霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(たま)(いしずゑ)(三)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 篇:後付 よみ:
章:第17巻 よみ:たまのいしずえ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年12月 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年1月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高天原の天国に昇る者は、地上にあるときその身内に愛と信との天国を開設しなければ、死後に身外の天国を摂受することはできない。
現実界にある間に、心身内に天国を造っておく必要がある。そのためには神を愛し、神を信じて無限絶対と合一しなければならない。人間は、無限絶対の一断片であるからである。
真神である天之御中主大神が、その霊徳を完備具足したとき、天照皇大神という。また撞の大御神という。
火の御祖神を高皇産霊大神と唱え、厳の御魂と申し奉る。
水の御祖神を神皇産霊大神と唱え、瑞の御魂と申し奉る。
以上の三神はそのご活動によって名称・働きに種々あれども、三位一体にして、天之御中主大神(大国常立命)に帰着する。
故に独一真神である。一神即多神、多神即一神であり、短く「主」という。厳の御魂は霊界人の主であり、瑞の御魂は現界人の心身内を守り治める主である。
死後の歓喜を受けるために、現実界で歓喜の生活を送ろうと思ったら、瑞の御魂の守護を受ける必要がある。瑞の御魂の手と口を通して示された言霊こそが、生命の清水である。
霊界物語によって、人は心身共に歓喜に咽び、永遠の生命を保ち、死後の歓楽郷を築くことができる。
天帝、すなわち主は、水火の息を呼吸して、無限にその生命を保ち、宇宙万有の生命の源泉となっている。
太陽は、また水火の息を呼吸して、恒温を万物に与えている。太陽神、太陰神、人間のそれぞれが呼吸する大気は、それぞれまた違っている。
現実界と精霊界では事象が違うのである。しかし互いに相似している。現実界は、精霊界の移写だからである。
高天原の天国は、主の位格によって高下の区別がある。主を見る各人の塵身また霊身の徳の不同があり、それによって上下・標準が定まるのである。天国には霊身の善徳によって種々の団体が築かれている。
天国外の罪悪不信の徒が主神を見ると、悪相に見える。
主神が天国の団体に姿を現すときは、天人の相に見えるが、他の天人とは天地の相違がある。
荒魂、和魂、奇魂、幸魂を主宰しているのが直霊である。四魂をまったく善と愛と信とに善動し活用するのを全徳という。全徳の霊身はただちに最奥天国に昇る。三徳が活用していると第二天国に進む。二徳は第一天国、一徳は最下天国に進む。
一徳一善もなき者は、草莽間に漂浪し、天の八街に彷徨するのである。
悪が強い不信不愛不善の徒は、その罪業の軽重に応じて、それぞれの地獄に堕し、罪相応の苦悶を受ける。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm179901
愛善世界社版:289頁 八幡書店版:第3輯 631頁 修補版: 校定版:299頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第四篇 神霊世界 > 第三章 霊の礎
001一、002高天原(たかあまはら)天国(てんごく)(のぼ)るものは、003地上(ちじやう)にある(とき)(その)身内(しんない)(あい)(しん)との天国(てんごく)開設(かいせつ)()かなければ、004死後(しご)(おい)身外(しんぐわい)天国(てんごく)摂受(せつじゆ)することは不可能(ふかのう)である。
005一、006人間(にんげん)として、007(その)身内(しんない)天国(てんごく)(いう)()かつたならば身外(しんぐわい)()天国(てんごく)(けつ)して(その)(ひと)(なが)()るものでは()い。008(また)(これ)摂受(せつじゆ)することが出来(でき)ぬものである。009(えう)するに(ひと)現実界(げんじつかい)にある(あひだ)に、010(みづか)心身内(しんしんない)天国(てんごく)(つく)りおく必要(ひつえう)がある。011(しか)して天国(てんごく)(みづか)(つく)()(ひら)くのは、012(かみ)(あい)(かみ)(しん)無限(むげん)絶対(ぜつたい)合一(がふいつ)しておかねば()らぬ。013(ひと)()うしても、014この無限(むげん)絶対(ぜつたい)一断片(いちだんぺん)である以上(いじやう)は、015何処(どこ)までも無限(むげん)絶対(ぜつたい)016無始(むし)無終(むしう)真神(しんしん)信愛(しんあい)せなくては霊肉(れいにく)(とも)安静(あんせい)(たも)つことは出来(でき)ぬものである。
