霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 入那城(いるなじやう)〔一一〇六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:第1篇 天空地平 よみ:てんくうちへい
章:第2章 入那城 よみ:いるなじょう 通し章番号:1106
口述日:1922(大正11)年11月10日(旧09月22日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
イルナの国王セーラン王は、叔父で左守のクーリンスの娘ヤスダラ姫を許嫁としていたが、大黒主に取り入って勢力を増した右守カールチンは、無理矢理自分の娘を王妃にしてしまった。
ヤスダラ姫は外国の毘舎の娘に追いやられてしまっていた。王はそのことを思い悩んで落涙にむせんでいる。カールチンの娘サマリー姫は、王がヤスダラ姫のことを思い悩んで自分を嫌っていることから王と喧嘩し、狂気のごとく駆け出して実家に帰ってしまった。
クーリンスは王のところにやってきて、王が剛直なあまり短気を起こすとかえって右守の思うつぼになると諫言した。王はあくまでよこしまな勢力に屈するのは嫌だと決意を面に表す。
王と左守は不思議なことに、昨晩同じ夢を見ていた。北光彦の神という白髪異様の神人が現れて、鬼熊別の妻子が三五教宣伝使となってイルナの国を通るから、城に迎え入れればバラモン教の勢力に対抗できる、と示したという。
クーリンスは早速、黄金姫母娘を探すべく王の居間を去った。しばらくすると、右守カールチンの腹心ユーフテスが案内も通さずに王の間に入ってきて、王がサマリー姫と喧嘩したことをなじった。
ユーフテスは、すでにカールチンが大黒主に事の顛末を早馬で知らせたと言い、王に謹慎を迫った。王はユーフテスの横柄な振る舞いに怒り、カールチン一族を追放すると怒鳴りたてた。ユーフテスは王の権幕に怖気づき、すごすごと帰っていく。
次に、ヤスダラ姫の妹・セーリス姫が王のもとにやってきた。姫は、カールチンが王位を奪おうと、サマリー姫の件を大黒主に讒言したと伝えた。王は、カールチンの腹心ユーフテスが、セーリス姫に執心していると聞いて、姫に策を授けた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:29頁 八幡書店版:第7輯 540頁 修補版: 校定版:29頁 普及版:13頁 初版: ページ備考:
001 入那(いるな)(くに)のセーラン(わう)(やかた)東西南(とうざいなん)(ひろ)(ぬま)(めぐ)らし、002(きた)一方(いつぱう)のみ原野(げんや)につづいて()る。003(この)(くに)では(もつと)風景(ふうけい)()(かつ)要害(えうがい)よき地点(ちてん)(えら)(わう)(やかた)(きづ)かれてある。004セーラン(わう)早朝(さうてう)より梵自在天(ぼんじざいてん)(まつ)りたる神殿(しんでん)(のぼ)りて祈願(きぐわん)()らし、005(をは)つて(わが)居間(ゐま)(かへ)り、006ドツカと()して双手(もろて)()思案(しあん)にくれながら独言(ひとりごと)
007『あゝ()(なか)(おも)(やう)()かないものだなア。008忠誠(ちうせい)無比(むひ)左守(さもり)(かみ)クーリンスの(むすめ)ヤスダラ(ひめ)幼少(えうせう)(ころ)から父王(ちちわう)(めい)()許嫁(いひなづけ)(きま)つて()たものを、009大黒主(おほくろぬし)神様(かみさま)()(へつら)右守(うもり)(かみ)カールチンの勢力(せいりよく)()(つき)増大(ぞうだい)し、010(ほとん)(われ)をなきものの(ごと)くに(あつか)ひ、011ヤスダラ(ひめ)をテルマン(こく)毘舎(びしや)シヤールの女房(にようばう)()ひやり、012わが(もつと)(きら)(ところ)右守(うもり)(かみ)(むすめ)サマリー(ひめ)(きさき)(いた)したとは、013(じつ)(しも)014(かみ)(をか)すとは()ひながら無暴(むばう)(きは)まりだ。