霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 (ふもと)邂逅(かいこう)〔一一一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:第2篇 神機赫灼 よみ:しんきかくしゃく
章:第11章 麓の邂逅 よみ:ふもとのかいこう 通し章番号:1115
口述日:1922(大正11)年11月11日(旧09月23日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
黄金姫一行とヤスダラ姫一行は、峠の麓で邂逅した。竜雲は姫をイルナの都に送っていく手助けをしてほしいと呼び掛けた。
黄金姫は、竜雲をはじめヤスダラ姫一行は一度、高照山の狼岩窟に隠れるようにと北光神の指示を告げた。自分たちはイルナの都に行き、セーラン王たち一行を連れて、後で岩窟に送っていくと使命を明かした。
竜雲は、ヤスダラ姫とリーダーを北光神のいる狼の岩窟に案内するため、高照山を目指して登って行った。
黄金姫と清照姫の母娘はイルナの都を指して峠を登っていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:156頁 八幡書店版:第7輯 587頁 修補版: 校定版:163頁 普及版:75頁 初版: ページ備考:
001竜雲(りううん)高照山(たかてるやま)岩窟(がんくつ)
002(おほかみ)どもに(いざな)はれ
003(おも)はぬ(ひと)(めぐ)()
004(おも)はぬ使命(しめい)()けながら
005秋野(あきの)(かざ)黄金姫(わうごんひめ)
006(うづ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
007(こころ)清照姫命(きよてるひめみこと)
008母娘(おやこ)(いさ)雀躍(こをどり)
009(ほそ)谷間(たにま)辿(たど)りつつ
010秋風(あきかぜ)(すさ)大野原(おほのはら)
011(かみ)御歌(みうた)(うた)()
012(いさ)(すす)んで照山(てるやま)
013(たうげ)をさして()()れば
014(みち)(かたへ)(いは)()
015男女(なんによ)三人(みたり)(ひと)(かげ)
016(なに)かヒソヒソ(ささや)きつ
017母娘(おやこ)姿(すがた)()ちまもり
018驚異(きやうい)(まなこ)(ひか)らせて
019黄金姫(わうごんひめ)打向(うちむか)
020もしもし(たび)のお方様(かたさま)
021(いづ)れへお()でなされます
022(わたし)はイルナの(みやこ)まで
023(かへ)()()三人連(みたりづ)
024何卒(なにとぞ)(とも)(ねが)ひます
025つらつら(なが)(まゐ)らせば
026貴女(あなた)(たふと)宣伝使(せんでんし)
027三五教(あななひけう)(ひと)ならむ
028(わたし)(おな)三五(あななひ)
029(みち)(ほう)ずる(かみ)御子(みこ)
030(こころ)(きたな)竜雲(りううん)
031おちぶれ()てた(この)姿(すがた)
032直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
033(とも)(つか)へさせ(たま)
034あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
035(かみ)(すく)ひにあづかりて
036(きよ)神世(かみよ)北光(きたてる)
037目一(まひと)(がみ)(たす)けられ
038七千余国(しちせんよこく)(つき)(くに)
039経巡(へめぐ)()へし修験者(しゆげんじや)
040(けつ)して(あや)しき(もの)ならず
041(とも)(つか)へさせ(たま)
042これにまします姫司(ひめがみ)
043イルナの(みやこ)(かく)れなき
044左守(さもり)(かみ)(あね)御子(みこ)
045ヤスダラ(ひめ)神司(かむつかさ)
046一人(ひとり)(をとこ)はテルマンの
047(ひめ)(くに)より(したが)ひて
048此処(ここ)まで(おく)(きた)りたる
049忠誠(ちうせい)無比(むひ)(しもべ)ぞや
050あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
051(かみ)(めぐ)みの(さち)はひて
052イルナの(みやこ)(おこ)りゐる
053(さわ)ぎを(きよ)()(しづ)
054セーラン(わう)()(うへ)
055(すく)ひまつらむと(おも)へども
056神力(しんりき)()らぬ竜雲(りううん)
057ヤスダラ(ひめ)如何(いか)にして
058(この)大任(たいにん)(はた)()
