霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 一心同体(いつしんどうたい)〔一二五一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第47巻 舎身活躍 戌の巻 篇:第3篇 天国巡覧 よみ:てんごくじゅんらん
章:第18章 第47巻 よみ:いっしんどうたい 通し章番号:1251
口述日:1923(大正12)年01月10日(旧11月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年10月6日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高天原の霊国および天国の天人は、人間が数時間を費やす雄弁な言語よりも、わずか二三分で簡単明瞭にその意志を通じることができる。天人の言語は優美と平和と愛善と信真に充ちているため、いかなる悪魔もその言葉に抵抗することはできない。
天国の言葉は善言美詞に充たされている。何事も善意に解し見直し聞き直し宣り直しという神律が行われている。
日の国の天国天人の言語はウとオの大父音多く、月の国の霊国天人の言語はエとイの大父音に富んでいる。天人はみな一様の言語を有し、現界人のように言語の違いや訛りはない。また面貌によってあらわす言語や、概念を見るように成した言葉など、さまざまな形容詞が使われている。
治国別と竜公はこの団体の統制者、珍彦・珍姫夫婦に導かれ、種々の花卉などで囲まれた麗しい邸宅に招待された。珍彦は鋭敏な証覚によって、治国別が肉体がありながら修業のために天国を訪れたことを悟ることができた。
珍彦は、治国別の知る言語を用いて談話をなした。珍彦は、今日は大神様の祭典日だから、その場で治国別が現界からの修行者であることを発表しようと伝えた。
竜彦は、団体中は子供からせいぜい三十才くらいまでの者しか見当たらないわけを珍彦に尋ねた。珍彦は、精霊は不老不死であり、心は人間では二十才かから三十才くらいで成就するので、天国の住民はそのとおりの姿をしているのだと説明した。
天国の生活について珍彦は、天人各自、農工商に励み、互いに喜び勇んで事業に汗をかいて従事しており、上下一致、億兆一心にて大事にも小事にもあたるので、何事も完全無欠に成就すると説明した。
感心する治国別に珍彦は、すでに天国の団体に来った以上は、互いに心と知性が通じて融合統一しており、だからこそ相対座して話をすることができていると語った。だからこの心をいつまでも忘れなければ、地上へ下っても依然として天国の住民であると諭した。
三人が歓談に笑い興じている間に、珍彦の妻・珍姫が現れて挨拶をなした。竜彦は、珍彦と珍彦の容貌がそっくりなことを尋ねた。珍彦は、天国の夫婦は愛と真の和合によって成立するから同心同体、相応の理によってこのようになるのだ、と説明した。
また竜公の諧謔については、滑稽として聴けばたとえ悪言暴語であっても、笑いによってたちまち善言美詞となるので心配することはないと諭した。
そのうちに一人の男が祭典の準備ができたと珍彦夫婦を呼びに来た。治国別と竜公も共に参加することになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4718
愛善世界社版:245頁 八幡書店版:第8輯 563頁 修補版: 校定版:257頁 普及版:120頁 初版: ページ備考:
001 高天原(たかあまはら)霊国(れいごく)(および)天国(てんごく)天人(てんにん)は、002人間(にんげん)数時間(すうじかん)(つひや)しての雄弁(ゆうべん)なる言語(げんご)よりも、003(わづか)二三分間(にさんぷんかん)にて、004簡単(かんたん)明瞭(めいれう)(その)意思(いし)(つう)ずることが出来(でき)る。005(また)人間(にんげん)数十頁(すうじつページ)原稿(げんかう)にて()(あら)はし()ざる(こと)も、006(ただ)一頁(いつページ)(ぐらゐ)にて明白(めいはく)(その)意味(いみ)(あら)はすことが出来(でき)る、007(また)それを()いたり()んだりする(ところ)天人(てんにん)()会得(ゑとく)()るものである。008(すべ)天人(てんにん)言語(げんご)優美(いうび)平和(へいわ)愛善(あいぜん)信真(しんしん)()ちて()るが(ゆゑ)に、009如何(いか)なる悪魔(あくま)(いへど)も、010(その)言葉(ことば)には抵抗(ていかう)する(こと)出来(でき)ない。011すべて天国(てんごく)言葉(ことば)善言美詞(ぜんげんびし)()たされてゐるからである。