霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第69巻(申の巻)

あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
南米物語。
高砂島(南米)のウヅの国(アルゼンチン)とヒルの国(ペルー)で若者が立ち上がり、政治改革が行われる。
第1~12章
第33巻で国依別(くによりわけ)は末子姫(すえこひめ)(八人乙女の八女)と結婚し、ウヅの国の国司になった。
それから歳月が流れ男女二人の子供(国照別、春乃姫)は成人していた。
大老・松若彦は強圧的な政治を布いており、国民の間からは松若彦に対する不満が高まっていた。国司の国依別は「球の玉」の力で世の成り行きを達観していて、何事も時期が来なくてはうまく行かないことを知っていたので、政治の実権を松若彦に委ねていた。
国照別は失踪して、国州(くにしゅう)と名を変え、またヒルの国(ペルー)の国司の息子・国愛別(くにちかわけ)は愛州と名を変えて、侠客となって国政を改革する機会を伺っていた。
国愛別は街頭で決起を促す演説をしたため逮捕され投獄されてしまう。
国司の継嗣の国照別が失踪したため、妹の春乃姫が継嗣となり、春乃姫は国愛別を監獄から出してやった。
ウヅの国は人心が乱れ騒動が多発し、春乃姫も国愛別も人心をなだめるため、三五教の宣伝に国内を駆けめぐる。
第13~22章
姿を消した国照別は、テルの国(チリ)の「架橋御殿」を拝礼し、「鏡の池」で神の教えを受け、ヒルの国(ペルー)へ進む。
ヒルの国は楓別命(かえでわけのみこと)が国司として治めていたが、国内は乱れていた。
行方不明の国愛別に代わって、妹の清香姫(きよかひめ)が継嗣となる。清香姫は国政改革に心を砕くが、父母や周囲の無理解のため改革は進まなかった。
嫌になった清香姫は城を逃げ出し、山中で国照別一行と出会う。
清香姫は城に帰り、国照別は選ばれて大王となり、ヒルの国政改革を行い、社会の混乱は収まった。
一方、ウヅの国はいよいよ危急の事態となる。そこへ国照別が帰国。
国愛別が民衆に選ばれて大王となり、国政改革を行ってウヅの国を救った。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
国依別ウヅの国の国司
末子姫国依別の妻。八人乙女の第八女。
国照別国依別の息子。
春乃姫国依別の娘。

松若彦大老
捨子姫松若彦の妻。元は末子姫の侍女。
松依別松若彦の息子。
常磐姫松若彦の娘。

伊佐彦老中。保守主義。
岩治別老中。投槍思想。急進派。

楓別命ヒルの国の国司
清子姫楓別命の妻。
国愛別楓別命の息子。生まれついての皮肉家。
清香姫楓別命の娘。

秋山別ヒルの国の老臣
モリスヒルの国の老臣

愛州愛公深溝町の人力車の帳場の車夫。博徒の親分。その正体は国愛別。
国公子分。その正体は国照別。
浅公松若彦の御家人で、取締だったが、愛州の子分になる。
八公子分
照公子分
佐吉取締だったが、子分になる
岩公子分。その正体は岩治別。

樽乃姫伊佐彦の妻。樽のような大きな腹。サディスト。
ブルドッグ浮浪階級演説会の会長
新公松若彦の家僕

国玉依別アリナの滝の架橋御殿の神司
玉竜姫その妻

駒治深溝役所の目付だったが、国照別の子分になる
鏡の池の神
小照ヒルの国の頑迷固陋派の清家の倅
春子姫清香姫の侍女
源九郎山賊の親分
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第六十九巻』愛善世界社、2009(平成21)年4月5日 第一刷
初版発行日:1927(昭和2)年10月26日