霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

模型(もけい)(あゆ)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:模型を歩む よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年04月号 八幡書店版:87頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:126頁 第三版:126頁 全集:533頁 初版:102頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg337
001 (わたし)明治(めいじ)三十一年(さんじふいちねん)二月(にぐわつ)002高熊山(たかくまやま)修行(しうぎやう)(ちう)003重要(ぢゆうよう)なる世界(せかい)各地(かくち)(みな)()せて(もら)つたが、004(その)有様(ありさま)はかうである。005神使(しんし)(みちび)かれてある(おほ)きな(しつ)(はい)つて()くと、006(いま)弥勒殿(みろくでん)にかかげてあるやうな、007(おほ)きな地図(ちづ)がかかつて()る。008神使(しんし)()地点(ちてん)(ゆび)さして、009其処(そこ)は、010(ぼう)地点(ちてん)であるといふ(こと)(しめ)される。011(つぎ)()(しつ)(みちび)かれて(はい)つて()くと、012(その)地点(ちてん)(おほ)きな模型(もけい)(そな)へつけられてある。013神使(しんし)一々(いちいち)(くは)しく説明(せつめい)して(くだ)さつた。014だから(わたし)(その)地点(ちてん)()まないでも、015実際(じつさい)()つたと(おな)じやうに()つて()るのである。016(まへ)にも()うた(とほ)り、017第一番(だいいちばん)天教山(てんけうざん)富士山(ふじさん)018(つぎ)信州(しんしう)皆神山(みなかみやま)019それから次々(つぎつぎ)諸所(しよしよ)方々(はうばう)へつれて()かれたのであるが、020飛騨(ひだ)山奥(やまおく)などには前人未到(ぜんじんみたう)神秘境(しんぴきやう)がある。021一度(いちど)はそこへも()かなければなるまいと(おも)つて()る。022(いま)でも必要(ひつえう)があつて(この)地点(ちてん)見度(みた)いと(おも)場合(ばあひ)にはさつと地図(ちづ)がかかり、023模型(もけい)()()る。024模型(もけい)()うても実際(じつさい)(ある)(こと)出来(でき)るほど(おほ)きなものである。
025 (この)(はなし)(うけたま)はつて(おも)(おこ)すことがあります。026年月日(ねんぐわつぴ)をハツキリ記憶(きおく)いたしませんが、027東京(とうきやう)上野公園(うえのこうゑん)博覧会(はくらんくわい)(ひら)かれて()つた(とき)(こと)です。
028 霊界(れいかい)物語(ものがたり)筆録者(ひつろくしや)近侍(きんじ)(たち)数人(すうにん)よつて博覧会(はくらんくわい)(こと)(はな)()つて()ました。029(たれ)かが「()つて見度(みた)いなあ」と(まを)して()るのを()きつけて(おく)から()()られた聖師は「()つてもつまらんぜ、030(わたし)三度(さんど)ばかり()つて()たが、031()るべきものは()かつた。032それに建築(けんちく)粗雑(そざつ)で、033(たか)(たふ)などは(すこ)しひどい(かぜ)()けば()つくりかへつて仕舞(しま)ふやうな(あぶ)なかしいものである」と(まを)されましたので一座(いちざ)(かほ)見合(みあは)(おも)はず(わら)()しました。034(あし)一歩(いつぽ)も、035綾部(あやべ)036亀岡(かめをか)()られないで、037三度(さんど)()つて()た、038(たふ)危険(きけん)だなぞと幾何(いくら)聖師様(せいしさま)でもをかしい、039とは()()さないが、040各自(かくじ)(こころ)(そこ)にはかういふ(おも)ひが(うか)んで()たのでせう。041勿論(もちろん)霊眼(れいがん)()られる(こと)(ひやく)(せん)承知(しようち)してゐる連中(れんちう)ですが、042それでも透視(とうし)したとは()はれずに()つて()たと()ふこのお言葉(ことば)異様(いやう)(ひび)いたからです。043(いま)模型(もけい)云々(うんぬん)のお(はなし)(うけたま)はつて、044成程(なるほど)聖師様(せいしさま)実際(じつさい)模型(もけい)霊体(れいたい)(ある)かれたのだなあ、045(ぞん)じました。046それから()もなく東京(とうきやう)新聞(しんぶん)は、047大風(たいふう)(おこ)りこの(たか)(たふ)(こは)れた(こと)報道(ほうだう)いたしました。048(また)聖師(せいし)霊界(れいかい)出来事(できごと)現界(げんかい)出来事(できごと)混同(こんどう)して(はな)されるのではないかと(おも)(こと)()くたまにはありますので「()(この)(あひだ)こんな(こと)があつたではないか」と(まを)されても(たれ)()らぬ(こと)往々(わうわう)あります。