霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 赤鳥居(あかとりゐ)〔六三三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 篇:第2篇 再探再険 よみ:さいたんさいけん
章:第5章 第18巻 よみ:あかとりい 通し章番号:633
口述日:1922(大正11)年04月25日(旧03月29日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年2月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
紫姫一行は、弥仙山方面へと向かっていた。鹿公は行き先を尋ねるが、紫姫は御神命で固く秘密を守るように言われている、と答える。
すると道中、暗夜に女性の悲鳴が聞こえてきた。紫姫は、若彦、馬公、鹿公に助けに行くようにと命を出す。三人は暗がりの中を悲鳴のした方へ向かっていく。
それはウラナイ教の手下が、黒姫の命でお節をさらってきていた所であった。鹿公はとっさに黒姫の作り声を出して、手下たちを誘導する。馬公が幽霊の真似をすると、ウラナイ教の手下たちは驚いて逃げていってしまった。
鹿公と馬公は、お節を助けて紫姫のところまで連れて行った。お節は、爺婆が亡くなったため、青彦(若彦)を追って聖地に行く途中、ウラナイ教の男二人にかどわかされたのだ、という。
若彦は、お節に名乗りをして二人は再会を果たした。お節は嬉しさに若彦にすがりつく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1805
愛善世界社版:80頁 八幡書店版:第3輯 666頁 修補版: 校定版:83頁 普及版:35頁 初版: ページ備考:
001(てん)(くわ)(すゐ)()(むす)びたる
002(あを)(あか)(しろ)()をこき()ぜて
003(みどり)(したた)足曳(あしびき)
004(やま)(やま)とに(つつ)まれし
005由良(ゆら)(なが)れに沿()(なが)
006彼方(かなた)()てる(むらさき)
007(けぶり)()あてに(すす)()
008紫姫(むらさきひめ)宣伝使(せんでんし)
009草木(くさき)()ゆる若彦(わかひこ)
010(うま)(むち)()膝栗毛(ひざくりげ)
011鹿(しか)()()めテクテクと
012(かた)斑鳩(いかるが)()(そら)
013笠西坂(かさにしさか)頂上(ちやうじやう)
014四人(よにん)(やうや)()きにけり。
015若彦(わかひこ)紫姫(むらさきひめ)(さま)016(この)風景(ふうけい)()地点(ちてん)四方(よも)景色(けしき)観望(くわんばう)して(いき)(やす)めませうか』
017紫姫(むらさきひめ)(わたし)もさう(おも)つて()ました、018弥仙(みせん)のお(やま)(むらさき)のお容姿(すがた)(あら)はし(たま)ひ、019連峰(れんぽう)(あつ)して(たか)雲表(うんぺう)(かしら)突出(つきだ)して、020(じつ)(なん)とも()へぬ雄大(ゆうだい)さで御座(ござ)いますね』
021若彦(わかひこ)左様(さやう)です、022(はる)弥仙山(みせんざん)(また)格別(かくべつ)ですな、023彼方(あちら)()ゆる四尾(よつを)神山(しんざん)024コンモリした()繁茂(しげみ)025桶伏山(をけふせやま)もちらりと()えて()ます、026(じつ)遠方(ゑんぱう)から()四尾山(よつをざん)一層(いつそう)崇高味(すうかうみ)()すやうですな、027昨夜(さくや)あの山麓(さんろく)悦子姫(よしこひめ)(さま)のお(やかた)(たづ)ねた(とき)は、028その(やう)立派(りつぱ)(やま)ぢやと(おも)ひませなンだが、029矢張(やつぱり)(おほ)きなものは近寄(ちかよ)つて()るよりも、030遠見(ゑんけん)(はう)余程(よほど)真相(しんさう)()れる(やう)ですな』
