霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 篇:前付 よみ:
章:第51巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年01月25日(旧12月9日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
人間はその内分において、至聖至美至善の天界すなわち高天原に向かい、その外分においては地獄界に向かっているものであることは、すでに述べた。ゆえに人間は、常に神の光に背いては、決してその人格を保つことはできない。
本巻物語の主人公たる高姫は、小北山の聖場に至って自己に憑依する兇霊のために誤られ、また兇霊界の妖魅である妖幻坊のためにたぶらかされて熱狂的暴動を敢行する。しかし神威に当てられて逃れ、妖幻坊と共に怪志の森に落ち延びる。そして妖幻坊が紛失した曲輪の玉を、小北山の役員初公と徳公に命じて奪還させようとする。
また浮木の森において妖幻坊の魔法に欺かれて種々の狂態を演じるところ、いったん三五教に帰順した元バラモン軍のランチ、片彦が、高姫が化相した初花姫に誘惑されて苦悶の淵に沈むところ、ケース、初公、徳公が狸のために裸体となって相撲を取らされる悪夢等、波乱重畳の面白き物語である。
読者は一片の滑稽的小説と見ることなく、意をひそめて通読あらんことを願う。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm510002
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第9輯 265頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 人間(にんげん)はその内分(ないぶん)(おい)至聖(しせい)至美(しび)至善(しぜん)天界(てんかい)(すなは)高天原(たかあまはら)(むか)ひ、002その外分(ぐわいぶん)(おい)ては地獄界(ぢごくかい)(むか)つて()るものである(こと)(すで)(すで)()べた(ところ)であります。003(ゆゑ)人間(にんげん)(つね)(かみ)(ひか)りに(そむ)いては(けつ)してその人格(じんかく)(たも)(こと)出来(でき)ませぬ。004本巻物語(ほんくわんものがたり)主人公(しゆじんこう)たる高姫(たかひめ)小北山(こぎたやま)聖場(せいぢやう)(いた)りて、005自己(じこ)憑依(ひようい)せる兇霊(きようれい)のために(あやま)られ、006(また)兇霊界(きようれいかい)妖魅(えうみ)なる妖幻坊(えうげんばう)(よく)のために(たぶら)かされて熱狂的(ねつきやうてき)暴動(ばうどう)敢行(かんかう)し、007神威(しんゐ)()てられ()(もつ)(まぬが)れ、008妖幻坊(えうげんばう)(とも)怪志(あやし)(もり)()()び、009妖幻坊(えうげんばう)遺失(ゐしつ)したる曲輪(まがわ)(たま)を、010反逆者(はんぎやくしや)なる小北山(こぎたやま)役員(やくゐん)011初公(はつこう)012徳公(とくこう)(めい)じ、013文助(ぶんすけ)()より奪還(だつくわん)せしむる場面(ばめん)より、014浮木(うきき)(もり)(おい)妖幻坊(えうげんばう)魔法(まはふ)(あざむ)かれ種々(しゆじゆ)狂態(きやうたい)(えん)ずる(ところ)より、015一旦(いつたん)三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)したるバラモン(ぐん)のランチ、016片彦将軍(かたひこしやうぐん)が、017高姫(たかひめ)化相(けさう)せる初花姫(はつはなひめ)誘惑(いうわく)されて苦悶(くもん)(ふち)(しづ)むところより、018ケース、019初公(はつこう)020徳公(とくこう)(たぬき)のために裸体(らたい)となつて角力(すまう)()らせらるる悪夢(あくむ)(とう)021波瀾重畳(はらんちようでふ)面白(おもしろ)物語(ものがたり)であります。022読者(どくしや)一片(いつぺん)滑稽的(こつけいてき)小説(せうせつ)()ることなく、023()(ひそ)めて通読(つうどく)あらむことを(ねが)ひます。
024   大正十二年一月廿七日   於天城山麓 王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)