015あゝヤスダラ(ひめ)今頃(いまごろ)如何(どう)してゐるだろう。016一度(いちど)(ひめ)()つて幼少(えうせう)からの(わが)(こころ)(そこ)打明(うちあ)かし、017ユツクリと物語(ものがた)つて()たいものだが、018(われ)刹帝利(せつていり)王族(わうぞく)019ヤスダラ(ひめ)最早(もはや)毘舎(びしや)女房(にようばう)(まで)なり(さが)つた以上(いじやう)到底(たうてい)(この)()では面会(めんくわい)(かな)ふまい。020一国(いつこく)王者(わうじや)()でありながら、021一生(いつしやう)大事(だいじ)たる許嫁(いひなづけ)最愛(さいあい)(つま)()(わか)れ、022斯様(かやう)(くる)しき月日(つきひ)(おく)らねばならぬとは如何(いか)なる宿世(すぐせ)因縁(いんねん)か、023あゝヤスダラ(ひめ)よ、024()(こころ)()()つてくれ』
025追恋(つゐれん)(じやう)()へかねて(おも)はず()らず落涙(らくるい)(むせ)んで()る。026かかる(ところ)(ふすま)をサラリと()()け、027(すこ)しく顔色(かほいろ)()へて(きぬ)ずれの(おと)サラサラと()(きた)りしはサマリー(ひめ)なりき。
028王様(わうさま)029貴方(あなた)(この)(ごろ)御機嫌(ごきげん)(わる)いこと、030一通(ひととほ)りや二通(ふたとほり)りでは(ござ)いませぬ。031(わらは)日夜(にちや)貴方(あなた)(さま)不機嫌(ふきげん)なお(かほ)(をが)みましては到底(たうてい)やりきれませぬから、032本日(ほんじつ)(かぎ)りお(ひま)(たまは)りたう(ぞん)じます』
033意味(いみ)ありげに(こゑ)(ふる)はせて(なじ)(やう)()ふ。034(わう)(おどろ)いてサマリー(ひめ)(かほ)をツクヅクと見守(みまも)りながら、
035合点(がてん)()かぬ其方(そなた)言葉(ことば)036(なに)かお()(さは)つたかなア』
037『いえいえ、038(けつ)して(けつ)して()(さは)(やう)(こと)(ござ)りませぬ。039(なん)(まを)しても誠忠(せいちう)無比(むひ)左守(さもり)司様(かみさま)のお(むすめ)040許嫁(いひなづけ)のおありなすつたヤスダラ(ひめ)(さま)悪逆無道(あくぎやくぶだう)(わが)(ちち)カールチンが放逐(はうちく)して、041貴方(あなた)のお()()らない(わたし)(きさき)()れられたのですから、042貴方(あなた)日夜(にちや)御不快(ごふくわい)無理(むり)(ござ)りませぬ。043最早(もはや)今日(けふ)となつては(わらは)もやりきれませぬ。044(たがひ)(あい)のない、045諒解(りやうかい)のない夫婦(ふうふ)(くらゐ)不幸(ふかう)なものは(ござ)りませぬから、046(わらは)(なん)仰有(おつしや)いましても、047今日(けふ)(かぎ)りお(ひま)(いただ)(ちち)(やかた)(さが)ります』
048『これサマリー(ひめ)049今更(いまさら)左様(さやう)(こと)()つてくれては(こま)るぢやないか。050(すこ)しは(わたし)()にもなつて()れたら如何(どう)だ』
051『はい、052貴方(あなた)のお(きら)ひな(わらは)がお(そば)(つか)へて()ましては、053(かへつ)貴方(あなた)のお()()ませ(くる)しめます道理(だうり)054(わらは)(ごと)(いや)しき身分(みぶん)(もの)がヤスダラ(ひめ)(さま)地位(ちゐ)(うば)ひ、055斯様(かやう)地位(ちゐ)()かれるのは(じつ)心苦(こころぐる)しう(ござ)ります。056提灯(ちやうちん)釣鐘(つりがね)057(つき)(すつぽん)配偶(はいぐう)同様(どうやう)058(たがひ)苦情(くじやう)()ない(うち)(わか)れさして(くだ)さいましたならば、059(わらは)何程(なにほど)幸福(かうふく)だか()れませぬ。