012さうして何事(なにごと)善意(ぜんい)(かい)見直(みなほ)聞直(ききなほ)宣直(のりなほ)しといふ神律(しんりつ)(おこな)はれてゐる。013それから()(くに)(すなは)天国天人(てんごくてんにん)言語(げんご)には、014ウとオとの大父音(だいふおん)(おほ)く、015(つき)(くに)(すなは)霊国天人(れいごくてんにん)言語(げんご)にはエとイの大父音(だいふおん)()んでゐる。016(しか)して声音(せいおん)(うち)には(いづ)れも(あい)情動(じやうどう)がある。017(ぜん)(ふく)める言葉(ことば)文字(もじ)(おほ)くはウとオを(もち)ひ、018(また)(すこ)しくアを(もち)ふるものである。019(しん)(ふく)んでゐる言葉(ことば)文字(もじ)にはエ(およ)びイの(おん)(おほ)い。020そして天人(てんにん)(みな)一様(いちやう)言語(げんご)(いう)し、021現界人(げんかいじん)(ごと)東西洋(とうざいやう)(へだ)つるに(したが)つて、022(その)言語(げんご)変化(へんくわ)があり、023(あるひ)地方(ちはう)々々(ちはう)にいろいろの(なまり)がある(やう)不都合(ふつがふ)はない。024されども、025ここに(すこ)相違(さうゐ)のある(てん)証覚(しようかく)(みた)された(もの)言語(げんご)は、026(すべ)内的(ないてき)にして、027情動(じやうだう)変化(へんくわ)()()想念上(さうねんじやう)概念(がいねん)(もつと)(おほ)(ふく)んでゐる。028証覚(しようかく)(すくな)(もの)言語(げんご)外的(ぐわいてき)にして、029(また)しかく充分(じうぶん)でない。030愚直(ぐちよく)なる天人(てんにん)言語(げんご)(いた)りては、031往々(わうわう)外的(ぐわいてき)にして、032人間(にんげん)相互(さうご)(あひだ)()けるが(ごと)く、033語句(ごく)(なか)から(その)意義(いぎ)推度(すゐたく)せなくてはならぬ(こと)がある。034(また)面貌(めんばう)(もつ)てする言葉(ことば)がある。035(この)言語(げんご)概念(がいねん)()つて抑揚(よくやう)頓挫(とんざ)曲折(きよくせつ)音声(おんせい)(はつ)すが(ごと)きものにて(その)終局(しうきよく)(むす)ぶものもある。036(また)天界(てんかい)表像(へうざう)概念(がいねん)和合(わがふ)せしめたる言葉(ことば)がある。037(また)概念(がいねん)(おのづか)らに()(やう)038()したる言葉(ことば)もある。039(また)情動(じやうだう)相似(さうじ)したる身振(みぶり)(もつ)てなす()もある。040(この)身振(みぶり)(その)言句(げんく)にて(あら)はれる事物(じぶつ)相似(あひに)たるものを(あら)はしてゐる。041(また)諸情動(しよじやうだう)(および)諸概念(しよがいねん)一般的(いつぱんてき)原義(げんぎ)(もつ)てする言葉(ことば)がある。042(また)雷鳴(らいめい)(ごと)言葉(ことば)もあり(その)(ほか)種々雑多(しゆじゆざつた)形容詞(けいようし)使(つか)はれてある。
043 治国別(はるくにわけ)044竜公(たつこう)団体(だんたい)統制者(とうせいしや)(みちび)かれ、045種々(しゆじゆ)花卉(くわき)(など)(もつ)取囲(とりかこ)まれた相当(さうたう)(うる)はしき邸宅(ていたく)()(こと)()た。046此処(ここ)(この)団体(だんたい)中心(ちうしん)(あた)()天人(てんにん)櫛比(しつぴ)したる家屋(かをく)()んでゐるにも(かかは)らず、047一戸(いつこ)分立(ぶんりつ)して()つてゐる。048現界(げんかい)にて()へば丁度(ちやうど)町村長(ちやうそんちやう)(やう)(やく)(つと)めてゐる天人(てんにん)(たく)である。049二人(ふたり)案内(あんない)されて(おく)()(すす)むと、050真善美(しんぜんび)といふ(がく)がかけられ、051そして(とこ)()には七宝(しつぽう)(もつ)欄間(らんま)(かざ)られ、052玻璃(はり)水晶(すゐしやう)茶器(ちやき)などがキチンと行儀(ぎやうぎ)よく配置(はいち)され、053珊瑚珠(さんごじゆ)火鉢(ひばち)金瓶(きんびん)がかけられてある。054ここは第二(だいに)天国(てんごく)(おい)ても(もつと)証覚(しようかく)(すぐ)れたる天人(てんにん)団体(だんたい)であり、055主人(しゆじん)夫婦(ふうふ)面貌(めんばう)衣服(いふく)(とく)()天人(てんにん)()して(すぐ)れて()る。056治国別(はるくにわけ)(おそ)(おそ)(おく)()(みちび)かれ、057無言(むごん)(まま)行儀(ぎやうぎ)よく(すわ)つてゐる。