霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第64巻(卯の巻)上

あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
エルサレム物語の上巻。第64巻は上下の2冊に分かれている。
霊界物語は基本的に「35万年前」という時代設定になっているが、この巻は現代(大正時代)のエルサレムが舞台である。
日本から宣教にやって来た「ルートバハー」の宣伝使ブラバーサの活動と、それを妨害するユラリ教のお寅たちの妄動が描かれる。
ラブストーリーやドタバタ劇が繰り広げられるが、救世主の降臨ということがテーマになっており、世界の統一や平和に関する重要な話がたくさん出てくる。
第1~18章
「ルートバハー」の宣伝使ブラバーサは、教主ウヅンバラ・チャンダーに先立ち、日の出島(日本)からエルサレムに派遣されて来た。
ブラバーサは、クリスチャンの共同体「アメリカンコロニー」に住むマリヤの案内で、エルサレムや近辺の地域を見学、キリスト教やユダヤ教に対する感慨を深めて行く。
マリヤから愛を告白されるが、ブラバーサは妻子がいる。しかし言い寄るマリヤに断り切れず、百日の修行が終わってから…と約束してしまう。
第19~27章
日本からユラリ教の教祖お寅と、弟子のお花、守宮別(やもりわけ)らがエルサレムにやって来た。ブラバーサの活動を妨害するためである。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
ブラバーサルートバハーの宣伝使
ウヅンバラ・チャンダールートバハーの教主
ツルク大聖主ルートバハーの開祖

スバッフォードアメリカンコロニーの執事
マリヤアメリカンコロニーのメンバー

バハーウラーバハイ教の宣伝使

(11章以降に登場)
テクトンクツーロアラブ人、イスラム教徒
サロメ貴族の娘
ヤコブキリスト教の宣教師

(19章以降に登場)
お寅(虎嶋寅子)ユラリ教の教祖 (高姫)、エルサレムへ行く
お花(菖蒲のお花)ユラリ教の信者 (黒姫)、エルサレムへ行く
守宮別信者、エルサレムへ行く
曲彦信者、エルサレムへ行く
虎嶋久之助お寅の夫
竹彦信者
スバール博士シオン大学の創立者、シカゴ大学の教授
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第六十四巻上』愛善世界社、2004(平成16)年2月3日 第一刷
初版発行日:1925(大正14)年10月16日