霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 急告(きふこく)〔一一〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:第1篇 天空地平 よみ:てんくうちへい
章:第5章 第41巻 よみ:きゅうこく 通し章番号:1109
口述日:1922(大正11)年11月10日(旧09月22日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
マンモスは、同じカールチン配下のユーフテスと出世を争っていた。マンモスはセーラン王の館の玄関口でサモア姫と出くわした。サモア姫は、ユーフテスが左守クーリンスの娘・セーリス姫と密会してカールチンの計略を洩らしていたことを告げた。
マンモスは、そのことをカールチンに注進に来たのであった。しかしカールチンは、マンモスとユーフテスが地位争いをしていることを知っていたので、事の真偽を図りかねていた。
そこへユーフテスがやってきた。マンモスは突然のことでまごついた。カールチンは、ユーフテスに直々に尋ねたいことがあるとマンモスを下がらせた。
カールチンは、セーリス姫の居間に行ったことについてユーフテスを問いただした。ユーフテスは平然として、自分に惚れているセーリス姫を利用して王の動向を探らせているのだ、とカールチンに報告した。
そしてユーフテスは、セーリス姫の探偵の結果をカールチンに報告した。セーラン王は実はサマリー姫を愛するあまり、姫と元のように添えるならば王位をカールチンに譲って退位する心であるという。
カールチン夫婦はこの報告を信じて、サマリー姫を引き出して盛装を整えさせ、イルナ城に送り届けることになった。マンモスはユーフテスによって牢獄に投げ込まれてしまった
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4105
愛善世界社版:67頁 八幡書店版:第7輯 555頁 修補版: 校定版:69頁 普及版:33頁 初版: ページ備考:
001 セーラン(わう)(やかた)玄関口(げんくわんぐち)にて出会(であ)つたのは右守(うもり)のカールチンが(みぎ)(うで)(たの)むマンモスとサモア(ひめ)である。
002『オー、003マンモス(さま)004今日(けふ)大変(たいへん)にお(はや)御登城(ごとじやう)(ござ)りますな。005貴方(あなた)御出世(ごしゆつせ)(さまた)げになると何時(いつ)仰有(おつしや)るユーフテスの(こと)()いて、006(わたし)(ひと)(たしか)証拠(しようこ)(にぎ)りましたから、007何卒(どうぞ)ソツと一寸(ちよつと)(わたし)居間(ゐま)まで()(くだ)さいませぬか。008ここでは人目(ひとめ)がはげしう(ござ)りますから、009()かれちや大変(たいへん)ですワ』
010 マンモスは(こゑ)(ひそ)めて、
011(なに)012ユーフテスの(なに)欠点(けつてん)見出(みい)だしたと()ふのか。013よしよしそれなら()きませう』
014何卒(どうぞ)足音(あしおと)(しの)ばせて(わたし)(しつ)まで()(くだ)さいませ』
015四五間(しごけん)(はな)れて(さき)()つて()く。
016 マンモスは(ひめ)(うしろ)から何喰(なにく)はぬ(かほ)して(したが)ひつつ後姿(うしろすがた)(なが)めて、
017(なん)()(をんな)だなア。018何処(どこ)ともなしに()()いてる(やつ)だ。019器量(きりやう)()ひ、020あの(あし)(はこ)(やう)()ひ、021何処(どこ)欠点(けつてん)のない(をんな)だ。022(おれ)(はや)思惑(おもわく)()ててサモア(ひめ)歓心(くわんしん)()ひ、023一日(いちにち)(はや)結婚(けつこん)(しき)()げたいものだ。024(ひめ)(ひめ)(おれ)には特別(とくべつ)秘密(ひみつ)(あか)して()れるのだから()めたものだ。025(おれ)(ぐらゐ)幸福(かうふく)(もの)(この)イルナの(くに)には、026一人(ひとり)とあるまい。027先方(むかふ)(おれ)にはチヨイ()れなり(おれ)(はう)からは大惚(おほぼ)れと()()るのだから(たま)らないわ、028エヘヽヽヽ』