060(いま)貴方(あなた)独言(ひとりごと)()くとはなくに(うけたま)はれば、061誠忠(せいちう)無比(むひ)左守(さもり)(かみ)(むすめ)ヤスダラ(ひめ)(わが)(ちち)のカールチンが放逐(はうちく)し、062()()らぬサマリー(ひめ)(きさき)()れたのは残念(ざんねん)だと仰有(おつしや)つたでは(ござ)いませぬか。063(なん)()つてもお(かく)しなされても、064もう駄目(だめ)(ござ)ります。065(わらは)はこれから(ちち)(いへ)(かへ)り、066(ちち)より大黒主(おほくろぬし)(さま)(うかが)ひを()て、067(その)(うへ)(わらは)()()(かた)()めて(いただ)きますから、068何卒(なにとぞ)これまでの(えん)(おも)つて(くだ)さいませ』
069(はや)立上(たちあが)らうとするを(わう)狼狽(あは)てて(ひめ)(そで)引掴(ひつつか)み、
070『さう短気(たんき)(おこ)すものではない。071其方(そなた)(わし)(こま)らさうと(いた)すのだな』
072『いえいえ、073(こま)らし(まを)(どころ)か、074貴方(あなた)がお気楽(きらく)におなり(あそ)ばす(やう)にと()をもんで()るので(ござ)ります。075左様(さやう)なら、076御免(ごめん)(くだ)さいませ』
077(わう)()()(はな)し、078(いか)りの血相(けつさう)物凄(ものすご)(ちち)(やかた)()して一目散(いちもくさん)(かへ)()く。
079 セーラン(わう)(ひめ)狂気(きやうき)(ごと)()()した(あと)(ただ)一人(ひとり)黙然(もくねん)として(かうべ)(かたむ)け、080(わが)()運命(うんめい)如何(いか)になり()くかと、081トツ、082オイツ思案(しあん)()()たる。083其処(そこ)へシヅシヅと()(きた)るは左守(さもり)(かみ)のクーリンスなりける。084クーリンスはセーラン(わう)(ちち)バダラ(わう)(おとうと)であつて、085()はば(わう)叔父(をぢ)(あた)刹帝利族(せつていりぞく)である。
086王様(わうさま)087今日(けふ)はお(はや)(ござ)います。088只今(ただいま)登城(とじやう)(さい)089(やかた)(もの)(うはさ)()けば、090サマリー(ひめ)(さま)(なに)王様(わうさま)(いさか)ひでもなさつたと()え、091血相(けつさう)()へて数多(あまた)家来(けらい)(ども)御引留(おひきとめ)(まを)すのも()かず、092蹴倒(けたふ)薙払(なぎはら)一目散(いちもくさん)にカールチンの(やかた)(かへ)られたさうで(ござ)います。093()(かく)七八人(しちはちにん)家来(けらい)をカールチンの(やかた)差向(さしむ)け、094(ひめ)(むか)(かへ)るべく取扱(とりあつか)つておきましたが、095一体(いつたい)如何(どん)(こと)仰有(おつしや)つたので(ござ)りますか。096右守(うもり)(かみ)カールチンは大黒主(おほくろぬし)(さま)大変(たいへん)なお()()り、097王様(わうさま)左守(さもり)(かみ)(ほとん)眼中(がんちう)にないと()旭日昇天(きよくじつしようてん)(いきほひ)御座(ござ)りますれば、098(いま)サマリー(ひめ)機嫌(きげん)(そん)じ、099カールチンの立腹(りつぷく)(まね)かうものなら、100(たちま)貴方(あなた)御身辺(ごしんぺん)(あやふ)(ござ)りませう。101(まこと)(こま)つた(こと)出来(でき)ました』
102何事(なにごと)天命(てんめい)(あきら)めるより仕方(しかた)がない。103(われ)(けつ)して顕要(けんえう)地位(ちゐ)(のぞ)まない。104仮令(たとへ)首陀(しゆだ)でも(なん)でも(かま)はぬ。105夫婦(ふうふ)意気(いき)投合(とうがふ)して(この)()(わた)ることが出来(でき)たならば、106(この)(うへ)ない()としての(よろこ)びはないのだ』