058(この)天人(てんにん)()珍彦(うづひこ)といひ、059(つま)珍姫(うづひめ)()つた。060珍彦(うづひこ)治国別(はるくにわけ)(いま)現界(げんかい)肉体(にくたい)があり精霊(せいれい)として(かみ)(ゆる)され、061修業(しうげふ)(ため)天国(てんごく)巡覧(じゆんらん)(きた)りし(こと)を、062(その)鋭敏(えいびん)なる証覚(しようかく)()つて(わが)居間(ゐま)(とほ)すと(とも)(さと)()たのである。063ここに珍彦(うづひこ)(はじ)めて治国別(はるくにわけ)()れる範囲内(はんゐない)言語(げんご)(もち)ひて、064いろいろの談話(だんわ)(まじ)ゆることとなつた。
065治国別(はるくにわけ)さま、066あなたは()精霊(せいれい)でゐらつしやいますのですな。067(じつ)(ところ)天国(てんごく)復活(ふくくわつ)なされた(かた)(ぞん)じまして、068(その)(かんが)へで待遇(たいぐう)(いた)しましたので(さぞ)(こま)りで(ござ)いましただらう』
069『ハイ、070(じつ)(ところ)はイソの(やかた)から大神様(おほかみさま)(めい)(ほう)じ、071(つき)(くに)ハルナの(みやこ)(わだか)まる八岐大蛇(やまたをろち)悪霊(あくれい)言向和(ことむけやは)すべく出陣(しゆつぢん)途中(とちう)072浮木ケ原(うききがはら)(おい)て、073(わが)不覚(ふかく)(ため)ランチ将軍(しやうぐん)奸計(かんけい)(おちい)り、074(ふか)(くら)(あな)(おと)され、075(わが)精霊(せいれい)肉体(にくたい)脱離(だつり)して、076いつとはなしに八衢(やちまた)(まよ)()み、077大神(おほかみ)化身(けしん)(みちび)かれ、078第三天国(だいさんてんごく)一部分(いちぶぶん)(のぞ)かして(いただ)き、079(また)もや木花姫(このはなひめ)御案内(ごあんない)()つて、080ここ(まで)(のぼ)つて()(ところ)(ござ)います。081何分(なにぶん)(ぜん)(しん)(そな)はらず、082智慧証覚(ちゑしようかく)()らない(もの)(ござ)いますから、083天人(てんにん)(たち)言語(げんご)(かい)しかね、084大変(たいへん)面喰(めんくら)ひましたよ。085(まる)(おし)旅行(りよかう)でしたワ。086アハヽヽヽ』
087『どうぞ、088ゆるりと珍彦館(うづひこやかた)御休息(ごきうそく)(くだ)さいませ。089今日(けふ)(さいは)ひ、090大神様(おほかみさま)祭典日(さいてんび)(ござ)いますれば、091やがて団体(だんたい)天人(てんにん)(ども)(わが)(やかた)(あつ)まつて(まゐ)るでせう。092(その)(とき)(この)団体(だんたい)(かぎ)つて、093あなたの精霊(せいれい)にゐらせられる(こと)発表(はつぺう)(いた)します。094さうすれば、095(わが)団体(だんたい)天人(てんにん)(その)(つも)りで、096あなたと言葉(ことば)(まじ)へるでせう』
097『ハイ、098有難(ありがた)(ござ)います。099何分(なにぶん)勝手(かつて)()らない愚鈍(ぐどん)人間(にんげん)(ござ)いますから……』
100『これはこれは珍彦(うづひこ)(さま)101(えら)御厄介(ごやくかい)(あづ)かりました。102先生(せんせい)何分(なにぶん)(よろ)しく御願(おねがひ)(いた)します』
103『イエイエ、104(けつ)して(わたくし)があなたの御世話(おせわ)をしたのぢや(ござ)いませぬ。105(また)御厄介(ごやくかい)になつたなぞと(れい)()はれては大変(たいへん)迷惑(めいわく)(いた)します。106何事(なにごと)吾々(われわれ)大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)のままに、107機械的(きかいてき)活動(くわつどう)してゐるので(ござ)いますから、108もし(ひと)つでも感謝(かんしや)すべき(こと)があれば、109直様(すぐさま)大神様(おほかみさま)感謝(かんしや)して(くだ)さいませ。110すべて吾々(われわれ)大神様(おほかみさま)(ぜん)(しん)との内流(ないりう)()つて(はたら)かして(いただ)くばかりで(ござ)います。111吾々(われわれ)天人(てんにん)として()うして一力(いちりき)(むし)一匹(いつぴき)(たす)けることが出来(でき)ませう』
112治国(はるくに)成程(なるほど)113さすが天国(てんごく)天人様(てんにんさま)114真理(しんり)(あか)るいのには感服(かんぷく)(ほか)(ござ)いませぬ』