029(ひと)(わら)(ひと)(ささや)き、030サモア(ひめ)(しつ)(しの)()る。031サモア(ひめ)長煙管(ながぎせる)煙草(たばこ)をつぎ一服(いつぷく)()ひつけて、032吸口(すひぐち)着物(きもの)(そで)()きながら(やなぎ)()(やう)(ほそ)()をして、
033『さあマンモスさま、034一服(いつぷく)(あが)り』
035差出(さしだ)す。036マンモスも(また)団栗眼(どんぐりまなこ)無理(むり)(ほそ)くし、037(ねこ)(やう)(のど)をゴロゴロならせ、038色男(いろをとこ)気取(きど)りですまし()んで、039サモア(ひめ)差出(さしだ)煙管(きせる)をソツと受取(うけと)り、040(たい)(しや)(かま)へスパスパと(けむり)()()いて()る。041サモア(ひめ)小声(こごゑ)になつて、
042『これ、043マンモスさま、044大変(たいへん)(こと)見付(みつ)かりましたよ。045屹度(きつと)貴方(あなた)御出世(ごしゆつせ)(たね)ですわ』
046 マンモス(また)小声(こごゑ)になり、
047『サモアさま、048(なん)ですか、049(はや)()つて(くだ)さいな』
050 サモア(ひめ)はツと立上(たちあが)戸口(とぐち)(すこ)しく(ひら)き、051(かほ)(そと)へつき()して四辺(あたり)をキヨロキヨロ見廻(みまは)し、052(さいは)(ひと)()きにヤツと安心(あんしん)したものの(ごと)く、053ピシヤリと()()め、054(なか)から(かた)(ぢやう)(おろ)し、055マンモスの(まへ)(しづか)()し、056マンモスの(ひだり)()をグツと(にぎ)り、057(ふた)()左右(さいう)()()て、
058『これマンモスさま、059(しつ)かりなさいませ。060ここが貴方(あなた)登竜門(とうりうもん)だ。061ユーフテスさまが内証(ないしよう)でクーリンスの(むすめ)セーリス(ひめ)のお居間(ゐま)(しの)()り、062カールチン(さま)(すべ)ての計略(けいりやく)密々(ひそびそ)()らしてゐましたよ。063屹度(きつと)二人(ふたり)情約(じやうやく)締結(ていけつ)(わたし)貴方(あなた)(やう)()んでゐると()えますワ。064そしてセーラン王様(わうさま)一切(いつさい)秘密(ひみつ)打明(うちあ)ける(かんが)へらしう(ござ)りましたよ』
065『そりや本当(ほんたう)(こと)ですか。066本当(ほんたう)ならば(わたし)貴女(あなた)にとつては大変(たいへん)幸運(かううん)()いて()たやうなものです』
067『もしマンモスさま』
068(みみ)(くち)をよせ何事(なにごと)(しばら)くの(あひだ)(ささや)いて()る。069マンモスは幾度(いくたび)打頷(うちうなづ)きながら、
070『サモア(ひめ)殿(どの)071随分(ずゐぶん)()をおつけなさい。072(わたし)はこれからカールチン(さま)(やかた)(まゐ)つて注進(ちゆうしん)(いた)し、073ユーフテスの反逆(はんぎやく)逐一(ちくいち)申上(まをしあ)げ、074(かれ)制敗(せいばい)(いた)して(もら)ひませう。075さうすれば、076吾々(われわれ)はカールチン(さま)(いち)家来(けらい)となり、077(まへ)さまと安楽(あんらく)立派(りつぱ)(たの)しい月日(つきひ)(おく)れますからな。078何程(なにほど)セーラン王様(わうさま)御威勢(ごゐせい)(たか)いと()つても、079鬼熊別(おにくまわけ)(さま)御系統(ごひつぱう)だから(けつ)して(おそ)るるには()りますまい。080カールチン(さま)右守(うもり)でも大黒主(おほくろぬし)(さま)のお()()りだから(たい)したものですよ。081(なん)()つても旗色(はたいろ)のよい(はう)へつくが利口(りこう)人間(にんげん)のやり(かた)ですからな』