059三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
060吾等(われら)微衷(びちう)(あは)れみて
061(すく)はせ(たま)惟神(かむながら)
062(かみ)御前(みまへ)真心(まごころ)
063(ささ)げて(いの)(たてまつ)る』
064竜雲(りううん)(うた)(もつ)黄金姫(わうごんひめ)一行(いつかう)掛合(かけあ)つて()た。065黄金姫(わうごんひめ)(ただち)(うた)(もつ)てこれに(こた)へた。
066(あめ)(つち)とを(つく)らしし
067国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
068豊国姫(とよくにひめ)(まも)ります
069三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
070(わらは)黄金姫命(わうごんひめみこと)
071一人(ひとり)(をんな)(わが)(むすめ)
072清照姫(きよてるひめ)宣伝使(せんでんし)
073高照山(たかてるやま)岩窟(がんくつ)
074(おほかみ)(たち)(ともな)はれ
075(のぼ)りて()ればこは如何(いか)
076三五教(あななひけう)神柱(かむばしら)
077北光神(きたてるがみ)(はじ)めとし
078竹野(たけの)(ひめ)悠然(いうぜん)
079数多(あまた)(おほかみ)使(つか)ひつつ
080岩窟(いはや)主人(あるじ)となりすまし
081禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)(いた)るまで
082(たふと)(かみ)御恵(みめぐみ)
083(つゆ)(ほどこ)(たま)ひつつ
084(しづ)まりいます(たふと)さよ
085北光神(きたてるがみ)御言葉(みことば)
086(なれ)黄金姫命(わうごんひめみこと)
087(かなら)途中(とちう)竜雲(りううん)
088ヤスダラ(ひめ)(ともな)ひて
089イルナの(みやこ)(すす)()
090それの途中(とちう)()ふならむ
091(なんぢ)(われ)(こと)()
092ヤスダラ(ひめ)一行(いつかう)
093完全(うまら)詳細(つばら)物語(ものがた)
094高照山(たかてるやま)岩窟(がんくつ)
095直様(すぐさま)(すす)(きた)るべく
096(さと)せと(きび)しく()(たま)
097(なれ)(まさ)しく竜雲(りううん)
098ヤスダラ(ひめ)神司(かむづかさ)
099テツキリそれと(おぼ)えたり
100さあ(いま)よりは(みち)()
101(おほかみ)(むら)がる高照(たかてる)
102深山(みやま)をさして(すす)むべし
103吾等(われら)母娘(おやこ)逸早(いちはや)
104照山峠(てるやまたうげ)()()えて
105入那(いるな)(みやこ)(すす)()
106セーラン(わう)一族(いちぞく)
107(すく)(たす)けて高照山(たかてるやま)
108狼岩窟(おほかみいわや)(みちび)きつ
109御身(おんみ)(あつ)(まも)るべし
110あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
111(かみ)御言(みこと)(かうむ)りし
112黄金姫(わうごんひめ)(こと)()
113夢々(ゆめゆめ)(うたが)ふこと(なか)
114(ひと)(ただ)しき(かみ)御子(みこ)
115水晶魂(すゐしやうだま)(あた)へられ
116(かみ)(はしら)(うやま)はれ
117(たふと)(みち)宣伝使(せんでんし)
118(かみ)のまにまに()けられし
119(きよ)(みたま)()ちながら
120(うそ)(いつは)りを()ふべきや
121(はや)()()(すす)みませ
122北光神(きたてるがみ)御言(みこと)もて
123汝等(なれら)三人(みたり)打向(うちむか)
124委曲(つばら)(すす)(たてまつ)
125あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
126御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
127(うた)(をは)れば、128ヤスダラ(ひめ)はこれに(こた)へて(うた)ふ。
129『あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
130声名(せいめい)(たか)三五(あななひ)
131(をしへ)(つた)ふる宣伝使(せんでんし)
132黄金姫(わうごんひめ)にましますか
133(わか)(をんな)神司(かむづかさ)
134(おと)名高(なだか)清照姫(きよてるひめ)
