霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 右守館(うもりやかた)〔一一〇八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:第1篇 天空地平 よみ:てんくうちへい
章:第4章 第41巻 よみ:うもりやかた 通し章番号:1108
口述日:1922(大正11)年11月10日(旧09月22日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
右守のカールチンは、妻のテーナと酒を酌み交わしながら、セーラン王を追放する姦策を謀っていた。テーナは、娘セーリス姫は内心王を慕っているので、自分たちの計略が王に漏れないかと心配する。
カールチンは、万一そのようなことがあれば娘を手討ちにすればよいと無慈悲さをあらわにする。テーナは、自分のためなら妻も娘もためらわずに犠牲にすると豪語するカールチンを非難する。
父母の話を立ち聞きしていたサマリー姫は、王への反逆の罪により父母に改心を迫るが、カールチンは姫を取り押さえるとしばりつけ、地下室に幽閉してしまった。
そこへ、カールチンの部下マンモスがあわただしく入ってきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4104
愛善世界社版:55頁 八幡書店版:第7輯 550頁 修補版: 校定版:56頁 普及版:27頁 初版: ページ備考:
001 右守(うもり)(かみ)カールチンは(つま)のテーナと(とも)(さけ)()(かは)しながら、002()()くる(まで)003ホロ(よひ)機嫌(きげん)になつて、004セーラン(わう)追放(つゐはう)奸策(かんさく)(はか)つてゐる。
005旦那様(だんなさま)006今度(こんど)こそは大黒主(おほくろぬし)(さま)御承知(ごしようち)(くだ)さるでせうなア。007セーラン王様(わうさま)は、008大黒主(おほくろぬし)(さま)(もつと)御嫌(おいや)鬼熊別(おにくまわけ)一派(いつぱ)だと()(こと)を、009あれ(だけ)何回(なんくわい)虚実(きよじつ)交々(こもごも)取交(とりま)ぜて内通(ないつう)しておいたのですから』
010今度(こんど)こそは本望(ほんまう)成就(じやうじゆ)(とき)()たのだ。011いよいよ願望(ぐわんばう)成就(じやうじゆ)する(うへ)は、012吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)入那(いるな)刹帝利(せつていり)となるのだから、013長生(ながい)きはせにやならないものだ。014(いま)までサマリー(ひめ)犠牲(ぎせい)にして(きさき)()げてゐたが、015どうやら(わう)俺達(おれたち)(たく)みを(さと)つたらしく、016サマリー(ひめ)(たい)して、017大変(たいへん)にキツく(あた)るので、018(ひめ)()きもつて()げて(かへ)つて()よつた。019グヅグヅしてゐると(あく)(たく)みの(あら)はれ(ぐち)だ。020(さき)んずれば(ひと)(せい)すと()ふから、021(ひめ)(かへ)つたのをキツカケに早馬使(はやうまづかひ)をハルナの(みやこ)(つか)はしたのだから、022キツトこちらの使(つかひ)が、023(さき)到着(たうちやく)してるに(ちが)ひない。024セーラン(わう)使(つかひ)をやつた(ところ)で、025最早(もはや)あとのまつり、026(なん)(おれ)のやり(かた)敏捷(びんせう)なものだらう。027アハヽヽヽ』