031紫姫(むらさきひめ)『アヽ()景色(けしき)にうたれ、032(おも)はず時間(じかん)(つひ)やしました、033そろそろ出掛(でかけ)ませうか』
034馬公(うまこう)『もう(ちつ)(やす)みていつたら如何(どう)です、035(これ)から(おく)()けば(やま)(やま)と、036双方(さうはう)から圧搾(あつさく)した(やう)殺風景(さつぷうけい)難路(なんろ)(ばか)りですよ、037充分(じゆうぶん)聖地(せいち)此処(ここ)から憧憬(どうけい)して名残(なごり)()しみ、038四尾山(よつをざん)袂別(けつべつ)挨拶(あいさつ)(をは)つて()かうではありませぬか、039随分(ずゐぶん)(この)(さき)急坂(きふはん)がありますから………』
040紫姫(むらさきひめ)『サア、041(すこ)(やす)みませうか』
042鹿公(しかこう)『アヽ、043さうなさいませ、044充分(じゆうぶん)英気(えいき)(やしな)つて(まゐ)りませう、045一歩(いつぽ)々々(いつぽ)大江山(おほえやま)接近(せつきん)するのですから、046(この)安全(あんぜん)地帯(ちたい)充分(じゆうぶん)浩然(こうぜん)()(やしな)つて()(こと)(いた)しませう。047(しか)(なが)最早(もはや)大江山(おほえやま)鬼雲彦(おにくもひこ)遁走(とんそう)し、048(あと)には鬼武彦(おにたけひこ)御眷属(ごけんぞく)御守護(ごしゆご)して()られるなり、049三嶽(みたけ)岩窟(がんくつ)滅茶(めつちや)々々(めつちや)となり、050鬼ケ城(おにがじやう)(また)鬼熊別(おにくまわけ)敗走(はいそう)以来(いらい)051(てき)(かげ)(とど)めて()ないぢやありませぬか、052それに(また)貴女(あなた)吾々(われわれ)(この)方面(はうめん)用向(ようむき)仰有(おつしや)らずに()()れておいでになつたのは、053(すこ)しく合点(がてん)(まゐ)りませぬ、054一体(いつたい)全体(ぜんたい)如何(どう)(あそ)ばす(つも)りですか。055(すこ)(くらゐ)()らし(くだ)さつても滅多(めつた)口外(こうぐわい)(いた)しませぬがな』
056紫姫(むらさきひめ)『いいえ、057悦子姫(よしこひめ)(さま)(つう)じて大神様(おほかみさま)の「一切(いつさい)秘密(ひみつ)(まも)れ」との御神命(ごしんめい)なれば、058仮令(たとへ)貴方(あなた)(わたし)(なか)でも(これ)ばかりは発表(はつぺう)する(こと)出来(でき)ませぬ、059(やが)真相(しんさう)(わか)るでせう』
060鹿公(しかこう)紫姫(むらさきひめ)(さま)は、061吾々(われわれ)二人(ふたり)元来(もとより)貴女(あなた)従僕(しもべ)062さう叮嚀(ていねい)なお言葉(ことば)をお使(つか)(くだ)さつては(じつ)(おそ)()ります、063何卒(どうぞ)今後(こんご)鹿(しか)064(うま)仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ』
065紫姫(むらさきひめ)『いえいえ、066今迄(いままで)(わたし)なれば極端(きよくたん)なる階級(かいきふ)制度(せいど)習慣(しふくわん)主人(しゆじん)気取(きど)りになるでせうが、067三五教(あななひけう)(すく)はれてより上下(じやうげ)隔壁(かくへき)念頭(ねんとう)よりすつかり散逸(さんいつ)させて仕舞(しま)ひました。068人間(にんげん)(つく)つた不合理的(ふがふりてき)階級(かいきふ)制度(せいど)墨守(ぼくしゆ)するは、069(かへつ)大神様(おほかみさま)御神慮(ごしんりよ)違反(ゐはん)する(こと)となりませう。070(もと)一株(ひとかぶ)(おな)神様(かみさま)分霊(わけみたま)ですからな』
