霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 難問題(なんもんだい)〔一一一九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:第3篇 北光神助 よみ:きたてるしんじょ
章:第15章 難問題 よみ:なんもんだい 通し章番号:1119
口述日:1922(大正11)年11月12日(旧09月24日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竜雲はセーラン王を出迎え、北光神の指示にしたがって岩窟内の一室に案内し準備を整えている。
王が一室で控えていると、北光神が現れた。お互いに挨拶を交わし、王は岩窟に至る経緯を北光神に語った。
北光神は王に対して、望まない政略結婚でめあわされた政敵の娘・サマリー姫を、今後どうするつもりかと尋ねた。王はついに、サマリー姫は自分の意にそぐわず、元の許嫁であるヤスダラ姫と夫婦になれるのであれば、王の地位を捨ててもかまわないと北光神に告げた。
北光神は、天則違反の場合にはヤスダラ姫をあきらめるようにと釘をさし、王とヤスダラ姫を二人で面会させた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:213頁 八幡書店版:第7輯 608頁 修補版: 校定版:224頁 普及版:100頁 初版: ページ備考:
001 セーラン(わう)は、002テームス、003レーブ、004カルの三人(さんにん)(したが)(ひづめ)(おと)(いさ)ましく、005(やうや)くにして北光(きたてる)(かみ)岩窟(がんくつ)(やかた)()いた。006竜雲(りううん)岩窟(がんくつ)(くち)まで()(むか)へ、
007貴方(あなた)はセーラン王様(わうさま)(ござ)いますか、008()()(いた)して()りました。009一寸(ちよつと)(しばら)くお()(くだ)さいませ、010主人(しゆじん)申上(まをしあ)げて()ますから』
011何分(なにぶん)(よろ)しく(たの)()る、012吾々(われわれ)黄金姫(わうごんひめ)013清照姫(きよてるひめ)(さま)指揮(さしづ)(したが)ひ、014暗夜(あんや)(さいは)ひ、015イルナの(しろ)より(しの)んで(まゐ)つたもので(ござ)る。016どうぞ北光彦(きたてるひこ)神様(かみさま)宜敷(よろし)くお()りなしを(ねが)ひます』
017『ハイ承知(しようち)(いた)しました。018(しばら)くお()ちを(ねが)ひます』
019(その)(まま)(きびす)をかへし(おく)(ふか)(すす)()り、020北光(きたてる)(かみ)(まへ)()(つか)へ、
021(まさ)しくセーラン王様(わうさま)のお(いで)御座(ござ)いました。022どちらへお(とほ)(まを)しませうか』
023 ヤスダラ(ひめ)顔色(かほいろ)(うれ)しさと(はづ)かしさと(おどろ)きとにサツと(かは)つた。024北光(きたてる)(かみ)欣然(きんぜん)として、
025只今(ただいま)御面会(ごめんくわい)(いた)すから、026第三号室(だいさんがうしつ)御案内(ごあんない)(まを)して()け。027さうしてお()でも差上(さしあ)げて、028(しばら)くお()ちを(ねが)つて()いて()れ。029(われ)(これ)より神殿(しんでん)(まゐ)り、030神様(かみさま)にお(れい)申上(まをしあ)げて()る。031サア竹野姫(たけのひめ)032ヤスダラ(ひめ)殿(どの)033(おく)(まゐ)りませう』
034(さき)()神前(しんぜん)()(すす)()く。035竜雲(りううん)(おもて)へさしてセーラン(わう)(むか)ふべく()()す。036リーダーは(あと)両手(りやうて)()んで(ひと)(ごと)
