霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:前付 よみ:
章:総説 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年11月10日(旧09月22日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神の道でいう高天原の天国は、仏の道では清浄国土または浄土という。また神道では唯一の主宰者を天之御中主大神と称し、無始無終の霊力体三大の原霊神という。仏教では無量寿仏または阿弥陀仏と唱えている。
無量寿仏にはさまざまな別名がある。経典にもさまざまに説かれる無量寿仏の徳は、神道でいう独一真神の御洪徳を説いたものである。
仏典にある浄土の描写も、瑞の御魂豊国主神の分霊なる和魂の神・大八洲彦命が、月照彦神と現れて再生して釈迦となり、天極紫微宮から降り来てその一部の真相を抽象的・比喩的に説示されたものである。
高天原、浄土、またキリスト教の天国はみな同一にして、至微・至清・荘厳の神境霊域であることが覚られる。
瑞月は印度地方の太古の物語を説くにあたり、天国の真相を仏の教えを借りて示すことが近道であると思い、総説に代えて引用した次第である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第7輯 528頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 (かみ)(みち)にては高天原(たかあまはら)天国(てんごく)なれども、002(ぶつ)(みち)にては清浄国土(せうじやうこくど)(また)(りやく)して浄土(じやうど)といふ。003(また)神道(しんだう)にては唯一(ゆゐいつ)主宰者(しゆさいしや)天之御中主大神(あめのみなかぬしのおほかみ)(しよう)し、004無始(むし)無終(むしう)霊力体(れいりよくたい)三大(さんだい)原霊神(げんれいしん)()ひ、005仏教(ぶつけう)にては無量寿仏(むりやうじゆぶつ)(また)阿弥陀仏(あみだぶつ)(とな)へて()る。006無量寿仏(むりやうじゆぶつ)種々(いろいろ)別名(べつめい)があります。007(すなは)ち、
 
008 無量光仏(むりやうくわうぶつ)
009 無辺光仏(むへんくわうぶつ)
010 無礙光仏(むげくわうぶつ)
011 無対光仏(むたいくわうぶつ)
012 炎王光仏(ゑんわうくわうぶつ)
013 清浄光仏(せうじやうくわうぶつ)
014 歓喜光仏(くわんきくわうぶつ)
015 智慧光仏(ちゑくわうぶつ)
016 不断光仏(ふだんくわうぶつ)
017 難思光仏(なんしくわうぶつ)
018 無称光仏(むしようくわうぶつ)
019 超日月光仏(てうにちぐわつくわうぶつ)
 
020(ごう)されて()る。021一切(いつさい)衆生(しゆじやう)あつて()(ひかり)()はむものは、022三垢(さんく)消滅(せうめつ)身意柔軟(しんいにうなん)歓喜踴躍(くわんきゆうやく)して善心(ぜんしん)(しやう)ずべし。023()三塗勤苦(さんづごんく)(ところ)にあつて()光明(くわうみやう)()たてまつらば、024(みな)休息(ぐそく)()てまた苦悩(くなう)なく寿終(じゆしう)(のち)みな解脱(げだつ)(かうむ)らむ。025無量寿仏(むりやうじゆぶつ)光明(くわうみやう)顕赫(けんかく)にして十方(じつぱう)照耀(せうえう)云々(うんぬん)とあるのは、026神道(しんだう)()独一真神(どくいつしんしん)御洪徳(ごこうとく)()いたものであります。
027 (また)浄土(じやうど)有様(ありさま)()(ごと)()いて()る。028(いま)(わたくし)仏典(ぶつてん)()つて浄土(じやうど)(すなは)高天原(たかあまはら)真相(しんさう)(しめ)すのも、029(あま)読者(どくしや)(たい)して徒労(とらう)でもないと(おも)ひまして、030本巻(ほんくわん)総説欄(そうせつらん)附記(ふき)することと(いた)しました。031(いは)く、
032『その国土(こくど)には七宝(しつぽう)諸樹(しよじゆ)世界(せかい)周満(しうまん)せり。033金樹(こんじゆ)034銀樹(ごんじゆ)035瑠璃樹(るりじゆ)036玻璃樹(はりじゆ)037珊瑚樹(さんごじゆ)038瑪瑙樹(めなうじゆ)039しやこ(じゆ)あり。040以下(いか)(いづ)れもその荘厳(さうごん)優美(いうび)比喩辞(ひゆじ)(なり)
041(あるひ)二宝(にほう)乃至(ないし)三宝(さんぽう)乃至(ないし)七宝(しつぽう)うたた(とも)合成(がふじやう)せるあり。
042(あるひ)金樹(こんじゆ)銀葉華果(ごんえうけくわ)なるあり。
