霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 長舌(ちやうぜつ)〔一一二五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:第4篇 神出鬼没 よみ:しんしゅつきぼつ
章:第21章 長舌 よみ:ちょうぜつ 通し章番号:1125
口述日:1922(大正11)年11月12日(旧09月24日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
カールチンは一人館の中で王の位についたら何から着手しようかと都合のよい考えにふけっていた。そこへユーフテスがあわただしく入ってきて、ヤスダラ姫がカールチンに恋をしてしまい、妹を通じて自分に面会を求めてきたと報告にした。
カールチンは真に受けて有頂天になり、ユーフテスについて城内を指していく。ユーフテスは舌を出しながらカールチンを先導する。
ユーフテスは高い石につまづいて倒れ、舌を噛んでしまい血を吐いて倒れてしまった。カールチンはヤスダラ姫のことで有頂天になり、ユーフテスが人事不省になっているのも気づかずに進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:288頁 八幡書店版:第7輯 636頁 修補版: 校定版:301頁 普及版:137頁 初版: ページ備考:
001 右守司(うもりつかさ)のカールチンは(ただ)一人(ひとり)(おく)()端坐(たんざ)して、002やがて二カ月(にかげつ)(すゑ)には日頃(ひごろ)願望(ぐわんばう)成就(じやうじゆ)し、003刹帝利(せつていり)地位(ちゐ)(すす)むだらう、004さうすれば城内(じやうない)大改革(だいかいかく)(ほどこ)さねばなるまい。005()第一着手(だいいちちやくしゆ)として(なに)から(はじ)めようかなどと、006猿猴(ゑんこう)(みづ)(つき)(つか)むやうな(むし)のよい(かんが)へに(ふけ)つて()た。007其処(そこ)へユーフテスは(あわただ)しく()(きた)り、
008『モシモシ旦那様(だんなさま)009(よろこ)びなされませ。010イヒヽヽヽヽ、011目出度(めでた)御座(ござ)います。012貴方(あなた)本当(ほんたう)(えら)(かた)ですなア、013偉大(ゐだい)人格者(じんかくしや)ですよ。014ヤスダラ(ひめ)(さま)(この)(あひだ)貴方(あなた)のお(かほ)一寸(ちよつと)(をが)(あそ)ばしてから、015(にはか)病気(びやうき)になられましてブラブラとして()られます。016何卒(どうぞ)一遍(いつぺん)見舞(みまひ)()つてあげて(くだ)さいませな。017ドクトル・オブ・メヂチーネでもイルナの()でも、018どうしてもかうしても治癒(なほ)らないと()御病気(ごびやうき)になられまして、019(あさ)から(ばん)までウンウンと(うな)(とほ)し、020それはそれは()(どく)()()けて()ては()られませぬ。021そこでセーリス(ひめ)(さま)大変(たいへん)御心配(ごしんぱい)(あそ)ばして、022(その)病源(びやうげん)をお(さぐ)(あそ)ばしたところ、023ヤスダラ(ひめ)(さま)は、024エヽヽヽヽと(ほそ)(ほそ)(やなぎ)()(やう)()をして「(わたし)(やまひ)()(やまひ)だ、025ウヽヽモヽヽリヽヽ』と()つて(うつ)むいて(あと)(なに)仰有(おつしや)いませぬ。026そこで()()みのよいセーリス(ひめ)(さま)が「ハヽアこれは右守(うもり)さまに()()だな。027これは到底(たうてい)旦那様(だんなさま)のお(かほ)()せねば本復(ほんぷく)出来(でき)まい」とちやんと(こころ)(なか)裁判(さいばん)して、028ヤスダラ(ひめ)(さま)(むか)言葉(ことば)(しと)やかに「モシ姉上様(あねうへさま)029(なに)(こころ)秘密(ひみつ)があるのでせう。030(いもうと)(わたし)()はれない(こと)はありますまいから、031仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ。032どんな(こと)でも姉様(ねえさま)(こと)なら御用(ごよう)(うけたま)はりませう」と(うぐひす)鈴虫(すずむし)のやうな(こゑ)(たづ)ねられた(ところ)033ヤスダラ(ひめ)(さま)はやうやう(なみだ)(かほ)()げ「あゝ(いもうと)034よう親切(しんせつ)(たづ)ねて(くだ)さつた。035(まへ)(こころ)(うれ)しいが、036(あま)(はづ)かしうて口籠(くちごも)(なに)()へませぬ。037もう(わたくし)()きて(この)()(のぞ)みのない()(うへ)だから、038(いさぎよ)()にます」と、039とつけもない(こと)仰有(おつしや)るのでセールス(ひめ)(さま)益々(ますます)御心配(ごしんぱい)なされ、040いろいろと()()(しな)()(さぐ)つて()なされた(ところ)041姉計(あねはか)らむや妹計(いもうとはか)らむや、042立派(りつぱ)奥様(おくさま)のある旦那様(だんなさま)恋慕(れんぼ)して(ござ)ると()(こと)がハツキリと(わか)りました。043エヘヽヽヽ、044目出度(めでた)(ござ)います。045浦山吹(うらやまぶき)(ござ)いますわい』
046 カールチンは(たちま)()(ほそ)うし(よだれ)をくりながら、
047『ウツフン、048そんな(こと)があつたら、049それこそ天地(てんち)ひつくり(かへ)るぢやないか。050(わか)(もの)なら()(かく)も、051こんな年寄(としよ)つた五十男(ごじふをとこ)にそんな(こと)がありやうがないぢやないか。052(はら)(わる)い、053そんなに(ひと)(おだ)てるものぢやないわ』