028旦那様(だんなさま)何時(いつ)とても()をみるに(びん)なる(かた)ですから、029(わたし)貴郎(あなた)のやうな(をつと)()うたのは何程(なにほど)幸福(かうふく)だか()れませぬワ。030(とき)可哀相(かあいさう)なのはサマリー(ひめ)ぢや(ござ)いませぬか。031(むすめ)にトツクリと()(ふく)めて、032セーラン(わう)(きさき)()げたのだけれど、033(いま)ではどうやら(おや)意思(いし)忘却(ばうきやく)し、034王様(わうさま)恋着心(れんちやくしん)()つてゐるやうな塩梅(あんばい)だ。035(ほん)(つみ)(こと)をしたものですなア。036あゝして(かへ)つては()()るものの、037(わたし)(かんが)へて()れば、038寝言(ねごと)(まで)(わう)(した)うてゐるのだから(こま)つたものです。039さうだから如何(いか)(わが)()んだ(むすめ)だと()つて、040(この)計略(けいりやく)を、041今日(けふ)となつては(むすめ)(まへ)では()(わけ)には()かず、042万一(まんいち)(むすめ)()かうものなら、043(わう)内通(ないつう)をするかも()れませぬからなア』
044『そんな不心得(ふこころえ)(こと)(いた)し、045(おや)(そむ)くやうな(やつ)は、046(らち)よく手討(てう)ちに(いた)せばいいぢやないか。047こんな大望(たいまう)(いだ)いてる吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)が、048()一人(ひとり)二人(ふたり)犠牲(ぎせい)にするのは(まへ)(もつ)覚悟(かくご)して()なくてはならぬではないか』
049『それは(また)050(あま)胴欲(どうよく)ぢや(ござ)りませぬか。051何程(なにほど)吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)出世(しゆつせ)をしたとて、052肝腎(かんじん)(あと)()()がなくては、053(なん)にもなりますまい。054千年(せんねん)万年(まんねん)()きられるものではなし、055()可愛(かあい)いばかりに、056こんな心配(しんぱい)をして()るのぢやありませぬか』
057『さう()へばさうだが、058(ことわざ)にも()ふぢやないか、059()()てる(やぶ)はあつても(わが)()()てる(やぶ)はないと。060まさかになつたら()をすてて自分(じぶん)(いのち)(まつた)うするのが当世(たうせい)だ…………イヤ人情(にんじやう)だ。061(おれ)だつて立派(りつぱ)目的(もくてき)(たつ)し、062(わが)()(あと)()がしたいのは山々(やまやま)だが、063その()のために陰謀(いんぼう)露顕(ろけん)して、064吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)(いのち)をとられるやうなことが出来(しゆつたい)(いた)したら、065それこそ大変(たいへん)ぢやないか』
066『あなたは(わが)()(たい)し、067左様(さやう)水臭(みづくさ)御考(おかんが)へですか。068(わたし)自分(じぶん)(いのち)如何(どう)ならうとも、069(わが)()さへ立派(りつぱ)になつてくれれば、070それで満足(まんぞく)(いた)します』
071馬鹿(ばか)だなア、072それだから母親(ははおや)(あま)いと()ふのだ。073(わが)()だと()つても、074(からだ)()けた以上(いじやう)他人(たにん)ぢやないか。075(その)証拠(しようこ)には(わが)()何程(なにほど)大病(たいびやう)(くる)しんで()つても、076(おや)(からだ)にチツとも痛痒(つうやう)(かん)じないではないか』
077(なん)とマアあなたはどこ(まで)無慈悲(むじひ)(かた)ですなア。078(わたし)(むすめ)大病(たいびやう)になつた(とき)079自分(じぶん)(からだ)(くる)しくなつて()られず、080出来(でき)(こと)なら、081(むすめ)(かは)つて(わづら)うてやりたいと(まで)(おも)ひましたよ』
