霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

信濃国(しなののくに)皆神山(みなかみやま)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:信濃国皆神山 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年08月号 八幡書店版:130頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:192頁 第三版:192頁 全集:575頁 初版:160頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg381
001 信濃(しなの)(くに)松代町(まつしろちやう)郊外(かうぐわい)にある皆神山(みなかみやま)(たふと)神山(しんざん)であつて、002地質学上(ちしつがくじやう)世界(せかい)山脈(さんみやく)十字形(じふじけい)をなせる()であり、003世界(せかい)中心地点(ちうしんちてん)である。004四囲(しゐ)(やま)十重(とへ)二十重(はたへ)にとりかこんで、005綾部(あやべ)006亀岡(かめをか)地勢(ちせい)(すこ)しも(ちが)はぬ蓮華台(れんげだい)である。007(ただ)綾部(あやべ)日本(にほん)山脈(さんみやく)十字形(じふじけい)をなせる()で、008これは(また)世界的(せかいてき)であるだけの(ちが)ひである。009大石凝(おおいしごり)真素美(ますみ)(をう)は、010(この)()帝都(ていと)をおかれたなら万代不易(ばんだいふえき)(まつ)()現出(げんしゆつ)することが出来(でき)ると主張(しゆちやう)し、011世界(せかい)中心(ちうしん)遷都論(せんとろん)(とな)へて囹圄(れいご)(ひと)となつた事実(じじつ)がある。012真素美(ますみ)(をう)ばかりでなく(ほか)にもさういふ(せつ)(とな)へた(ひと)があるが、013最近(さいきん)飛行機(ひかうき)(さかん)になるにつれて東京(とうきやう)安全(あんぜん)()でないと()見地(けんち)から、014信州(しんしう)遷都論(せんとろん)一時(いちじ)(ある)有志(いうし)によつて(つた)へられた(こと)があるが、015(まつた)(この)皆神山(みなかみやま)蓮華(れんげ)(しん)(あた)つて()るのだから、016四方(しはう)山々(やまやま)砲台(はうだい)()ゑつけてさへ()けば、017如何(いか)なる飛行機(ひかうき)をもつてしても(おそ)(こと)出来(でき)安全(あんぜん)地帯(ちたい)である。018こんな要害(えうがい)のよい(ところ)は、019世界中(せかいぢう)(ほか)にない。020霊界(れいかい)物語(ものがたり)にある地教山(ちけうざん)(この)(やま)である。021素盞嗚命(すさのをのみこと)高天原(たかあまはら)なる天教山(てんけうざん)より(くだ)り、022母神(ははがみ)(まし)ますこの(やま)にのぼりたまふた事実(じじつ)も、023そつくりあの(とほ)()()たのである。024(わたし)明治(めいじ)三十一年(さんじふいちねん)高熊山(たかくまやま)にて修行中(しうぎやうちう)025神懸(かんがか)りになつて、026一番(いちばん)につれて()られたのが天教山(てんけうざん)富士山(ふじさん)と、027この皆神山(みなかみやま)とである。028霊界(れいかい)()(やま)はこれよりもずつと(おほ)きく(うつく)しかつたが、029大体(だいたい)(かたち)(いま)()るのと(すこ)しも(ちが)はぬ。030眼下(がんか)()ゆる大溝池(おほこうち)031あの(かたち)型取(かたど)つて金竜海(きんりうかい)(つく)つたのだ。032十五丁目(じふごちやうめ)から頂上(ちやうじやう)まで(わづ)三丁(さんちやう)であるけれど、033霊界(れいかい)一里(いちり)以上(いじやう)()え、034神界(しんかい)では百里(ひやくり)以上(いじやう)()えた。035世界(せかい)十字(じふじ)()みならす御神諭(ごしんゆ)(おほい)(あぢ)はふべき(こと)である。036神代(じんだい)歴史(れきし)にある地名(ちめい)(みな)此処(ここ)にある。037天孫(てんそん)降臨地(かうりんち)()ふのはここの(こと)であつて、038(その)(むかし)天教山(てんけうざん)(いま)富士山(ふじさん))は印度(いんど)のヒマラヤ(さん)地教山(ちけうざん))の三倍(さんばい)以上(いじやう)(たか)さを()つて()(こと)(かつ)(はな)しておいた。039霊界(れいかい)物語(ものがたり)舎身(しやしん)活躍(かつやく)()(まき)第一章(だいいちしやう)参照(さんせう)(すなは)雲表(うんぺう)(たか)(そび)えて()たので、040ここを高天原(たかあまはら)()うて()たのである。041その高地(かうち)から(くだ)つて、042この()()られたのを天降(あまくだ)られたと()ふのである。043邇々芸之命(ににぎのみこと)より神武(じんむ)天皇(てんのう)(まで)(じつ)百三十六万年(ひやくさんじふろくまんねん)年月(ねんげつ)経過(けいくわ)して()るのである。
044 この(やま)政治(せいぢ)地理的(ちりてき)()へば、045長野県(ながのけん)埴郡(はにぐん)豊栄村(とよさかむら)(ぞく)し、046御祭神(ごさいしん)熊野出速雄(くまのいづはやを)(かみ)で、047綾部(あやべ)産土神(うぶすながみ)(おな)じである。048往昔(わうせき)素盞嗚(すさのを)(みこと)がこの(やま)比良加(ひらか)()かれたのが陶器(たうき)(はじ)めである。049(わたし)(かへ)るとこれを記念(きねん)(あたら)しい(かま)(きづ)いて陶器(たうき)(はじ)めるのである。
050 皆神山上(みなかみさんじやう)十五丁目(じふごちやうめ)地点(ちてん)(こし)(おろ)されて、051山上(さんじやう)垂訓(すゐくん)にも(ひと)しい(をしへ)()れられた(とき)052日輪(にちりん)聖師(せいし)(うへ)御光(ごくわう)陽笠(ひがさ)をかざした(ごと)く、053言語(げんご)(ぜつ)した崇厳(すうげん)光景(くわうけい)現出(げんしゆつ)した(こと)附記(ふき)さして(いただ)きます。054()智慧(ちゑ)証覚(せうかく)によつて(おも)(おも)ひに()れる、055神秘(しんぴ)神話(しんわ)()発表(はつぺう)時期(じき)()いと(ぞん)(りやく)さして(いただ)きます。
056 霊界(れいかい)物語(ものがたり)によると地教山(ちけうざん)はヒマラヤ(さん)とありますが、057日本(にほん)にあることは(みな)世界(せかい)にある(わけ)であります。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)