霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 三人娘(さんにんむすめ)〔八九九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:第2篇 北の森林 よみ:きたのしんりん
章:第8章 第32巻 よみ:さんにんむすめ 通し章番号:899
口述日:1922(大正11)年08月22日(旧06月30日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫は、自分に玉を献上しようという美女が侍女を伴ってやってくるのを見て、心待ちにしている。春彦は高姫の物欲しそうな様子に笑いをこらえながら、魔性の女に気を付けるよう高姫に忠告をする。高姫は怪しむ春彦を叱りつけた。
やってきた女は高子姫と名乗った。高姫は高子姫にお世辞を述べるが、春彦がまたしても茶々を入れる。高姫はまた叱りつけるが、春彦は大昔の常世会議を例に引いて、滑稽な調子で高姫に忠告する。
高姫は、実地に玉を見てみればわかると言い張り、女たちに付いていくことになった。途中に大きな川があり、女たちは石を軽々と伝って向こう岸に着いたが、高姫はすべって川に落ちてしまった。
春彦はあわてて川に飛び込んで高姫を救い上げた。高姫は助けに来なかった常彦とヨブを責め、春彦には手柄を立てるというお蔭をいただいたのだ、と強弁する。春彦、常彦、ヨブの三人はあきれて顔を見合わせてしまった。
高姫は、高子姫らの招きに応じて川を慎重に渡って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3208
愛善世界社版:91頁 八幡書店版:第6輯 181頁 修補版: 校定版:96頁 普及版:36頁 初版: ページ備考:
001 高姫(たかひめ)は、002以前(いぜん)美人(びじん)二人(ふたり)侍女(じじよ)(ともな)悠々(いういう)として此方(こなた)(むか)つて(すす)(きた)るを、003百間(ひやくけん)(ばか)りこちらから(うれ)しげに打眺(うちなが)め、004(ゆめ)牡丹餅(ぼたもち)でも()つた(やう)(うれ)しさうな(かほ)をつき(いだ)してゐる。005(その)スタイルのどことなく()()けた可笑(をか)しさに、006吹出(ふきだ)(ばか)(おも)はるるを、007ジツと(こら)へて春彦(はるひこ)(をんな)()し、
008『アレ御覧(ごらん)なさい……一人(ひとり)かと(おも)へば三人(さんにん)魔性(ましやう)(をんな)(みみ)をピラピラさせ(なが)らやつて()るぢやありませぬか……高姫(たかひめ)さま、009あれでも御信用(ごしんよう)になりますかなア』
010 高姫(たかひめ)最早(もはや)(たま)()いて、011(ふたた)(こころ)(くも)らしてゐる。
012『コレ(はる)さま、013失礼(しつれい)なことを()ふものぢやありませぬよ。014あれ(ほど)()()につく(みみ)(うご)いてるか(うご)いとらぬか、015()御覧(ごらん)なさい。016(うご)(やう)()えるのはお(まへ)()(たま)(うご)くから、017向方(むかふ)(みみ)(うご)くやうに()えるのだよ』
018(わたし)()(うご)くのならば、019(たれ)(みみ)(からだ)一緒(いつしよ)(うご)きさうなものぢやありませぬか。020よくお(まへ)さま、021()をつけて()をあけてミヽヽ()なさい。022アフンと(いた)してあいた(くち)がすぼまらぬ(やう)(こと)があつたら、023(あと)何程(なにほど)後悔(こうくわい)したと()つても(くや)んでも(あと)(まつ)り、024折角(せつかく)(たか)(はな)がめしやげて(しま)ひますぞや。025(わたし)(いま)何程(なにほど)御意見(ごいけん)しても()(ぶし)()ちますまい。026(わたし)()(こと)一々(いちいち)(あし)(おも)うて御座(ござ)るから、027(なん)()つても、028()ごたへはせぬのも道理(だうり)ぢや。029(しか)(なが)(ひと)にあの拇指(おやゆび)小指(こゆび)意見(いけん)()かず、030時雨(しぐれ)(もり)でバカを()たと、031(うしろ)(ゆび)をさされぬやうになされませ。032()(なか)(はら)()へられませぬぞえ。033(あと)(へそ)をかむやうな(こと)のないやうに、034(むね)をさはやかにし、035(はら)()ゑて(ちち)(かんが)へなされ。036(また)(あと)叱言(こごと)をおつしやつても、037(しり)まへんワ、038けつ(くら)観音(くわんのん)ですよ』
