霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 打合(うちあは)せ〔一二二四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:第3篇 神明照赫 よみ:しんめいしょうかく
章:第14章 打合せ よみ:うちあはせ 通し章番号:1224
口述日:1922(大正11)年12月15日(旧10月27日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
松姫館では、三五教の一行が小北山の祀り替えについて相談を行っていた。松彦一行はエルサレムに進んだバラモン軍を追っていくという任務があるため、なかなかどのように小北山を片付けて行くか決まらなかった。
松姫が五三公に頼んで神様にうかがってみたところ、まだ三日ほどは時間があるとのことだった。そこで明日の朝から祀り替えを始めることとし、お寅と魔我彦に承認を得るようテクに呼びにいかせた。
松姫は、最初は変性女子の悪口を言って攻撃していたウラナイ教も、変性男子が昇天してからは、義理天上日の出神が世界のことを変性女子に教えて聞かせるのだと教えを変えてきていたという。それも、変性女子の信者をうまくひかっけるための策略だったという。
そして変性女子の手の者が多く小北山にやってきて、教祖が信者の女と駆け落ちしてしまったのも、神罰があたったためであろうと結んだ。一同は述懐の歌をそれぞれ歌った。
お寅、魔我彦、お菊、文助などを集めて、松姫館の奥の間で明日の朝早くから三五の大神を鎮祭すべく修祓、遷座式を打ち合わせ、各自今に帰ってその夜を明かすことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:183頁 八幡書店版:第8輯 424頁 修補版: 校定版:193頁 普及版:73頁 初版: ページ備考:
001 松姫館(まつひめやかた)には()()くるまで雑談(ざつだん)(はじ)まつてゐる。
002五三(いそ)『モシ松彦(まつひこ)さま、003(おも)はず、004(ひま)小北山(こぎたやま)(つひや)しましたなア。005治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)は、006さぞ()つてゐられますでせうなア。007()うです、008神様(かみさま)をスツパリ(まつ)りかへて()くといふお(はなし)ださうですが、009これだけ沢山(たくさん)のお(みや)さまを一々(いちいち)(まつ)りかへて()つた()には、010二日(ふつか)三日(みつか)では(らち)があきますまい。011そんな(こと)をしとつたら肝腎(かんじん)御用(ごよう)(おく)れるぢやありませぬか』
012松彦(まつひこ)『ソレもさうですが(この)(まま)にして()(わけ)にも()かず、013(こま)つたものです。014(わたし)(たち)都合(つがふ)によつたらエルサレム(まで)()つて()なくてはなりませぬ。015さうすれば一年(いちねん)(くらゐ)(はや)くてもかかりますから、016イツソの(こと)017松姫(まつひめ)一任(いちにん)しておいたら()うでせうなア』
018五三(いそ)万公(まんこう)さまも一緒(いつしよ)(しばら)(のこ)しといたら()うでせうか』
019アク『モシ先生(せんせい)020こんな(をとこ)(のこ)しておかうものなら、021(また)(きつね)につままれて駄目(だめ)ですよ。022(とら)さまに魔我彦(まがひこ)023万公(まんこう)(だま)され三幅対(さんぷくつゐ)です。024が、025(だま)され三幅対(さんぷくつゐ)をこんな(ところ)()いておかうものなら、026又候(またぞろ)狐狸(こり)巣窟(さうくつ)となつて(しま)ひます。027(さう)して万公(まんこう)さまは斎苑(いそ)(やかた)からお(とも)()れて治国別(はるくにわけ)さまが(ござ)つたのだから、028貴方(あなた)勝手(かつて)にはなりますまい』