054『イエイエ(けつ)して(けつ)して旦那様(だんなさま)にそんな(うそ)申上(まをしあ)げて()みますか。055(こひ)()ふものは老若上下(らうにやくじやうげ)区別(くべつ)はありませぬ。056(また)(をんな)()ふものは虚栄心(きよえいしん)(つよ)いもので(ござ)いますから、057旦那様(だんなさま)がやがて刹帝利(せつていり)におなり(あそ)ばすのを()いて益々(ますます)(こひ)(つの)つたものと()えます。058(しか)(なが)ら、059貴方(あなた)(さま)には立派(りつぱ)奥様(おくさま)がおありなさるのですから、060そんな(こと)()うては()まないと、061セーリス(ひめ)(さま)懇々(こんこん)説諭(せつゆ)をなさつたさうですけれど、062ヤスダラ(ひめ)(さま)はどうしてもお()(あそ)ばさず「(この)(こひ)(かな)はねば淵川(ふちかは)()()げて()ぬから(あと)(とむら)ひを(たの)むぞや」と、063それはそれはエライ御決心(ごけつしん)064どうにもかうにも、065()()ひませぬ。066どうぞ一度(いちど)(ひめ)(さま)(やかた)へ、067(たす)けると(おも)うて奥様(おくさま)内証(ないしよう)()つて()げて(くだ)さいませ。068さうして貴方(あなた)から(とつ)くりと説諭(せつゆ)して(くだ)さいましたら、069(こひ)(ゆめ)()めるでせう』
070 カールチンは()(ほそ)くしながら、
071(なん)(こま)つた(こと)出来(でき)たものだなア。072どれどれそれなら(これ)からヤスダラ(ひめ)()ひ、073(とつ)くり道理(だうり)()()かし(おも)()らしてやらう』
074といそいそとして()()つ。075ユーフテスは(うしろ)()いて(した)()し、076(ふたた)()(なほ)つて(かほ)(もと)(ごと)くキチンと整理(せいり)し、
077色男様(いろをとこさま)078オツトドツコイ、079大切(たいせつ)旦那様(だんなさま)080左様(さやう)ならばユーフテスがお(とも)(いた)しませう。081万々一(まんまんいち)情約締契(じやうやくていけい)調(ととの)ふやうな(こと)(ござ)いましたら、082貴方(あなた)(わたし)相婿(あひむこ)のお兄様(にいさま)083なるべくお兄様(にいさま)()はれるやうになつて(もら)ひたいものですな。084エヘヽヽヽヽ』
085『ユーフテス、086矢釜(やかま)しいぞ、087女房(にようばう)(さと)られちや大変(たいへん)だからなア』
088奥様(おくさま)気兼(きがね)なさる(ところ)()ると矢張(やはり)ちつとは(みやく)がありますなア。089イヤお目出度(めでた)う、090(いは)(まを)します』
091 カールチンは(おさ)()れぬやうな(うれ)しさうな(かほ)(さら)しつつ、
092『オイ、093ユーフテス、094しようもない(こと)()ふものでないぞ。095エヘヽヽヽヽ』
096(おも)はず()らず(ゑみ)をこぼし城内(じやうない)()して(すす)()く。097ユーフテスも(あと)(したが)ひ、098(した)()しながら()いて()く。099カールチンはフト(はし)りながら(あと)()ると、100ユーフテスが(なが)(した)()して(あご)をシヤクつて(はし)つて()るのが()についた。
101『こりや、102ユーフテス、103(なん)(なが)(した)()して(ひと)馬鹿(ばか)にするない』
104(あま)りお目出度(めでた)いので、105きつと結婚(けつこん)(とき)にはどつさり御馳走(ごちそう)をして(くだ)さると(おも)ひ、106(いま)から(した)なめずりをしたので(ござ)います。107これは(まこと)失敬(しつけい)しました108エヘヽヽヽヽ』
109『こりや こりやユーフテス、110(さき)()け、111貴様(きさま)(あと)から()ると(なん)だか小忙(こぜは)しくつて仕方(しかた)がないわい』
112 ユーフテスは、
113『それなら旦那様(だんなさま)114(さき)御免(ごめん)(かうむ)ります』
115()ふより(はや)(さき)()ち、116もうかうなつちや(あと)目鼻(めはな)はついて()ない、117何程(なにほど)(した)()したつて()とがめらるる心配(しんぱい)はないと、118(ちから)一杯(いつぱい)(なが)(した)()(あご)をしやくりながら、119とんとんとんと()()途端(とたん)120(たか)(いし)につまづいてバタリと(たふ)れる(はづみ)(した)()み、121ウンと(その)()()()いて()(たふ)れた。122カールチンはヤスダラ(ひめ)(こと)のみに(うつつ)になつて、123ユーフテスの(した)()んで(たふ)れて()るのに()がつかず、124(その)(からだ)(つまづ)いて三間(さんげん)ばかり(まへ)(はう)にドスンと()(たふ)れ「アイタヽヽヽ」と膝頭(ひざがしら)()でながら、125まだ()がつかず、
126『ユーフテスの(やつ)(なん)だ、127(おれ)(たふ)れて()るのも()らずに、128主人(しゆじん)(あと)にして(くも)(かすみ)何処(どこ)かへ()きやがつた。129(なん)(あし)(はや)(やつ)ぢやなア』
130(つぶや)きながら、131とんとんとんと道端(みちばた)のイトドやキリギリスを(おどろ)かせて城内(じやうない)()して一目散(いちもくさん)(はし)()く。
132大正一一・一一・一二 旧九・二四 加藤明子録)