま)づれ(うし)(うし)
054魔我彦(まがひこ)さまと機嫌(きげん)よう
055合衾式(がふきんしき)()げなされ
056返答(へんたふ)はどうぢやと手厳(てきび)しく
057呶鳴(どな)ればお(たみ)仰天(ぎやうてん)
058()れたる(そら)霹靂(へきれき)
059(ひらめ)(ごと)(むね)()たれ
060(しば)言葉(ことば)もなかりける。
061(たみ)『お(とら)さま、062貴女(あなた)(いま)(わたし)蠑螈別(いもりわけ)さまに○○して()るやうに仰有(おつしや)いましたな、063それや大変(たいへん)迷惑(めいわく)です、064そして魔我彦(まがひこ)さまと夫婦(めをと)になれと仰有(おつしや)いましたが、065それや本気(ほんき)ですか』
066(とら)本気(ほんき)でなくてこの(ねむ)たいのに、067(たれ)態々(わざわざ)()ませうか。068(まへ)身魂(みたま)玉則姫(たまのりひめ)さまと()(こと)が、069御神勅(ごしんちよく)(わか)つたのだよ、070それだから一時(いちじ)(はや)義理天上日出神(ぎりてんじやうひのでのかみ)夫婦(ふうふ)(いた)さねば、071神界(しんかい)経綸(しぐみ)(おく)れるのだから(すす)めに()たのだよ』
072(たみ)(やぶ)から(ぼう)のやうなお言葉(ことば)073早速(さつそく)御返事(ごへんじ)出来(でき)ませぬ。074どうか一週間(いつしうかん)(ほど)熟考(じゆくかう)猶予(いうよ)(あた)へて(くだ)さいませ。075さうすれば(いや)とか、076(おう)とか御返事(ごへんじ)(いた)しますから』
077(とら)『さてもさても歯切(はぎ)れのせぬお(かた)ぢやな、078なぜ神様(かみさま)仰有(おつしや)(こと)素直(すなほ)()かないのだ。079十万億土(じふまんおくど)(おと)されても(かま)はないのですか』
080(たみ)『どうなつても仕方(しかた)()いぢやありませぬか。081何程(なにほど)神様(かみさま)御命令(ごめいれい)だと()つても自分(じぶん)()()はない(をつと)をもつ(こと)一生(いつしやう)不愉快(ふゆくわい)ですから、082何程(なにほど)神様(かみさま)だつてそんな無理(むり)仰有(おつしや)いますまい。083(わたし)(をんな)としての人間(にんげん)(つく)つて、084その(うへ)(をつと)をもつ(かんが)へですよ。085人形(にんぎやう)(いへ)になつては(こま)りますからな。086ホヽヽヽヽ』
087(とら)随分(ずゐぶん)悪思想(あくしさう)(そま)つたものだねえ。088それだから今時(いまどき)(をんな)仕方(しかた)()いと()ふのだ、089そんな剛情(がうじやう)()るものぢやありませぬ。090剛強(がうきやう)(かなら)()して仁義(じんぎ)(わう)たり」と()(こと)()つて()ますか、091(をんな)()ふものは仁義(じんぎ)(こころ)肝腎(かんじん)だよ、092剛強(がうきやう)なは(をとこ)()くべからざる特質(とくしつ)だ。093剛強(がうきやう)にして仁義(じんぎ)(たも)つのが(をとこ)(なか)(をとこ)だよ、094(をんな)剛強(がうきやう)必要(ひつえう)はない、095サア(はや)返答(へんたふ)して(くだ)さい。096返答(へんたふ)のないのは矢張(やつぱ)蠑螈別(いもりわけ)さまに野心(やしん)があるのだらう』
097(たみ)『エヽ(なん)仰有(おつしや)つて(くだ)さつても、098(をんな)一生(いつしやう)一大事(いちだいじ)ですから、099一週間(いつしうかん)熟考(じゆくかう)余地(よち)(あた)へて(もら)はなくては御返事(ごへんじ)出来(でき)ませぬ』
100 お(とら)不機嫌(ふきげん)(かほ)をして雨戸(あまど)をガラガラビシヤンと()めながら、101一足々々(ひとあしひとあし)四股(しこ)()(には)小石(こいし)蹴散(けち)らし()(ちら)し、
102(とら)『ど強太(しぶと)阿魔(あま)ツチヨ()103それ(ほど)蠑螈別(いもりわけ)()しいのか』
104口汚(くちぎたな)(ののし)りながら(かへ)つて()く。105(あと)にお(たみ)独言(ひとりごと)
