霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 大黒主(おほくろぬし)〔一〇六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第39巻 舎身活躍 寅の巻 篇:第1篇 伊祖の神風 よみ:いそのかみかぜ
章:第1章 第39巻 よみ:おおくろぬし 通し章番号:1066
口述日:1922(大正11)年10月21日(旧09月2日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世の国の常世城にて三葉葵の旗を立てて常世神王と称し、羽振りをきかせていた大国彦は、黄泉比良坂の戦いで大敗北を喫し、ついにはロッキー山の鬼となってバラモン教を開設することになった。
大国彦命の長子・大国別はバラモン教の教主となり、海を渡ってエジプトのイホの都に現れ、その教えは四方に広がり人心を惑乱した。
正道が滅びようとしたまさにその時、三五教の夏山彦、祝姫、行平別ほか三光の神司のために勢力を失い、次にメソポタミヤの顕恩郷に本拠を構えて小アジア、ペルシャ、インドなどに神司を遣わし、教えを広めていた。
神素盞嗚尊は八人の御子を顕恩城に忍ばせてバラモン教を帰順させようとした。バラモン教側では大国別命が帰幽した後、左守だった鬼雲彦が正嫡の国別彦を放逐し、大教主となって暴威をふるっていた。
天の太玉神は鬼雲彦に帰順を迫ったが、鬼雲彦は黒雲を起こして部下を連れて逃げ去ってしまった。フサの国、月の国を横断して自転倒島の大江山に立て籠もって、画策を続けていたのである。
しかしまたもや三五教の神司の言霊によって自転倒島から逃げ出し、月の国のハルナの都に潜んで勢力を盛り返し、月の国を根拠として再び天下を掌握しようとしていた。ハルナの国は月の国の西岸にあり、現今ではボンベーと呼ばれている。
鬼雲彦は大国彦命の名を奪って、自ら大国彦または大黒主神と称し、あまたの妾を蓄えてバラモン教の大教主となり、ハルナの都に近い兀山(大雲山)に大岩窟を穿って住処となし、外教徒の侵入を許さなかった。
神素盞嗚大神が主管し給うコーカス山、ウブスナ山の神館の神司たちも、月の国にはあまり手を染めなかったため、大黒主は月の国で力を蓄え、三五教を蹂躙しようと準備を整えつつあった。
神素盞嗚大神は自転倒島をはじめフサの国、竜宮島、高砂島、筑紫島などが大略三五教の御教えに信従したが、思うところあってか月の国のみは後廻しにされたのである。
ここに、斎苑の館の八尋殿に大神はあまたの神司を集めて、大黒主調伏の相談会を開始された。その結果、梅彦の照国別、音彦の玉国別、亀彦の治国別ならびに黄竜姫、蜈蚣姫が立ち向かうことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3901
愛善世界社版:9頁 八幡書店版:第7輯 283頁 修補版: 校定版:9頁 普及版:4頁 初版: ページ備考:
001(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
002天地(てんち)(かみ)大道(おほみち)
003()きさとしゆく諸々(もろもろ)
004(をしへ)()ぐさ万種(よろづぐさ)
005(かず)(かぎ)りなき(その)(なか)
006天地(てんち)(つく)(かた)めたる
007(もと)御祖(みおや)御教(みをしへ)
008(まこと)(かみ)(あら)はれて
009()きさとすなる三五教(あななひけう)
010天教山(てんけうざん)地教山(ちけうざん)
011(うづ)(みやこ)のエルサルム
012黄金山下(わうごんさんか)(はじ)めとし
013霊鷲山(りやうしうざん)万寿山(まんじゆざん)
014自転倒島(おのころじま)(わた)りては
015(あや)聖地(せいち)四尾山(よつをやま)
016(その)(ほか)(もも)国々(くにぐに)
017教司(をしへつかさ)間配(まくば)りて
018(やす)(たの)しき(かみ)()
019()てて五六七(みろく)御教(みをしへ)
020世人(よびと)(たす)(まも)らむと
021(もも)(つかさ)()(たま)
022千々(ちぢ)(こころ)(くば)ります
023三大教(さんだいけう)五大教(ごだいけう)
