霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 当推量(あてすゐりやう)〔八〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 篇:第2篇 暗黒の叫 よみ:あんこくのさけび
章:第9章 第28巻 よみ:あてすいりょう 通し章番号:809
口述日:1922(大正11)年08月08日(旧06月16日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年8月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
テールスタンは、泰安城で真道彦軍本隊に敗退させられたことを根に持って、真道彦を口を極めて讒言した。そのため、真道彦の使者は疑心暗鬼のカールス王に尋問され、真道彦を擁護した者は投獄され、共に真道彦を讒言した者は取り立てられた。
そうとも知らずやってきた真道彦とヤーチン姫は、たちまち捕らえられて投獄されてしまった。
そうしてカールス王は軍勢を率いて泰安城へ乗り込んだ。この勢いと教主の投獄に、マリヤス姫ら聖地軍は敗走し、カールス王は泰安城を取り戻した。三五教は火の消えたようになってしまった。
カールス王は泰安城を取り戻して政務を取ったが、国内の情勢は穏やかならず、セールス姫一派が再来するとか、シャーカルタンやトロレンスが再起を図っているとかの噂で持ちきりだった。
しかしカールス王は重臣の甘言に耳を塞がれており、天下は無事太平であると信じてしまっていた。テールスタンら真道彦を讒言して王に取り入った重臣たちは、三五教を捨てて元のバラモン教を祀り、国勢の補助とした。そのため国内には怨嗟の声が満ちることとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2809
愛善世界社版:105頁 八幡書店版:第5輯 391頁 修補版: 校定版:109頁 普及版:50頁 初版: ページ備考:
001 テールスタンは泰安城(たいあんじやう)(おい)て、002真道彦命(まみちひこのみこと)神軍(しんぐん)より手厳(てきび)しく撃退(げきたい)されたる無念(むねん)()らさむが(ため)に、003エールと(とも)にカールス(わう)(むか)つて(くち)(きは)めて、004真道彦命(まみちひこのみこと)一派(いつぱ)讒訴(ざんそ)した。
005 真道彦命(まみちひこのみこと)()かる(わう)(いか)りに()()ることは(ゆめ)にも()らず、006マールエースをして、007(わう)泰安城(たいあんじやう)(むか)へむと、008誠意(せいい)をこめて(つか)はしたるにも(かか)はらず、009エール()讒訴(ざんそ)(かた)(しん)じたるカールス(わう)容易(ようい)(いか)()けず、010真道彦(まみちひこ)使者(ししや)(ことごと)牢獄(らうごく)(とう)じ、011日夜(にちや)エールをして(きび)しく訊問(じんもん)せしめつつあつた。012真道彦命(まみちひこのみこと)幾度(いくたび)使(つかひ)(つか)はすも、013一人(ひとり)として(かへ)(きた)らざるに不審(ふしん)(いだ)き、014ヤーチン(ひめ)(とも)に、015(わう)陣屋(ぢんや)伺候(しこう)し、016誠意(せいい)をこめて(わう)泰安城(たいあんじやう)(むか)へむと、017遥々(はるばる)訪問(はうもん)したりける。
