霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

至誠(しせい)徹底(てつてい)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:至誠と徹底 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年05月号 八幡書店版:184頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:69頁 第三版:69頁 全集:496頁 初版:50頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg292
001 如何(いか)なる仕事(しごと)にても、002完成(くわんせい)せしめんとするには、003至誠(しせい)徹底(てつてい)必要(ひつえう)である。004天下(てんか)三分(さんぶ)五厘(ごりん)でうかうかとしては、005(しん)成功(せいこう)出来(でき)るものでは()い。006不世出(ふせいしゆつ)大英雄(だいえいゆう)ナポレオンが、007()(とき)008(その)(ころ)()()られた鍛冶工(かぢこう)(まね)いて「(なんぢ)(わが)(ため)如何(いか)なる銃丸(じうぐわん)(つらぬ)()ざる甲冑(かつちう)(つく)らば、009(かね)一千万(いつせんまん)フランを(はら)(あた)へん」と(めい)じた。010召集(せうしふ)せられた三十余名(さんじふよめい)鍛冶工(かぢこう)は、011(ただ)ちに製作(せいさく)取掛(とりかか)り、012七十余日間(しちじふよにちかん)(のち)013(いづ)れも(これ)製作(せいさく)して君前(くんぜん)持参(ぢさん)した。014さうして得意(とくい)(いろ)満面(まんめん)(うか)べて、015一千万(いつせんまん)フランを(もら)ふべく眼付(めつ)きを()えて(ひか)へて()た。016そこへナポレオンが(あら)はれ、017何万(なんまん)といふ臣下(しんか)兵士(へいし)(あつ)めて「(これ)()()よ、018(いづ)れの製作(せいさく)完全(くわんぜん)なのか、019一々(いちいち)(これ)(ため)してみるのだ」と()つて短銃(たんじう)腰間(えうかん)から()()して()つた。020サア()うなると君命(くんめい)熱火(ねつくわ)()せぬ、021身命(しんめい)何時(いつ)でも君主(くんしゆ)(ささ)ぐといつて、022(おほ)いに忠臣(ちうしん)()つていた何万(なんまん)兵士(へいし)どもは、023顔色(がんしよく)(へん)じて一人(ひとり)君前(くんぜん)(すす)()(もの)()い。024三十余名(さんじふよめい)鍛冶工(かぢこう)も、025(これ)(おう)ずるものが()い、026(ひと)間違(まちが)つたら一命(いちめい)(ただ)ちに()んで(しま)ふのである。027彼等(かれら)只々(ただただ)()えの()(もの)製作(せいさく)して、028一千万(いつせんまん)フランの(かね)()しいより(ほか)には念慮(ねんりよ)()(もの)(ばか)りであつたのだ。029ナポレオンは兵士(へいし)意気地(いくぢ)()いのと、030鍛冶工(かぢこう)自信(じしん)()いのに、031()()うになつて(おこ)()した。032そこへ末席(まつせき)(ひか)へて()た、033一人(ひとり)青年(せいねん)鍛冶工(かぢこう)(すす)()で「(わたし)(その)(にん)(あた)りませう」と()つて、034従容(しようよう)として自分(じぶん)製作(せいさく)した甲冑(かつちう)(めぐ)らした。035それを幾万(いくまん)兵士(へいし)と、036三十余名(さんじふよめい)鍛冶工(かぢこう)は、037如何(いか)になるものだらうかと、038(ひとみ)(まる)うして凝視(ぎようし)して()た。039ナポレオンはピストルを(もつ)一発(いつぱつ)(これ)()てた、040銃丸(じうぐわん)見事(みごと)にはぢかれて、041空中(くうちう)飛散(ひさん)した。042そこで(ふたた)兵士(へいし)(たづさ)ふる(ところ)(じう)()つて()た、043矢張(やはり)(つらぬ)(こと)出来(でき)ない。044ナポレオンは(さら)左右(さいう)(めい)じて巨砲(きよはう)()(きた)らしめ、045(これ)(こころ)みんとした。046(かたはら)()人々(ひとびと)は、047()(あせ)(にぎ)つて(おそ)(おそ)()()た。048ナポレオンが(いま)砲身(はうしん)(ひら)かんとする刹那(せつな)も、049青年(せいねん)鍛冶工(かぢこう)(なほ)従容(しようよう)として顔色(がんしよく)()へぬ、050()青年(せいねん)鍛冶工(かぢこう)は、051如何(いか)にせば君王(くんわう)()(まも)るの甲冑(かつちう)製作(せいさく)()るか、052如何(いか)にもして、053完全(くわんぜん)なる甲冑(かつちう)製作(せいさく)せんと、054日夜(にちや)寝食(しんしよく)(わす)れて、055(ただ)君王(くんわう)(おも)ふの忠誠心(ちうせいしん)056(かれ)全身(ぜんしん)充満(じゆうまん)し、057誠心(せいしん)誠意(せいい)058利害(りがい)(はな)れて七十余日(しじふよにち)丹誠(たんせい)()らし、059製作(せいさく)勉励(べんれい)したのであつた。060(ゆゑ)如何(いか)なる巨砲(きよはう)(いへど)も、061(これ)(つらぬ)(こと)(あた)はず、062といふ自分(じぶん)製作(せいさく)(だい)なる自信(じしん)()つてゐたからである。063そこでナポレオンは、064(かれ)態度(たいど)厳然(げんぜん)たるを()て、065(おほい)(かん)じ「甲冑(かつちう)(かた)(こと)066(なんぢ)態度(たいど)()()るべし、067(また)(こころ)みるを(えう)せず」と()つて三千万(さんぜんまん)フランの賞金(しやうきん)(あた)へたといふ逸話(いつわ)がある。068()青年(せいねん)鍛冶工(かぢこう)は、069(じつ)(その)作品(さくひん)全生命(ぜんせいめい)()めて()たのである。
070 人生(じんせい)(えう)するに一個(いつこ)戦場(せんじやう)であり、071吾人(ごじん)生活(せいくわつ)真剣(しんけん)勝負(しようぶ)である。072()加減(かげん)胡麻化(ごまくわ)して()けるべきものではないのである。