039(だま)つて()いて()れば、040(のみ)(しらみ)(やう)体中(からだぢう)()ひまはし、041(なに)()理窟(りくつ)()れなさるのぢや。042(ばば)(あき)れますぞえ』
043『アーア、044(はら)春彦(はるひこ)だ。045小便(せうべん)ぢやないが、046シヽシリもせぬ(くせ)に、047エラさうに仰有(おつしや)つて(いま)にアフンとなさる御方(おかた)が、048どこやらに一人(ひとり)ありさうだ。049アーア(また)もや(れい)(やまひ)がおこつたのかなア』
050(やかま)しい!』
051(せい)(とど)むる(とき)しもあれ、052三人(さんにん)(をんな)(はや)くも此処(ここ)近寄(ちかよ)(きた)り、053叮嚀(ていねい)会釈(ゑしやく)しながら、
054高姫(たかひめ)(さま)055(なが)らく御待(おま)たせ(いた)しました。056(わたし)はあなたの御名(おな)()()高子姫(たかこひめ)(まを)(もの)057(この)侍女(じじよ)一人(ひとり)はお(つき)058一人(ひとり)はお(あさ)(まを)します。059どうぞ御見知(おみし)りおかれまして末永(すえなが)御交際(ごかうさい)をお(ねがひ)(いた)します』
060 春彦(はるひこ)小声(こごゑ)で、
061『それやつて()たぞ! だまされな!』
062拍子(ひやうし)をつけて、063小声(こごゑ)(ささや)いてゐる。064高姫(たかひめ)春彦(はるひこ)をグツと()めつけながら、065(にはか)顔色(かほいろ)(やはら)げ、066高子姫(たかこひめ)(むか)つて、
067『これはこれは、068(はじ)めて御名(おな)(うけたま)はりました。069マアマア(じつ)御優(おやさ)しい御立派(ごりつぱ)御姿(おすがた)ですこと!』
070『イエイエどうしてどうして、071さう御誉(おほ)(くだ)さつては、072()づかしう御座(ござ)います。073山家育(やまがそだ)ちの山時鳥(やまほととぎす)074ホーホケキヨの片言(かたこと)まじり、075(なに)()らない未通娘(おぼこむすめ)御座(ござ)りますれば、076どうぞ(よろ)しく御指導(ごしだう)御願(おねがひ)(いた)します』
077 春彦(はるひこ)はそばより、
078(なん)()つても、079海千(うみせん)山千(やません)河千(かはせん)経験(けいけん)()高姫(たかひめ)さまですから、080大丈夫(だいぢやうぶ)ですよ、081アハヽヽヽ。082(その)三千年(さんぜんねん)(がふ)()高姫(たかひめ)さまをチヨロまかす(むすめ)さまは、083ドテライ(えら)(かは)つた(へん)見当(けんたう)()れぬ仕方(しかた)のない御方(おかた)御座(ござ)いませう。084オツトドツコイ眉毛(まゆげ)(つばき)をつけ、085おけつの()()をつけて、086高姫(たかひめ)さまの(あと)から()いて(まゐ)りませうかい』
087 高姫(たかひめ)()(いか)らし、088(くち)(とが)らし、089()のぬけた(くち)から(つばき)()()しながら、
090『コレ春彦(はるひこ)さま、091さうズケズケと淑女(しゆくぢよ)(むか)つて、092失礼(しつれい)(こと)()ふことがありますかい。093モウシ高子姫(たかこひめ)さま、094斯様(かやう)動物(どうぶつ)がついて()りますので、095(まこと)(わたし)(あたま)(なや)めます。096どうぞお()(わる)くせぬやうにして(くだ)さいませ』