071鹿公(しかこう)『ハイ、072有難(ありがた)御座(ござ)います。073左様(さやう)ならば今後(こんご)主従(しゆじゆう)障壁(しやうへき)撤去(てつきよ)し、074私交上(しかうじやう)(おい)ては平等的(べうどうてき)交際(かうさい)()して(いただ)きませう。075(しか)(なが)教理(をしへ)(うへ)(こと)()いては矢張(やつぱり)師弟(してい)関係(くわんけい)何処迄(どこまで)維持(ゐぢ)して()()御座(ござ)います、076何卒(どうぞ)(これ)だけはお(みと)()きをお(ねが)(まを)します』
077紫姫(むらさきひめ)(なん)だか(わたし)がお(まへ)さまの師匠(ししやう)なぞと()はれると、078(あし)(うら)までくすぐつたい(やう)()がしてなりませぬ』
079鹿公(しかこう)今後(こんご)(その)(つも)りでお(ねが)(いた)します、080(しか)(なが)貴女(あなた)(はな)(みやこ)へは(かへ)()うは御座(ござ)いませぬか』
081紫姫(むらさきひめ)『それは人間(にんげん)ですもの、082故郷(こきやう)(かへ)()いは山々(やまやま)ですが、083神様(かみさま)御命令(ごめいれい)完全(くわんぜん)(はた)さなくてはなりませぬ、084それ(まで)(わたし)故郷(こきやう)(こと)はすつかり念頭(ねんとう)から分離(ぶんり)して()ます、085何卒(どうぞ)今後(こんご)故郷(こきやう)(こと)()つて(くだ)さいますな……、086サア若彦(わかひこ)さま、087(まゐ)りませう』
088(いさぎよ)駆出(かけだ)す。
089紫姫(むらさきひめ)一行(いつかう)
090(いづ)(みたま)瑞霊(みづみたま)
091(かみ)(めぐみ)河守駅(かうもりえき)
092やすやす(わた)船岡(ふなをか)
093深山(みやま)左手(ゆんで)(なが)めつつ
094(ひと)(こころ)のあか鳥居(とりゐ)
095鬼武彦(おにたけひこ)眷属(けんぞく)
096旭明神(あさひみやうじん)(まつ)りたる
097(ほこら)(まへ)()ちどまり
098()()(さち)(いの)りつつ
099(また)もや(きた)()かむとす
100(ころ)しもあれや山林(さんりん)
101(かな)しき(をんな)(さけ)(ごゑ)
102(とり)()()(ましら)(こゑ)
103合点(がてん)ゆかぬと()ちとまり
104(かうべ)(かたむ)()()れば
105(たす)けて()れいと手弱女(たをやめ)
106(まさ)しく(さけ)びの(こゑ)なりき。
107 若彦(わかひこ)(この)(こゑ)()きつけらるる(ごと)面持(おももち)にて前後(ぜんご)(わす)(みみ)をすまし()る。
108馬公(うまこう)『モシモシ若彦(わかひこ)さま、109(なに)茫然(ぼんやり)として()なさる、110あの(こゑ)如何(どう)ですか、111(かな)(さう)乙女(をとめ)救援(きうゑん)(もと)むる(こゑ)ぢやありませぬか』
112若彦(わかひこ)(なん)とも合点(がつてん)のゆかぬ(こゑ)だ』
113 (さけ)(ごゑ)益々(ますます)(はげ)しく(きこ)(きた)る。
114紫姫(むらさきひめ)(みな)さま、115御苦労(ごくらう)ですが(わたし)(この)(ほこら)(まへ)御祈念(ごきねん)(いた)して()つて()ますから、116(みち)(くら)御座(ござ)いますが()()(なが)ら、117あの(こゑ)(たづ)ねて実否(じつぴ)調(しら)べて()(くだ)さいませぬか』
118若彦(わかひこ)『ハイ、119(かしこ)まりました、120貴女(あなた)一人(ひとり)此処(ここ)にお()たせしても()みませぬから、121鹿公(しかこう)()へて()きませう』
