霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 誘惑(いうわく)〔一一二四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:第4篇 神出鬼没 よみ:しんしゅつきぼつ
章:第20章 第41巻 よみ:ゆうわく 通し章番号:1124
口述日:1922(大正11)年11月12日(旧09月24日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ユーフテスはただちにセーリス姫に、大黒主からの援軍が五百騎やってくることを注進した。黄金姫、清照姫、セーリス姫の三人の密談により、ヤスダラ姫に化けた清照姫が右守と会談し、その五百騎を食い止める算段をすることになった。
ユーフテスは策を授けられ、右守の館に帰っていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4120
愛善世界社版:281頁 八幡書店版:第7輯 634頁 修補版: 校定版:294頁 普及版:134頁 初版: ページ備考:
001 セーリス(ひめ)はイルナ(じやう)(わが)居間(ゐま)一弦琴(いちげんきん)(だん)じて()た。
002(あめ)(つち)とを(つく)らしし
003国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
004(もも)(かみ)(たち)人々(ひとびと)
005(まこと)(おや)にましまして
006仁慈(じんじ)無限(むげん)神徳(しんとく)
007(あまね)(くだ)(たま)ふなり
008イルナの(しろ)()(つき)
009八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
010曲鬼(まがおに)(ども)(はびこ)りて
011首陀(しゆだ)(せい)より(うま)れたる
012右守司(うもりつかさ)のカールチン
013鰻登(うなぎのぼ)りに(のぼ)りつめ
014(おご)(たか)ぶり(いま)ははや
015セーラン(わう)御位(みくらゐ)
016(ねら)()るこそうたてけれ
017イルナの(しろ)風前(ふうぜん)
018(いま)灯火(ともしび)となりし(とき)
019(すく)ひの(かみ)()れまして
020(かたむ)(しろ)立直(たてなほ)
021セーラン(わう)()(うへ)
022(やす)(まも)らせたまひつつ
023魔神(まがみ)頭上(づじやう)鉄鎚(てつつゐ)
024(くだ)させ(たま)(とき)()
025あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
026ヤスダラ(ひめ)(いもうと)
027(うま)れあひたる(われ)こそは
028イルナの(しろ)太柱(ふとばしら)
029非道(ひだう)(こと)とは()りながら
030魔神(まがみ)(したが)ふユーフテス
031言葉(ことば)(さき)(あやつ)りつ
032醜神(しこがみ)(ども)(たく)らみを
033()れなく()ちなく(さぐ)らせつ
034(かみ)御為(おんため)(きみ)(ため)
035世人(よびと)のために村肝(むらきも)
036(こころ)(いた)むる(くる)しさよ
037さはさりながら天地(あめつち)
038(かみ)吾等(われら)真心(まごころ)
039(きよ)御目(おんめ)(みそな)はし
040(かなら)(ゆる)したまふべし
041(いつは)られたるユーフテス
042(かれ)(こころ)(あは)れさを
043(わらは)()らぬにあらねども
044大事(だいじ)(まへ)一小事(いちせうじ)
045セーラン(わう)(みことのり)
046(そむ)かむ(よし)もないぢやくり
047(なみだ)()みて荒男(あらをとこ)
048(あやつ)(きた)(くる)しさよ
049あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
050(かみ)(おもて)(あら)はれて
051善神邪神(ぜんしんじやしん)()けたまふ
052(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
053(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
054(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
055直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
056()(あやま)ちは()(なほ)
057(たふと)(かみ)御教(おんをしへ)
058セーリス(ひめ)心根(こころね)
059(あは)れみ(たま)ひて逸早(いちはや)
060セーラン(わう)()(うへ)
061(まも)らせたまへ惟神(かむながら)
062(この)()(つく)りし大神(おほかみ)
063御前(みまへ)(かしこ)()ぎまつる
064御前(みまへ)(つつ)しみ()ぎまつる』
065(うた)(をは)り、066合掌(がつしやう)して(こゑ)(しづか)に「国治立尊(くにはるたちのみこと)067(まも)(たま)幸倍(さちはへ)たまへ」と(いの)(をり)しも、068足音(あしおと)(しの)ばせながら()(きた)るはユーフテスである。069セーリス(ひめ)はユーフテスの(あわただ)しく()(きた)りしを()て、070言葉(ことば)(せは)しく、
071『ヤア其方(そなた)はなつかしきユーフテス殿(どの)072(なに)(かは)つた(こと)(ござ)いますかなア』