082(あく)抜目(ぬけめ)のないマンモスは一生懸命(いつしやうけんめい)城内(じやうない)()()で、083カールチンの(やかた)(あわただ)しく()()む。084マンモスはカールチンの(やかた)裏口(うらぐち)から(しの)()り、085(その)(まま)(おく)(すす)み、086カールチン、087テーナ(ひめ)夫婦(ふうふ)(まへ)両手(りやうて)をつき、
088旦那様(だんなさま)089奥様(おくさま)090大変(たいへん)(こと)(おこ)りました。091御用心(ごようじん)なされませ』
092 カールチンは(この)言葉(ことば)(おどろ)立膝(たてひざ)になつて、
093(なに)094大変(たいへん)とは何事(なにごと)ぞ。095(はや)委細(ゐさい)物語(ものがた)れ』
096とせき()てる。097マンモスは(あせ)(ぬぐ)ひ、
098『はい、099貴方(あなた)御信任(ごしんにん)(あそ)ばすユーフテスの(こと)(ござ)ります。100貴方(あなた)(かれ)此上(こよ)なき(もの)御信用(ごしんよう)(あそ)ばして()られますが、101(かれ)はセーラン(わう)間者(かんじや)(ござ)りますから用心(ようじん)なさいませ。102(ひと)もあらうにクーリンスの(むすめ)セーリス(ひめ)(じやう)(つう)じ、103一切(いつさい)秘密(ひみつ)をセーラン(わう)やクーリンスの(もと)報告(はうこく)(いた)して()りまする。104(いま)(うち)(かれ)御制敗(ごせいばい)(あそ)ばされねば、105貴方(あなた)御生命(おいのち)にも(かか)はる一大事(いちだいじ)何時(いつ)(おこ)るかも()れませぬ。106(わたし)はサモア(ひめ)()(ふく)めて様子(やうす)(かんが)へさして()りました(ところ)107(たしか)証拠(しようこ)(にぎ)りましたから、108(いま)にも(かれ)()()して御制敗(ごせいばい)なさるのがお(いへ)のため、109()のためと(おそ)れながら(かんが)へます』
110(なに)111ユーフテスが左様(さやう)裏返(うらがへ)(てき)行動(かうどう)()つて()るか。112そりや()しからぬ。113(この)(まま)()ておく(わけ)には()くまい』
114『もし旦那様(だんなさま)115ユーフテスは(じつ)吾々(われわれ)(たい)忠実(ちうじつ)(をとこ)(ござ)りますから、116よもや、117そんな(こと)(いた)しますまい。118(ひと)()(こと)(すぐ)(しん)じてはなりませぬ。119一応(いちおう)取調(とりしら)べた(うへ)でなくては是非(ぜひ)判断(はんだん)はつきますまい。120これマンモス、121(まへ)大変(たいへん)(あわ)てて()様子(やうす)だが、122トツクリ調(しら)べた(うへ)(こと)か。123(あるひ)(ひと)(うはさ)()いたのか』
124『テーナ(ひめ)(さま)125(わたし)旦那様(だんなさま)御恩顧(ごおんこ)()けて()(もの)(ござ)ります。126(なに)しに証拠(しようこ)なき(こと)申上(まをしあ)げて御夫婦(ごふうふ)のお()()ませませうか。127正真正銘(しやうしんしやうめい)生中(きなか)掛値(かけね)もない証拠(しようこ)(ござ)ります。128何卒(どうぞ)(とき)(うつ)さずユーフテスを召捕(めしと)(あそ)ばしてお(いへ)禍根(くわこん)をお(のぞ)(くだ)さいませ。129何程(なにほど)事務(じむ)()れると()つても、130あの(をとこ)のする(ぐらゐ)(こと)(わたし)でも(いた)します。131(とき)おくれては一大事(いちだいじ)132さあ(はや)御決心(ごけつしん)(ねが)ひます』