106(たみ)『あゝ(なさけ)ない、107一人前(いちにんまへ)(をんな)(うま)れながら()(ひく)(こし)(まが)つた瓢箪面(へうたんづら)の、108スカンピン(をとこ)(をつと)()てとは、109(とら)さまも(あんま)りだわ、110何程(なんぼ)神様(かみさま)命令(めいれい)だつてどうしてこんな(こと)承諾(きけ)ませうか、111(わたし)おたんちんだけれども、112矢張(やつぱ)十人並(じふにんなみ)(すぐ)れて()心算(つもり)だ、113あんなケチナ魔我彦(まがひこ)女房(にようばう)になる(くらゐ)なら、114()でもかんで()んで仕舞(しま)つた(はう)何程(なにほど)()()いて()るか、115(わか)らないのだ。116(なん)でまあ、117あんな(をとこ)副教主(ふくけうしゆ)になつて()るのだらう。118此処(ここ)神様(かみさま)余程(よほど)悪戯(いたづら)がお()きだと()えるなあ、119(わたし)がかうして(この)(やま)参詣(さんけい)するのも十中(じつちう)九分(くぶ)(まで)は、120蠑螈別(いもりわけ)さまが……「(しばら)()つて()れ、121(とら)(かく)して()一万両(いちまんりやう)(かね)さへ()()らば、122(まへ)()れて()(ところ)()つてやらう。123そして二人(ふたり)仲好(なかよ)(くら)さう」と仰有(おつしや)つた御親切(ごしんせつ)のお言葉(ことば)夢寐(むび)にも(わす)れた(こと)はない、124それにまあ、125(とら)さまとした(こと)が、126魔我彦(まがひこ)さまを(をつと)にもてとは()うも()うもこのお(たみ)軽蔑(けいべつ)したものだ、127(とら)さまは、128(わたし)蠑螈別(いもりわけ)さまが(あや)しいと(おも)つて(その)意気利(いきり)()きのためにあんな(こと)()つて()たのだらう、129アタ阿呆(あはう)らしい、130玉則姫(たまのりひめ)身魂(みたま)ぢやなんて、131そんなことにチヨロマカされるお(たみ)ぢやありませぬ。132あゝもう(いや)になつた。133(なん)とかしてお月様(つきさま)がお()ましになれば、134此処(ここ)逃出(にげだ)さうかなあ、135今晩(こんばん)二十一日(にじふいちにち)のお月様(つきさま)136もうお(あが)りなさるに()もあるまい、137あゝさうださうだ。138これから荷物(にもつ)片付(かたづ)けて()()すのが上分別(じやうふんべつ)だ、139(しか)蠑螈別(いもりわけ)さまに一言(ひとこと)()うて()かねば(あと)(なん)不服(ふふく)()はれても仕方(しかた)がない、140あゝ如何(どう)したらよからう、141大方(おほかた)今頃(いまごろ)はお(さけ)()つて()()らつしやるのだらう、142あゝ如何(どう)しようかなア』
143(ひと)()ちつつ去就(きよしう)(まよ)うて()る。
144 お(とら)直様(すぐさま)松彦(まつひこ)松姫(まつひめ)(やかた)夜中(やちう)にも(かかは)らず(たた)(おこ)した。
145(とら)『もし上義姫(じやうぎひめ)(さま)146一寸(ちよつと)()きて(くだ)さいますまいか』
147 上義姫(じやうぎひめ)(なか)より、
148松姫(まつひめ)『ハイまだ(やす)んで()りませぬから、149サア何卒(どうぞ)這入(はい)(くだ)さいませ、150(えら)(おそ)いぢやありませぬか』
151(とら)這入(はい)つてお差支(さしつかへ)(ござ)いませぬかな』
152松姫(まつひめ)『サアサアどうぞお(かま)ひなく』
153()ひながら門口(もんぐち)をガラリと()()け、154(とら)()()つて(しづ)かに座敷(ざしき)(とほ)し、155夜風(よかぜ)(ふせ)ぐため(ふたた)(には)()りて門口(もんぐち)()をピシヤリと()め、156(つち)()ねた火鉢(ひばち)(まへ)におき、157二人(ふたり)(ここ)対座(たいざ)した。158隣室(りんしつ)には(はや)くも松彦(まつひこ)千代(ちよ)(いびき)(きこ)えて()る。
159松姫(まつひめ)『お(とら)さま、160夜半(やはん)にお(たづ)(くだ)さいましたのは、161(なに)急用(きふよう)でも(おこ)つたのですかなア』