024(たて)(よこ)との水火(いき)(あは)
025(かた)(たま)ひし三五(あななひ)
026(をしへ)(そこな)(やぶ)らむと
027八岐(やまた)大蛇(をろち)醜狐(しこぎつね)
028曲鬼(まがおに)(ども)醜霊(しこみたま)
029(あめ)(した)をば蹂躙(じうりん)
030(この)()(くも)らせ(けが)さむと
031醜女(しこめ)探女(さぐめ)数多(かずおほ)
032四方(よも)(つか)はし闇雲(やみくも)
033(たけ)びめぐるぞうたてけり
034天足彦(あだるひこ)胞場姫(えばひめ)
035(けが)れし(たま)になり()でし
036曲神(まがかみ)(ども)村肝(むらきも)
037(こころ)(きよ)神司(かむづかさ)
038塩長彦(しほながひこ)(たい)()
039(あるひ)大国彦(おほくにひこ)(かみ)
040(その)(ほか)(もも)神人(かみびと)
041()(あら)はれてウラル(けう)
042バラモン(けう)開設(かいせつ)
043三五教(あななひけう)対抗(たいかう)
044(かみ)(ひかり)(てら)されて
045メソポタミヤを遁走(とんそう)
046(あるひ)はコーカス(ざん)(やかた)
047見棄(みす)てて()()くウラル(ひめ)
048性懲(しやうこ)りもなくどこ(まで)
049千変万化(せんぺんばんくわ)妖術(えうじゆつ)
050使(つか)ひて正道(せいだう)(みだ)さむと
051(くる)(まは)りし醜神(しこがみ)
052常住不断(じやうぢうふだん)物語(ものがたり)
053いよいよここに()()むる
054あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
055御霊(みたま)(さち)はへましませよ。
056 常世(とこよ)(くに)常世城(とこよじやう)にあつて三葉葵(みつばあふひ)(はた)押立(おした)て、057(みづか)常世神王(とこよしんわう)(しよう)して羽振(はぶり)()かし()たる大国彦(おほくにひこ)は、058三五教(あななひけう)(ため)(その)悪虐(あくぎやく)無道(ぶだう)(いまし)められ、059部下(ぶか)広国別(ひろくにわけ)をして常世城(とこよじやう)(まも)らしめ、060ロツキー(ざん)日出神(ひのでのかみ)偽称(ぎしよう)して大国姫(おほくにひめ)をば伊弉冊命(いざなみのみこと)偽称(ぎしよう)せしめ、061黄泉比良坂(よもつひらさか)(たたか)ひに、062部下(ぶか)軍卒(ぐんそつ)大敗北(たいはいぼく)し、063(つひ)にはロツキー(ざん)(おに)となり、064(ここ)にバラモン(けう)開設(かいせつ)することとなつた。
065 大国彦命(おほくにひこのみこと)長子(ちやうし)大国別(おほくにわけ)はバラモン(けう)教主(けうしゆ)となり(とほ)(うみ)(わた)つて、066埃及(エヂプト)のイホの(みやこ)(あら)はれ、067(その)(をしへ)四方(よも)(あさひ)豊栄昇(とよさかのぼ)るが(ごと)(かがや)(わた)り、068人心(じんしん)惑乱(わくらん)して、069正道(せいだう)(まさ)(ほろ)びむとせし(とき)070三五教(あななひけう)夏山彦(なつやまひこ)071祝姫(はふりひめ)072行平別(ゆきひらわけ)(ほか)三光(さんくわう)神司(かむつかさ)(ため)に、073(その)勢力(せいりよく)失墜(しつつゐ)し、074(つひ)葦原(あしはら)中津国(なかつくに)(しよう)するメソポタミヤの顕恩郷(けんおんきやう)本拠(ほんきよ)(かま)へ、075小亜細亜(せうアジア)076波斯(ペルシヤ)077印度(インド)(など)神司(かむづかさ)数多(あまた)(つか)はして、078バラモンの(をしへ)拡充(くわくじゆう)しつつあつた。
