霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:前付 よみ:
章:第32巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年08月24日(旧07月02日) 口述場所:伊豆湯ケ島 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本巻は伊豆の湯ヶ島温泉湯本館にて、神明の加護により三日で脱稿することを得たものである。
二三人の大本幹部諸氏が、霊界物語はくだらないから発行停止するべきだと言っていると、天声社より便りがあった。しかし本教の大精神をあまねく世に紹介するためには、物語という方法に依る必要がある。
あまり立派な学究的な書物は一般の人々に諒解しがたいゆえに、やむを得ず神様から親切にお示しくださっているのである。
私瑞月はただ、惟神のままに従うほかはないのみであり、いかなる妨害圧迫も恐れずに口述し、広く世に発表する考えである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm320001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第6輯 151頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)伊豆国(いづのくに)湯ケ島温泉(ゆがしまをんせん)湯本館(ゆもとくわん)狩野川(かのがは)(むか)へる特別(とくべつ)建物(たてもの)(きふ)せられ、002折柄(をりから)大洪水(だいこうずゐ)にて、003激潭(げきたん)飛沫(ひまつ)(こゑ)ゴウゴウと(さわ)がしく、004(つひ)には新館(しんくわん)引移(ひきうつ)り、005(やうや)くにして()()げました。006日数(につすう)三ケ日(さんかにち)(わた)り、007急速度(きふそくど)(もつ)て、008(れい)(ごと)無事(ぶじ)脱稿(だつかう)したのも、009(まつた)神明(しんめい)加護(かご)(しん)じます。
010 (とき)天声社(てんせいしや)より便(たよ)りあり、011大本(おほもと)幹部(かんぶ)たりし某々二三氏(ぼうぼうにさんし)より、012霊界物語(れいかいものがたり)はくだらないから、013印刷(いんさつ)発行(はつかう)停止(ていし)され()しとの申込(まをしこ)みありたりと。014(じつ)御尤(ごもつと)もなる要求(えうきう)である。015現代(げんだい)文明(ぶんめい)とか()学問(がくもん)詰込(つめこ)みたる人士(じんし)(みみ)には、016馬鹿(ばか)らしくて、017()()らぬのは当然(たうぜん)でありませう。018されど本教(ほんけう)大精神(だいせいしん)のある(ところ)を、019(あまね)()紹介(せうかい)するには、020物語(ものがたり)方法(はうはふ)()らなくては、021(あま)立派(りつぱ)学究的(がくきうてき)書物(しよもつ)は、022一般(いつぱん)人々(ひとびと)諒解(りやうかい)しがたきを(もつ)て、023()むを()ず、024神様(かみさま)から親切(しんせつ)御示(おしめ)(くだ)さるので、025(けつ)して瑞月(ずゐげつ)頭脳(づなう)而己(のみ)産物(さんぶつ)ではありませぬ。026(ただ)(わたくし)惟神(かむながら)(まま)(したが)ふより(ほか)(みち)なく、027如何(いか)なる妨害(ばうがい)圧迫(あつぱく)(おそ)れず口述(こうじゆつ)し、028()()(ひろ)発表(はつぺう)する(かんが)へであります。
029  大正十一年八月二十四日 旧七月二日
030於 伊豆湯ケ島
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)