122紫姫(むらさきひめ)『いえいえ、123(けつ)して御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな、124(わたし)(これ)より宣伝使(せんでんし)となつて如何(いか)なる魔神(まがみ)(なか)にも単騎(たんき)進撃(しんげき)をやらねばならない(もの)御座(ござ)います、125何卒(どうぞ)(かま)ひなく一刻(いつこく)(はや)くあの(こゑ)(はう)(むか)つてお(すす)(くだ)さいませ』
126若彦(わかひこ)委細(ゐさい)承知(しようち)(いた)しました、127戦況(せんきやう)時々刻々(じじこくこく)報告(はうこく)(いた)させます、128サアサア馬公(うまこう)129鹿公(しかこう)130サア出陣(しゆつぢん)だ』
131馬公(うまこう)『ここに(うま)()ります、132千里(せんり)名馬(めいば)133御跨(おまたが)(くだ)さいませ、134(てき)(むか)つて天晴(あつぱ)名将(めいしやう)武者振(むしやぶ)りを発揮(はつき)するも一寸(ちよつと)(めう)ですぜ』
135鹿公(しかこう)(うま)でお()()らねば鹿(しか)()ります、136児屋根(こやね)(みこと)さまは鹿(しか)にお()(あそ)ばしたぢやありませぬか、137()()くは(わたくし)恩命(おんめい)(くだ)(たま)はらば結構(けつこう)ですが……』
138若彦(わかひこ)馬公(うまこう)139鹿公(しかこう)140馬鹿口(ばかぐち)たたく猶予(いうよ)があるか、141サア(はや)()きませう』
142(うま)143鹿(しか)『エー、144馬鹿々々(ばかばか)しい、145突貫(とつくわん)々々(とつくわん)146一二(いちに)一二(いちに)
147(くら)がりの(みち)(こゑ)をあげて(すす)()く。148以前(いぜん)(こゑ)はピタリと()まりぬ。149三人(さんにん)暗夜(あんや)方向(はうかう)(うしな)当惑(たうわく)()るる(をり)しも暗中(あんちう)(ひと)(こゑ)
150(かふ)『サア、151もう(これ)大丈夫(だいぢやうぶ)だ、152ああして(まつ)(した)猿轡(さるぐつわ)()めて引括(ひつくく)つて()けば()げる気遣(きづか)ひはない(わい)153マアゆつくりと(くら)がりを(さいは)休息(きうそく)でも(あそ)ばさうぢやないか』
154(おつ)休息(きうそく)しようと()つたつて(にはか)(くら)くなつて寸魔尺哭(すんましやくこく)ぢや、155まるで(かま)(かぶ)つた(やう)ぢやないか』
156(かふ)(かま)(かぶ)れば(そら)(ほし)()えない(はず)だ、157あれ()よ、158(くも)(ほころ)びからチラホラと(ほし)(ひかり)(かすか)(またた)いて()るぢやないか』
159(おつ)(なに)160何処(どこ)もかも天地(てんち)暗憺(あんたん)161(ほし)(ひと)つだに()えぬ(かな)しさだ』
162(かふ)(これ)(ほど)立派(りつぱ)(ほし)()えて()るのに貴様(きさま)(また)何処(どこ)()いて()るのだ、163アハヽヽヽ、164やられ()つたな、165八畳敷(はちでふじき)に』
166(おつ)八畳敷(はちでふじき)(なん)だい』
167(かふ)大方(おほかた)(たぬき)睾丸(きんたま)でも(かぶ)されよつたのだらう』
168(おつ)(なに)169ソンナ気遣(きづか)ひがあるものか、170ヤア方角(はうがく)間違(まちが)つて()つた。171(した)ばつかり()()つたものだから、172(ほし)()えなかつたのだ、173ホンに彼方(あちら)此方(こちら)(ほし)金米糖(こんぺいたう)(ひか)つて()(わい)
174(かふ)『それこそ方角(はうがく)(てん)()がつて()つたのだ』