018 手具脛(てぐすね)ひいて()つて()たエール一味(いちみ)(もの)は、019有無(うむ)()はせず、020ヤーチン(ひめ)021真道彦命(まみちひこのみこと)牢獄(らうごく)(とう)じ、022日夜(にちや)訊問(じんもん)(つづ)けたり。023第一(だいいち)(わう)(まへ)(かた)両手(りやうて)(いまし)められて引出(ひきいだ)されたるは、024マールエース、025ホーレンスの二人(ふたり)であつた。026正面(しやうめん)にカールス(わう)閻羅王(えんらわう)(ごと)厳然(げんぜん)として()(ひか)らせ、027エール、028テールスタンは左右(さいう)赤面(あかづら)(さら)し、029()(いか)らして、030訊問(じんもん)()(はな)ちゐる。031(わう)はマールエースに(むか)ひ、
032カールス(わう)(なんぢ)玉藻山(たまもやま)聖地(せいち)(なが)らく()()みて、033真道彦命(まみちひこのみこと)何事(なにごと)かを企画(きくわく)しつつありしと()く。034委細(ゐさい)(つぶ)さに陳弁(ちんべん)せよ』
035(きび)しく()ひかくれば、036マールエースは、
037『ハイ(わたし)(わう)御病気(ごびやうき)(ため)038淡渓(たんけい)(やかた)御退去(ごたいきよ)(のち)はセールス(ひめ)039セウルスチン(その)()悪人輩(あくにんばら)行動(かうどう)040()るに(しの)びず、041(とき)()つてカールス王様(わうさま)御親政(ごしんせい)復帰(ふくき)(たてまつ)らむと(こころ)(けつ)し、042玉藻山(たまもやま)()(のが)れて、043時機(じき)(いた)るを()ちつつありましたので御座(ござ)います。044(しか)るに(この)(たび)泰安城(たいあんじやう)大変事(だいへんじ)()き、045(わう)御身辺(ごしんぺん)(あやぶ)み、046救援(きうゑん)(ため)神軍(しんぐん)(ひき)(まゐ)りました。047(ほか)にそれ以上(いじやう)目的(もくてき)(なに)御座(ござ)いませぬ。048何卒(なにとぞ)公平(こうへい)なる御判断(ごはんだん)(ねが)(たてまつ)ります』
049カールス(わう)(なんぢ)(まを)(こと)050よもや間違(まちがひ)はあるまい。051それに()いて、052(なんぢ)(たづ)ねたき(こと)がある。053ヤーチン(ひめ)真道彦命(まみちひこのみこと)二人(ふたり)(あひだ)関係(くわんけい)(ぞん)じて()るや』
054マールエース『ハイ御両人(ごりやうにん)(とも)忠実(ちうじつ)御神務(ごしんむ)奉仕(ほうし)されて()られました。055(べつ)(うはさ)にのぼつて()(ごと)醜関係(しうくわんけい)は、056(わたくし)としては(みと)められませぬ』
057カールス(わう)『テールスタンやエールも(なが)らく(なんぢ)(ごと)聖地(せいち)()()んで、058幹部(かんぶ)(れつ)して()(もの)059()れら両人(りやうにん)()(ところ)()れば、060真道彦(まみちひこ)はヤーチン(ひめ)(あや)しき関係(くわんけい)(むす)び、061(とき)()泰安城(たいあんじやう)占領(せんりやう)し、062台湾島(たいわんたう)主権(しゆけん)(にぎ)り、063(みづか)(わう)(しよう)する計画(けいくわく)()てて()つたではないか。064(かく)(ごと)歴然(れきぜん)たる二人(ふたり)証人(しようにん)ある(うへ)は、065(かく)すも無駄(むだ)であらう。066有態(ありてい)白状(はくじやう)せよ』
067マールエース『真道彦命(まみちひこのみこと)(かぎ)りて、068(けつ)して左様(さやう)政治的(せいぢてき)野心(やしん)も、069(また)醜行(しうかう)も、070毛頭(まうとう)御座(ござ)いませぬ。071三五教(あななひけう)古来(こらい)主義(しゆぎ)として、072教主(けうしゆ)たる(もの)政治的(せいぢてき)野心(やしん)()()からずと()(きび)しき(おきて)御座(ござ)いまする。073信心(しんじん)堅固(けんご)なる真道彦命(まみちひこのみこと)(おい)て、074如何(どう)して左様(さやう)御心(おこころ)(いだ)かれませう。075(まつた)人々(ひとびと)邪推(じやすい)より()でたる(うはさ)御座(ござ)いますれば、076何卒(なにとぞ)神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、077公平(こうへい)なる御判断(ごはんだん)(ねが)(たてまつ)ります』