079 神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)天下(てんか)人心(じんしん)()(つき)悪化(あくくわ)し、080()益々(ますます)暗黒(あんこく)ならむとするを(うれ)(たま)ひて、081八人(はちにん)(うづ)御子(みこ)犠牲的(ぎせいてき)顕恩城(けんおんじやう)(しの)()らしめ、082バラモン(けう)帰順(きじゆん)せしめむとし(たま)ひたれ(ども)083大国別命(おほくにわけのみこと)帰幽(きいう)せしより、084左守(さもり)(つか)へたる鬼雲彦(おにくもひこ)は、085(たちま)野心(やしん)(おこ)し、086(みづか)大棟梁(だいとうりやう)(しよう)して、087バラモン(けう)大教主(だいけうしゆ)となり、088大国別(おほくにわけ)正統(せいとう)なる国別彦(くにわけひこ)放逐(はうちく)し、089暴威(ばうゐ)(ふる)()たりしが、090(あめ)太玉(ふとだま)(かみ)(あら)はれ(きた)りて、091神力(しんりき)無辺(むへん)言霊(ことたま)発射(はつしや)帰順(きじゆん)(せま)りたれども、092(もと)より暴悪無道(ばうあくぶだう)鬼雲彦(おにくもひこ)は、093一時(いちじ)顕恩郷(けんおんきやう)()(いだ)し、094(ふたた)時機(じき)()つて、095捲土重来(けんどぢうらい)096三五(あななひ)(みち)顛覆(てんぷく)せしめむと、097鬼雲姫(おにくもひめ)098鬼熊別(おにくまわけ)099蜈蚣姫(むかでひめ)(その)()(もも)(つかさ)(とも)黒雲(こくうん)(おこ)し、100邪神(じやしん)本体(ほんたい)(あら)はしつつ、101顕恩城(けんおんじやう)立出(たちい)で、102それよりフサの(くに)103(つき)(くに)横断(わうだん)し、104磯輪垣(しわがき)秀妻(ほづま)(くに)()()ひし安全(あんぜん)地帯(ちたい)105自転倒島(おのころじま)中心(ちうしん)大江山(おほえやま)立籠(たてこも)り、106(おもむろ)天下(てんか)席巻(せきけん)すべく劃策(くわくさく)をめぐらしつつあつた。
107 (しか)るに(また)もや三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)言霊(ことたま)辟易(へきえき)し、108(ふたた)(うみ)(わた)りてフサの(くに)(むか)ひ、109残党(ざんたう)(あつ)めて、110バラモンの再興(さいこう)(はか)りつつ、111(ひそ)かに(つき)(くに)112ハルナの(みやこ)にひそみ、113逐次(ちくじ)勢力(せいりよく)をもり(かへ)し、114(いま)容易(ようい)対抗(たいかう)(べか)らざる大勢力(だいせいりよく)となり、115(つき)(くに)胞衣(えな)として、116(ふたた)天下(てんか)掌握(しやうあく)せむとし、117最早(もはや)三五教(あななひけう)もウラル(けう)眼中(がんちう)になきものの(ごと)くであつた。
118 (この)ハルナの(みやこ)(つき)(くに)西海岸(せいかいがん)(くらゐ)し、119現今(げんこん)にてはボンベーと(とな)へられてゐる。
120 鬼雲彦(おにくもひこ)大国彦命(おほくにひこのみこと)()(うば)ひて、121(みづか)大国彦(おほくにひこ)(また)大黒主神(おほくろぬしのかみ)(しよう)しつつ、122本妻(ほんさい)鬼雲姫(おにくもひめ)退隠(たいいん)せしめ、123妙齢(めうれい)(をんな)石生能姫(いそのひめ)といふ美人(びじん)(つま)とし、124数多(あまた)(めかけ)(たくは)へて、125バラモン(けう)大教主(だいけうしゆ)となり、126ハルナの(みやこ)側近(そばちか)兀山(こつざん)中腹(ちうふく)大岩窟(だいがんくつ)穿(うが)ち、127千代(ちよ)住家(すみか)となし、128門口(かどぐち)には厳重(げんぢう)なる番人(ばんにん)をおき、129外教徒(ぐわいけうと)侵入(しんにふ)(ゆる)さなかつた。
130 ハルナの(みやこ)には公然(こうぜん)大殿堂(だいでんだう)()て、131時々(ときどき)大教主(だいけうしゆ)として出場(しゆつぢやう)数多(あまた)神司(かむづかさ)支配(しはい)しつつあつた。132()身辺(しんぺん)安全(あんぜん)(まも)(ため)133兀山(こつざん)岩窟(がんくつ)(かく)れて()た。134(この)兀山(こつざん)大雲山(たいうんざん)()づけられた。
135 鬼雲彦(おにくもひこ)大黒主命(おほくろぬしのみこと)(みづか)刹帝利(せつていり)本種(ほんしゆ)(しよう)し、136(つき)(くに)大元首(だいげんしゆ)たるべき(もの)揚言(やうげん)しつつあつた。