175(おつ)(なに)176()(ちが)つた(だけ)だよ、177アハヽヽヽ。178(しか)貴様(きさま)(おれ)二人(ふたり)では()(をんな)(この)(くら)がりに(かつ)いで()(わけ)にもゆかず、179(みち)(また)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)にでも出会(であ)つたら大変(たいへん)だからなア』
180(かふ)『ちつたア出世(しゆつせ)しようと(おも)へば(これ)(くらゐ)苦労(くらう)はせなくちや()らないよ。181何時(いつ)黒姫(くろひめ)さまが苦労(くらう)出世(しゆつせ)(もと)ぢやと(おつ)しやるぢやないか、182ソンナ(よわ)(こと)()はずに、183サア(これ)から棒片(ぼうちぎれ)にでも(くく)りつけて、184貴様(きさま)(おれ)とが(かつ)いで魔窟ケ原(まくつがはら)岩窟(いはや)(かへ)るとしよう。185さうすれば富彦(とみひこ)だつて虎若(とらわか)だつて、186俺達(おれたち)(たい)今迄(いままで)(やう)無暗(むやみ)威張(ゐば)らなくなるよ。187吾々(われわれ)殊勲者(しゆくんしや)として黒姫(くろひめ)さまの信任(しんにん)益々(ますます)(あつ)く、188鼻高々(はなたかだか)高山彦(たかやまひこ)御大将(おんたいしやう)以上(いじやう)待遇(たいぐう)されるかも()れないよ、189アハヽヽヽ』
190 鹿(しか)(にはか)(をんな)(つく)(ごゑ)()して、
191鹿公(しかこう)『コレコレ、192滝公(たきこう)193板公(いたこう)194(わし)黒姫(くろひめ)ぢや、195その(をんな)大切(たいせつ)踏縛(ふんじば)つて(はや)(かつ)いで、196(この)黒姫(くろひめ)(あと)()いて御座(ござ)れ、197愚図々々(ぐづぐづ)して()ると三五教(あななひけう)寝返(ねがへ)りを()つた青彦(あをひこ)馬公(うまこう)鹿公(しかこう)古今無双(ここんむさう)英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)引率(ひきつ)れ、198前達(まへたち)(くび)捻切(ねぢき)るかも()れぬ。199サアサ(はや)用意(ようい)をなされ、200コンナ(ところ)愚図々々(ぐづぐづ)して()ると()(こと)があるものかいのう』
201(かふ)『ヤ、202()ぶより(そし)れとは此処(ここ)(こと)か、203(いま)(いま)とて、204…へ…一寸(ちよつと)……貴女様(あなたさま)のお(うはさ)(いた)して()りました。205イヤもう(ほね)()れた(こと)御座(ござ)いました。206(せつ)阿魔女(あまつちよ)随分(ずゐぶん)()()いて()ましたよ』
207鹿公(しかこう)『ア、208さうぢやらう さうぢやらう、209彼奴(あいつ)仲々(なかなか)()()いた(やつ)ぢや、210強情(がうじやう)(をんな)ぢや、211サアサア(はや)(つき)()(うち)用意(ようい)をなされ』
212(かふ)213(おつ)『ハイ、214(かしこ)まりました、215暫時(しばらく)()(くだ)さいませ』
216鹿公(しかこう)『そのお(せつ)何処(どこ)()いてあるのだい』
217(おつ)『ハイハイ、218此処(ここ)から十間(じつけん)(ばか)先方(むかう)(まつ)()(ふもと)猿轡(さるぐつわ)()ませ、219手足(てあし)(しば)つて根元(ねもと)(しつか)(くく)つて()きました』
220鹿公(しかこう)『それはお骨折(ほねをり)ぢやつた、221(しか)(いき)()える(やう)(こと)はして()からうな』
222(おつ)(なに)223貴女(あなた)224()うせ()れて(かへ)つて(ころ)すか、225此処(ここ)(ころ)すか、226手間(てま)(おな)(こと)ですもの、227あの(とほ)猿轡(さるぐつわ)()めた以上(いじやう)は、228もう今頃(いまごろ)はコロリといつて()るかも()れませぬ』