078 (わう)烈火(れつくわ)(ごと)(いきどほ)り、
079カールス(わう)(なんぢ)080マールエース、081(その)(はう)真道彦(まみちひこ)(こころ)(あは)せ、082泰安城(たいあんじやう)占領(せんりやう)し、083政治(せいぢ)全権(ぜんけん)(にぎ)り、084()()れを排斥(はいせき)せむとの悪虐(あくぎやく)無道(ぶだう)一類(いちるゐ)であらう。085……ヤア、086エール、087一刻(いつこく)(はや)くマールエースが事実(じじつ)白状(はくじやう)(いた)(まで)088牢獄(らうごく)(とう)じ、089水責(みづぜ)火責(ひぜ)めの責苦(せめく)()はしても、090事実(じじつ)吐露(とろ)せしめよ』
091 エールは(かたはら)従卒(じゆうそつ)(めい)じ、092目配(めくば)せすれば、093従卒(じゆうそつ)はマールエースを荒々(あらあら)しく引立(ひきた)て、094暗黒(あんこく)なる牢獄(らうごく)(なか)投込(なげこ)んで(しま)つた。
095 カールス(わう)は、096(つづ)いてホーレンスに(むか)ひ、
097カールス(わう)(なんぢ)はホーレンス、098(ひさ)しく玉藻山(たまもやま)聖地(せいち)(まゐ)()りし(もの)099エール、100テールスタンの(まを)した(こと)間違(まちがひ)はあるまいなア』
101ホーレンス『ハイ(けつ)して間違(まちがひ)御座(ござ)いますまい。102ヤーチン(ひめ)(さま)真道彦命(まみちひこのみこと)醜関係(しうくわんけい)は、103(わたくし)実地(じつち)目撃(もくげき)(いた)しませぬが、104これは随分(ずゐぶん)(やかま)しき(うはさ)御座(ござ)います。105御両人(ごりやうにん)間柄(あひだがら)はつまり公然(こうぜん)秘密(ひみつ)同様(どうやう)106三歳(さんさい)童児(どうじ)(いた)(まで)()らぬ(もの)御座(ござ)いませぬ』
107カールス(わう)真道彦(まみちひこ)はヤーチン(ひめ)関係(くわんけい)(むす)び、108将来(しやうらい)泰安城(たいあんじやう)国王(こくわう)となり、109ヤーチン(ひめ)(きさき)とし、110日頃(ひごろ)野心(やしん)遂行(すゐかう)し、111()(この)カールスを()(うへ)(こぶ)()(きら)ひ、112排斥(はいせき)せむとの計画(けいくわく)()()りしと()(こと)113事実(じじつ)であらうなア』
114ホーレンス『ハイ、115(それ)(わたし)(かんが)へでは事実(じじつ)だと(しん)じて()ります。116(この)(たび)(かみ)(つか)ふる()であり(なが)数多(あまた)部下(ぶか)引率(いんそつ)し、117泰安城(たいあんじやう)救援(きうゑん)()(もと)攻寄(せめよ)(きた)りしは、118(まつた)王者(わうじや)たらむとの、119野心(やしん)より(おこ)つたる出陣(しゆつぢん)(かんが)へるより(みち)御座(ござ)いませぬ』
120(わう)『あゝさうであらう。121(その)(はう)正直(しやうぢき)(やつ)だ。122サア只今(ただいま)より(いまし)めの(なは)()いてやらう』
123 エールは従卒(じゆうそつ)(めい)じ、124ホーレンスの(いまし)めを()いた。125ホーレンスは(おほ)いに(よろこ)び、126三拝九拝(さんぱいきうはい)して、127(わう)()(むか)ふる(こと)のみに熱中(ねつちゆう)し、128(それ)(ため)真道彦命(まみちひこのみこと)寃罪(ゑんざい)容易(ようい)(ぬぐ)(べか)らざるものとなりにける。