137 (つき)(くに)七千余ケ国(しちせんよかこく)国王(こくわう)は、138(ふう)(のぞ)むで大黒主(おほくろぬし)帰順(きじゆん)し、139(こび)(てい)する状態(じやうたい)となつて()た。140神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)主管(しゆくわん)(たま)ふコーカス(ざん)141ウブスナ(やま)神館(かむやかた)(あつ)まる神司(かむづかさ)も、142(この)(つき)(くに)のみは何故(なにゆゑ)(あま)()()めなかつたのである。143それ(ゆゑ)大黒主(おほくろぬし)無鳥郷(むてうきやう)蝙蝠(へんぷく)気取(きどり)になつて、144驕心(けうしん)益々(ますます)増長(ぞうちよう)し、145(いま)全力(ぜんりよく)()げて、146三五教(あななひけう)本拠(ほんきよ)たる黄金山(わうごんざん)()ふも(さら)コーカス(ざん)147ウブスナ(やま)神館(かむやかた)をも蹂躙(じうりん)せむと準備(じゆんび)(ととの)へつつあつた。148(しか)して西蔵(チベツト)印度(インド)(さかひ)なる霊鷲山(りやうしうざん)(その)(やま)(つづ)きなる万寿山(まんじゆざん)も、149大黒主(おほくろぬし)部下(ぶか)襲撃(しふげき)さるること屡々(しばしば)であつた。
150 神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)自転倒島(おのころじま)(はじ)め、151フサの(くに)152竜宮島(りうぐうじま)153高砂島(たかさごじま)154筑紫島(つくしじま)(とう)最早(もはや)三五教(あななひけう)御教(みをしへ)大略(たいりやく)信従(しんじゆう)したれ(ども)155まだ(つき)(くに)のみは(おも)(ところ)ありましてか、156後廻(あとまは)しになしおかれたのである。157それ(ゆゑ)大黒主(おほくろぬし)(おも)ふが(まま)跋扈跳梁(ばつこてうれう)して、158勢力(せいりよく)()(つき)増殖(ぞうしよく)し、159(つひ)(すす)んで三五教(あななひけう)本拠(ほんきよ)()かむとするに立至(たちいた)つたのである。
160 (ここ)斎苑(いそ)(やかた)八尋殿(やひろどの)大神(おほかみ)数多(あまた)神司(かむづかさ)(あつ)めて、161大黒主(おほくろぬし)調伏(てうふく)相談会(さうだんくわい)開始(かいし)さるる(こと)となつた。162日出別神(ひのでわけのかみ)吾勝命(あかつのみこと))、163八島主神(やしまぬしのかみ)熊野樟日命(くまのくすびのみこと))、164東野別命(あづまのわけのみこと)東助(とうすけ))、165時置師神(ときおかしのかみ)杢助(もくすけ))、166玉治別(たまはるわけ)167初稚姫(はつわかひめ)168五十子姫(いそこひめ)169玉国別(たまくにわけ)音彦(おとひこ))、170幾代姫(いくよひめ)171照国別(てるくにわけ)梅彦(うめひこ))、172菊子姫(きくこひめ)173治国別(はるくにわけ)亀彦(かめひこ))、174浅子姫(あさこひめ)175岩子姫(いはこひめ)176今子姫(いまこひめ)177悦子姫(よしこひめ)178黄竜姫(わうりようひめ)179蜈蚣姫(むかでひめ)180コーカス(ざん)よりは梅子姫(うめこひめ)181東彦(あづまひこ)182高彦(たかひこ)183北光神(きたてるのかみ)184高光彦(たかてるひこ)185玉光彦(たまてるひこ)186国光彦(くにてるひこ)187鷹彦(たかひこ)188秋彦(あきひこ)()(はじ)数多(あまた)神司(かむつかさ)(あつ)まつて鬼雲彦(おにくもひこ)大黒主神(おほくろぬしのかみ)言向和(ことむけやは)すべく協議(けふぎ)をこらされた結果(けつくわ)189梅彦(うめひこ)照国別(てるくにわけ)190音彦(おとひこ)玉国別(たまくにわけ)191亀彦(かめひこ)治国別(はるくにわけ)(ならび)黄竜姫(わうりようひめ)192蜈蚣姫(むかでひめ)直接(ちよくせつ)に、193ハルナの大黒主(おほくろぬし)(やかた)立向(たちむか)(こと)となつたのである。
194大正一一・一〇・二一 旧九・二 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。