229(かふ)『イエイエ、230滅多(めつた)()ンでは()りますまい、231(この)滝公(たきこう)(いき)()れない(やう)に、232(こゑ)()さない(やう)に、233そこは注意(ちうい)周到(しうたう)(もの)です、234大丈夫(だいぢやうぶ)ですよ』
235鹿公(しかこう)(わし)一寸(ちよつと)調(しら)べがてらにお(まへ)(あと)()いて()かうかな』
236(かふ)『サアサ黒姫(くろひめ)(さま)237御実検(ごじつけん)(くだ)さいませ、238貴女(あなた)実地(じつち)()(もら)へばお(うま)(さき)功名(こうみやう)同然(どうぜん)239いやもう無上(むじやう)光栄(くわうえい)御座(ござ)います』
240鹿公(しかこう)『それはお手柄(てがら)手柄(てがら)241サア(はや)()せて(くだ)さい』
242板公(いたこう)随分(ずゐぶん)険難(けんのん)(くら)がり(みち)御座(ござ)いますから、243(わたくし)がお()()つて()げませう』
244鹿公(しかこう)『イヤイヤ、245滅相(めつさう)な、246(とし)()つても()だお(まへ)(やう)(わか)いお(かた)(たす)けられる(ほど)247耄碌(まうろく)はして()りませぬ(わい)248()(にぎ)られると発覚(はつかく)の……どつこい……八角(はつかく)(くそ)をこめて気張(きば)つても……お(せつ)()(にぎ)つて(めう)(こと)をするでないぞ』
249板公(いたこう)阿呆(あはう)らしい、250(なに)(おつ)しやいます、251ソンナラ(わたくし)(あと)から足音(あしおと)をたよつて()(くだ)さいませ、252アヽ(くら)(くら)い』
253(さぐ)(あし)(ある)()す。254三人(さんにん)(いき)()らし(やみ)(さいは)()いて()く。
255滝公(たきこう)『オイ、256板公(いたこう)257()(へん)だつたいな、258あまり(くら)くつて(はな)(つま)まれても(わか)らぬ(やう)だ、259テント方向(はうかう)がとれぬぢやないか』
260板公(いたこう)『ヤ、261此処(ここ)此処(ここ)だ、262オイお(せつ)263これから魔窟ケ原(まくつがはら)結構(けつこう)(ところ)(おく)つてやるのだ、264満足(まんぞく)だらう。265オイお(せつ)266返事(へんじ)をせぬか』
267滝公(たきこう)馬鹿(ばか)()うない、268(こゑ)をたてぬ(やう)猿轡(さるぐつわ)()めて()いた(もの)返事(へんじ)をするものかい、269狼狽(うろた)へた(こと)()ふな』
270板公(いたこう)『オヽ、271さうだつたな、272サアサアお(せつ)273(ほど)いてやらう、274ヤア(えら)猿轡(さるぐつわ)だ、275(いき)()らしては面白(おもしろ)くない、276ちつと(ゆる)めてやらう、277ヤア(ぬく)いぞ(ぬく)いぞ、278(たしか)(この)耆婆扁鵲(きばへんじやく)診察(しんさつ)()れば(きは)めて安心(あんしん)だ。279恢復(くわいふく)見込(みこみ)たしかだ。280予後(よご)(りやう)だ』
281 (うま)282(めう)(こゑ)()して、
283『ヒユー、284ドロドロドロ、285(うら)めしやア、286仮令(たとへ)生命(いのち)はとらるるとも、287魂魄(こんぱく)(この)()(とど)まりて、288滝公(たきこう)289板公(いたこう)素首(そつくび)()()かいでやむべきか……』
290 (たき)291(いた)は、
292『ヤア、293()やがつた、294こいつア(たま)らぬ』
295無茶苦茶(むちやくちや)()()す。296(あやま)つて(かたへ)谷川(たにがは)へザンブと二人(ふたり)()()みたり。