107王様(わうさま)108(なん)とした、109つまらぬ(こと)仰有(おつしや)るのですか。110貴方(あなた)左様(さやう)なお(こころ)如何(どう)して(この)入那(いるな)(くに)(をさ)まりませうぞ。111(すこ)しは()(つよ)くもつて(くだ)さらないと吾々(われわれ)左守(さもり)(かみ)(はたら)きが出来(でき)ないぢやありませぬか。112王様(わうさま)あつての左守(さもり)(かみ)では(ござ)りませぬか』
113『もう()うなる以上(いじやう)(なん)()つても仕方(しかた)がない。114サマリー(ひめ)(かへ)つた以上(いじやう)は、115屹度(きつと)カールチンは日頃(ひごろ)陰謀(いんぼう)()ぐるは(いま)(この)(とき)と、116大黒主(おほくろぬし)(ちから)()つて(つひ)には(わが)地位(ちゐ)(うば)ひ、117入那(いるな)(くに)掌握(しやうあく)する(こと)になるだろう。118如何(どう)なりゆくも運命(うんめい)だと()(あきら)めて()る』
119右守(うもり)(かみ)のカールチンが(この)(ごろ)傍若無人(ばうじやくぶじん)振舞(ふるまひ)()しからぬ、120とは()ひながら、121もとを(ただ)せば王様(わうさま)鬼雲姫(おにくもひめ)(さま)御退隠(ごたいいん)(けん)()いて御意見(ごいけん)(あそ)ばしたのが原因(げんいん)となり、122王様(わうさま)鬼熊別(おにくまわけ)腹心(ふくしん)(もの)(にら)まれ(たま)うたのが(おこ)りで(ござ)います。123悪人(あくにん)覇張(はば)()(なか)124阿諛諂侫(あゆてんねい)()()(つき)勢力(せいりよく)()天下(てんか)横行(わうかう)闊歩(くわつぽ)し、125至誠(しせい)忠直(ちうちよく)()圧迫(あつぱく)される()(なか)ですから、126(すこ)しは王様(わうさま)(その)(かん)消息(せうそく)をお(かんが)(あそ)ばし、127社交的(しやかうてき)頭脳(づなう)になつて(いただ)かねばなりますまい。128クーリンスは(こころ)()まぬ(こと)とは()りながら、129(いへ)()めを(おも)剛直(がうちよく)一途(いちづ)貴方(あなた)(さま)(たい)(なみだ)()んで御忠告(ごちうこく)申上(まをしあ)げます』
130仮令(たとへ)大黒主(おほくろぬし)(にら)まれ、131(くに)()らるるとも王位(わうゐ)()がるるとも、132仮令(たとへ)(わが)生命(いのち)(うば)はるるとも、133(われ)(だん)じて邪悪(じやあく)(くみ)する(こと)出来(でき)ぬ。134放埒不羈(ほうらつふき)にして悪逆無道(あくぎやくぶだう)(かぎ)りを(つく)大黒主(おほくろぬし)頤使(いし)(あま)んずるよりも、135鬼熊別(おにくまわけ)(さま)趣旨(しゆし)(さん)し、136(ほろ)ぼさるるが本望(ほんまう)だ。137あゝもう(この)(うへ)そんな(こと)()つて()れるな』
138『だと(まを)して(この)(まま)()ちやり()けば大変(たいへん)(こと)になります』
139()昨夜(さくや)(ゆめ)に、140北光彦(きたてるひこ)(かみ)()白髪(はくはつ)異様(いやう)神人(しんじん)(あら)はれ(きた)(さと)(たま)ふやう「(なんぢ)一身(いつしん)(はじ)入那(いるな)国家(こくか)(じつ)危急(ききふ)存亡(そんばう)(とき)(ひん)せり、141(これ)(すく)ふに(ひと)つの(みち)がある。142それは(ほか)でもない、143鬼熊別(おにくまわけ)神司(かむづかさ)妻子(さいし)なる黄金姫(わうごんひめ)144清照姫(きよてるひめ)は、145(いま)三五教(あななひけう)神力無双(しんりきむさう)宣伝使(せんでんし)となつて()る。146(かれ)はハルナの(みやこ)言霊戦(ことたません)開始(かいし)すべく出陣(しゆつぢん)途中(とちう)147(この)入那(いるな)(くに)通過(つうくわ)すべければ、148(かれ)をカールチンの部下(ぶか)(とら)へぬ(うち)(なんぢ)部下(ぶか)捜索(そうさく)せしめ、149(ひそか)(この)(やかた)(いざな)(かへ)りなば、150カールチンやサマリー(ひめ)勢力(せいりよく)如何(いか)(つよ)くとも、151到底(たうてい)(てき)すべからず。