霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 途上(とじやう)(へん)〔一二七〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第48巻 舎身活躍 亥の巻 篇:第4篇 福音輝陣 よみ:ふくいんきじん
章:第16章 第48巻 よみ:とじょうのへん 通し章番号:1270
口述日:1923(大正12)年01月14日(旧11月28日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
治国別・竜公と別に小北山を経由してやってきた松彦たちは、これまでの出来事を述懐する宣伝歌を歌いながら進んでくる。
五三公は、宣伝歌の中で自分が言霊別命の分身であることを明かし、治国別と竜公にもうすぐ面会できると松彦に告げた。そして歌い終わるとともに、五三公の姿は煙のように消えてしまった。大空には、五三公が大火団となって帰って行く様が見えた。一同はこの不思議な出来事に驚き、立ち止まって拍手し、その英姿を拝みながら涙した。
さらに歌いながら一同がやってくると、浮木の森の陣営の物見やぐらが目に付いた。その近傍はバラモン軍の兵卒がたくさん集まって、右往左往しわめき叫んでいる。
松彦は、もしや治国別たちが遭難したのではないかと心がせいて、敵の陣中をものともせずにかけて行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4816
愛善世界社版:226頁 八幡書店版:第8輯 673頁 修補版: 校定版:235頁 普及版:119頁 初版: ページ備考:
001(かみ)(おもて)(あら)はれて
002(ぜん)(あく)とを()(わけ)
003(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
004(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
005(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
006直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
007()(あやま)ちは()(なほ)
008三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
009治国別(はるくにわけ)(したが)ひて
010野中(のなか)(もり)()()れば
011(あや)しの(かげ)(あら)はれて
012(こころ)()みし(をり)もあれ
013(あに)(みこと)何時(いつ)()
014竜公(たつこう)さまと諸共(もろとも)
015吾等(われら)見捨(みす)てて()(たま)
016冷淡(れいたん)至極(しごく)のお(ひと)だと
017一度(いちど)(うら)んで()たけれど
018一寸先(いつすんさき)()()かぬ
019(くも)りし身魂(みたま)吾々(われわれ)
020深甚(しんじん)微妙(びめう)神界(しんかい)
021(その)仕組(しぐみ)如何(いか)にして
022(さと)()らるる(こと)あらむ
023(ただ)何事(なにごと)神様(かみさま)
024(こころ)(まま)()(なほ)
025小北(こぎた)(やま)(あら)はれて
026ウラナイ(けう)松姫(まつひめ)
027(おも)はず()らず(めぐ)()
028(おも)ひも()らぬ(わが)(むすめ)
029(やさ)しき(かほ)名乗(なの)()
030親子(おやこ)名残(なごり)()しみつつ
031五三公(いそこう)さまを(はじ)めとし
032万代(よろづよ)(いは)万公(まんこう)さま
033(とら)()さまの女武者(をんなむしや)
034アク、タク、テクと諸共(もろとも)
035一本橋(いつぽんばし)打渡(うちわた)
036(あや)しの(もり)打過(うちす)ぎて
037(やうや)此処(ここ)()きにけり
038木枯(こがらし)(すさ)(ふゆ)()
039四辺(あたり)(さび)しき(たび)(そら)
040(にはか)()()銀世界(ぎんせかい)
041見渡(みわた)(かぎ)りキラキラと
042(ちり)もとめざる(なが)めなり
043(この)光景(くわうけい)()るにつけ
044(おも)(いだ)すは()(なか)
045(いつは)(おほ)有様(ありさま)
046百千万(ももちよろづ)罪科(つみとが)
047(けが)れを(はら)(つつ)みつつ
048表面(うはべ)(かざ)白雪(しらゆき)
049(あい)もなければ(ねつ)もなき
050冷酷(れいこく)無残(むざん)()(さま)
051暴露(ばくろ)せるこそ(うた)てけれ
052浮木(うきき)(もり)(たむろ)せる
053ランチ将軍(しやうぐん)片彦(かたひこ)
054(その)(ほか)(もも)軍人(いくさ)(たち)
055体主霊従(たいしゆれいじう)悪念(あくねん)
056()られて魔神(まがみ)部下(ぶか)となり