297 馬公(うまこう)手早(てばや)(つな)(ほど)猿轡(さるぐつわ)(はづ)し、
298『ヤアお(せつ)さま、299しつかり()さいませ、300もう大丈夫(だいぢやうぶ)です』
301 お(せつ)(はじ)めて()()いたと()え、
302(なに)303(なんぢ)悪神(あくがみ)家来(けらい)(ども)304もう()うなる(うへ)はお(せつ)死物狂(しにものぐるひ)305()(もの)()せて()れむ』
306馬公(うまこう)『ヤア、307それは(ちが)ひます、308(わたくし)三五教(あななひけう)(うま)(まを)すもの、309貴女(あなた)のお(こゑ)(たづ)ねてお(たす)けに()たのです、310御安心(ごあんしん)なさいませ。311(いま)二人(ふたり)悪者(わるもの)(ども)(おどろ)いて逃行(にげゆ)途端(とたん)に、312(この)谷川(たにがは)()()みました。313あまり(くら)いので如何(どう)なつたか()りませぬが、314吾々(われわれ)(けつ)して悪者(わるもの)では御座(ござ)いませぬ。315サア鹿公(しかこう)316若彦(わかひこ)さま、317(この)(せつ)さまの()()いて(ひろ)(みち)まで()れて()つてあげませうか』
318(せつ)(はじ)めて安心(あんしん)(てい)
319『これはこれは(あやふ)(ところ)をようこそお(たす)(くだ)さいました。320アヽ神様(かみさま)有難(ありがた)御座(ござ)います』
321(てん)(むか)つて合掌(がつしやう)感謝(かんしや)する(をり)しも、322(やま)(のぞ)いて()半円(はんゑん)(つき)323(たちま)(みち)判然(はつきり)()()しにける。
324馬公(うまこう)『アヽ有難(ありがた)いものだ、325これで安心(あんしん)だ、326サア(はや)く、327紫姫(むらさきひめ)さまがお()ちかね、328(まゐ)りませう』
329とお(せつ)()()り、330四人(よにん)紫姫(むらさきひめ)暗祈黙祷(あんきもくたう)()らす(ほこら)(まへ)にやつと(かへ)()たりぬ。
331鹿公(しかこう)紫姫(むらさきひめ)(さま)332鹿(しか)野郎(やらう)功名(こうみやう)手柄(てがら)333()(くだ)さいませよ。334目的物(もくてきぶつ)首尾(しゆび)よく()()りました』
335紫姫(むらさきひめ)『ア、336それはそれは、337御苦労様(ごくらうさま)338何処(どこ)のお(かた)だつたか()らぬが(あやふ)(ところ)御座(ござ)いましたな』
339(せつ)『ハイ、340有難(ありがた)御座(ござ)います、341(ちから)(たの)むお(ぢい)さまには()(わか)れ、342()アさまにも(また)死別(しにわか)れ、343(いま)(たよ)りなき(をんな)一人暮(ひとりぐら)し、344許婚(いひなづけ)(わたし)(をつと)(あと)(した)ひ、345聖地(せいち)(むか)つて(すす)()(をり)しも、346(みち)()(まよ)魔窟ケ原(まくつがはら)(とほ)りました。347(ところ)(うしろ)より「オーイオーイ」と(をとこ)(こゑ)348(なに)()もあれ、349(あや)しき(やつ)一生懸命(いつしやうけんめい)(なが)(みち)此処(ここ)まで()げて(まゐ)りました、350(をり)あしく道中(だうちう)岩石(がんせき)(つまづ)きバタリと()けて(たふ)れた(ところ)を、351()ひかけて()二人(ふたり)(をとこ)352()(かさ)なつて(わたし)高手(たかて)小手(こて)(しば)り、353(まつ)()(ふもと)()れて()つて、354()()(なぐ)るの乱暴狼藉(らんばうろうぜき)355(わたし)(ちから)(かぎ)(いづ)れの(かた)かお(とほ)りあらばお(たす)(くだ)さるであらうと、356女々(めめ)しくも(こゑ)をたてました。357さうすると二人(ふたり)悪者(わるもの)(わたし)(くち)()ます猿轡(さるぐつわ)358最早(もはや)(かな)はぬと観念(かんねん)()(みは)り、359()(うと)くなりまする(さい)360(おも)はぬお(たす)けに(あづ)かりました。361(この)御恩(ごおん)()すとも(わす)れませぬ、362皆様(みなさま)()くお(たす)(くだ)さいました』
