霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

堪忍(かんにん)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:堪忍 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年04月号 八幡書店版:178頁 愛善世界社版: 著作集:134頁 第五版:52頁 第三版:52頁 全集:485頁 初版:34頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg283
001 「堪忍(かんにん)のなる堪忍(かんにん)(たれ)もする、002()らぬ堪忍(かんにん)するが堪忍(かんにん)」と(にん)(とく)賞讃(しやうさん)したものであつた。003自分(じぶん)幼時(えうじ)()く、004両親(りやうしん)(たち)から()()かされたものである。005(しか)堪忍(かんにん)()ふのは、006仏教(ぶつけう)でいふ持戒忍辱(ぢかいにんにく)意味(いみ)をはき(ちが)へたものであらう。007(いや)でも我慢(がまん)すると()ふのでは、008本当(ほんたう)(いましめ)(たも)つたものでは()い。009その内心(ないしん)()()ふものがあつては、010得度(とくど)出来(でき)ぬと同時(どうじ)に、011心的(しんてき)衛生(ゑいせい)には(かな)はない。012(なか)()いても(ひも)じう()いと我慢(がまん)する、013妻君(さいくん)姦通(かんつう)しても我慢(がまん)する、014飢死(うゑじに)にしても我慢(がまん)する、015堪忍(かんにん)するが堪忍(かんにん)だといつて、016年中(ねんぢう)(くる)しい(はら)(かか)へて、017(あを)(かほ)をして()ると(はら)(なか)不平(ふへい)(かたまり)出来(でき)(わけ)だ。018陶宮(たうきう)道歌(だうか)に「堪忍(かんにん)和合(わがふ)はほんの上直(うはなほ)し、019(しん)和合(わがふ)()()かす(はら)」と()ふのがある。020(むかし)から堪忍(かんにん)といふ(こと)道徳(どうとく)修養(しうやう)(ひと)つと、021世間(せけん)では(おも)つて()るが、022(これ)(あま)感心(かんしん)した修養法(しうやうほふ)ではない。023(とく)古来(こらい)(もち)ゐられた堪忍(かんにん)なる()は、024強者(きやうしや)弱者(じやくしや)(たい)する(をしへ)であつて、025弱者(じやくしや)不満(ふまん)不平(ふへい)(たい)(つね)(この)筆法(ひつぱふ)(もつ)て、026(こと)(なか)主義(しゆぎ)をとらしめて()たものだ。027強者(きやうしや)一向(いつこう)堪忍(かんにん)する(ところ)()く、028弱者(じやくしや)のみ堪忍(かんにん)しろと(をし)へて()たのであつた。029人間(にんげん)卑屈(ひくつ)(おちい)らしめ、030無気力(むきりよく)ならしめたのもこの堪忍(かんにん)二字(にじ)中毒(ちうどく)であつた。031従来(じゆうらい)所謂(いはゆる)道徳(どうとく)なるものには、032(この)(しゆ)のものが(はなは)(おほ)いのである。033金光教祖(こんくわうけうそ)が、034頭上(づじやう)から小便(せうべん)をひりかけられて、035(あたた)かいお湿(しめ)りさまが()つたと()つたと(しよう)して、036その教師(けうし)(など)非常(ひじやう)教祖(けうそ)堪忍力(かんにんりよく)崇敬(すうけい)してゐるが、037(これ)大変(たいへん)(あやま)りで、038忍耐(にんたい)卑屈(ひくつ)とを混同(こんどう)した、039弱者(じやくしや)道徳(どうとく)である。040バイブルに「(ひと)()(なんぢ)(ひだり)(ほほ)()たば(みぎ)(ほほ)(また)()()して(これ)()たしめよ」と(しめ)して()るのも今日(こんにち)より()れば、041(いな)自分(じぶん)()から()れば、042大変(たいへん)なる間違(まちが)ひで、043無気力(むきりよく)(すべ)ての人間(にんげん)(をし)へたものと(おも)ふのである。044自分(じぶん)()くまでも(かく)(ごと)き、045堪忍説(かんにんせつ)()らず、046(ちから)のあらん(かぎ)り、047抵抗(ていかう)(つづ)けて()た。048そして祖神(そしん)()さし(たま)へる神業(しんげふ)にはつはつ(なが)奉仕(ほうし)しつつ()たのである。