043(あるひ)銀樹(ごんじゆ)金葉華果(こんえうけくわ)なるあり。
044(あるひ)瑠璃樹(るりじゆ)あり玻璃(はり)()とす華果(けくわ)また(しか)なり。
045(あるひ)水精樹(すゐしやうじゆ)あり瑠璃(るり)()とす華果(けくわ)また(しか)なり。
046(あるひ)珊瑚樹(さんごじゆ)あり瑪瑙(めなう)()とす華果(けくわ)また(しか)なり。
047(あるひ)瑪瑙樹(めなうじゆ)あり瑠璃(るり)()とす華果(けくわ)また(しか)なり。
048(あるひ)しやこ(じゆ)あり衆宝(しゆほう)()とす華果(けくわ)また(しか)なり。
049(あるひ)宝樹(ほうじゆ)あり、050紫金(しこん)(もと)とし白銀(びやくごん)(くき)とし瑠璃(るり)(えだ)とし水精(すゐしやう)(こえだ)とし珊瑚(さんご)()とし瑪瑙(めなう)(はな)とししやこ(このみ)とす。
051(あるひ)宝樹(ほうじゆ)あり、052白銀(びやくごん)(もと)とし瑠璃(るり)(くき)とし水精(すゐしやう)(えだ)とし珊瑚(さんご)(こえだ)とし瑪瑙(めなう)()とししやこ(はな)とし紫金(しこん)(このみ)とす。
053(あるひ)宝樹(ほうじゆ)あり、054瑠璃(るり)(もと)とし水精(すゐしやう)(くき)とし珊瑚(さんご)(えだ)とし瑪瑙(めなう)(こえだ)とししやこ()とし紫金(しこん)(はな)とし白銀(びやくごん)(このみ)とす。
055(あるひ)宝樹(ほうじゆ)あり、056水精(すゐしやう)(もと)とし珊瑚(さんご)(くき)とし瑪瑙(めなう)(えだ)とししやこ(こえだ)とし紫金(しこん)()とし白銀(びやくごん)(はな)とし瑠璃(るり)(このみ)とす。
057(あるひ)宝樹(ほうじゆ)あり、058珊瑚(さんご)(もと)とし瑪瑙(めなう)(くき)とししやこ(えだ)とし紫金(しこん)(こえだ)とし白銀(びやくごん)()とし瑠璃(るり)(はな)とし水精(すゐしやう)(このみ)とす。
059(あるひ)宝樹(ほうじゆ)あり、060瑪瑙(めなう)(もと)とししやこ(くき)とし紫金(しこん)(えだ)とし白銀(びやくごん)(こえだ)とし瑠璃(るり)()とし水精(すゐしやう)(はな)とし珊瑚(さんご)(このみ)とす。
061(あるひ)宝樹(ほうじゆ)あり、062しやこ(もと)とし紫金(しこん)(くき)とし白銀(びやくごん)(えだ)とし瑠璃(るり)(こえだ)とし水精(すゐしやう)()とし珊瑚(さんご)(はな)とし瑪瑙(めなう)(このみ)とす。
063()諸々(もろもろ)宝樹(ほうじゆ)行々(ぎやうぎやう)あひ()ひ、064茎々(きやうきやう)あひ(のぞ)み、065枝々(しし)あひ(なぞら)へ、066葉々(えうえう)あひ(むか)ひ、067華々(けけ)あひ(したが)ひ、068実々(じつじつ)あひ(あた)り、069栄色光耀(えいしよくくわうえう)として()るにたふべからず。070清風(せいふう)(とき)(おこ)りて五音(ごおん)(こゑ)(いだ)す。071微妙(びめう)宮商(くしやう)自然(しぜん)相和(あひわ)せり』
072(しめ)してある。073(これ)(まつた)(みづ)御魂(みたま)豊国主神(とよくにぬしのかみ)分霊(ぶんれい)なる和魂(にぎみたま)(かみ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)一旦(いつたん)月照彦神(つきてるひこのかみ)(げん)再生(さいせい)して釈迦(しやか)となり、074天極紫微宮(てんきよくしびきう)より(くだ)(きた)りて天国(てんごく)浄土(じやうど)のその一部(いちぶ)真相(しんさう)抽象的(ちうしやうてき)比喩的(ひゆてき)説示(せつじ)されたものであります。075読者(どくしや)(みぎ)仏説(ぶつせつ)()りて神道(しんだう)()高天原(たかあまはら)(また)はキリストの天国(てんごく)076仏教(ぶつけう)兜率天(とそつてん)077清浄国土(せうじやうこくど)(みな)同一(どういつ)にして、078()至微(しび)至清(しせい)荘厳(さうごん)神境霊域(しんきやうれいゐき)たることを(さと)らるる(こと)(おも)ひます。
079 瑞月(ずゐげつ)印度(いんど)地方(ちはう)太古(たいこ)物語(ものがたり)()くに(あた)り、080天国(てんごく)真相(しんさう)(ぶつ)(をしへ)()りて(しめ)すことの近道(ちかみち)なるを(おも)ひ、081舎身活躍(しやしんくわつやく)』((たつ)(まき))の総説(そうせつ)()(ここ)引用(いんよう)した次第(しだい)であります。
082 惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
083  大正十一年十一月七日  王仁識