363(うれ)(なみだ)()()しける。
364鹿公(しかこう)『モシ若彦(わかひこ)さま、365(さつ)する(ところ)貴方(あなた)れこぢやありませぬか』
366『ハイ……』
367()つたきり若彦(わかひこ)俯向(うつむ)()る。
368鹿公(しかこう)『アハヽヽヽ、369これはこれは、370(はづか)しう御座(ござ)るか、371(ひさ)()りの恋女房(こひにようばう)対面(たいめん)372柔和(やさ)しい言葉(ことば)(ひと)つも()けておあげなさつては如何(どう)ですか、373吾々(われわれ)()ると(おも)つて()()(こと)()()はず、374()()うても()()かず、375(われ)(わが)(こころ)(いつは)つて()らつしやるのでせう。376吾々(われわれ)であつたなればソンナ虚偽(きよぎ)(こと)(いた)しませぬワ、377「ア、378(まへ)女房(にようばう)か、379()うマア無事(ぶじ)()()れた、380これと()ふも神様(かみさま)のお(かげ)381()ひたかつた()ひたかつた」としつかと()きしめ(うれ)(なみだ)()れにけり……と()場面(ばめん)だ。382吾々(われわれ)(しばら)退却(たいきやく)(いた)さう、383ナア若彦(わかひこ)さま、384(せつ)さまとゆつくり(ほど)()(おも)()物語(ものがたり)385しつぽりとなされませや、386ずつしりとお()(あそ)ばせ、387紫姫(むらさきひめ)さま、388馬公(うまこう)389(しばら)()()かせませう』
390若彦(わかひこ)『イヤ有難(ありがた)御座(ござ)います、391皆様(みなさま)のお(かげ)392斯様(かやう)(ところ)でお(せつ)殿(どの)()ふのも神様(かみさま)のお摂理(せつり)御座(ござ)いませう。393モシモシお(せつ)どの、394(わたくし)(おぼ)えて()ますか、395青彦(あをひこ)ですよ』
396(せつ)『ア、397貴方(あなた)青彦(あをひこ)さま、398(なつか)しう御座(ござ)います。399()うマア無事(ぶじ)()(くだ)さいました』
400(うれ)しさに前後(ぜんご)(わす)れ、401青彦(あをひこ)()獅噛(しが)()(やう)身体(からだ)をもだえ()(さけ)ぶ。
402鹿公(しかこう)『カチカチ、403観客(くわんきやく)(みな)さま、404これで幕切(まくきり)(いた)します。405今後(こんご)成行(なりゆき)(また)明晩(みやうばん)(つづ)(もの)として(えん)じまする、406何卒(なにとぞ)不相変(あひかはらず)御贔屓(ごひいき)(もつ)賑々(にぎにぎ)しく御入来(ごじゆらい)あらむ(こと)(ひとへ)(こひねが)()(たてまつ)ります、407アハヽヽヽ』
408紫姫(むらさきひめ)『オホヽヽヽ、409鹿公(しかこう)410(とき)場合(ばあひ)()ります、411洒落(しやれ)もいい加減(かげん)にしなさいや』
412馬公(うまこう)『オイ鹿(しか)413(なに)()ふのだ、414サアサア(みな)さま、415(つき)()ました、416もう一息(ひといき)だ、417(あま)岩戸(いはと)まで(いそ)ぎませう』
418大正一一・四・二五 旧三・二九 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)