097春彦(はるひこ)『ハイハイ、098(まこと)(もつ)失礼千万(しつれいせんばん)099どうぞ寒狐(かんぎつね)見直(みなほ)し、100大狐(おほぎつね)宣直(のりなほ)し、101大空(おほぞら)高倉(たかくら)でも、102月日(つきひ)をかくす、103(くも)さへ(はら)へば吾々(われわれ)(たま)朝日(あさひ)豊栄昇(とよさかのぼ)(やう)(いきほひ)になつて()ます……コレ(たか)さま、104オツトドツコイ高姫(たかひめ)さま、105だまされなさるな。106常世(とこよ)(しろ)八百八十八柱(はつぴやくはちじふやはしら)八王(やつわう)(かみ)八頭(やつがしら)107立派(りつぱ)御方(おかた)()()うて、108泥田圃(どろたんぼ)大失敗(だいしつぱい)(かがみ)()()りますぞや。109コレコレ高倉稲荷(たかくらいなり)さま、110月日(つきひ)111旭明神(あさひみやうじん)さま、112()けた(ところ)(この)(はる)さまが承知(しようち)をしませぬぞえ。113(なん)(おそ)()りましたかなア……(かく)されぬ証拠(しようこ)()ふのは、114(まへ)(ふた)つの(みみ)だ。115(けつ)(しろ)尻尾(しつぽ)(さが)つて()りますぞえ。116こんな(ふか)森林(しんりん)までだましに()るとは……(浄瑠璃(じやうるり)文句(もんく))そりや(きこ)えませぬ胴欲(どうよく)ぢや、117(よく)(はう)けた高姫(たかひめ)さまを、118高子(たかこ)(ひめ)(あら)はれて、119(こころ)()かうとなさるのか、120金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)121(たま)()うたら()(たま)を、122グルグルまはす(くせ)のある、123高姫(たかひめ)さまにありもせぬ、124如意(によい)宝珠(ほつしゆ)をやらうとは、125馬鹿(ばか)になさるも(ほど)がある。126(この)春彦(はるひこ)天眼通(てんがんつう)127一目(ひとめ)(にら)んで(しら)べたら、128メツタに間違(まちが)ひありませぬ、129高倉稲荷(たかくらいなり)白狐(びやくこ)さま、130月日(つきひ)(あさひ)明神(みやうじん)さま、131(はや)尻尾(しつぽ)()しなされ』
132高姫(たかひめ)『コレコレ(また)しても失礼(しつれい)なことを仰有(おつしや)るのかいなア。133高倉稲荷(たかくらいなり)さまや月日(つきひ)(あさひ)明神(みやうじん)さまは、134(この)高砂島(たかさごじま)へは御座(ござ)らつしやる(はず)はありませぬぞや。135常世(とこよ)(くに)大江山(たいかうざん)御住(おすま)(あそ)ばされ、136(はざま)(くに)(さかひ)として、137自転倒島(おのころじま)御渡(おわた)(あそ)ばす(かた)ぢや(ほど)に、138見違(みちがひ)をするも(ほど)がある。139(だま)つてゐなさい!』
140春彦(はるひこ)『そんなら、141(だま)つて御手前(おてまへ)拝見(はいけん)と、142()かけませうかなア……ヨブさま、143(つね)さま、144(まへ)如何(どう)(かんが)へるか、145一寸(ちよつと)否定(ひてい)肯定(こうてい)如何(いかん)()かして(くだ)さいな』
146常彦(つねひこ)否定(ひてい)肯定(こうてい)もありませぬワイ。147ゴテゴテ()ひなさるな』
148ヨブ『(なん)()つても合点(がてん)()かぬ(こと)ですワイ』
149高子(たかこ)(なん)なと御疑(おうたが)(あそ)ばしませ。150(なに)よりも事実(じじつ)証明(しようめい)(いた)しますよ』
151高姫(たかひめ)左様(さやう)ならば御伴(おとも)(いた)します……コレコレ春彦(はるひこ)152常彦(つねひこ)153ヨブさま、154おとなしうして()いて()るのだよ。155(なに)()つちやなりませぬぜ。156人民(じんみん)がゴテゴテ()つたつて、157(かみ)仕組(しぐみ)(わか)るものぢやありませぬ。158(だま)つて()(はう)が、159どれ(ほど)(かしこ)()えるか(わか)らぬぞえ』