129 (つづ)いてユートピヤール、130ツーレンス、131シーリンス、132ハーレヤール(その)()数多(あまた)嫌疑(けんぎ)()けて投獄(とうごく)されたる三五教(あななひけう)幹部(かんぶ)は、133ホーレンスと(ほぼ)同様(どうやう)陳述(ちんじゆつ)をなし、134(つひ)(いまし)めを()かれ、135(ふたた)(わう)寵臣(ちようしん)として(ふか)(もち)ゐらるる(こと)となりけり。
136 (ここ)にカールス(わう)はエールをして(この)岩城(がんじやう)総監督(そうかんとく)たらしめ、137()真道彦命(まみちひこのみこと)138ヤーチン(ひめ)牢獄(らうごく)につなぎ、139数多(あまた)従卒(じゆうそつ)をして監視(かんし)せしめつつ、140テールスタンの部下(ぶか)引率(ひきつ)れ、141数多(あまた)幹部(かんぶ)(とも)に、142泰安城(たいあんじやう)堂々(だうだう)として()()んだ。143(この)(いきほひ)真道彦(まみちひこ)(ひき)(きた)れる神軍(しんぐん)(はじ)め、144マリヤス(ひめ)(おも)(おも)ひに遁走(とんそう)し、145(ふたた)びアーリス(ざん)東南方(とうなんぱう)避難(ひなん)する(もの)146(あるひ)各自(かくじ)郷里(きやうり)(かへ)りて、147何喰(なにく)はぬ(かほ)にて樵夫(きこり)148(たがや)しなどに従事(じうじ)し、149(しばら)くは玉藻山(たまもやま)霊地(れいち)にも、150大部分(だいぶぶん)(あし)()けなくなり、151カールス(わう)威力(ゐりよく)真道彦(まみちひこ)教主(けうしゆ)投獄(とうごく)とに萎縮(ゐしゆく)して、152一時(いちじ)三五教(あななひけう)()()えし(ごと)(さび)しくなりにけり。
153 カールス(わう)(ふたた)泰安城(たいあんじやう)城主(じやうしゆ)となり、154テールスタンを宰相(さいしやう)とし(その)()一同(いちどう)重用(ぢうよう)して、155万機(ばんき)政事(せいじ)()(おこな)ひつつあつた。156され(ども)(なん)となく国内(こくない)情勢(じやうせい)(おだや)かならず、157サアルボースはセールス(ひめ)(ほう)じて、158()ならず泰安城(たいあんじやう)攻来(せめきた)るべしとか、159シヤーカルタン、160トロレンスの一派(いつぱ)161同志(どうし)(あつ)捲土重来(けんどぢうらい)162(ふたた)戦闘(せんとう)開始(かいし)さるべしとか、163種々雑多(しゆじゆざつた)(うはさ)にて持切(もちき)つて()た。164されどカールス(わう)はテールスタン以下(いか)重臣(ぢうしん)甘言(かんげん)(あやま)られ、165(すこ)しも国内(こくない)不穏(ふおん)なることを()らず、166天下(てんか)無事(ぶじ)太平(たいへい)にて、167国民(こくみん)はカールス(わう)(とく)悦服(えつぷく)するものとのみ(かた)(しん)じつつありしなり。
168 テールスタン、169ホーレンス、170ユートピヤール、171(その)()重臣(ぢうしん)(わう)(へつら)ひ、172(しも)(しへた)げ、173我利(がり)我欲(がよく)にのみ(ふけ)り、174バラモンの(かみ)(まつ)り、175今迄(いままで)(しん)()たりし三五教(あななひけう)塵芥(ぢんかい)(ごと)振棄(ふりす)てて、176新高山(にひたかやま)以北(いほく)()には、177(ふたた)びバラモンの(をしへ)()き、178(もつ)国政(こくせい)輔助(ほじよ)となしつつあつた。179国民(こくみん)怨嗟(えんさ)(こゑ)以前(いぜん)倍加(ばいか)して、180何時(いつ)動乱(どうらん)勃発(ぼつぱつ)するやも(はか)(がた)危機(きき)(せま)りつつあつた。
181大正一一・八・八 旧六・一六 松村真澄録)
182(昭和一〇・旧五・七 王仁校正)