017一、018真神(しんしん)たる天之御中主(あめのみなかぬし)大神(おほかみ)その霊徳(れいとく)完備(くわんび)具足(ぐそく)せるを天照皇大御神(あまてらすすめおほみかみ)(とな)(たてまつ)り、019(また)(つき)大御神(おほみかみ)(とな)(たてまつ)る。020(しか)して()御祖神(ごそしん)(れい))を高皇産霊大神(たかみむすびのおほかみ)(とな)(いづ)御魂(みたま)(まを)(たてまつ)り、021(みづ)御祖神(ごそしん)(たい))を神皇産霊大神(かむみむすびのおほかみ)(とな)(みづ)御魂(みたま)(まを)(たてまつ)る。
022一、023霊系(れいけい)主宰神(しゆさいしん)(いづ)御魂(みたま)()します国常立神(くにとこたちのかみ)024体系(たいけい)主宰神(しゆさいしん)(みづ)御魂(みたま)()します豊国主尊(とよくにぬしのみこと)(まを)(たてまつ)る。
025一、026以上(いじやう)三神(さんしん)(その)御活動(ごくわつどう)()りて種々(しゆじゆ)名義(めいぎ)あれども、027三位一体(さんみいつたい)にして天之御中主(あめのみなかぬし)大神(おほかみ)大国常立命(おほくにとこたちのみこと)御一柱(おんひとはしら)帰着(きちやく)するのである。
028一、029(ゆゑ)独一真神(どくいつしんしん)(とな)(たてまつ)り、030一神(いつしん)(すなは)多神(たしん)にして多神(たしん)(すなは)一神(いつしん)である。031(これ)短縮(たんしゆく)して(しゆ)()ふ。032(また)(いづ)御魂(みたま)霊界人(れいかいじん)(しゆ)である。033(また)(みづ)御魂(みたま)現界人(げんかいじん)心身内(しんしんない)(まも)(をさ)むる(しゆ)である。
034一、035現界人(げんかいじん)にして心身内(しんしんない)天国(てんごく)()てておかねば死後(しご)身外(しんぐわい)天国(てんごく)摂受(せつじゆ)することは到底(たうてい)不可能(ふかのう)である。036死後(しご)天国(てんごく)歓喜(くわんき)摂受(せつじゆ)()現実界(げんじつかい)歓喜(くわんき)生活(せいくわつ)(おく)らむと(おも)ふものは、037(みづ)御魂(みたま)(まも)りを()けねばならぬ。038(えう)するに生命(いのち)清水(しみづ)()()(うゑ)(かは)ける心霊(しんれい)(うるほ)しておかねば()らぬのである。039(みづ)御魂(みたま)()(とほ)し、040(くち)(とほ)して(しめ)されたる言霊(ことたま)(すなは)生命(いのち)清水(しみづ)である。041霊界物語(れいかいものがたり)によつて(ひと)心身(しんしん)(とも)歓喜(くわんき)(むせ)び、042永遠(ゑいゑん)生命(せいめい)(たも)ち、043死後(しご)歓楽境(くわんらくきやう)(きづ)()るものである。
044一、045天帝(てんてい)(すなは)(しゆ)水火(すゐくわ)(いき)呼吸(こきふ)して無限(むげん)にその生命(せいめい)(たも)(また)宇宙(うちう)万有(ばんいう)生命(せいめい)源泉(げんせん)()(たま)ふ。
046一、047太陽(たいやう)(また)水火(すゐくわ)(いき)呼吸(こきふ)して光温(くわうをん)万有(ばんいう)(あた)ふ。048されど太陽神(たいやうしん)呼吸(こきふ)する大気(たいき)は、049太陰神(たいいんしん)呼吸(こきふ)する大気(たいき)ではない。050(また)人間(にんげん)呼吸(こきふ)する大気(たいき)は、051(しゆ)(およ)日月(じつげつ)呼吸(こきふ)する大気(たいき)では()い。052(ゆゑ)万物(ばんぶつ)呼吸(こきふ)する大気(たいき)(また)053()()れに(ちが)つて()る。054(すべ)(かみ)呼吸(こきふ)する大気(たいき)現体(げんたい)呼吸(こきふ)する大気(たいき)では()い。055現実界(げんじつかい)精霊界(せいれいかい)(すべ)ての事象(じしやう)相違(さうゐ)あるは、056(これ)にても(あきら)かである。057(しか)しながら現実界(げんじつかい)精霊界(せいれいかい)も、058外面(ぐわいめん)より()れば(ほと)んど相似(さうじ)して()るものである。059()ンとなれば現実界(げんじつかい)一切(いつさい)精霊界(せいれいかい)移写(いしや)なるを(もつ)てである。