160とイラツクやうな(こゑ)でたしなめながら、161三人(さんにん)(あと)(したが)ひ、162(みづ)のたまつたシクシク(ばら)(あし)(うら)をひやし、
163『アヽ気分(きぶん)がよい、164(ひさ)しぶりでお(みづ)にありついた。165これと()ふのも神様(かみさま)(みづ)()らさぬ御仕組(おしぐみ)166(みづ)御霊(みたま)御神徳(ごしんとく)だよ。167(あし)()むのも勿体(もつたい)ないけれど、168ここを(とほ)らねば()くことが出来(でき)ませぬから、169どうぞ神様(かみさま)(ゆる)して(くだ)さいませや』
170(かた)四角(しかく)(そばだ)て、171(しり)をプリンプリンとふりながら、172三人(さんにん)(あと)(したが)ひ、173(いさ)(すす)んでついて()く。
174 此処(ここ)には大変(たいへん)(ひろ)(かは)飛沫(ひまつ)()ばしてゴーゴーと(おと)()てて(なが)れてゐる。175三人(さんにん)(むすめ)は、176(しり)をまくり、177(うさぎ)()(やう)(たか)(いし)(あたま)(ねら)つて、178向方(むかふ)(またた)(うち)(わた)つて(しま)つた。179高姫(たかひめ)もわれ(おく)れじと(しり)ひきめくり、
180『コレコレ(みな)さま、181()をつけなされ。182(この)(いし)はよく(すべ)りますよ』
183後向(うしろむ)途端(とたん)背中(せなか)(おぶ)つた石地蔵(いしぢざう)(おも)みで自分(じぶん)から(すべ)つて激流(げきりう)におち()み、184()きつ(しづ)みつ、185(あし)(うへ)にして(くるし)(もだ)え、186()()(ごと)くに(なが)()く。
187『コリヤ大変(たいへん)
188春彦(はるひこ)(たちま)赤裸(まつぱだか)となり、
189『オイ常彦(つねひこ)190ヨブ、191(おれ)着物(きもの)(あづか)つてくれ!』
192()ひながら、193(うづ)まく(なみ)にザンブと飛込(とびこ)み、194急流(きふりう)(およ)いで、195()きつ(しづ)みつ高姫(たかひめ)()つつき、196(やうや)くにして岩上(がんじやう)(すく)()げた。197高姫(たかひめ)(さいは)ひに(あま)(みづ)()まず、198()()(うしな)つては()ない。
199春彦(はるひこ)高姫(たかひめ)さま、200(あぶ)ない(こと)御座(ござ)いましたなア。201それだから(わたし)(あや)しいと()つて()めたぢやありませぬか。202(これ)からチツト吾々(われわれ)()(こと)()いて(もら)はなくちやなりませぬぞや』
203『お(まへ)がありや、204こりや、205なけりや、206こりや、207()(こと)もあれば(わる)(こと)もある。208サア(はや)()きませう』
209『どこへ(いそ)いで()くのですか』
210『きまつた(こと)だ。211(はや)高子姫(たかこひめ)さまの御宅(おたく)()かねば、212さぞ御待兼(おまちか)ねだらうから…』
213『ハテさて(こま)つた(こと)だなア。214こんな()()つてもまだ()()めないのですか』
215神界(しんかい)御仕組(おしぐみ)(わか)りますかい』
216()ひながら、217(かは)ぶちの森林(しんりん)を、218(かみ)(かみ)へと(つた)ひのぼり、219最前(さいぜん)はまつた飛石(とびいし)(まへ)(まで)(はし)(きた)り、
220高姫(たかひめ)『ヤア常彦(つねひこ)221ヨブさま、222()たせました。223サア()きませう』
224常彦(つねひこ)()(かく)225御無事(ごぶじ)御目出度(おめでた)御座(ござ)います』
226ヨブ『マア(これ)(わたし)安心(あんしん)しました』
227高姫(たかひめ)『コレ(つね)さま、228ヨブさま、229前等(まへら)二人(ふたり)は、230水臭(みづくさ)い、231なぜ(わたし)危難(きなん)(すく)はなかつたのだ。232()うなると始終(しじう)口答(くちごた)へする春彦(はるひこ)(はう)余程(よほど)(ため)になる。233まさかの(とき)()()(もの)はメツタにないと、234神様(かみさま)仰有(おつしや)るが、235いかにも(その)(とほ)りだよ』