133 カールチンはマンモスの言葉(ことば)(なかば)(しん)(なかば)(うたが)つて()る。134(その)理由(わけ)はユーフテスは自分(じぶん)(もつと)信任(しんにん)する(をとこ)であり、135二人(ふたり)(なか)地位(ちゐ)(あらそ)ひが(あん)(おこ)つてゐる(こと)をよく承知(しようち)して()たから、136マンモスが()んな(こと)捏造(ねつざう)してユーフテスを(おとしい)れる(かんが)へではあるまいかとも(おも)つてゐたのである。
137『マンモス、138其方(そち)()(こと)一分一厘(いちぶいちりん)間違(まちが)ひはないか』
139(けつ)して(けつ)して(うそ)(いつは)りは(まを)しませぬ。140愚図々々(ぐづぐづ)して()ればお(やかた)一大事(いちだいじ)ですから、141()(もの)()()へず城内(じやうない)()()内報(ないはう)(まゐ)りました』
142 カールチン、143テーナの二人(ふたり)双手(もろて)()みマンモスの報告(はうこく)虚実(きよじつ)(わか)じかね、144(しば)黙然(もくねん)として(かんが)へこんで()る。145そこへ何気(なにげ)なうやつて()たのはユーフテスである。146ユーフテスは(この)()様子(やうす)(ただ)ならざると、147マンモスの(その)()()るに(すこ)しく不審(ふしん)(おこ)し、
148旦那様(だんなさま)149奥様(おくさま)150御機嫌(ごきげん)(よろ)しう(ござ)りますか。151ヤア其方(そなた)はマンモス、152吾々(われわれ)(ゆる)しもなく直接(ちよくせつ)旦那様(だんなさま)面会(めんくわい)(ねが)ふとは合点(がてん)(まゐ)らぬ。153(なに)急用(きふよう)(こと)でも(おこ)つたのか』
154(すこ)しく(こゑ)(ちから)()れて(なじ)(やう)()ひつめる。155マンモスは不意(ふい)()たれて(にはか)返答(へんたふ)(こま)り、
156『ハイ、157いやもう貴方(あなた)御壮健(ごさうけん)恐悦(きようえつ)至極(しごく)(ぞん)じます。158旦那様(だんなさま)もお達者(たつしや)で、159まあまあ目出度(めでた)目出度(めでた)い』
160上下(じやうげ)言葉(ことば)使(づか)ひを取違(とりちが)へ、161マゴついてゐる。
162(なん)とも合点(がてん)()かぬマンモスの挙動(きよどう)163(なに)拙者(せつしや)行動(かうどう)について旦那様(だんなさま)内通(ないつう)をしに()たのだらう。164汝等(なんぢら)下役(したやく)()るべき(ところ)でない、165(さが)()され』
166(なに)()もあれ、167ユーフテスに(たづ)()ふべき仔細(しさい)あれば、168マンモス、169其方(そなた)(しば)居間(ゐま)(さが)つて、170此方(こちら)命令(めいれい)()つがよかろうぞ』
171(きび)しき(つる)一声(ひとこゑ)にマンモスは(かへ)言葉(ことば)もなく、172手持無沙汰(てもちぶさた)(あと)(こころ)(のこ)し、173(わが)居間(ゐま)さして(かへ)()く。
174 カールチンは半信半疑(はんしんはんぎ)(くも)(つつ)まれながら言葉(ことば)(おごそ)かに、
175『ユーフテス、176(まへ)(ひと)(たづ)ねたい(こと)があるが、177セーリス(ひめ)居間(ゐま)()つたのは何用(なによう)あつてか、178その理由(わけ)(つつ)まず(かく)さず(わが)(まへ)陳述(ちんじゆつ)せよ』
179語気(ごき)()らげ()ひかけた。180ユーフテスは平然(へいぜん)として、