060一、061高天原(たかあまはら)天国(てんごく)(しゆ)神格(しんかく)()りて所成(しよせい)せられて()る。062(ゆゑ)全徳(ぜんとく)人間(にんげん)()天国(てんごく)と、063三徳(さんとく)二徳(にとく)一徳(いつとく)人間(にんげん)()天国(てんごく)とは(おのおの)高下(かうげ)区別(くべつ)がある。064(また)(しゆ)()人々(ひとびと)()つて(しゆ)神格(しんかく)相違(さうゐ)があるのである。
065一、066そして何人(なにびと)(まなこ)にも同一(どういつ)()えざるは主神(しゆしん)()変異(へんい)があるのでは()い。067(しゆ)()(ところ)塵身(ぢんしん)(また)霊身(れいしん)に、068その(とく)不同(ふどう)があつて、069自身(じしん)情動(じやうだう)()りて(その)標準(へうじゆん)(さだ)むるからである。
070一、071天国(てんごく)には霊身(れいしん)善徳(ぜんとく)如何(いかん)()つて高下(かうげ)大小(だいせう)種々(しゆじゆ)団体(だんたい)(ひら)かれて()る。072(しゆ)(あい)(しゆ)(しん)じて(とく)(まつた)きものは、073最高天国(さいかうてんごく)(のぼ)最歓喜(さいくわんき)(きやう)(あそ)び、074(しゆ)御姿(みすがた)(また)至真(ししん)至美(しび)至善(しぜん)(えい)ずるのである。075(ここ)(おい)てか天国(てんごく)種々(しゆじゆ)区別(くべつ)現出(げんしゆつ)し、076主神(しゆしん)神格(しんかく)()(まなこ)高下勝劣(かうげしようれつ)区別(くべつ)出来(でき)るのである。
077一、078(また)天国外(てんごくぐわい)()罪悪(ざいあく)不信(ふしん)()(いた)つては主神(しゆしん)()れば苦悶(くもん)()へず、079()悪相(あくさう)()恐怖(きようふ)()(あた)はざるに(いた)るのである。
080一、081主神(しゆしん)天国(てんごく)(かく)団体(だんたい)(なか)にその神姿(しんし)(あら)はし(たま)(とき)は、082(その)御相(おんさう)一個(いつこ)天人(てんにん)()させ(たま)ふ。083されど(しゆ)()諸多(しよた)天人(てんにん)とは天地(てんち)相違(さうゐ)がある。084(しゆ)(みづか)らの御神格(ごしんかく)(その)神身(しんしん)より全徳(ぜんとく)()つて(かがや)(たま)ふからである。
085一、086一霊四魂(いちれいしこん)(すなは)直霊(ちよくれい)087荒魂(あらみたま)088和魂(にぎみたま)089奇魂(くしみたま)090幸魂(さちみたま)091以上(いじやう)四魂(しこん)には各自(かくじ)直霊(ちよくれい)()一霊(いちれい)(これ)主宰(しゆさい)して()る。092この四魂(しこん)(まつた)(ぜん)(あい)(しん)とに善動(ぜんどう)活用(くわつよう)するを全徳(ぜんとく)()ふ。093全徳(ぜんとく)霊身(れいしん)(およ)塵身(ぢんしん)(ただち)天国(てんごく)最高(さいかう)位地(ゐち)(のぼ)り、094(また)三魂(さんこん)(ぜん)活用(くわつよう)するを三徳(さんとく)()第二(だいに)天国(てんごく)(すす)み、095(また)二魂(にこん)(ぜん)活用(くわつよう)するを二徳(にとく)()第三(だいさん)天国(てんごく)(すす)み、096(また)一魂(いつこん)(ぜん)活用(くわつよう)するを一徳(いつとく)(また)一善(いちぜん)()ひ、097最下級(さいかきふ)天国(てんごく)(いた)()るものである。098一徳一善(いつとくいちぜん)(しる)すべき()きものは、099草莽間(さうまうかん)漂浪(へうらう)し、100(また)(あめ)八衢(やちまた)彷徨(はうかう)するものである。
101一、102(これ)(はん)して(あく)(つよ)きもの、103不信(ふしん)不愛(ふあい)不徳(ふとく)()は、104(その)罪業(ざいごう)軽重(けいちよう)(おう)じて()()れの地獄(ぢごく)()し、105(つみ)相当(さうたう)苦悶(くもん)()くるのである。
106大正十一年十二月