135(うづ)(みこと)にいませしか
136(ぞん)ぜぬ(こと)とは()ひながら
137(まこと)御無礼(ごぶれい)(つかまつ)
138謝罪(しやざい)(ことば)もありませぬ
139只今(ただいま)貴女(あなた)のお言葉(ことば)
140(わらは)一行(いつかう)三人(さんにん)
141イルナの(みやこ)()かずして
142一時(いちじ)(はや)高照(たかてる)
143深山(みやま)(おく)岩窟(がんくつ)
144(すす)()けよと()(たま)
145北光神(きたてるがみ)御言(みこと)もて
146()らせ(たま)へる御親切(ごしんせつ)
147いつの()にかは(わす)れまじ
148不運(ふうん)(かさ)なるヤスダラ(ひめ)
149(われ)はかなしき(かみ)御子(みこ)
150大慈(だいじ)大悲(だいひ)御心(みこころ)
151(すく)はせ(たま)惟神(かむながら)
152黄金姫(わうごんひめ)清照姫(きよてるひめ)
153(みち)(つかさ)御前(おんまへ)
154真心(まごころ)こめて()(まつ)
155あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
156御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
157(うた)つて感謝(かんしや)()(へう)したり。158黄金姫(わうごんひめ)(こゑ)(すず)しく(うた)(はじ)むる。
159御空(みそら)(つき)清照姫(きよてるひめ)
160きらめく(ほし)(かず)(ごと)
161劫河(がふが)真砂(まさご)数多(かずおほ)
162青人草(あをひとぐさ)(なや)めるを
163(すく)(たす)けて天国(てんごく)
164御園(みその)(みちび)宣伝使(せんでんし)
165三五教(あななひけう)大神(おほかみ)
166御言(みこと)(かしこ)遥々(はるばる)
167(つき)御国(みくに)横断(わうだん)
168ハルナの(みやこ)立向(たちむか)
169(たふと)使命(しめい)()()びし
170母娘(おやこ)二人(ふたり)神司(かむづかさ)
171イルナの(みやこ)刹帝利(せつていり)
172セーラン(わう)御危難(ごきなん)
173(すく)はむものと北光(きたてる)
174(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
175イソイソ(すす)(みち)すがら
176ヤスダラ(ひめ)一行(いつかう)
177(この)()(めぐ)()うたるも
178(まつた)(かみ)引合(ひきあは)
179一時(いちじ)(はや)(わが)(はは)
180言葉(ことば)(したが)高照(たかてる)
181(やま)(すす)ませ(たま)へかし
182(わらは)(あと)よりセーラン(わう)
183国主(こきし)(みこと)(まも)りつつ
184やがて(ふたた)(めぐ)()
185無事(ぶじ)(しゆく)することあらむ
186魔神(まがみ)(すさ)荒野原(あらのはら)
187躊躇(ためら)(たま)(その)(うち)
188右守(うもり)(かみ)(つか)へたる
189(しこ)捕手(とりて)(きた)りなば
190(また)もや一汗(ひとあせ)(こころ)にも
191あらぬ(あら)びをせにやならぬ
192(こと)なき(うち)一刻(いつこく)
193(はや)(すす)ませ(たま)へかし
194(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
195真心(まごころ)(ちか)ひて()りまつる
196あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
197御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
198(うた)(をは)はれば、199竜雲(りううん)二人(ふたり)(うた)(こた)へて(また)(うた)ふ。
200『あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
201(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
202(したが)ひまつる吾々(われわれ)
203三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
204(なれ)(みこと)()(ごと)
205如何(いか)でか(いな)みまつらむや
206(あふ)せに(したが)(いま)よりは
207(こころ)(こま)(むち)をうち
208(とら)(おほかみ)()(たけ)
209山路(やまぢ)()けていそいそと
210高照山(たかてるやま)岩窟(がんくつ)