037(なん)()(たい)(こと)があるものだなア。038(おほかみ)(やま)怖々(こはごは)やつて()()れば、039沢山(たくさん)(おほかみ)(いぬ)のやうに柔順(おとな)しい。040そこへ北光(きたてる)神様(かみさま)のやうな、041(ひと)()のお(ぢい)さまと、042(はな)(あざむ)くやうな奥様(おくさま)043(めう)なコントラストだ。044ヤスダラ(ひめ)(さま)のお(とも)をして此処(ここ)へやつて()たと(おも)へば、045セーラン王様(わうさま)がお()でなさるとは(なん)とした不思議(ふしぎ)(こと)だらう。046(さだ)めし(ひめ)(さま)王様(わうさま)のお(かほ)御覧(ごらん)になつたら、047ビツクリと(よろこ)びとで(めう)(かほ)をなさるだらう………(浄瑠璃(じやうるり)口調(くてう)生者必滅(しやうじやひつめつ)会者定離(ゑしやぢやうり)048浮世(うきよ)(つね)とは()ひながら、049(おや)(おや)との許嫁(いひなづけ)050(あや)しき(くも)(へだ)てられ、051(くに)(みやこ)()(わか)れ、052(あさ)(ゆふ)なに(きみ)御身(おんみ)(うへ)053(あん)(くら)して()りました。054今日(けふ)如何(いか)なる吉日(きちにち)ぞ。055(こが)(こが)れた(その)(ひと)に、056(ところ)もあらうに(おほかみ)()高照山(たかてるやま)岩窟(がんくつ)でお()(かか)らうとは、057(かみ)ならぬ()()るよしもなく、058()いてばかり()りました。059(おも)へば(おも)へば有難(ありがた)や、060(たふと)(かみ)()(あは)せ、061(あま)岩戸(いはと)(ひら)けたやうな、062(わたし)(こころ)になりました。063(うれ)しいわいな、064なつかしいわいな………と人目(ひとめ)()ぢず(すが)りつき、065(たがひ)()()()(かは)し、066()(さけ)ぶこそ可憐(いぢ)らしき。067チヤン、068チヤン、069チヤン………と()場合(ばあひ)だ。070(おれ)一度(いちど)こんなローマンスを(あぢ)はつて()たいものだ。071青春(せいしゆん)()()ゆる壮者(そうしや)美人(びじん)072どんなに(うれ)しからうぞ。073(たがひ)(こが)(した)うた(をとこ)(をんな)(おも)はぬ(ところ)()ふのだもの、074これが(うれ)しうなうて(なん)とせうぞいのう………。075アハヽヽヽ、076目出度(めでた)目出度(めでた)い、077目出度(めでた)い。078北光(きたてる)神様(かみさま)苦労人(くらうにん)(だけ)あつて、079中々(なかなか)(すゐ)()いて()るわい。080こんな(こと)(わか)つた宣伝使(せんでんし)にお(つか)へするのなら、081(おれ)だつてどんな苦労(くらう)だつて(いと)ひはしない。082(いは)より(かた)千代(ちよ)(かた)めを、083千引(ちびき)(いは)岩窟(いはや)(なか)で、084北光(きたてる)神様(かみさま)()ぢやないが、085(しつか)カタメ()洒落(しやれ)だな、086ウフヽヽヽ』
087 ()かる(ところ)へセーラン(わう)一行(いつかう)三号室(さんがうしつ)(みちび)()き、088北光(きたてる)(かみ)報告(はうこく)すべく(はし)つて()竜雲(りううん)は、089リーダーの(ただ)一人(ひとり)面白(おもしろ)さうに(わら)うて()るのを()て、
090『おいリーダー、091(なに)(わら)つて()るのだ。092(きやく)さまが()えたのだよ。093(この)(やかた)御夫婦(ごふうふ)二人(ふたり)きりでお()()らぬのだから、094(はや)くお(きやく)さまのお()でも()んでお世話(せわ)をしないか、095()()かぬ(をとこ)だなア』
096(わたし)だつて(いま)()たばつかし、097(きやく)さまぢやありませぬか。098(きやく)分際(ぶんざい)として、099そんな勝手(かつて)(こと)出来(でき)ますか。100北光(きたてる)神様(かみさま)のお(ゆる)しさへあれば、101()()みませう、102どんな御用(ごよう)(いた)します』
103『エヽ(なん)()()かぬ(をとこ)だなア』