082(おれ)だつてチツとばかりは(むすめ)(くる)しんでるのを()(とき)(からだ)にこたへたが、083(しか)(むすめ)苦痛(くつう)(くら)ぶれば、084二十分(にじふぶん)(いち)(くらゐ)(くる)しさだつた。085ヤツパリ自分(じぶん)(くる)しむのは(つら)いから、086如何(どう)しても秘密(ひみつ)ばれるとあれば、087(むすめ)手討(てうち)にしてでも、088夫婦(ふうふ)(いのち)(たす)からねばならない。089(おや)()(こと)をきかぬ(やつ)不孝者(ふかうもの)だから、090(おや)手討(てうち)にするのが、091(なに)それが(わる)い。092アカの他人(たにん)でさへも吾々(われわれ)秘密(ひみつ)をもらし、093規則(きそく)(やぶ)つたならば、094大根(だいこん)()るやうにヅボリヅボリと(くび)()()てるぢやないか。095()られた(やつ)だつて、096ヤツパリ(おや)兄弟(きやうだい)()もあるのだから、097(くる)しいのは(おな)(こと)だ。098そんな(こと)()つてゐたら、099到底(たうてい)(この)()立派(りつぱ)(くら)して()くことは出来(でき)ない。100自己(じこ)(まも)るのが第一(だいいち)だよ』
101(その)筆法(ひつぱふ)(まゐ)りますと、102あなたは自分(じぶん)(いのち)(たす)ける(ため)に、103(わたし)(いのち)()らねばならぬ(とき)()たら、104(わたし)(ころ)しますか』
105『きまつた(こと)だ。106(をつと)(ため)女房(にようばう)代理(だいり)となつて(ころ)され、107(をつと)(いのち)(すく)ふのは、108名誉(めいよ)ぢやないか。109後世(こうせい)(まで)貞女(ていぢよ)(かがみ)として(うた)はれるのだから、110(ころ)された女房(にようばう)(はう)何程(なにほど)光栄(くわうえい)だか()れないぞ』
111貴郎(あなた)はハルナの(みやこ)へお(まゐ)りになつてから、112大変(たいへん)冷酷(れいこく)になられましたなア。113大方(おほかた)八岐(やまた)大蛇(をろち)憑依(ひようい)してるのではありますまいか』
114(かみ)のなす(ところ)(しも)(これ)(なら)ふと()ふ、115川上(かはかみ)(みづ)はキツと川下(かはしも)(なが)れて()るものだ。116(おれ)大黒主(おほくろぬし)(さま)のお()()るやうになつた(くらゐ)だから、117大功(たいこう)細瑾(さいきん)(かへり)みず、118チツとばかりの犠牲(ぎせい)(くらゐ)春風(はるかぜ)(おもて)()(くらゐ)にも(おも)つてゐないのだ』
119『さうすると、120貴郎(あなた)大黒主(おほくろぬし)(さま)鬼雲姫(おにくもひめ)(さま)追出(おひだ)(あそ)ばした(やう)に、121(ほか)立派(りつぱ)(をんな)があつたら、122()()すのでせうなア』
123『オイ、124そこ(まで)追窮(つゐきう)するな、125水臭(みづくさ)くなるからなア』
126『ヘン、127よう仰有(おつしや)いますワイ。128親子(おやこ)一世(いつせい)129夫婦(ふうふ)二世(にせ)()つて、130()つても()れぬ親子(おやこ)をば、131自己(じこ)保全(ほぜん)(ため)には(ころ)しても差支(さしつかへ)ないと()主義(しゆぎ)貴郎(あなた)が、132何時(いつ)でも取替(とりか)へこの出来(でき)女房(にようばう)(たい)し、133離縁(りえん)する(くらゐ)朝飯前(あさめしまへ)のことでせう。134本当(ほんたう)にここ(まで)思想(しさう)悪化(あくくわ)すれば申分(まをしぶん)はありますまい』
135『コリヤ、136(ひと)のことだと(おも)ふと、137(わが)(こと)だぞ。138貴様(きさま)もセーラン(わう)(はい)する(こと)()いて、139(おれ)始終(しじう)相談(さうだん)をした悪人(あくにん)ぢやないか。140(その)発頭人(ほつとうにん)貴様(きさま)だらうがな。141貴様(きさま)何時(いつ)右守(うもり)となつてクーリンスの下役(したやく)になつてゐるのは腑甲斐(ふがひ)ない(をとこ)だと、142口癖(くちぐせ)のやうに(くや)んだものだから、143(もと)から善人(ぜんにん)でもない(おれ)が、144つい貴様(きさま)感染(かんせん)してこんな()くもない、145自分(じぶん)としては(わる)くもない(たく)みを(はじ)めたのぢやないか』