057至聖(しせい)至上(しじやう)天国(てんごく)
058()(ひび)きたる斎苑館(いそやかた)
059(かみ)聖場(せいぢやう)(はふ)らむと
060(もも)(いくさ)(ひき)つれて
061(すす)()くこそ(うた)てけれ
062(われ)片彦(かたひこ)将軍(しやうぐん)
063一度(いちど)秘書(ひしよ)となりつれど
064(まこと)(みち)(まなこ)()
065仁慈無限(じんじむげん)大神(おほかみ)
066(こころ)復活(ふくくわつ)せし(うへ)
067如何(いか)でか(まが)(まじ)はらむ
068いざ(これ)よりは松彦(まつひこ)
069(こころ)(かぎ)()(きは)
070真心(まごころ)(ささ)げて片彦(かたひこ)
071ランチ将軍(しやうぐん)(その)(ほか)
072(まが)(くも)りし身魂(みたま)をば
073大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)
074(その)光明(くわうみやう)()らしつつ
075天国(てんごく)浄土(じやうど)(みちび)きて
076(かみ)(をしへ)(つかさ)たる
077(その)本分(ほんぶん)(つく)すべし
078あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
079(いづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
080(みづ)御霊(みたま)御前(おんまへ)
081真心(まごころ)こめて()(まつ)
082朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
083(つき)()つとも()くるとも
084仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
085(やま)()(うみ)はあするとも
086(かみ)(ささ)げし(この)身体(からだ)
087如何(いか)でか(いのち)()しまむや
088道理(ことわり)()らぬ()(ひと)
089猪武者(ゐのししむしや)()はば()
090仮令(たとへ)痴呆(ちはう)(そし)るとも
091(わが)真心(まごころ)何処(どこ)までも
092(つらぬ)(とほ)(くは)(ゆみ)
093ひきて(かへ)らぬ(この)意気地(いくぢ)
094(この)()男子(だんし)(うま)()
095現在(げんざい)(てき)()(まへ)
096(なが)めて看過(かんくわ)()べけむや
097昨日(きのふ)(かは)今日(けふ)(そら)
098(こころ)にかかる村雲(むらくも)
099まだ()れやらぬ()(きみ)
100(いま)何処(いづく)()はすらむ
101(また)竜公(たつこう)如何(いか)にして
102(わが)()(きみ)(おん)(ため)
103(つく)()らむか、それさへも
104(こころ)もとなき(ふゆ)(そら)
105(たづ)ぬる(よし)もなき()れて
106()()(まよ)(わが)一行(いつかう)
107(みちび)(たま)天津神(あまつかみ)
108国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
109(わが)()(きみ)御前(おんまへ)
110一時(いちじ)(はや)片時(かたとき)
111(すす)ませ(たま)惟神(かむながら)
112(かみ)御前(みまへ)()(まつ)る』
113(うた)ひつつ(すす)(きた)るのは松彦(まつひこ)である。114五三公(いそこう)(また)(うた)ふ。
115(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
116神霊界(しんれいかい)()ふも(さら)
117現実界(げんじつかい)天地(あめつち)
118(その)経綸(けいりん)司宰者(しさいしや)
119(えら)まれ()でしものなれば
120(ひと)(この)()(もと)(おや)
121国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
122神言(みこと)(まま)(かしこ)みて
123(あい)(ぜん)との(とく)()
124(まこと)信仰(しんかう)(はげ)みつつ
125天津御神(あまつみかみ)(たま)ひてし
126一霊四魂(いちれいしこん)をよく(みが)
127忍耐力(にんたいりよく)養成(やうせい)
128(ひと)(した)しみ(また)(ひと)
129(めぐ)(たす)けつ(かみ)のため
130世界(せかい)のために真心(まごころ)
131(つく)して(この)()生神(いきがみ)
132堅磐常磐(かきはときは)(つか)()
133(うづ)身魂(みたま)(さと)るべし
134仮令(たとへ)天地(てんち)(かへ)るとも
135(まこと)(ひと)つの大道(おほみち)
136天地(てんち)(ひら)けし(はじ)めより
137億兆年(おくてうねん)(すゑ)までも
138堅磐常磐(かきはときは)(いは)(ごと)
139(けつ)して(うご)くものでなし