211吾等(われら)一行(いつこう)三人(みたり)づれ
212(いさ)(すす)んで(のぼ)るべし
213黄金姫(わうごんひめ)清照姫(きよてるひめ)
214(うづ)(みこと)吾々(われわれ)
215行手(ゆくて)(まも)(たま)ひつつ
216()なく(こと)なく高照山(たかてるやま)
217岩窟(いはや)(すす)ませ(たま)へかし
218如何(いか)なる枉津(まがつ)(あら)はれて
219(ひめ)(なや)ますことあるも
220三五教(あななひけう)にて(きた)えたる
221生言霊(いくことたま)()()して
222()()(てき)(ことごと)
223言向和(ことむけやは)北光(きたてる)
224(かみ)のまします御舎(みあらか)
225(おく)りて()かむ惟神(かむながら)
226(かみ)(こころ)見直(みなほ)して
227(こころ)(やす)くましませよ
228あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
229(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
230母娘(おやこ)二人(ふたり)神司(かむづかさ)
231イルナの(みやこ)(のぼ)りまし
232(まが)身魂(みたま)(ことごと)
233生言霊(いくことたま)言向(ことむ)けて
234セーラン(わう)()(うへ)
235(まも)らせ(たま)大神(おほかみ)
236御前(みまへ)(きよ)真心(まごころ)
237(ささ)げて(つつし)()ぎまつる
238あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
239御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
240 リーダーは(また)(うた)ふ。
241黄金姫(わうごんひめ)神司(かむづかさ)
242清照姫(きよてるひめ)宣伝使(せんでんし)
243(ゆき)(はな)かと()(やう)
244容色(みめ)形貌(かたち)(うる)はしき
245(きよ)(こころ)()(みこと)
246北光神(きたてるがみ)御宣言(みことのり)
247吾等(われら)三人(みたり)(くま)もなく
248()らせ(たま)ひし(たふと)さよ
249吾等(われら)一行(いつかう)三人(さんにん)
250(なれ)(みこと)御教(みをしへ)
251(ちから)(たの)(いさ)ましく
252高照山(たかてるやま)岩窟(がんくつ)
253(すす)みて(かみ)御恵(みめぐみ)
254(かかぶ)りまつりヤスダラ(ひめ)
255(うづ)(みこと)()(うへ)
256保護(ほご)しまつらむ(わが)(こころ)
257仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)るとも
258リーダーの(しもべ)のある(かぎ)
259ヤスダラ(ひめ)()(うへ)
260(かなら)(あん)(たま)ふまじ
261二人(ふたり)(つかさ)よ、いざさらば
262(われ)はこれより両人(りやうにん)
263(とも)(つか)へまつりつつ
264高照山(たかてるやま)(むか)ふべし
265(なれ)(みこと)(いさぎよ)
266照山峠(てるやまたうげ)()()えて
267イルナの(みやこ)(いた)りまし
268(いづ)言霊(ことたま)打鳴(うちな)して
269(きみ)身辺(しんぺん)(まも)りませ
270天地(てんち)(かみ)御前(おんまへ)
271(つつし)(うやま)二柱(ふたはしら)
272(かみ)(つかさ)成功(せいこう)
273(つつし)みかしこみ()(まつ)
274あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
275御霊(みたま)(さち)はひましまして
276(ふたた)(なれ)御前(おんまへ)
277リーダーの姿(すがた)(あら)はして
278大成功(だいせいこう)(いは)()
279(まつ)(たけ)(うめ)(いさざよ)
280堅磐常磐(かきはときは)()(まつ)
281あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
282御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
283 ここに五人(ごにん)(おのおの)述懐(じゆつくわい)(うた)ひ、284(わか)れを()しみながら三人(さんにん)高照山(たかてるやま)へ、285二人(ふたり)照山峠(てるやまたうげ)野嵐(のあらし)()かれながらエチエチと(のぼ)()く。
286大正一一・一一・一一 旧九・二三 北村隆光録)