162(とら)『ハイ、163(じつ)(ところ)魔我彦(まがひこ)一件(いつけん)(ござ)います、164(あれ)今迄(いままで)義理天上日出神(ぎりてんじやうひのでのかみ)生宮(いきみや)(かた)(しん)副教祖(ふくけうそ)となつて御用(ごよう)(いた)して()ましたが、165貴女(あなた)(さま)御主人様(ごしゆじんさま)があつた(こと)(わか)り、166もはやスツカリと断念(だんねん)(いた)しました。167それに(つい)ては魔我彦(まがひこ)にも女房(にようばう)()たさねば、168はうけて仕舞(しま)ひます。169それで(わたし)()()んで衣掛村(きぬかけむら)から()()信者(しんじや)のお(たみ)宿(やど)つて()(ところ)態々(わざわざ)()しかけて(まゐ)り「魔我彦(まがひこ)女房(にようばう)になつてやつて()れ」と(まを)しました(ところ)170スツタモンダと(まを)仲々(なかなか)承知(しようち)して()れませぬ、171一週間(いつしうかん)熟考(じゆくかう)(ひま)(あた)へて()れ、172(その)(うへ)返答(へんたふ)するといふのだから、173(はら)がたつて仕方(しかた)がありませぬ。174グヅグヅして()ると、175蠑螈別(いもりわけ)さまを()はへて何処(どこ)()くか(わか)りませぬ。176それで(ひと)つは蠑螈別(いもりわけ)(こひ)予防(よばう)のため、177(ひと)つは魔我彦(まがひこ)安心(あんしん)さすため一挙両得(いつきよりやうとく)178どうでせう、179貴方(あなた)御神徳(ごしんとく)権威(けんゐ)とをもつてお(たみ)()きつけて(いただ)(わけ)には(まゐ)りますまいか』
180松姫(まつひめ)左様(さやう)(ござ)いますか、181それや実際(じつさい)にさう()けば好都合(かうつがふ)ですな、182(しか)(なが)(さいは)末代日(まつだいひ)王天(わうてん)大神様(おほかみさま)がお()(あそ)ばしたのだから、183とつくりと(うかが)つた(うへ)(はな)せなら(はな)しても()ませう。184今夜(こんや)()うと()(こと)(ござ)いますまいから、185明日(みやうにち)でも(ゆつく)()()つて()ませう』
186(とら)『イエイエそんなまどろしい(こと)ではいけませぬ。187(じつ)(ところ)今夜(こんや)(うち)()つちか()めて仕舞(しま)ひたいのです』
188とかく(はな)(うち)にお(きく)魔我彦(まがひこ)がやつて()て、
189(きく)『ご(めん)なさい、190(かあ)さまは()()られますかな』
191 ()(なか)からお(とら)は、
192(とら)『その(こゑ)はお(きく)ぢやないか、193(をんな)()夜分(やぶん)(ひと)(ある)くものぢやないと()うておくのに、194()(こと)()かぬ()ぢやな』
195(きく)『お()アさま、196魔我(まが)ヤンと一緒(いつしよ)()たのだよ、197あの(こし)(まが)つた魔我(まが)ヤンと』
198(とら)魔我(まが)ヤン、199(まへ)蠑螈別(いもりわけ)さまの番犬(ばんけん)(たの)んでおいたぢやないか、200(なに)しにこんな(ところ)()たのだ、201このお(とら)はお(まへ)縁談(えんだん)取結(とりむす)んでやらうと(おも)つてこの(おそ)いのにお(たみ)部屋(へや)へいつたり、202松姫(まつひめ)さまのお(へや)()たりして心配(しんぱい)して()るのだ。203サア(はや)(うち)(かへ)つて蠑螈別(いもりわけ)さまの番犬(ばんけん)をしてお()れ、204(まへ)さへ()ればお(たみ)()たつて大丈夫(だいぢやうぶ)だから』
205魔我(まが)『そんならお(とら)さま、206これから番犬(ばんけん)(つと)めますわ、207(しか)しお(きく)さまだけは、208貴女(あなた)のお(そば)()いて()きますからな』
209(とら)仕方(しかた)がない、210そんならお(きく)211這入(はい)らして(もら)ひなさい』
212(きく)『おばさま御免(ごめん)
213()ひながら、214自分(じぶん)から()()け、215(また)()め、216松姫(まつひめ)217(とら)(よこ)にチヨコナンと(すわ)つて()る。218魔我彦(まがひこ)は、219松姫(まつひめ)220(とら)(はなし)()にかかつて(たま)らず、221(かべ)(そと)(みみ)()二人(ふたり)談話(だんわ)(ぬす)()きして()る。222(こがらし)がもつて()るマバラの(ゆき)223チラチラと魔我彦(まがひこ)(ほほ)をなめて(とほ)る。
224大正一一・一二・一三 旧一〇・二五 加藤明子録)