181(じつ)(その)(こと)()いて旦那様(だんなさま)一伍一什(いちぶしじふ)申上(まをしあ)げむと、182登城(とじやう)()ませ、183(いそ)いで御前(ごぜん)(まか)()でました(ところ)(ござ)ります。184マンモスの(やつ)185(なに)申上(まをしあ)げたのでは(ござ)りませぬか』
186『うん』
187其方(そなた)はセーリス(ひめ)(なに)(たく)んで()るのではありませぬか。188セーリス(ひめ)(たれ)(むすめ)だと(おも)つて()ますか。189(まへ)さまの行動(かうどう)(あや)しいと()ふので、190(いま)マンモスが注進(ちゆうしん)()(ところ)だよ。191旦那様(だんなさま)(うたがひ)()らすために、192何事(なにごと)(つつ)まず(かく)さず()つたが()かろうぞや』
193『お(たづ)ねまでもない一切万事(いつさいばんじ)様子(やうす)申上(まをしあ)げむと参上(さんじやう)(いた)しましたので(ござ)ります。194(じつ)はセーリス(ひめ)195(わたし)(をとこ)らしい(ところ)属根(ぞつこん)()()み、196幾度(いくたび)となく艶書(えんしよ)(おく)()可笑(をか)しさ。197こいつはテツキリ、198クーリンスの内命(ないめい)自分(じぶん)(はら)(さぐ)らして()るに(ちが)ひないと(ぞん)じ、199固造(かたざう)仇名(あだな)をとつた(この)ユーフテスは幾度(いくたび)となく肱鉄(ひぢてつ)をかまし、200昨日(きのふ)まで()れて()ました(ところ)201(をんな)一心(いつしん)()ふものは(えら)いもので、202セーリス(ひめ)態々(わざわざ)(わが)()(たづ)ねて(まゐ)り、203(らち)もない(こと)(まを)して、204(こひ)しいの(なん)のと口説(くど)()て、205いやもう()(あし)もつけやうなく、206(この)(うへ)(つれ)なく(いた)せば自害(じがい)(いた)しかねまじき権幕(けんまく)207そこで(わたし)(おも)ふやうには、208こりや(けつ)して(まは)(もの)ではない。209(こひ)上下(じやうげ)(へだ)てはないと(かんが)へ、210(わざ)(やはら)かく()()れば、211(ひめ)益々(ますます)本性(ほんしやう)(あら)はし、212ぞつこん(わたくし)(ほれ)きつて()ると()ふことが明白(めいはく)になりました。213さうなれば(かれ)利用(りよう)してセーラン(わう)動静(どうせい)(さぐ)り、214(かつ)先方(むかふ)計略(けいりやく)あらば(その)(うら)()くには()つて()いと(ぞん)じまして、215旦那様(だんなさま)には内証(ないしよう)なれど、216一寸(ちよつと)(この)ユーフテスが()()かしたので(ござ)ります』
217『あゝさうだつたか、218(まへ)(こと)だから如才(じよさい)はあるまいと(おも)つてゐた。219()つべきものは家来(けらい)なりけりだ。220そりや()いことをして()れた。221よい探偵(たんてい)手蔓(てづる)出来(でき)たものだな。222大自在天様(だいじさいてんさま)も、223まだ(この)カールチンを()(たま)はぬと()えるわい。224アハヽヽヽ、225いやテーナ、226安心(あんしん)(いた)せよ』
227『それ()いてチツとばかり安心(あんしん)(いた)しましたが、228まだ十分(じふぶん)()(ゆる)(ところ)へは(まゐ)りますまい。229そしてユーフテス、230(なに)かよい(こと)(さぐ)つて()たであらうな』
231『ハイ、232王様(わうさま)信任(しんにん)()けて()るセーリス(ひめ)(こと)ですから、233(なん)でもよく()つてゐます。234(をんな)()ふものは(かしこ)(やう)でもあだといものですワ。235一伍一什(いちぶしじふ)(わたし)口車(くちぐるま)にのつて(みな)(しやべ)つて(しま)ひました』
236『どんなことを()つて()たのかな』