152(いま)大黒主(おほくろぬし)鬼春別(おにはるわけ)153大足別(おほだるわけ)両将(りやうしやう)をして大部隊(だいぶたい)軍卒(ぐんそつ)引率(いんそつ)せしめ出陣(しゆつぢん)したる(あと)なれば、154今日(こんにち)大黒主(おほくろぬし)勢力(せいりよく)前日(ぜんじつ)(ごと)くならず、155(はや)部下(ぶか)忠誠(ちうせい)なる人物(じんぶつ)(えら)み、156母娘(おやこ)両人(りやうにん)行手(ゆくて)(よう)し、157(この)王城(わうじやう)にお立寄(たちよ)りを(ねが)ふべし」との(こと)であつた。158クーリンス、159(ゆめ)であつたか(うつつ)であつたか、160()には判然(はんぜん)(わか)らないが、161屹度(きつと)これは真実(しんじつ)であらうと(おも)ふ。162其方(そなた)如何(どう)(おも)はるるか』
163王様(わうさま)(その)(ゆめ)御覧(ごらん)になりましたか、164へー、165(なん)(めう)(こと)があるものですな。166(わたし)昨夜(さくや)その(ゆめ)歴然(ありあり)()ましたので、167(じつ)(ゆめ)(よし)申上(まをしあ)げむと(まゐ)つたので(ござ)ります。168こりや屹度(きつと)(ただ)しき神様(かみさま)のお()げで(ござ)りませう。169左様(さやう)ならば(とき)(うつ)さず忠実(ちうじつ)なる部下(ぶか)(えら)んで表面(へうめん)母娘(おやこ)生捕(いけど)ると(しよう)し、170(むか)へて(まゐ)(こと)(いた)しませう』
171(しか)らばクーリンス殿(どの)172一時(いちじ)(はや)(その)用意(ようい)(たの)む』
173『はい』
174(こた)へてクーリンスは(うやうや)しく(いとま)()一目散(いちもくさん)(わが)()()して(かへ)()く。
175 (わう)(また)(ひと)黙然(もくねん)として両手(りやうて)()み、176(すこ)しく光明(くわうみやう)にふれたやうな気分(きぶん)にもなつて()た。
177昨夜(さくや)(ゆめ)実現(じつげん)したならば自分(じぶん)(また)(この)()(のが)れられるであらう。178うまく()けば(ふたた)びヤスダラ(ひめ)()ふことが出来(でき)るかも()れない』
179などと、180(たよ)りない(こと)(おも)()かべながら色々(いろいろ)(かんが)()んで()る。181そこへ足音(あしおと)(たか)くカールチンの(いち)家来(けらい)(きこ)えたるユーフテスは、182(とら)()をかる(きつね)(いきほひ)183王者(わうじや)(ほとん)眼中(がんちう)になき有様(ありさま)にて、184案内(あんない)もなく(ふすま)をサラリと()()け、
185王様(わうさま)186只今(ただいま)カールチン(さま)のお使(つかひ)(まゐ)りましたが、187貴方(あなた)(さま)はサマリー(ひめ)(さま)虐待(ぎやくたい)(あそ)ばし、188王者(わうじや)()としてあるまじき乱暴(らんばう)をお(はたら)きなさつたさうで(ござ)りますな。189(わが)主人(しゆじん)カールチン(さま)表向(おもてむ)貴方様(あなたさま)御家来(ごけらい)なり、190(また)サマリー(ひめ)(さま)父親(ちちおや)なれば、191王様(わうさま)にとつてはお父様(とうさま)同然(どうぜん)(ござ)りませう。192(おや)として()不埒(ふらち)を、193何程(なにほど)王者(わうじや)なりとて(いまし)められずには()れないと()つて、194ハルナの(みやこ)大黒主(おほくろぬし)(さま)御許(おんもと)早馬使(はやうまづかひ)をお()てになりました。195何分(なにぶん)のお沙汰(さた)あるまで別館(べつくわん)()つて御謹慎(ごきんしん)をなさりませ』
196横柄面(わうへいづら)()ちつけるやうに()ふ。197その無礼(ぶれい)加減(かげん)198言語(ごんご)(ぜつ)した振舞(ふるまひ)である。199(わう)はカツと(いか)り、