029松姫(まつひめ)『ソラさうですなア、030五三公(いそこう)さま、031(ひと)貴方(あなた)神様(かみさま)(うかが)つて()(くだ)さらぬか』
032五三(いそ)『ハイ承知(しようち)(いた)しました。033それなら(ひと)(うかが)つて()ませう』
034()ひながら()()んで(しばら)無我(むが)(きやう)()つた。
035五三(いそ)『ヤア(わか)りました。036()三日(みつか)ばかしは差支(さしつかへ)ない(やう)です。037明日(あす)早朝(さうてう)から神様(かみさま)御祀(おまつ)りかへをする(こと)(いた)しませう、038それに(つい)てはお(とら)さま、039魔我彦(まがひこ)さまの承諾(しようだく)をうけておく必要(ひつえう)はありますまいかなア』
040松姫(まつひめ)『それが第一(だいいち)です。041テクさま、042すまないが(ひと)つお(とら)さまと魔我彦(まがひこ)さまを此処(ここ)()(いただ)くやうに(たの)んで(くだ)さいなア』
043テク『承知(しようち)(いた)しました』
044()()つて階段(かいだん)(くだ)()く。
045アク『松姫(まつひめ)さま、046随分(ずゐぶん)貴女(あなた)此処(ここ)へおいでになつてから日日(ひにち)()つたやうですが、047(めう)(かみ)さまばかり(まつ)つたものですなア』
048松姫(まつひめ)本当(ほんたう)にをかしくて(たま)らぬのです。049幾何(いくら)にでもへぐれて へぐれて へぐれ(まは)(かみ)さまですからなア』
050『へぐれ神社(じんしや)種物(たねもの)神社(じんしや)051生羽(いきば)神社(じんしや)大門(おほもん)神社(じんしや)052(その)()随分(ずゐぶん)(めう)()があるぢやありませぬか。053ヨウマアこんな出放題(ではうだい)神名(しんめい)神社名(じんしやめい)がつけられたものですなア』
054『ソレでも世間(せけん)(ひろ)いものですよ。055(たれ)(かれ)一生懸命(いつしやうけんめい)になつて(まゐ)つて()るのですから、056不思議(ふしぎ)なものですわ』
057大変(たいへん)変性男子(へんじやうなんし)をほめて変性女子(へんじやうによし)をくさしてゐるぢやありませぬか』
058二三年前(にさんねんまへ)(まで)極力(きよくりよく)変性女子(へんじやうによし)(あく)(かがみ)だとか()つて攻撃(こうげき)して()りましたが、059(この)(ごろ)変性男子(へんじやうなんし)生宮(いきみや)昇天(しようてん)(あそ)ばしたので、060仕方(しかた)がなく一生懸命(いつしやうけんめい)変性女子(へんじやうによし)弁解(べんかい)ばつかりしてゐるのですよ。061男子(なんし)女子(によし)とが(たて)(よこ)とで(にしき)(はた)()るのだ。062(しか)して義理天上日(ぎりてんじやうひ)出神(でのかみ)世界中(せかいぢう)(こと)調(しら)べて、063変性女子(へんじやうによし)にソツと()うて()かすのだと、064ソレハソレハ(えら)権幕(けんまく)でしたわ』
065万公(まんこう)余程(よほど)改心(かいしん)出来(でけ)たと()えますねえ』
066松姫(まつひめ)『イエイエさうではありますまい。067三五教(あななひけう)信者(しんじや)占領(せんりやう)しようと(おも)へば、068(この)(ごろ)女子(によし)勢力(せいりよく)(つよ)いのだから、069両方(りやうはう)をうまく()はねばひつかかつて()ないものですから、070策略(さくりやく)であんな(こと)()つとるのですよ。071九分九厘(くぶくりん)()つたとこで女子(によし)(あく)(かがみ)だと()つてクレンとひつくり(かへ)すのですから油断(ゆだん)出来(でき)ませぬよ。072(しか)しながら変性女子(へんじやうによし)眷属(けんぞく)がかうして沢山(たくさん)やつて()たものだから、073肝腎(かんじん)教祖(けうそ)(をんな)()()をとつて駆落(かけおち)したのも、074つまり神罰(しんばつ)(あた)つたのでせう』
075松彦(まつひこ)曲神(まがかみ)(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)りつつ
076()(あざむ)くぞゆゆしかりける。
077(おもて)には(あい)(ぜん)とを標榜(へうぼう)
078(うら)(まが)をば(つつ)醜道(しこみち)
079何時(いつ)()にも(さか)ゆるものは偽善者(きぜんしや)
080(ただ)しきものは(おとろ)へて()く。
081さりながら五六七(みろく)(かみ)()れし(うへ)
082最早(もはや)悪魔(あくま)(さか)(すべ)なし』
083松姫(まつひめ)蠑螈別(いもりわけ)魔我彦(まがひこ)、お寅婆(とらばあ)さまの
084(こころ)(ねこ)(まなこ)なりけり。
085()(ひる)(さけ)(はらわた)くさらせつ
086(まが)宮居(みやゐ)となれる(あは)れさ。
087(うしとら)()さまと(みづか)(とな)へつつ
088坤神(ひつじさるがみ)何時(いつ)もこぼちつ。
089曲津見(まがつみ)(しこ)(をしへ)(まよ)ひけり
090(なに)()うてもきくらげの(みみ)
091これだけによくも(まよ)ひしものぞかし
092(まこと)(のり)一言(ひとこと)もきこえず』
093五三(いそ)斎苑館(いそやかた)(うづ)宮居(みやゐ)(くら)ぶれば
094(あめ)(つち)との(ごと)くなりけり。
095小北山(こぎたやま)(みね)(あらし)はつよくとも
096(はや)をさまりて松風(まつかぜ)(おと)
097万公(まんこう)『ここへ()(あや)しき(こと)数々(かずかず)
098たこになるまで(みみ)()れける。
099(みみ)()(くち)(はな)(まで)(しび)れける
100(まが)(まが)とに(かこ)まれし()は。
101さりながら(かみ)御稜威(みいづ)灼乎(いやちこ)
102()()せにけり(しこ)曲神(まがかみ)
103アク『あくせくと(こころ)なやむる(こと)(なか)
104ただ何事(なにごと)(かみ)(まか)せて。
105悪神(あくがみ)()ひそけちらし根本(こつぽん)
106(かみ)(まつ)るとて世人(よびと)あざむく』
107タク『ユラリ(ひこ)上義(じやうぎ)(ひめ)生宮(いきみや)
108(しん)じゐるこそ可笑(をか)しかりけれ。
109さりながら(しん)じてくれたそのために
110小北(こぎた)(やま)立直(たてなほ)すなり。
111高姫(たかひめ)黒姫司(くろひめつかさ)がきくならば
112さぞ懐旧(くわいきう)(ねん)()ゆべし』
113テク『()(しろ)(あたま)(しろ)古狐(ふるぎつね)
114(だま)しけるかな三人(みたり)(ひと)を。
115蠑螈別(いもりわけ)(いま)何処(いづこ)にひそむらむ
116(たみ)(あと)(した)(した)ひて。
117魔我彦(まがひこ)(こころ)はさぞやもめぬらむ
118(こひ)にこがれしお(たみ)とられて』
119 これよりお(とら)120魔我彦(まがひこ)121(きく)122文助(ぶんすけ)などを(くは)へ、123松姫館(まつひめやかた)(おく)()明朝(みやうてう)(はや)くより三五(あななひ)大神(おほかみ)鎮祭(ちんさい)すべく修祓(しうばつ)124遷座式(せんざしき)(その)()(けん)(つい)打合(うちあは)せをなし、125各自(かくじ)居間(ゐま)(かへ)つて(その)()()かす(こと)となつた。
126 あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
127大正一一・一二・一五 旧一〇・二七 外山豊二録)
 
128因に、129本日午前九時より午後十一時まで十四時間に原稿紙八百一枚を口述し終れり。130これ今日までのレコード也。131(瑞月)