140吾等(われら)(かみ)をよく(あい)
141(かみ)(めぐ)みに(ひた)りつつ
142(ただ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
143(かみ)より(きた)()(みが)
144宇宙(うちう)道理(だうり)をよく(さと)
145(この)()(ひと)(うま)れたる
146(その)天職(てんしよく)(つく)さずば
147(この)()()りて霊界(れいかい)
148(いた)りし(とき)精霊(せいれい)
149伊吹戸主(いぶきどぬし)(さば)かれて
150(たちま)(くだ)地獄道(ぢごくだう)
151()(おそ)ろしき暗界(あんかい)
152顛落(てんらく)するは必定(ひつぢやう)
153かくも身魂(みたま)(けが)しなば
154吾等(われら)(つく)りし祖神(おやがみ)
155(たい)して(なん)()あるべき
156日毎(ひごと)夜毎(よごと)村肝(むらきも)
157(こころ)(きた)(きも)()
158(よし)(あし)とを(かへり)みて
159(かみ)(たま)ひし恩恵(おんけい)
160うつかり()つる(こと)(なか)
161かかる境遇(きやうぐう)(おちい)らば
162天地(てんち)(つく)(たま)ひたる
163(かみ)(たい)して(かう)ならず
164(わが)()(はじ)子孫(しそん)まで
165曲津(まがつ)(むれ)()()みて
166(ちり)(あくた)同様(どうやう)
167(みづか)世界(せかい)(とほ)ざかり
168百千万(ももちよろづ)罪業(ざいごふ)
169(あつ)むる()とぞなりぬべし
170(かへり)(たま)諸人(もろびと)
171(われ)言霊別(ことたまわけ)(かみ)
172天教山(てんけうざん)(あら)はれし
173木花姫(このはなひめ)生魂(いくみたま)
174此処(ここ)二神(にしん)相議(あひはか)
175(こころ)(きよ)精霊(せいれい)
176(みた)して五三公(いそこう)(たい)()
177(こころ)(くも)れる人々(ひとびと)
178神霊界(しんれいかい)光明(くわうみやう)
179()らし(すく)はむそのために
180此処(ここ)まで(したが)(きた)りけり
181あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
182(かみ)()さしの神業(かむわざ)
183一段落(いちだんらく)なりぬれば
184(われ)(これ)より()(へん)
185火光(くわくわう)となりて斎苑館(いそやかた)
186皇大神(すめおほかみ)御舎(みあらか)
187(かへ)りて(みこと)御前(おんまへ)
188(こころ)(たひら)(やす)らかに
189大神業(だいしんげふ)(つか)へなむ
190いざいざさらば、いざさらば
191治国別(はるくにわけ)竜公(たつこう)
192(ほど)なく面会(めんくわい)するならむ
193(その)(とき)(なんぢ)松彦(まつひこ)
194五三公(いそこう)(いま)有様(ありさま)
195完全(うまら)委曲(つばら)(つた)へてよ
196()伝言(でんごん)()くならば
197治国別(はるくにわけ)竜公(たつこう)
198さもありなむと(くび)かたげ
199さこそあらむと(よろこ)んで
200皇大神(すめおほかみ)神徳(しんとく)
201(たちま)感謝(かんしや)するならむ
202松彦(まつひこ)(はじ)万公(まんこう)
203(その)(ほか)(もも)信徒(まめひと)
204随分(ずゐぶん)(まめ)(いさぎよ)
205(たふと)(かみ)神業(しんげふ)
206(こころ)(きよ)めて(つか)へませ
207(いよいよ)(これ)にて(わか)れなむ
208あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
209御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
210(うた)(をは)ると(とも)五三公(いそこう)姿(すがた)(けむり)(ごと)()えて(しま)つた。211松彦(まつひこ)(はじ)一同(いちどう)(この)不思議(ふしぎ)なる出来事(できごと)にアフンとして、212五三公(いそこう)大光団(だいくわうだん)となつて(かへ)()大空(おほぞら)打眺(うちなが)め、213途上(とじやう)立止(たちど)まり拍手(はくしゆ)して(その)英姿(えいし)(なみだ)ながらに(をが)みつつあつた。
214 万公(まんこう)(また)(うた)ふ。
215不思議(ふしぎ)(こと)出来(でき)()
216こりや(また)(なん)とした(こと)
217(わが)友達(ともだち)(おも)うてゐた
218五三公(いそこう)さまは()(かみ)
219(にはか)(けむり)変化(へんくわ)して
220斎苑(いそ)(やかた)(かへ)るとて
221イソイソ()げて()によつた
222さはさりながら五三公(いそこう)
223(かは)つた(やつ)(おも)うて()
224折角(せつかく)此処(ここ)までついて()
225拍子(ひやうし)()けた吾々(われわれ)