146『オホヽヽヽようマアそんな白々(しらじら)しいことを仰有(おつしや)りますワイ、147流石(さすが)大黒主(おほくろぬし)(さま)のお()()(だけ)あつて、148エライ(こと)仰有(おつしや)りますなア』
149夫婦喧嘩(ふうふげんくわ)はいい加減(かげん)切上(きりあ)げようぢやないか。150サマリー(ひめ)(みみ)這入(はい)つたら大変(たいへん)だからのう』
151『ナアニ、152這入(はい)つたつて(かま)ひますものか。153貴郎(あなた)はマサカ(ちが)へば一人(ひとり)よりない(むすめ)(ころ)し、154(わたし)鬼雲姫(おにくもひめ)(さま)()(まひ)にするといふ残酷(ざんこく)御精神(ごせいしん)だから、155そんなこと(おも)ふと阿呆(あはう)らしくて、156こんな(あぶ)ない芸当(げいたう)出来(でき)ませぬワ。157サマリー(ひめ)だつて貴郎(あなた)一人(ひとり)()ではなし、158(わたし)(はら)(いた)めて出来(でき)(むすめ)159そんな水臭(みづくさ)いことを仰有(おつしや)ると、160(わたし)承知(しようち)しませぬぞや』
161(はな)(ところ)へサマリー(ひめ)()(はら)しながら、162(こは)さうに(あら)はれ(きた)り、
163『お(とう)さま、164()アさま、165モウお(やす)みになつたら如何(いかが)(ござ)いますか』
166 カールチンは打驚(うちおどろ)き、
167『お(まへ)はサマリー(ひめ)168何故(なぜ)今頃(いまごろ)にこんな(ところ)()()るのだ。169いい加減(かげん)寝間(ねま)()つて(やす)まないか。170大方(おほかた)二人(ふたり)(はなし)立聞(たちぎき)したのだらう』
171『ハイ、172委細(ゐさい)様子(やうす)(のこ)らず(うけたま)はりました。173どうぞ(わたし)御存分(ごぞんぶん)(あそ)ばして(くだ)さいませ。174(おに)(おや)()つたと(おも)うて(あきら)めますから………』
175『コリヤ(むすめ)176(なん)()(こと)(まを)すか、177(おに)(おや)とは(なん)だ』
178『オホヽヽヽ(この)サマリー(ひめ)王様(わうさま)争論(いさかひ)をしてカールチンの(やかた)(かへ)つて()ては()るものの、179実際(じつさい)()へば(わう)(きさき)180サマリー(ひめ)だよ。181(おや)とは()ひながら、182(なんぢ)臣下(しんか)身分(みぶん)だ。183不届(ふとどき)(こと)(まを)すと了簡(れうけん)(いた)さぬぞや。184サア存分(ぞんぶん)にして(もら)ひませう』
185()をすりよせ、186カールチンの(まへ)投出(なげだ)す。
187『ヨシ、188最早(もはや)陰謀(いんぼう)(あら)はれた(うへ)は、189到底(たうてい)(ゆる)しておくべき(なんぢ)でない。190主従(しゆじゆう)もクソもあつたものかい。191サア覚悟(かくご)(いた)せ』
192立上(たちあが)り、193(かたな)(つか)引抜(ひきぬ)かむとするを、194テーナはグツと(その)()(にぎ)り、
195『コレ、196カールチン殿(どの)197滅多(めつた)(こと)をしてはなりませぬぞや』
198(いま)となつてはサマリー(ひめ)(ころ)し、199陰謀(いんぼう)露顕(ろけん)(ふせ)ぐよりほかに(みち)はない。200サア覚悟(かくご)(いた)せ』
201(また)もや(つか)()をかけるを、202テーナは(うしろ)より力限(ちからかぎ)りに(いだ)()め、203(こゑ)(かぎ)りに、
204『サマリー(ひめ)殿(どの)205(はや)()げさせられよ』
206(うなが)すを、207サマリー(ひめ)平然(へいぜん)としてビクとも(うご)かず、