237(わたし)もまだ一度(いちど)()つたきりで十分(じふぶん)のことは()きませなんだ。238そして(また)あまり追究(つゐきふ)(いた)しますと(あや)しく(おも)はれてはならぬと(ぞん)じ、239(すこ)しばかり、240それとはなしに(さぐ)つて()ました(ところ)が、241王様(わうさま)非常(ひじやう)にサマリー(ひめ)(さま)をお(した)(あそ)ばし、242(ひめ)()ふのならば王位(わうゐ)()てて、243(ひめ)父親(てておや)カールチン(さま)(あと)()がせても()いとのお(かんが)へで(ござ)ります。244あまり御夫婦(ごふうふ)(なか)がいいものですから意茶(いちや)づき喧嘩(げんくわ)(あそ)ばし、245到頭(とうとう)サマリー(ひめ)(さま)(わが)()へお(かへ)りになつたので王様(わうさま)御心配(ごしんぱい)246(くち)(まを)(やう)のことでは(ござ)りませぬ』
247(なに)248王様(わうさま)はサマリー(ひめ)をそれだけ(あい)して()られるのか、249そらさうだらう。250夫婦(ふうふ)情愛(じやうあい)(また)格別(かくべつ)のものだからな』
251(うれ)しげにテーナはうなづく。
252(ひめ)(さま)(もと)(ごと)()はれるのならば、253刹帝利(せつていり)王位(わうゐ)()てて右守(うもり)司様(かみさま)(あと)()いで(もら)つても差支(さしつかへ)ないと時々(ときどき)()らしぢやさうです。254もはや王様(わうさま)(おい)(その)(こころ)ある(うへ)は、255一日(いちにち)(はや)くサマリー(ひめ)王様(わうさま)御許(みもと)(かへ)し、256大黒主(おほくろぬし)(さま)応援(おうゑん)(ことわ)つて、257円満(ゑんまん)解決(かいけつ)(みち)(かう)じられる(はう)将来(しやうらい)()め、258大変(たいへん)結構(けつこう)(ござ)りませう。259国民(こくみん)(たい)しても信用上(しんようじやう)大変(たいへん)都合(つがふ)(よろ)しいだらうと(ぞん)じます』
260『そりや(はた)して真実(しんじつ)か、261それが真実(しんじつ)とすれば此方(こちら)(ひと)(かんが)へねばなるまい。262平地(へいち)(なみ)(おこ)必要(ひつえう)もないからのう』
263『そら、264さうで(ござ)いますとも。265吾々(われわれ)だつて旦那様(だんなさま)刹帝利(せつていり)(くらゐ)におつき(あそ)ばす以上(いじやう)左守(さもり)(かみ)(にん)じて(いただ)けるのですから、266一生懸命(いつしやうけんめい)に、267ここ(まで)(さぐ)つたので(ござ)ります。268これ以上(いじやう)(また)明日(あす)登城(とじやう)(いた)しましてセーリス(ひめ)(とく)(まを)()かせ、269(わう)信任(しんにん)ある(かれ)(くち)より、270一日(いちにち)(はや)王様(わうさま)自決(じけつ)される(やう)(すす)めませう』
271(はや)くもユーフテスはセーリス(ひめ)(わな)にかかり、272カールチン夫婦(ふうふ)をうまくチヨロまかして(しま)つた。273さうしてサマリー(ひめ)獄舎(ひとや)より()()両親(りやうしん)にお(わび)をさせ、274盛装(せいさう)(ととの)輿(こし)打乗(うちの)せて入那城(いるなじやう)(おく)(とど)ける(こと)となつた。275マンモスはユーフテスの(はか)らひにて(たちま)牢獄(らうごく)()()まれて(しま)つた。
276大正一一・一一・一〇 旧九・二二 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】霊界物語読者アンケートに、三鏡の目次を以前のように戻して欲しいという要望があったので戻してみました。三鏡のトップページに「水鏡」「月鏡」「玉鏡」全部の目次が表示されます。