104(あま)()()いたり融通(ゆうづう)()くと、105シロ(しま)神地(かうぢ)(みやこ)失敗(しつぱい)なさつたやうな(こと)出来(でき)ますからなア。106まあヂツクリと落着(おちつ)きなさい。107大鳥(おほとり)(つばさ)(いそ)がぬ」と()ひまして、108度量(どりやう)(おほ)きいものは、109さう(ちひ)さい(こと)コセつきませぬからなア。110エヘヽヽヽ』
111大男(おほをとこ)総身(そうみ)智慧(ちゑ)(まは)()ねとか()つて、112胴柄(どうがら)ばかり(おほ)きくつて、113()()はぬ(をとこ)だなア。114(まへ)のやうなものは仁王(にわう)さまにでもなつて(もん)入口(いりぐち)シヤチコ()つて()るのが適当(てきたう)だ』
115『モシ竜雲(りううん)さま、116貴方(あなた)(まこと)があるなら、117不言実行(ふげんじつかう)ですよ。118師匠(ししやう)(つゑ)にするな、119(ひと)(ちから)にするな、120とは三五教(あななひけう)教理(けうり)だと、121道々(みちみち)説教(せつけう)をなさいましたなア。122(わたし)はよく(おぼ)えて()りますよ』
123『エヽ仕方(しかた)がない、124それなら(これ)から不言実行(ふげんじつかう)だ』
125第三号室(だいさんがうしつ)(むか)つて(はし)()かうとするのを、126リーダーは(すそ)をグツと(にぎ)り、
127『モシモシ竜雲(りううん)さま、128不言実行(ふげんじつかう)だと(いま)仰有(おつしや)つたが、129それがもはや不言実行(ふげんじつかう)原則(げんそく)(やぶ)つて()られるでは(ござ)いませぬか』
130『エヽ八釜(やかま)しい、131(おれ)のは特別製(とくべつせい)准不言実行(じゆんふげんじつかう)だ』
132()ひながら(そで)()りきつてセーラン(わう)(しつ)(はし)()で、133(うやうや)しく両手(りやうて)(つか)へて、
134『セーラン王様(わうさま)135折角(せつかく)のお()えらう()たせ(まを)しまして不都合(ふつがふ)(ござ)いました。136(しか)(なが)ら、137(わたし)もたつた(いま)(はじ)めて(まゐ)つたもの、138まだ(せき)(あたた)かくならない(くらゐ)(ござ)います。139()つても最早(もはや)二三日(にさんにち)()れましたが、140此処(ここ)召使(めしつかひ)()(わけ)でもなし、141貴方(あなた)一足(ひとあし)(さき)(まゐ)つた珍客(ちんきやく)(ござ)いますから、142どうぞ()しからず見直(みなほ)聞直(ききなほ)(くだ)さいませ』
143『イヤ有難(ありがた)う、144北光(きたてる)神様(かみさま)はまだお()しになりませぬか』
145(いま)()えになるでせう。146(しばら)くお()ちを(ねが)ひます』
147(わう)高照(たかてる)(けは)しき(やま)(のぼ)()
148岩窟(いはや)(なか)()をやすめぬる。
149北光(きたてる)(かみ)(みこと)()はむとて
150(かみ)随々(まにまに)(たづ)()しはや』
151竜雲(りううん)(いま)しばし()たせたまはれ神司(かむづかさ)
152やがては此処(ここ)北光(きたてる)(かみ)
153生身魂(いくみたま)(きよ)(すぐ)なる竹野姫(たけのひめ)
154(つま)(みこと)(とも)にいませり。
155()(みこと)(した)ひたまひし姫神(ひめがみ)
156()はせたまはむ(とき)(せま)れり。
157ヤスダラ(ひめ)(うづ)(みこと)(きみ)(した)
158(あさ)(ゆふ)なに(いの)りたまへる』
159(わう)摩訶(まか)不思議(ふしぎ)ヤスダラ(ひめ)如何(いか)にして
160これの岩窟(いはや)(ひそ)()るにや』
161竜雲(りううん)何事(なにごと)(かみ)のまにまに(ひと)()
162まもられて()(ゆめ)()なるよ』
163 かく(かた)()(ところ)へ、164北光(きたてる)(かみ)衣服(いふく)着替(きか)威儀(ゐぎ)(ただ)して()(きた)り、165(わう)(むか)ひ、
