霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

樹木(じゆもく)(そだ)(かた)

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:樹木の育て方 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1929(昭和4)年09月号 八幡書店版:422頁 愛善世界社版: 著作集:290頁 第五版:201頁 第三版:201頁 全集:580頁 初版:168頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg391
001 (さくら)()ると()(いた)む、002だから手折(たを)るのである。003(うめ)()るとよくなる。004俚諺(りげん)(さくら)()阿呆(あはう)005(うめ)()らん阿呆(あはう)()言葉(ことば)がある。006(ひのき)(みき)(かは)をむいてやると成長(せいちやう)する、007木肌(きはだ)(あか)いから()()()ふのである。008(また)(この)()摩擦(まさつ)によつて()(はつ)するからひの()とも()ふのであるが、009あまり(しげ)ると火事(くわじ)(おこ)(うれひ)がある。010(うへ)荒皮(あらかは)()いでおくと、011(あか)木肌(きはだ)(あら)はれて、012青葉(あをば)()()え、013中々(なかなか)美観(びくわん)()へるものであるし、014(また)非常(ひじやう)成長(せいちやう)(たす)けるものである。015荒皮(あらかは)()がずに(はう)つて()くと(あり)()(つく)(おそ)れがある。016そしてだんだん()(よわ)つて()る。017(あやま)つて白肌(しろはだ)(まで)()いだ(やう)場合(ばあひ)にはお(つち)()りつけて()かねばならぬ。018(ひのき)陽木(やうぼく)019(すぎ)(みづ)()陰木(いんぼく)である。020月宮殿(げつきうでん)周囲(しうゐ)(ひのき)()ゑたのは、021月日(つきひ)(そろ)へると()意味(いみ)である。022(また)山桜(やまざくら)などでも、023上皮(うはかは)()ぎ、024青皮(あをかは)だけにしておくとどんどん(ふと)る。025空気(くうき)太陽(たいやう)とを直接(ちよくせつ)にうけるからである。