226途中(とちう)見捨(みす)てて(かへ)るとは
227合点(がてん)()かぬ(ひと)だなア
228浮木(うきき)(もり)敵軍(てきぐん)
229(こは)うてマサカ()げたとは
230(おも)はれぬけれど肝腎(かんじん)
231戦場(せんぢやう)乗込(のりこ)()ながらも
232()げて()ぬとは(なさけ)ない
233(これ)(おも)へば()(きみ)
234治国別(はるくにわけ)(つかさ)まで
235(なん)だか(あや)しうなつて()
236バラモン(けう)(あきら)めて
237三五教(あななひけう)鞍替(くらが)へを
238(あそ)ばしました(まつ)さまも
239さぞや本意(ほい)ない(こと)だらう
240晴公(はるこう)さまも山口(やまぐち)
241(もり)親子(おやこ)(めぐ)()
242(ほこら)(もり)玉国(たまくに)
243(わけ)(みこと)御前(おんまへ)
244スタスタ(かへ)()つた(あと)
245五三公(いそこう)さまを(ちから)とし
246此処(ここ)まで(すす)()たものを
247こんな(ところ)()げられちや
248如何(どう)やら心細(こころぼそ)うなつた
249松彦(まつひこ)さまはバラモンの
250(いくさ)(つか)へし秘書(ひしよ)(やく)
251アク、タク、テクも(また)矢張(やは)
252バラモン(けう)残党(ざんたう)
253(とら)()さまはウラナイの
254(をしへ)(みち)()()かし
255ヤツと改心(かいしん)した(うへ)
256此処(ここ)(まで)ついては()たものの
257何時(なんどき)(かは)るか(わか)らない
258(これ)をば(おも)(かれ)(おも)
259(ふか)思案(しあん)(めぐ)らせば
260ほんに危険(きけん)()(うへ)
261コレコレ松彦(まつひこ)宣伝使(せんでんし)
262貴方(あなた)(かぎ)つて別条(べつでう)
263あるまいけれどヒヨツと(また)
264片彦(かたひこ)さまに(めぐ)()
265三五熱(あななひねつ)冷却(れいきやく)
266もとの(さや)へと逆戻(ぎやくもど)
267なさつちや(かみ)()まないぞ
268(てん)(あざむ)(わが)(たま)
269(あざむ)(やう)になつたなら
270(その)(とき)貴方(あなた)()()てぞ
271(けつ)して変心(へんしん)せぬ(やう)
272万公(まんこう)忠告(ちうこく)(つかまつ)
273こんな(こと)をば()つたとて
274(けつ)して(おこ)つて(くだ)さるな
275(みち)(おも)ひお(まへ)をば
276大切(だいじ)(おも)ふばつかりと
277老婆心(らうばしん)かは()らねども
278一寸(ちよつと)苦言(くげん)(てい)します
279(ついで)にお(とら)()アさまよ
280(まへ)(しつか)りなさいませ
281蠑螈別(いもりわけ)やお(たみ)さま
282もしも途中(とちう)()うたなら
283(また)持病(ぢびやう)再発(さいはつ)
284(くち)(くるま)()せられて
285焼木杭(やけぼくくひ)()がついた
286(やう)不都合(ふつがふ)のない(やう)
287一言(ひとこと)注意(ちゆうい)(くは)へます
288それにつづいてアク、テクや
289タクの三人(みたり)()をつけよ
290一旦(いつたん)(をとこ)(くち)()
291三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
292信仰(しんかう)しますと()つた(うへ)
293何処々々(どこどこ)までも真心(まごころ)
294()(つらぬ)いて大神(おほかみ)
295(きよ)(たふと)神業(しんげふ)
296(つか)へまつれよ惟神(かむながら)
297(かみ)(ちか)ひて万公(まんこう)
298五人(ごにん)(かた)()をつける
299あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
300御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
301 ()(うた)(きた)(をり)しも、302浮木(うきき)(もり)陣営(ぢんえい)入口(いりぐち)俄造(にはかづく)りの物見櫓(ものみやぐら)()についた。303よくよく()れば物見櫓(ものみやぐら)近傍(きんばう)はバラモン(ぐん)兵卒(へいそつ)(あり)(やま)(きづ)いた(ごと)く、304右往左往(うわうさわう)()(めぐ)りながら(わめ)(さけ)(その)(こゑ)は、305一行(いつかう)(みみ)(なん)となく(きび)しく(こた)へた。306松彦(まつひこ)一行(いつかう)敵軍(てきぐん)(なか)とは()ひながら、307只事(ただごと)ならじ、308(あるひ)治国別(はるくにわけ)遭難(さうなん)(あら)ずやと(こころ)(こころ)ならず、309(てき)陣中(ぢんちう)(もの)ともせず、310物見櫓(ものみやぐら)(ふもと)()して(あし)(まか)せて(かけ)()く。
311大正一二・一・一四 旧一一・一一・二八 北村隆光録)