166(わたし)北光彦(きたてるひこ)(ござ)る。167()くまア(この)岩窟(いはや)()らせられました。168黄金姫(わうごんひめ)169清照姫(きよてるひめ)殿(どの)機嫌(きげん)よくして()られますかなア』
170(はじ)めてお()にかかりました。171貴方(あなた)三五教(あななひけう)にて御名(おんな)(たか)北光(きたてる)神様(かみさま)172一目(ひとめ)(その)姿(すがた)(はい)しまして、173(まこと)生神様(いきがみさま)にお()にかかつたやうな(こころ)(ちから)づきました。174何卒(なにとぞ)今後(こんご)御教導(ごけうだう)をお(ねが)(いた)します。175御存(ごぞん)じの(とほ)りイルナの(しろ)危急(ききふ)存亡(そんばう)場合(ばあひ)(ござ)りますれば、176黄金姫(わうごんひめ)(さま)御指図(おさしづ)(したが)ひ、177卑怯(ひけふ)未練(みれん)とは承知(しようち)しながら神命(しんめい)(ほう)じて微行(びかう)(いた)して(まゐ)りました』
178とやや(なみだ)ぐみける。
179『アハヽヽヽ、180(けつ)して御心配(ごしんぱい)(あそ)ばすな。181何事(なにごと)神様(かみさま)御経綸(ごけいりん)(まか)すより(みち)はありませぬ。182これから吾々(われわれ)神策(しんさく)(ほどこ)しますから、183()落着(おちつ)けてゆつくりとなさつたがよろしからう。184此処(ここ)御存(ごぞん)じの(とほ)(おほかみ)巣窟(さうくつ)185如何(いか)なる英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)も、186(この)岩窟(がんくつ)ばかりは(うかが)(こと)出来(でき)ませぬ。187御安心(ごあんしん)なさいませ。188(しか)(なが)ら、189貴方(あなた)(ひと)つお(たづ)ねして()かなければならぬ(こと)(ござ)ります。190それは()()では(ござ)らぬ、191貴方(あなた)にはサマリー(ひめ)()ふお(きさき)があるでせう、192(その)(きさき)今後(こんご)どうなさるお(つも)りですか』
193 (わう)(この)言葉(ことば)にハタとつまり、194如何(いかが)(こた)へむと(こころ)(なや)ませ、195黙然(もくねん)として(しば)しが(あひだ)さし(うつ)むいて()る。
196一旦(いつたん)(つま)(きま)つたサマリー(ひめ)何処迄(どこまで)()れて、197共々(ともども)苦労(くらう)をなさるお(かんが)へでせうなア。198万一(まんいち)貴方(あなた)()(した)立派(りつぱ)(をんな)此処(ここ)(あら)はれたとすれば、199貴方(あなた)自分(じぶん)意志(いし)(したが)つて(その)(をんな)(つま)(いた)しますか。200(ただし)()()らぬサマリー(ひめ)をどこ(まで)(あい)して()きますか。201それを()かして(いただ)きたい。202北光(きたてる)(かみ)にも(すこ)(かんが)へが(ござ)るから』
203 (わう)如何(いかが)(こた)へむかと、204とつおいつ思案(しあん)()れながら、205(やうや)くにして、
206『ハイ何事(なにごと)惟神(かむながら)(まか)しませう。207(こころ)(くも)つた吾々(われわれ)208どうしてよいか判断(はんだん)がつきませぬ。209どうぞ貴方(あなた)のお(かんが)へを(うけたま)はりたう御座(ござ)います』
210(うま)言葉(ことば)をそらし、211北光(きたてる)(かみ)(その)解決(かいけつ)をおつつけてしまつた。
212『オツホヽヽヽ、213(すみ)にもおけぬ王様(わうさま)だなア、214かう北光(きたてる)(まを)せば御返答(ごへんたふ)にお(こま)りだらうと(おも)つたが、215反対(はんたい)にこちらへ大問題(だいもんだい)をおつかぶせられ、216北光彦(きたてるひこ)(いささ)迷惑(めいわく)(いた)しました』