115神様(かみさま)御神格(ごしんかく)内流(ないりう)()けまして、116(じつ)(たの)しき生涯(しやうがい)を、117吾々(われわれ)天人(てんにん)(おく)らして(いただ)いて()ります』
118竜公(たつこう)『モシ珍彦(うづひこ)(さま)119(この)団体(だんたい)天人(てんにん)は、120(いづ)れも(わか)(かた)ばかりですな。121そしてどのお(かた)(かほ)()ても、122本当(ほんたう)()()てゐるぢやありませぬか』
123左様(さやう)です、124人間(にんげん)面貌(めんばう)(こころ)(かがみ)(ござ)いますから、125(あい)(ぜん)()ちた(もの)同士(どうし)同気(どうき)相求(あひもと)めて群居(ぐんきよ)してゐるのですから、126内分(ないぶん)(おな)じき(もの)(したが)つて外分(ぐわいぶん)相似(あひに)るもので(ござ)います。127それ(ゆゑ)天国(てんごく)団体(だんたい)には(あま)(かは)つた(もの)(ござ)いませぬ。128(こころ)(ひと)つですからヤハリ面貌(めんばう)姿(すがた)(おな)(かた)出来(でき)()ります』
129成程(なるほど)130それで(わか)りました。131(しか)しながら子供(こども)沢山(たくさん)ある(やう)ですが、132三十(さんじふ)以上(いじやう)面貌(めんばう)をした老人(らうじん)()つから見当(みあた)りませぬが、133天国(てんごく)養老院(ようらうゐん)にでも御収容(ごしうよう)になつてゐるのですか』
134人間(にんげん)心霊(しんれい)不老不死(ふらうふし)ですよ。135天人(てんにん)だとて人間(にんげん)向上(かうじやう)発達(はつたつ)したものですから、136人間(にんげん)(こころ)(をとこ)ならば三十才(さんじつさい)137(をんな)ならば二十才(にじつさい)(くらゐ)で、138大抵(たいてい)完全(くわんぜん)成就(じやうじゆ)するでせう、139(しか)して仮令(たとへ)肉体(にくたい)老衰(らうすゐ)しても(その)(こころ)はどこ(まで)(よわ)りますまい。140(いな)益々(ますます)的確(てきかく)明瞭(めいれう)になるものでせう。141天国(てんごく)(すべ)想念(さうねん)世界(せかい)で、142すべて事物(じぶつ)霊的(れいてき)(ござ)いますから、143現界(げんかい)(おい)何程(なにほど)老人(らうじん)であつた(ところ)天国(てんごく)住民(ぢゆうみん)となれば、144あの(とほ)り、145男子(だんし)三十才(さんじつさい)146女子(ぢよし)二十才(にじつさい)(くらゐ)面貌(めんばう)肉付(にくづき)をしてゐるのです。147それだから天国(てんごく)にては不老不死(ふらうふし)()つて、148いまはしい老病生死(らうびやうせいし)()絶対(ぜつたい)にありませぬ』
149成程(なるほど)150感心(かんしん)(いた)しました。151吾々(われわれ)到底(たうてい)容易(ようい)肉体(にくたい)脱離(だつり)した(ところ)で、152天国(てんごく)住民(ぢゆうみん)になるのは六ケ(むつか)しいものですなア。153いつ(まで)中有(ちうう)(まよ)八衢人間(やちまたにんげん)でせう。154(じつ)にあなた(がた)光明(くわうみやう)()らされて、155治国別(はるくにわけ)(なん)とも慚愧(ざんき)()へませぬ』
156『イヤ(けつ)して御心配(ごしんぱい)()りませぬ。157あなたはキツト(ある)時機(じき)到来(たうらい)して、158肉体(にくたい)脱離(だつり)(たま)うた(とき)は、159立派(りつぱ)なる霊国(れいごく)宣伝使(せんでんし)にお()りなさいますよ。160如何(いか)なる水晶(すゐしやう)(みづ)(こほり)とならば(たちま)不透明(ふとうめい)となります。161あなたの今日(こんにち)情態(じやうたい)(すなは)(その)(こほり)です。162一度(ひとたび)光熱(くわうねつ)()うて(もと)(みづ)(かへ)れば、163依然(いぜん)として水晶(すゐしやう)清水(せいすゐ)です。164肉体(にくたい)のある(あひだ)は、165何程(なにほど)善人(ぜんにん)だといつても証覚(しようかく)(つよ)いと()つても、166肉体(にくたい)といふ悪分子(あくぶんし)(さへぎ)られますから、167(これ)()むを()ませぬ。168(しか)肉体(にくたい)保護(ほご)(うへ)(おい)て、169少々(せうせう)(あく)必要(ひつえう)であります。170精霊(せいれい)人間(にんげん)もヤハリ(この)体悪(たいあく)(ため)現界(げんかい)(おい)ては生命(せいめい)保持(ほぢ)()るのですからなア』