208『ホツホヽヽ、209カールチン殿(どの)随分(ずゐぶん)耄碌(まうろく)しましたねえ。210(わらは)一人(ひとり)(いのち)()つて、211それで(この)陰謀(いんぼう)(あら)はれないと(おも)つてゐますか。212最早(もはや)王様(わうさま)のお(みみ)()つた以上(いじやう)駄目(だめ)ですよ。213何程(なにほど)大黒主(おほくろぬし)(さま)御威勢(ごゐせい)(つよ)くても、214数百里(すうひやくり)(へだ)てたハルナの(みやこ)から、215さう早速(さつそく)御加勢(ごかせい)出来(でき)ますまい。216(また)王様(わうさま)には忠誠(ちうせい)無比(むひ)家来(けらい)沢山(たくさん)()いて()りますれば、217貴郎(あなた)何程(なにほど)あせつても駄目(だめ)でせう。218(わらは)はこれよりカールチンの(くび)()り、219王様(わうさま)にお土産(みやげ)となし、220(うたがひ)(はら)し、221(もと)(ごと)可愛(かあい)がつて(いただ)きますから、222夫婦(ふうふ)(とも)223其処(そこ)に、224(ひめ)命令(めいれい)だ、225(すわ)()され。226入那(いるな)国王(こくわう)(きさき)サマリー(ひめ)227キツと申付(まをしつ)ける』
228テーナ『コレコレ(ひめ)(さま)229そんな没義道(もぎだう)なことがありますか。230海山(うみやま)(おん)()けたる両親(りやうしん)(やいば)にかくるとは、231人間(にんげん)にあるまじき仕業(しわざ)では(ござ)らぬか』
232(おや)教育(けういく)(たた)つたのだから、233仕方(しかた)がありますまい。234(わが)()(ため)には()(いのち)でも()ると、235只今(ただいま)仰有(おつしや)つたでせう。236骨肉(こつにく)相食(あひは)む、237無道(ぶだう)(をしへ)をなさつた貴方(あなた)238()むを()ますまい。239サア覚悟(かくご)をなされ』
240カールチン『イヤ(ひめ)(さま)241(しばら)くお()(くだ)さいませ。242つい(さけ)(うへ)女房(にようばう)揶揄(からか)つてゐたまでで(ござ)います。243(けつ)して(けつ)して勿体(もつたい)ない。244仮令(たとへ)(わが)()といひながら、245(わう)(きさき)とおなり(あそ)ばした貴方(あなた)(たい)如何(どう)して不義(ふぎ)(やいば)()てられませうか』
246貴方(あなた)(すで)王様(わうさま)(たい)し、247無形(むけい)(やいば)()てがつて()るではありませぬか。248(だい)それた野心(やしん)(おこ)し、249自分(じぶん)王位(わうゐ)()つて(かは)らうとは、250人道(じんだう)にあるまじき悪業(あくげふ)251大自在天(だいじざいてん)(さま)(おそ)れは(ござ)いませぬか。252貴方(あなた)は、253(わらは)陰謀(いんぼう)犠牲(ぎせい)になさつたのでせう。254これ(くらゐ)残酷(ざんこく)なことは(ござ)いますまい。255(わらは)朝夕(てうせき)心遣(こころづか)ひと()ふものは一通(ひととほ)二通(ふたとほり)りでは(ござ)いませぬぞ。256王様(わうさま)(たい)し、257()(どく)でなりませぬから、258何時(いつ)とはなしに王様(わうさま)同情(どうじやう)をする(やう)になり、259(いま)では()ひしくなつて(まゐ)りました。260(しか)るに王様(わうさま)左守様(さもりさま)のお(むすめ)ヤスダラ(ひめ)(さま)に、261()ても()きても(こころ)()(たま)ひ、262(わらは)(たい)しては(きは)めて冷淡(れいたん)御扱(おあつか)ひ、263これといふのも両親(りやうしん)(こころ)()くないから、264(なん)とはなしに王様(わうさま)(こころ)(かな)はないのでせう。265どうか一日(いちにち)(はや)御改心(ごかいしん)(ねが)ひます。266さうでなければサマリー(ひめ)267(あらた)めて両人(りやうにん)手討(てうち)(いた)す、268覚悟(かくご)めされ』