236常彦(つねひこ)『あなたは(かみ)さまだから、237メツタに(みづ)(おぼ)れて()になさると()ふやうなことはないと(おも)つて安心(あんしん)してゐたのですよ。238人民(じんみん)神様(かみさま)(たす)けようなんテ、239そんなことが如何(どう)して出来(でき)ますか』
240ヨブ『(あま)勿体(もつたい)なうて、241()りつく(わけ)にも()きませず、242吾々(われわれ)(ため)千座(ちくら)置戸(おきど)()うて(くだ)さるのだと(おも)ひましたから、243ヂツト暗祈黙祷(あんきもくたう)してゐました』
244高姫(たかひめ)生神(いきがみ)がこんな谷川(たにがは)(くらゐ)にはまつて(よわ)るやうな(こと)はないが、245(しか)(なが)ら、246人民(じんみん)として(あん)じて(わたし)(たす)けに()春彦(はるひこ)(こころ)は、247(じつ)(うる)はしいものだ。248(かみ)人間(にんげん)真心(まごころ)(よろこ)ぶのだからなア』
249春彦(はるひこ)高姫(たかひめ)さま、250春彦(はるひこ)でも(また)()()(こと)がありませうがな』
251高姫(たかひめ)棒千切(ぼうちぎ)れも、252三年(さんねん)()(なか)にすてておけば(こや)しになる。253(くさ)(なは)にも()りえといふ比喩(たとへ)(とほ)り、254あんな(もの)()んな手柄(てがら)をすると()神様(かみさま)のお筆先(ふでさき)実地正真(じつちしやうまつ)のおかげをお(まへ)(いただ)いたのだ。255サア神様(かみさま)御礼(おれい)(まを)しなさい。256こんな結構(けつこう)御用(ごよう)をさして(いただ)いてお(まへ)余程(よほど)果報者(くわはうもの)だよ。257これから高姫(たかひめ)()(こと)(ひと)つも(そむ)かず()きなされや。258さうでないと高姫(たかひめ)(また)(まへ)(かは)りに犠牲(ぎせい)にならねばならぬから、259チツト心得(こころえ)(くだ)されよ。260あんな(わか)(をんな)(かた)が、261(なん)ともなしに(わた)れる(いし)()()えを、262(すべ)ると()(やう)道理(だうり)がない。263これも(まつた)神様(かみさま)がお(まへ)(つみ)(あがな)ひに、264(わたし)(すべ)りおとし、265(まへ)飛込(とびこ)ませ、266惟神的(かむながらてき)にお(まへ)(みそぎ)(あそ)ばしたのだから、267(けつ)して、268高姫(たかひめ)(たす)けてやつたなどと(おも)つちやなりませぬぞや』
269 三人(さんにん)一度(いちど)(かほ)見合(みあは)せ、270()(まる)くし、271(くち)(とが)らせ、272高姫(たかひめ)(げん)(あき)れてゐる。
273 高子姫(たかこひめ)274(つき)275(あさ)三女(さんぢよ)は、276(きし)向方(むかふ)停立(ていりつ)し、277(しろ)(ほそ)()差出(さしだ)し『(はや)(きた)れ』と差招(さしまね)いてゐる。278高姫(たかひめ)一歩(ひとあし)々々(ひとあし)(ゆび)(さき)(ちから)()れながら糞垂(ばばた)(ごし)になつて、279怖相(こはさう)(むか)(ぎし)へと(わた)りつき、280(ふと)(いき)をつきながら……惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)……と二三回(にさんくわい)繰返(くりかへ)し、281(わた)(きた)れる一行(いつかう)(とも)に、282三人(さんにん)(をんな)(あと)(したが)ひ、283得意(とくい)(はな)(うごめ)かしつつ(こころ)欣々(いそいそ)()いて()く。
284大正一一・八・二二 旧六・三〇 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)