171『ヤ有難(ありがた)う、172(その)御説明(ごせつめい)()つて、173(わたし)(やや)安心(あんしん)(いた)しました。174あゝ大神様(おほかみさま)175珍彦(うづひこ)(さま)(くち)(とほ)して、176(たふと)(をしへ)()れさせ(たま)ひ、177(じつ)感謝(かんしや)()へませぬ。178あゝ惟神(かむながら)(たま)()はへませ』
179竜公(たつこう)天国(てんごく)(おい)ては、180すべての天人(てんにん)日々(にちにち)(なに)職業(しよくげう)にしてゐられるのですか。181田畑(たはた)もある(やう)なり、182いろいろの果樹(くわじゆ)(つく)つてある(やう)ですが、183あれは何処(どこ)から()(つく)るのですか』
184天人(てんにん)各自(かくじ)農工商(のうこうしやう)(はげ)み、185(たがひ)(よろこ)(いさ)んで、186(その)事業(じげふ)(あせ)をかいて、187従事(じゆうじ)してゐるのですよ』
188『さうすると、189天国(てんごく)でも随分(ずゐぶん)現界(げんかい)同様(どうやう)(いそが)しいのですなア』
190現界(げんかい)(やう)天国(てんごく)にては(ひと)(あご)使(つか)ひ、191自分(じぶん)(かね)利息(りそく)(かぶ)収益(しうえき)(あそ)んで(くら)人間(にんげん)はありませぬ。192(うへ)から(した)(まで)(こころ)(ひと)つにして共々(ともども)(はたら)くのですから、193何事(なにごと)(らち)よく(はや)事業(じげふ)がはか()ります。194丁度(ちやうど)一団体(いちだんたい)人間(にんげん)一人(ひとり)形式(けいしき)となつて()ります。195(たと)へばペン一本(いつぽん)(にぎ)つて原稿(げんかう)()くにも、196外観(ぐわいくわん)から()れば一方(いつぱう)()のみが(はたら)いてゐるやうに()えますが、197(その)(じつ)脳髄(なうずゐ)心臓(しんざう)肺臓(はいざう)(まを)すに(およ)ばず、198神経(しんけい)繊維(せんゐ)から運動機関(うんどうきくわん)199(あし)(ゆび)(さき)まで緊張(きんちやう)してゐる(やう)なものです。200今日(こんにち)現界(げんかい)のやり(かた)は、201ペンを()()のみを(うご)かして、202はたの諸官能(しよくわんのう)(われ)(くわん)せず(えん)といふ行方(やりかた)203それでは(とて)(をさ)まりませぬ。204天国(てんごく)では上下一致(しやうかいつち)205億兆一心(おくてういつしん)206大事(だいじ)にも小事(せうじ)にも(あた)るのですから、207何事(なにごと)完全無欠(くわんぜんむけつ)成就(じやうじゆ)(いた)しますよ。208人間(にんげん)肉体(にくたい)一日(いちにち)(はたら)いて(よる)になつたら、209(すべ)てを(わす)れて、210安々(やすやす)(ねむ)りにつく(ごと)く、211(やす)(とき)(また)団体(だんたい)一同(いちどう)(こころ)よく(やす)むのです。212(わたし)天人(てんにん)団体(だんたい)より(えら)まれて、213団体長(だんたいちやう)(つと)めて()りますが、214(わたし)(こころ)団体(だんたい)一同(いちどう)(こころ)215団体(だんたい)一同(いちどう)(こころ)(わたし)(こころ)(ござ)いますから……』
216治国(はるくに)成程(なるほど)217現界(げんかい)(この)(とほ)りになれば、218地上(ちじやう)天国(てんごく)(きづ)かれるといふものですなア。219仮令(たとへ)一日(いちにち)なりとも、220こんな生涯(しやうがい)(おく)りたいものです。221天国(てんごく)団体(だんたい)和合(わがふ)する想念(さうねん)生涯(しやうがい)(おく)りたいもので(ござ)います』
222『あなたは(すで)天国(てんごく)団体(だんたい)にお()でになつた以上(いじやう)は、223(わたし)(こころ)はあなたの(こころ)224あなたの智性(ちせい)(わたし)智性(ちせい)225融合(ゆうがふ)統一(とういつ)して()ればこそ、226かうして相対坐(あひたいざ)してお(はなし)をすることが出来(でき)るのですよ。227只今(ただいま)(こころ)何時(いつ)(まで)もお(わす)れにならなかつたならば、228所謂(いはゆる)あなたは、229仮令(たとへ)地上(ちじやう)(くだ)られても天国(てんごく)住民(ぢゆうみん)ですよ。230(しか)しながら、231あなたは大神様(おほかみさま)より現界(げんかい)宣伝使(せんでんし)(えら)まれ、232死後(しご)霊国(れいごく)(のぼ)つて宣伝使(せんでんし)となり、233天国(てんごく)布教(ふけう)(にん)(あた)らるべき(かた)ですから、234到底(たうてい)(その)(とき)は、235吾々(われわれ)智慧証覚(ちゑしようかく)はあなたのお(そば)()()(こと)出来(でき)ない(やう)になりますよ。236あなたが霊国(れいごく)宣伝使(せんでんし)にお()りなさつた(とき)は、237(わが)団体(だんたい)へも時々(ときどき)御出張(ごしゆつちやう)(ねが)(こと)出来(でき)るでせう』
