霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(ふたた)素尊(すそん)御陵(ごりよう)について

インフォメーション
鏡:月鏡 題名:再び素尊御陵について よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1930(昭和5)年04月号 八幡書店版:140頁 愛善世界社版: 著作集: 第五版:239頁 第三版:239頁 全集:604頁 初版:203頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg422
001 熊山(くまやま)(おい)(ふたた)数個(すうこ)戒壇(かいだん)発見(はつけん)したと()ふのか、002さうであらう、003さうでなければならぬ(はず)である。004全体(ぜんたい)素盞嗚尊(すさのをのみこと)(さま)御陵(ごりよう)は、005(みつ)つの御霊(みたま)(ちな)んで三個(さんこ)なければならぬので、006前発見(ぜんはつけん)のものを中心(ちうしん)として(おそ)らく三角形(さんかくけい)をなして()るであらうと(おも)ふ。007()(ふた)つには御髪(おくし)008御爪(おつめ)などが(をさ)められて()るのである。009(ひと)素盞嗚尊(すさのをのみこと)(さま)(かぎ)らず、010高貴(かうき)なる地位(ちゐ)にある人々(ひとびと)は、011毛髪(まうはつ)(とう)一部(いちぶ)(ほうむ)つて、012其処(そこ)(はか)(きづ)き、013ありし()(しの)ぶの便宜(よすが)としたもので、014人物(じんぶつ)(えら)ければ(えら)(ほど)(その)(はか)沢山(たくさん)あるものである。015遺髪(ゐはつ)016(つめ)などを()(こと)出来(でき)ない場合(ばあひ)は、017(その)(ひと)所持品(しよぢひん)(たと)へば朝夕(あさゆふ)使(つか)つた湯呑(ゆのみ)とか(すずり)とか、018さう()ふものまでも(はか)として(まつ)崇敬(すうけい)(まこと)(いた)したものである。019(なほ)さうしたものも()られない場合(ばあひ)は、020(その)(ひと)()つた屋敷(やしき)(つち)()つて()て、021(かつ)ては故人(こじん)足跡(そくせき)(いん)した(なつか)しい(おも)()として、022(これ)(をさ)(その)(うへ)(はか)()てて(まつ)つたのである。023現代(げんだい)でも富豪(ふがう)などでは自分(じぶん)菩提寺(ぼだいじ)(はか)()ち、024(また)高野山(かうやさん)骨肉(こつにく)一部(いちぶ)(をさ)めたる(はか)()つてゐると同様(どうやう)である。025天照大神(あまてらすおほかみ)(さま)御陵(ごりよう)などと(しよう)するものが方々(はうばう)から(あら)はれて()るのはかういふ理由(りゆう)である。
026 櫛稲田姫(くしなだひめ)御陵(ごりよう)其処(そこ)にあるのであるが、027(くは)しい(こと)()つて()ねば(わか)らぬ。