200(なんぢ)201臣下(しんか)分際(ぶんざい)として()(むか)つて無礼千万(ぶれいせんばん)な、202左様(さやう)(こと)()(みみ)もたぬ。203ユーフテス、204(なんぢ)主人(しゆじん)カールチンに(たい)して()今日(けふ)(かぎ)りサマリー(ひめ)(とも)(いとま)(つか)はす、205一時(いちじ)(はや)右守(うもり)(かみ)(やかた)立出(たちい)で、206何処(どこ)へなりと勝手(かつて)()けと申伝(まをしつた)へよ』
207(こゑ)()らげてグツと()めつけ(しか)りつくれば、208ユーフテスは(あん)相違(さうゐ)(わう)権幕(けんまく)(ちぢ)(あが)り、209(あたま)をガシガシ()きつつ、210(おほかみ)出会(であ)うた痩犬(やせいぬ)(やう)()()れ、211(かげ)まで(うす)くなつてシヨビ シヨビとして(かへ)つて()く。
212『アハヽヽヽヽ、213右守(うもり)(かみ)悪人(あくにん)(つか)ふるユーフテス()214()一喝(いつかつ)()うて悄気返(せうげかへ)り、215(はじ)めの(いきほひ)何処(どこ)へやら、216スゴスゴ(かへ)()(その)有様(ありさま)217ほんに(あく)といふものはマサカの(とき)になれば(よわ)いものだな、218アハヽヽヽヽ』
219(おも)はず()らず高笑(たかわら)ひして()る。220そこへスタスタと足早(あしばや)這入(はい)つて()たのはヤスダラ(ひめ)(いもうと)セーリス(ひめ)なり。
221王様(わうさま)222今日(けふ)御壮健(ごさうけん)なお(かほ)(はい)し、223セーリス(ひめ)(まこと)恐悦(きようえつ)(ぞん)じます。224()きましては早速(さつそく)ながら、225(ちち)クーリンスの(めい)により(をんな)()をも(かへり)みず(まか)()でました。226カールチンは年来(ねんらい)野心(やしん)成就(じやうじゆ)するは(いま)(この)(とき)と、227ハルナの(みやこ)早馬使(はやうまづかひ)()王様(わうさま)廃立(はいりつ)(はか)つて()りまする。228()いては(わが)(ちち)クーリンスはそれに(たい)する準備(じゆんび)(いた)さねばなりませず、229家老(からう)のテームスに(めい)黄金姫(わうごんひめ)母娘(おやこ)所在(ありか)(さが)すべく準備(じゆんび)最中(さいちう)なれば、230(ちち)(まゐ)(ひま)(ござ)りませぬので不束(ふつつか)なる(をんな)(わらは)(まゐ)つたので(ござ)ります。231(また)(ちち)幾度(いくど)登城(とじやう)(いた)しますれば右守(うもり)身内(みうち)奴等(やつら)益々(ますます)(うたが)はれ事面倒(ことめんだう)となりますれば、232向後(かうご)(おもんぱか)(わらは)代理(だいり)として(まゐ)らせたので(ござ)ります』
233『あゝさうか。234(こと)さへ(わか)れば(をんな)でも結構(けつこう)だ。235(とき)にセーリス(ひめ)236其方(そなた)はユーフテスに(いま)()はなかつたか』
237『ハイ、238只今(ただいま)廊下(らうか)()ひました。239大変(たいへん)悄気方(せうげかた)(かへ)つて(まゐ)りました。240あの(をとこ)(じつ)()かない人物(じんぶつ)(ござ)ります。241毎日日々(まいにちひにち)(わらは)(もと)艶書(えんしよ)(おく)り、242それはそれは(いや)らしい(こと)()つて(まゐ)ります。243本当(ほんたう)(こま)つた(こと)(ござ)ります』
244『ホー、245そりや都合(つがふ)のいい(こと)だ。246これセーリス(ひめ)247(ちか)(ちか)う』
248手招(てまね)きすれば、249セーリス(ひめ)は「はい」と(こた)へて(わう)側近(そばちか)くににじり()る。250(わう)(ひめ)(みみ)口寄(くちよ)何事(なにごと)(ささや)けば、251セーリス(ひめ)はニツコと(わら)つて打頷(うちうなづ)(この)()()つて(かへ)()く。
252大正一一・一一・一〇 旧九・二二 北村隆光録)