238成程(なるほど)239さう(うけたま)はればさうに間違(まちが)ひは(ござ)いませぬ』
240先生(せんせい)241慢心(まんしん)しちや()けませぬよ』
242『イヤ、243(けつ)して慢心(まんしん)でない、244珍彦(うづひこ)(さま)(こころ)治国別(はるくにわけ)(こころ)和合(わがふ)し、245治国別(はるくにわけ)(こころ)珍彦(うづひこ)(さま)和合(わがふ)し、246珍彦(うづひこ)(さま)大神様(おほかみさま)内流(ないりう)()け、247大神様(おほかみさま)和合(わがふ)して(ござ)るのだから、248(すこ)しも(うたが)余地(よち)はない。249言葉(ことば)(しん)ずればいいのだ。250高天原(たかあまはら)には愛善(あいぜん)信真(しんしん)とより(ほか)には()いのだ。251(うたがひ)(いだ)くのは中有界(ちううかい)以下(いか)精霊(せいれい)所為(しよゐ)だ』
252『さうすると、253あなたは(すで)天人(てんにん)気取(きど)りになつてゐるのですか、254まだ精霊(せいれい)ぢやありませぬか』
255(すで)天人(てんにん)となつてゐるのだ。256珍彦(うづひこ)(さま)同様(どうやう)だ』
257『ヘーン、258さうですか、259そら結構(けつこう)です、260目出度(めでた)う、261そして(この)竜公(たつこう)()うですか、262ヤツパリ天人(てんにん)でせうなア』
263無論(むろん)天人様(てんにんさま)だ。264大神様(おほかみさま)御内流(ごないりう)()けた(たふと)天人様(てんにんさま)だよ』
265(なん)だか()せられてゐる(やう)()(いた)しますワ。266モシ、267先生(せんせい)268からかつちや()けませぬよ』
269珍彦(うづひこ)『アハヽヽヽ』
270治国(はるくに)『ウツフヽヽヽ』
271竜公(たつこう)『オホヽヽヽ』
272『コレ竜公(たつこう)273オホヽヽヽなんて、274おチヨボ(ぐち)をして(をんな)(こゑ)()しちや、275みつともよくないぢやないか』
276木花姫(このはなひめ)(さま)御神格(ごしんかく)内流(ないりう)によりまして、277(ぜん)(しん)との相応(さうおう)()り、278(たちま)神格化(しんかくくわ)し、279竜公(たつこう)(なに)()らねども、280内分(ないぶん)神音(しんおん)外分(ぐわいぶん)顕現(けんげん)したまでですよ。281オツホヽヽヽ』
282 三人(さんにん)(わら)(ごゑ)(ひき)つけられて、283勝手元(かつてもと)()つた珍姫(うづひめ)(この)()(あら)はれ(きた)り、284三人(さんにん)(まへ)()(つか)へ、
285遠来(ゑんらい)のお客様(きやくさま)286よくもゐらせられました。287(わたし)珍彦(うづひこ)(つま)珍姫(うづひめ)(まを)します』
288治国(はるくに)(なん)御挨拶(ごあいさつ)(まを)してよいやら、289天国(てんごく)様子(やうす)一向(いつかう)不案内(ふあんない)290(しか)しながら(いま)珍彦(うづひこ)(さま)(うけたま)はれば、291同気(どうき)相求(あひもと)むるを(もつ)て、292かく和合(わがふ)境遇(きやうぐう)にありとのこと、293さすればあなたの(こころ)(わたし)(こころ)294(わたし)(こころ)貴女(あなた)(こころ)295他人(たにん)行儀(ぎやうぎ)挨拶(あいさつ)出来(でき)ず、296(また)自分(じぶん)同様(どうやう)とすれば、297自分(じぶん)(たい)しての挨拶(あいさつ)(わか)らず、298(じつ)(こま)つてをります』
299『ハイ(わたしく)(その)(とほ)りで(ござ)います。300現界的(げんかいてき)虚礼虚式(きよれいきよしき)()めまして、301万年(まんねん)知己(ちき)302(いな)同心同体(どうしんどうたい)となつて、303打解(うちきと)()うて、304(めづ)らしき(はなし)()かして(いただ)きませう』
305『どうも現界(げんかい)(はなし)罪悪(ざいあく)虚偽(きよぎ)汚穢(をわい)にみち、306かかる清浄(せいじやう)なる天国(てんごく)(まゐ)りましては、307(くち)にするも(いや)になつて(まゐ)りました。308それよりも天国(てんごく)のお(はなし)(うけたま)はりたいもので(ござ)います』