073『ハイ、074(にはか)申上(まをしあ)げたき(こと)があつて右守(うもり)(まへ)をつくろひ(まゐ)りました。075いよいよ大黒主(おほくろぬし)(かみ)五百騎(ごひやくき)軍隊(ぐんたい)派遣(はけん)し、076右守(うもり)(ちから)(あは)せ、077セーラン王様(わうさま)退隠(たいいん)させむとの計略(けいりやく)(ととの)ひました。078(なん)とか用意(ようい)(いた)さねばなりますまい』
079(その)軍隊(ぐんたい)何時(いつ)(ごろ)此処(ここ)()()せて(まゐ)りますか、080(わか)つて()りませうなア』
081『あまり(なが)くはありますまい。082カルマタ(こく)派遣(はけん)された大足別(おほだるわけ)(ところ)(まゐ)使者(ししや)()きがけに大黒主(おほくろぬし)(さま)信書(しんしよ)(たづさ)へ、083右守(うもり)(やかた)(はふ)()んで(まゐ)りました。084右守(うもり)もやや安心(あんしん)して、085もはや軍隊(ぐんたい)必要(ひつえう)がないから、086(ことわ)(まを)さうかと(まで)()つて()ました(ところ)へ、087五百騎(ごひやくき)応援軍(おうゑんぐん)(おく)るとの書面(しよめん)(いただ)き、088(にはか)鼻息(はないき)(あら)くなつて(まゐ)りました。089それ(ゆゑ)()るものも()りあへず貴女(あなた)(まで)報告(はうこく)にやつて()ました』
090 セーリス(ひめ)平然(へいぜん)として(ちつと)(さわ)がず微笑(びせう)(うか)べながら、
091『それは段々(だんだん)面白(おもしろ)くなつて()ましたなア。092どちらになつても、093(わたし)貴方(あなた)結婚(けつこん)さへ都合(つがふ)よく出来(でき)れば()いぢやありませぬか。094オホヽヽヽ』
095『そりやさうですが、096矢張(やつぱり)セーラン王様(わうさま)()()まれなさつては貴女(あなた)だつてあまり都合(つがふ)はよくありますまい。097(したが)つて(わたし)だつて羽振(はぶ)りが()きませぬからなア』
098()(かく)黄金姫(わうごんひめ)(さま)(ひと)申上(まをしあ)げて()ますから、099貴方(あなた)此処(ここ)()つて()(くだ)さい』
100とツと()つて黄金姫(わうごんひめ)居間(ゐま)(すす)()り、101ユーフテスが報告(はうこく)顛末(てんまつ)(のこ)らず物語(ものがた)つた。102(ここ)黄金姫(わうごんひめ)清照姫(きよてるひめ)103セーリス(ひめ)三人(さんにん)鼎坐(ていざ)して、104ひそひそ対抗策(たいかうさく)()(あは)(こと)となつた。
105(おも)ひの(ほか)大黒主(おほくろぬし)軍勢(ぐんぜい)106(はや)()()()るさうだが、107(なん)とかこれを阻止(そし)する(かんが)へはあるまいかなア。108清照姫(きよてるひめ)
109()ひつつ清照姫(きよてるひめ)(かほ)(のぞ)()む。110清照姫(きよてるひめ)微笑(びせう)しながら、
111『お(かあ)さま、112そりや(なん)でもない(こと)ですわ。113(わたし)(その)五百騎(ごひやくき)()()めて()ませうか』
114『それは(まこと)結構(けつこう)だが、115其方(そなた)一人(ひとり)でどうして()()める(かんが)へですか』
116()(かく)右守(うもり)此処(ここ)()んで(くだ)さい。117さうして(わたし)右守(うもり)(ただ)二人(ふたり)118一室(いつしつ)()つて密談(みつだん)()げ、119うまく右守(うもり)より()()めさして()せませう』
120 黄金姫(わうごんひめ)(うなづ)きながら、
121『ホヽヽヽヽ(きよ)さま、122(まへ)美貌(びばう)弁舌(べんぜつ)とを応用(おうよう)すれば(なん)(こと)もありますまい。123どうぞ(しつか)りやつて(くだ)さいや』
124三寸(さんずん)舌鋒(ぜつぽう)をもつて、125五百(ごひやく)軍隊(ぐんたい)一人(ひとり)(のこ)らず()()らすのも(また)愉快(ゆくわい)でせう、126オホヽヽヽ』
127 セーリス(ひめ)(よろこ)ばしげに、
128『それならこれからユーフテスに(めい)じ、129右守(うもり)当城(たうじやう)()()せませうか』
130清照(きよてる)『どうぞ(はや)く、131(その)手続(てつづ)きをして(くだ)さい』
132『こんな(とき)にはお転婆娘(てんばむすめ)(また)必要(ひつえう)だ。133(きよ)さまも随分(ずゐぶん)こんな(こと)には経験(けいけん)がつんで()るからなア。134オホヽヽヽ』
135『お(かあ)さま、136(ひや)かして(くだ)さいますな。137(なん)(あき)だと()つても(あんま)りですわ』
138『セーリス(ひめ)(さま)139何卒(どうぞ)(はや)(たの)みますよ』
140 セーリス(ひめ)は「アイ」と(こた)へて(この)()(さが)り、141(わが)居間(ゐま)()たせて()いたユーフテスの(みみ)(くち)()何事(なにごと)をか(ささや)いた。142ユーフテスは一切万事(いつさいばんじ)()()(がほ)で、143セーリス(ひめ)居間(ゐま)()()(おもて)()で、144大地(だいち)をどんどん威喝(ゐかつ)させながら、145木々(きぎ)(こずゑ)(わた)木枯(こがらし)(かぜ)146遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)もなく(ふえ)()いて(とほ)(しろ)馬場(ばば)尻引(しりひつ)からげ、147()()(ごと)右守(うもり)(やかた)をさして韋駄天(ゐだてん)(ばし)りに(すす)()く。
148大正一一・一一・一二 旧九・二四 加藤明子録)