269懐剣(くわいけん)をスラリと引抜(ひきぬ)けば、270カールチンは自棄糞(やけくそ)になり、
271『ナアニ、272猪口才(ちよこざい)千万(せんばん)な、273不孝娘(ふかうむすめ)
274()ひながら、275手早(てばや)懐剣(くわいけん)(うば)()り、276グツと後手(うしろで)(しば)()げ、277地下室(ちかしつ)(ひめ)()()めて(しま)つた。
278 (ひめ)無念(むねん)()()ひしばり、279(こゑ)(かぎ)りにカールチンの無道(ぶだう)(ののし)りながら大自在天(だいじざいてん)大国彦命(おほくにひこのみこと)(まも)(たま)(さち)はひ(たま)へ……と一生懸命(いつしやうけんめい)祈願(きぐわん)()らして()る。
280 カールチンはヤツと(むね)()でおろし、
281『あゝコレで一安心(ひとあんしん)だ。282()(なか)(おも)(やう)()かぬものだなア。283(からだ)()みつけても、284(たましひ)()みつけられぬとは此処(ここ)(こと)だ。285オイ、286テーナ、287(まへ)(はら)から()(むすめ)ながら、288随分(ずゐぶん)()(かた)立派(りつぱ)(もの)だなア。289彼奴(あいつ)()(こと)(しん)道理(だうり)(かな)つてゐる。290(しか)しながら(いま)となつては如何(どう)する(こと)出来(でき)ない。291可哀相(かあいさう)ながら(しばら)牢獄(ひとや)(はふ)()んで()くより(みち)はない。292陰謀(いんぼう)露顕(ろけん)(おそれ)があるからのう……』
293(いま)サマリー(ひめ)言葉(ことば)()れば、294吾々(われわれ)陰謀(いんぼう)最早(もはや)王様(わうさま)(その)()人々(ひとびと)(わか)つてゐるやうですから、295サマリー(ひめ)(ただ)一人(ひとり)(ぐらゐ)暗室(あんしつ)(はふ)()んだ(ところ)で、296(なん)(かう)もありますまい。297(わが)(みみ)(おさ)へて(すず)(ぬす)むやうな(はなし)ぢやありませぬか』
298『アハヽヽヽ、299女童(をんなわらべ)分際(ぶんざい)として英雄(えいゆう)心事(しんじ)智謀(ちぼう)(わか)るものかい。300(をんな)(をんな)らしく神妙(しんめう)(をつと)命令(めいれい)服従(ふくじゆう)すれば()いのだ。301()()(まを)すと、302貴様(きさま)(ひめ)(ごと)くに牢獄(ひとや)にブチ()んで(しま)ふぞ』
303(やや)(こゑ)(たか)めて()めつけ(しか)()くる。
304『オホヽヽヽ(こは)(こと)(こは)(こと)305モウこれきり、306(なに)(まを)しますまい』
307(をんな)沈黙(ちんもく)第一(だいいち)だ。308牝鶏(めんどり)(あかつき)()げる(いへ)には凶事(きようじ)(おほ)しといふ。309今後(こんご)(おれ)のする(こと)()いて一口(ひとくち)でも容喙(ようかい)しようものなら、310了簡(れうけん)(いた)さぬぞ。311合点(がつてん)(いた)したか』
312駄目(だめ)()してゐる。313テーナは顔色(かほいろ)(あを)ざめて(やや)(いか)りを()び、314(をつと)(かほ)(うら)めしげに(なが)めてゐる。315そこへ(あわただ)しくやつて()たのは、316カールチンが股肱(ここう)(たの)むマンモスである。317カールチン、318テーナは素知(そし)らぬ(ふう)(よそほ)ひ、
319『イヤ、320マンモス、321(なに)急用(きふよう)でも(おこ)つたのかな』
322『ハイ、323(すこ)しく申上(まをしあ)()(こと)(ござ)いまして……』
324大正一一・一一・一〇 旧九・二二 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】霊界物語読者アンケートに、三鏡の目次を以前のように戻して欲しいという要望があったので戻してみました。三鏡のトップページに「水鏡」「月鏡」「玉鏡」全部の目次が表示されます。