309『ハイ、310惟神(かむながら)(ゆる)しを()ましたならば、311あなたが何程(なにほど)(やかま)しいと仰有(おつしや)つても、312如何(いか)なることを申上(まをしあ)げるか(わか)りませぬ。313弓弦(ゆづる)をはなれた()のやうに、314(あた)(まと)(あた)らねばやまないでせう、315ホツホヽヽヽ』
316竜公(たつこう)『モシ珍姫(うづひめ)さま、317あなたは珍彦(うづひこ)さまと服装(ふくさう)(ちが)(だけ)で、318(かほ)はソツクリぢやありませぬか。319ヨモヤ現界(げんかい)(おい)双児(ふたご)にお(うま)れになつたのぢやありますまいかなア』
320『コレ竜公(たつこう)321(なん)といふ失礼(しつれい)なことを仰有(おつしや)る。322チツトたしなみなさい』
323『それでも(わたし)(こころ)(うか)んだのですよ。324(おも)(ところ)()ひ、325(こころざ)(ところ)をなすのが天国(てんごく)ぢやありませぬか。326そんな体裁(ていさい)(つく)つて、327現界流(げんかいりう)虚偽(きよぎ)(かざ)るやうなことは天国(てんごく)には(もち)ひられますまい。328天国(てんごく)(しん)(しん)(もつ)(ひかり)とするのですからなア』
329『ヤ、330(おそ)()りました、331アハヽヽヽ、332天国(てんごく)()()ると、333治国別(はるくにわけ)失敗(しつぱい)だらけだ。334かうなると純朴(じゆんぼく)無垢(むく)竜公(たつこう)さまは(じつ)(たふと)いものだな』
335『ソリヤ(その)(とほ)りです、336本当(ほんたう)(きよ)らかなものでせう。337ホツホヽヽヽ』
338(また)木花姫(このはなひめ)御神格(ごしんかく)内流(ないりう)かな』
339『これは竜公(たつこう)副守(ふくしゆ)外流(ぐわいりう)ですよ。340モシ珍彦(うづひこ)さま、341どうぞ(わたし)(いま)言葉(ことば)天国(てんごく)(けが)(やう)なことが(ござ)いますれば(ただち)()(なほ)します』
342滑稽(こつけい)として(うけたま)はれば、343仮令(たとへ)悪言暴語(あくげんばうご)でも(その)(わら)ひに()つて(たちま)善言美詞(ぜんげんびし)変化(へんくわ)(いた)しますから、344御心配(ごしんぱい)なさいますな。345天国(てんごく)だつて滑稽(こつけい)諧謔(かいぎやく)()へないといふことがありますか、346滑稽(こつけい)諧謔(かいぎやく)歓声(くわんせい)天国(てんごく)(はな)ですよ』
347『ヤア有難(ありがた)い、348先生(せんせい)349これで(わたし)(すこ)(いき)出来(でき)ますワイ』
350『ウン、351さうだなア、352(なん)だか(わし)()がしまる(やう)にあつて、353()うしてもお(まへ)(やう)洒脱(しやだつ)気分(きぶん)になれないワ』
354『ソラさうでせう、355娑婆(しやば)執着(しふちやく)がまだ(のこ)つて()りますからな。356あなたは(ふたた)肉体(にくたい)(かへ)らうといふ(よく)があるでせう。357(わたし)第三天国(だいさんてんごく)でいつたでせう、358最早(もはや)娑婆(しやば)へは(かへ)りたくないから、359此処(ここ)()りたいと()つたことを(おぼ)えてゐらつしやいませう。360(わたし)仮令(たとへ)(ふたた)現界(げんかい)(かへ)るものとしても、361刹那心(せつなしん)ですからなア。362過去(くわこ)(うれ)へず未来(みらい)(のぞ)まず、363(いま)といふ(この)瞬間(しゆんかん)善悪正邪(ぜんあくせいじや)分水嶺(ぶんすゐれい)といふ三五教(あななひけう)真理(しんり)体得(たいとく)してますからなア』
364大変(たいへん)掘出物(ほりだしもの)を、365治国別(はるくにわけ)(とら)まへたものだなア』
366本当(ほんたう)掘出物(ほりだしもの)でせう。367先生(せんせい)もこれだけ竜公(たつこう)証覚(しようかく)(ひら)けてるとは(おも)はなかつたでせう。368それだから(ひと)()かけによらぬものだと現界(げんかい)でも()つてませう』
369『ハイ有難(ありがた)う、370何分(なにぶん)(よろ)しう(ねが)ひます』
371口先(くちさき)ばかりでは駄目(だめ)ですよ。372(こころ)(そこ)から有難(ありがた)(おも)つてゐますか、373まだ(すこ)しあなたの(こころ)(そこ)には、374竜公(たつこう)(たい)(やや)軽侮(けいぶ)(ねん)(ひらめ)いてゐるでせう』
375『ヤ(おそ)()りました、376あなたは大神様(おほかみさま)(ござ)いませう』