217(なに)()御存(ごぞん)じの貴方(あなた)(まへ)(つつ)(かく)すも無駄(むだ)(ござ)います。218(また)(わたし)(こころ)にもなき(こと)申上(まをしあ)げたくはありませぬ。219(しか)りかは(ぞん)じませぬが、220(じつ)はサマリー(ひめ)はどう(かんが)へても(いや)(いや)仕方(しかた)がありませぬ。221(なに)かの策略(さくりやく)があつて、222右守(うもり)(かみ)(わたし)許嫁(いひなづけ)()()し、223(むすめ)無理(むり)()しつけたので(ござ)いますから、224(えう)するに(あい)のなき縁談(えんだん)(ござ)います。225かかる虚偽的(きよぎてき)(あい)夫婦(ふうふ)(かへつ)神様(かみさま)(たい)()まないやうな()(いた)します。226(また)一方(いつぱう)より(かんが)へて()れば、227今日(こんにち)(ところ)サマリー(ひめ)(こころ)(そこ)から(わたし)(たい)して愛慕(あいぼ)(ねん)(おこ)して()るやうで(ござ)います。228それ(ゆゑ)日夜(にちや)(こころ)(いた)め、229どうしたらよいかと(まよ)うて()次第(しだい)(ござ)います。230サマリー(ひめ)一人(ひとり)のためにイルナの(しろ)興亡(こうばう)(くわん)する問題(もんだい)ですから、231(わたし)(けつ)()ねて()ります』
232(なん)()(よわ)いお(かた)だなア。233なぜ(をとこ)らしく、234(はじ)めにポンと(ことわ)りを()はなかつたのですか。235貴方(あなた)はセーラン(わう)位地(ゐち)恋々(れんれん)として、236(こころ)にもなき結婚(けつこん)承諾(しようだく)したのでせう。237貴方(あなた)には(おや)(ゆる)した許嫁(いひなづけ)があつた(はず)238なぜ先約(せんやく)履行(りかう)なさらなかつたか。239それから第一(だいいち)間違(まちが)つて()る。240両親(りやうしん)(ゆる)した許嫁(いひなづけ)無視(むし)して途中(とちう)から変更(へんかう)するといふ(こと)第一(だいいち)(かう)(みち)()けて()る。241仮令(たとへ)如何(いか)なる事情(じじやう)があらうとも父王様(ちちわうさま)命令(めいれい)遵守(じゆんしゆ)し、242一身(いつしん)()してなぜ(あらそ)はなかつたのですか』
243『そのお言葉(ことば)()いて今更(いまさら)(ごと)自分(じぶん)薄志弱行(はくしじやくかう)(くや)みます。244(わたし)(なん)とかして天則違反(てんそくゐはん)()らねどもヤスダラ(ひめ)夫婦(ふうふ)となる(こと)()ば、245たとへ王位(わうゐ)()てても()ゆる(ところ)(ござ)いませぬ』
246『ウフヽヽヽ、247とうとう本音(ほんね)()きましたな。248それが(いつは)りのなき貴方(あなた)真心(まごころ)だ。249(しか)しながら、250(その)ヤスダラ(ひめ)(さま)が、251(をつと)一回(いつくわい)なりとも(まじ)はりを(むす)んで()られたならどうなされますか。252それでも貴方(あなた)(よろこ)んで夫婦(ふうふ)になるお(かんが)へですか。253もしヤスダラ(ひめ)(たい)貞節(ていせつ)(まも)り、254一回(いつくわい)(まじ)はりもして()なかつたとすれば()(かく)255どうでもかまはぬ、256()ひさへすればよいと()ふお(かんが)へなれば、257貴方(あなた)はもはや人間(にんげん)ではない、258(こひ)奴隷(どれい)()ふものですよ』
259『ハイ、260(あふ)せの(ごと)くヤスダラ(ひめ)にして左様(さやう)(こと)がありとすれば(わたし)断念(だんねん)(いた)します。261(しか)(かれ)(かぎ)つて左様(さやう)(こと)はあるまいと(おも)ひます』
262(いま)貴方(あなた)()はせたいものがある。263(おどろ)かないやうにして(くだ)さい』
264『それはヤスダラ(ひめ)(ござ)いますか。265(なん)とはなしにそのやうな気分(きぶん)(うか)んで(まゐ)りました』
266『アハヽヽヽ、267矢張(やつぱ)(じや)(みち)(へび)だなア』
268大正一一・一一・一二 旧九・二四 加藤明子録)