377大神様(おほかみさま)ぢや(ござ)いませぬ。378(わが)精霊(せいれい)大神様(おほかみさま)神格(しんかく)()ち、379竜公(たつこう)(くち)(とほ)して、380治国別(はるくにわけ)にお(さと)しになつてゐるのですよ。381(とき)珍彦(うづひこ)さま、382(おく)さまとあなたと双児(ふたご)(やう)()()御面相(ごめんさう)383(その)理由(りいう)(ひと)説明(せつめい)して(いただ)きたいものですなア』
384夫婦(ふうふ)(あい)(しん)との和合(わがふ)()つて成立(せいりつ)するものです。385所謂(いはゆる)(をつと)智性(ちせい)(つま)意思中(いしちう)()り、386(つま)意思(いし)(をつと)智性中(ちせいちう)(ふか)()()み、387(ここ)(はじ)めて天国(てんごく)結婚(けつこん)(おこな)はれるのです。388()はば夫婦(ふうふ)同心同体(どうしんどうたい)ですから、389面貌(めんばう)相似(さうじ)するは相応(さうおう)道理(だうり)()つて()くべからざる情態(じやうたい)です。390現界人(げんかいじん)結婚(けつこん)は、391地位(ちゐ)だとか名望(めいばう)だとか、392世間(せけん)面目(めんぼく)だとか、393財産(ざいさん)多寡(たくわ)によつて婚姻(こんいん)(むす)ぶのですから、394()はば虚偽(きよぎ)婚姻(こんいん)です。395天国(てんごく)婚姻(こんいん)(すべ)霊的(れいてき)婚姻(こんいん)ですから、396夫婦(ふうふ)密着(みつちやく)不離(ふり)情態(じやうたい)にあるのです。397(ゆゑ)天国(てんごく)(おい)ては夫婦(ふうふ)二人(ふたり)とせず一人(ひとり)として(かぞ)へることになつてゐます。398現界(げんかい)(やう)に、399人口(じんこう)名簿(めいぼ)男子(だんし)何名(なんめい)女子(ぢよし)何名(なんめい)などの面倒(めんだう)はありませぬ。400(ただ)一人(ひとり)二人(ふたり)()へば、401それで一夫婦(ひとふうふ)二夫婦(ふたふうふ)といふことが(わか)るのです。402それで天国(てんごく)(おい)百人(ひやくにん)といへば(あたま)二百(にひやく)あります。403これが現界(げんかい)相違(さうゐ)(てん)ですよ。404君民(くんみん)一致(いつち)405夫婦(ふうふ)一体(いつたい)406上下和合(しやうかわがふ)真相(しんさう)到底(たうてい)天国(てんごく)でなくては実見(じつけん)することは出来(でき)ますまい。407治国別(はるくにわけ)(さま)竜公様(たつこうさま)現界(げんかい)へお(くだ)りになつたら、408どうか地上(ちじやう)世界(せかい)をして、409幾部分(いくぶぶん)なりとも、410天国(てんごく)気分(きぶん)(つく)つて(もら)ひたいものですなア』
411治国(はるくに)『ハイ微力(びりよく)(およ)(かぎ)り……否々(いないな)神様(かみさま)御神格(ごしんかく)()つて(わが)()使(つか)つて(いただ)きませう。412あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
413 かく(はな)(ところ)へ、414玄関口(げんくわんぐち)より一人(ひとり)(をとこ)(あら)はれ(きた)り、
415珍彦(うづひこ)(さま)416祭典(さいてん)用意(ようい)出来(でき)ました、417サアどうぞ(みな)()つて()ります。418(みや)まで御出張(ごしゆつちやう)(くだ)さいませ』
419『あゝ御苦労(ごくらう)でした。420直様(すぐさま)(まゐ)りませう。421二人(ふたり)さま、422どうです、423(これ)から天国(てんごく)祭典(さいてん)(くは)はり拝礼(はいれい)をなさつたら……』
424『お(とも)(いた)しませう』
425天国(てんごく)祭典(さいてん)(さだ)めて立派(りつぱ)でせう。426竜公(たつこう)もお(とも)(かな)ひますかなア』
427『ハイ、428さうなされませ』
429治国(はるくに)『もし(かな)はなかつたら、430木花姫(このはなひめ)神格(しんかく)内流(ないりう)によつて、431参拝(さんぱい)すれば()いぢやないか、432アハヽヽヽ』
433竜公(たつこう)『ウーオーアー』
434珍彦(うづひこ)竜公(たつこう)さま、435どうぞお(とも)をして(くだ)さい』
436竜公(たつこう)『ハイ有難(ありがた)う』
437大正一二・一・一〇 旧一一・一一・二四 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら