霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 日出前(ひのでまへ)〔一三八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第1篇 神授の継嗣 よみ:しんじゅのけいし
章:第2章 第54巻 よみ:ひのでまえ 通し章番号:1388
口述日:1923(大正12)年02月21日(旧01月6日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
松彦たち三人は、深山を踏み分けて刹帝利の王子・王女たちが隠れ住んでいる洞窟にやって来た。オークスとダイヤは、松彦たちがビク国王子奉迎の旗をかざしているのを見て、父王が自分たちを捕えに寄越した捕り手かもしれないと警戒した。
そこへ兄王子たちが帰ってきた。兄王子たちは、松彦たちがビクトリヤ城からやってきたと知ると、問答無用で槍を構えて突いてかかった。三人は大木の幹を盾にして天津祝詞を奏上した。すると兄王子たち四人は身体しびれ、その場に倒れてしまった。
長兄のアールは、体がしびれながらも松彦たちを父の捕り手だとみなして口で抵抗している。松彦は千言万語を尽くして、現在のビクトリヤ城の様子や、刹帝利の改心の様を説きたてた。
四人の王子はやっと安心した様子であった。六人の王子と王女は、松彦の言を聞いて兄妹会議を開くことになった。松彦たちは四五十間ばかりかたわらの山腹に退き、六人は相談を開始した。
喧々諤々の会議の結果、六人は松彦たちを警戒しながらも信用することとし、ビクトリヤ城への帰還を決めた。六人の王子・王女たちは、松彦、竜彦、万公に導かれ、まずはビク国の治国別の館に人知れず帰還することになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5402
愛善世界社版:23頁 八幡書店版:第9輯 627頁 修補版: 校定版:21頁 普及版:10頁 初版: ページ備考:
001治国別(はるくにわけ)命令(めいれい)
002ビクトリア(わう)御子達(みこたち)
003照国岳(てるくにだけ)山谷(さんこく)
004(たづ)ねて(むか)(かへ)らむと
005(やかた)(あと)竜彦(たつひこ)
006(うれ)しき便(たよ)りを松彦(まつひこ)
007万公司(まんこうつかさ)(ともな)ひて
008(おと)名高(なだか)きビクトリア
009山野(さんや)(わた)(たに)()
010(ましら)(こゑ)におどされつ
011(いは)()()()()みさくみ
012(すべ)足許(あしもと)(あやふ)くも
013木々(きぎ)(こずゑ)(つか)まへて
014(みち)なき(みち)辿(たど)()
015荊蕀(けいきよく)(しげ)(やま)(なか)
016アール、イースや(ほか)四人(よにん)
017(ひそ)土窟(いはや)にやうやうと
018(いき)もスタスタ()きにけり。
019 オークス、020ダイヤの二人(ふたり)土窟(いはや)入口(いりぐち)()なたぼつこりをして、021(けだもの)(かは)()したり、022洗濯(せんたく)をしたりして、023(かわ)くのを()つてゐた。024(たちま)三人(さんにん)姿(すがた)()るより、025(おどろ)きの(まなこ)(みは)り、026山刀(やまがたな)()にして、027何者(なにもの)襲来(しふらい)かと身構(みがま)へした。028よくよく()れば、029刹帝利(せつていり)御子(おんこ)奉迎(ほうげい)』といふ手旗(てばた)(おのおの)(かざ)してゐる。030オークスは双手(もろて)()んで、031(しば)思案(しあん)にくれてゐたが、032(こころ)(なか)(おも)ふやう、
033オークス『あの手旗(てばた)には自分(じぶん)(たち)(むか)へに()たやうに(しる)してあるが、034(ちち)()ひ、035近侍(きんじ)頑固連(ぐわんこれん)自分(じぶん)(たち)所在(ありか)(さぐ)り、036奉迎(ほうげい)(いつ)はつて、037召捕(めしと)らへに()たのではあるまいか。038(これ)はウツカリ名乗(なの)(わけ)には()かぬ』
039(こころ)(さだ)め、040(いもうと)のダイヤに目配(めくば)せした。041ダイヤはオークスの意思(いし)(はや)くも(さと)り、042さあらぬ(てい)にて細谷川(ほそたにがは)(みづ)をいぢり、043あどけない(てい)にて、044ワザとに(あそ)んでゐた。045そこへ近付(ちかづ)いたのは(むか)ひの三人(さんにん)046松彦(まつひこ)両手(りやうて)をついて、
047松彦(まつひこ)一寸(ちよつと)(たづ)(いた)します。048貴方(あなた)は、049ビクトリア(じやう)刹帝利様(せつていりさま)のお子様(こさま)では(ござ)いませぬか』
050 オークスはワザと空呆(そらとぼ)けて、
051オークス『(おれ)(この)(やま)(むかし)から住居(ぢうきよ)をしてをる山男(やまをとこ)だ。052そんな(たふと)(もの)ではない。053(この)(たに)には左様(さやう)(かた)一人(ひとり)もみえたことはないから、054(ほか)(たづ)ねて(もら)ひたいものだなア』
055松彦(まつひこ)『ヤ、056(なん)(おほ)せられましても、057貴方(あなた)はお子様(こさま)間違(まちがひ)ありませぬ。058サ、059何卒(どうぞ)(わたくし)一緒(いつしよ)城内(じやうない)までお(かへ)(くだ)さいませ。060キツと貴方(あなた)のお(ため)(わる)(こと)(いた)しませぬ』
061 ダイヤは(そば)()つて()て、
062ダイヤ『どこの(かた)()りませぬが、063(わたし)はここに二人(ふたり)夫婦暮(ふうふぐら)しをしてゐる山男(やまをとこ)山女(やまをんな)(ござ)います。064(けつ)して左様(さやう)(もの)ぢやありませぬから、065(ほか)をお(たづ)(くだ)さいませ』
066松彦(まつひこ)(なん)(おほ)せられても、067吾々(われわれ)()では刹帝利様(せつていりさま)御子女(ごしぢよ)(ちが)ひはありませぬ。068左様(さやう)(こと)(おほ)せられずに、069吾々(われわれ)(まを)(とほ)りに城内(じやうない)御帰(おかへ)りを(ねが)ひたい』
070ダイヤ『ホホホホ(なん)とマア(わか)らぬ(ひと)だこと、071木樵(きこり)(むすめ)堕落(だらく)して、072(むら)(をとこ)()()()つて、073斯様(かやう)(ところ)()(きた)り、074山男(やまをとこ)山女(やまをんな)となつて、075(こひ)(あぢ)はつてゐるのに、076(おそ)(おほ)くも刹帝利様(せつていりさま)(むすめ)だなどとは、077勿体(もつたい)ない(ばち)(あた)りますぞや。078(わたし)左様(さやう)(たふと)(かた)(むすめ)なれば、079どうしてこんな(ところ)()()ませうか、080(たれ)がこんな不便(ふべん)山住居(やまずまゐ)(いた)しませうか。081よく(かんが)へて御覧(ごらん)なさいませ』
082松彦(まつひこ)貴女(あなた)(いま)083ここへ(をとこ)駆落(かけおち)をしたと仰有(おつしや)るが、084比較的(ひかくてき)(からだ)(おほ)きうても、085まだお(とし)十才(じつさい)十一才(じふいつさい)(ぐらゐ)にしか()えませぬ。086そんな(こと)()つたつて、087(この)松彦(まつひこ)(だま)されませぬよ。088刹帝利様(せつていりさま)大変(たいへん)後悔(こうくわい)(あそ)ばして、089六人(ろくにん)子女(しぢよ)恋慕(こひした)ひ……あああの(とき)悪神(あくがみ)誑惑(けうわく)されて()つたのだ。090追々(おひおひ)(とし)はよつてくるなり、091あの六人(ろくにん)子女(しぢよ)()つてくれたらどれ(だけ)(うれ)しいだらう……と、092朝夕(あさゆふ)(くや)みなさるので、093新参者(しんざんもの)吾々(われわれ)が、094王様(わうさま)命令(めいれい)()けてお(むか)ひに(まゐ)りました、095(なん)とお(かく)しなされましても間違(まちが)ひありませぬ、096そして四人(よにん)御兄弟(ごきやうだい)はどちらへお()でになりました。097何卒(どうぞ)それを御知(おし)らせ(ねが)ひたいものです』
098オークス『(けつ)して(けつ)して、099(なん)仰有(おつしや)つても、100左様(さやう)(もの)ぢや(ござ)いませぬ。101(ほか)(たづ)ねて(くだ)さいませ』
102()つてる(ところ)四人(よにん)(あに)(いのしし)(かつ)いで、103きつい谷路(たにみち)(くだ)つて()た。104(あま)足元(あしもと)()()られて()つたので、105三人(さんにん)此処(ここ)()弟妹(きやうだい)(はなし)をしてるのに()がつかなかつた。106入口(いりぐち)(まへ)(しし)()ろし、107(あせ)(ぬぐ)(ぬぐ)ひ、108三人(さんにん)(をとこ)地上(ちじやう)平伏(へいふく)してるのを()て、109四人(よにん)(おどろ)いた。
110 アールはオークスに(むか)ひ、
111アール『オイ、112此処(ここ)()てゐる三人(さんにん)(をとこ)何者(なにもの)だ』
113オークス『ビクトリア(じやう)刹帝利様(せつていりさま)から、114(むか)へに()たのだ。115貴方(あなた)(その)御子女(ごしぢよ)(ちが)ひないからお(むか)ひに()たのだ……と()つて()かないのですよ。116親方(おやかた)()(いた)しませうかね』
117アール『どうも()うもない、118吾々(われわれ)規定(きてい)(どほ)実行(じつかう)すれば()いぢやないか』
119オークス『それは一寸(ちよつと)()つて(いただ)きたう(ござ)います』
120アール『ナニ、121グヅグヅしてゐると発覚(はつかく)する(おそれ)がある、122此奴等(こいつら)三人(さんにん)をやつつけて(しま)へ』
123()ふより(はや)一同(いちどう)兄弟(きやうだい)目配(めくば)せした。124一同(いちどう)猪突槍(ゐつきやり)()つて、125(もの)をも()はず三人(さんにん)()いてかかる。126オークス、127ダイヤの両人(りやうにん)双方(さうはう)(なか)()つて()り、
128(にい)さま()つて(くだ)さい……お(にい)さま(しばら)く』
129両人(りやうにん)制止(せいし)するを()かばこそ、130四人(よにん)(あに)は、
131『エエ邪魔(じやま)ひろぐと(その)(はう)犠牲(ぎせい)にするぞ』
132()(なが)ら、133バラバラと三人(さんにん)(かこ)んだ。134三人(さんにん)大木(たいぼく)(みき)(たて)()り、135天津祝詞(あまつのりと)一生懸命(いつしやうけんめい)奏上(そうじやう)するや、136(たけ)(くる)うた四人(よにん)身体(しんたい)(しび)れ、137(その)()にドツト尻餅(しりもち)()いた。138そして(くび)(ばか)()つてゐる。
139アール『(その)(はう)吾々(われわれ)六人(ろくにん)刹帝利(せつていり)(むか)へと(いつは)り、140(うま)城内(じやうない)につれ(かへ)り、141生命(せいめい)(うば)はむとの(たく)みであらう。142左様(さやう)(こと)()()けて、143うまうまと計略(けいりやく)()(やう)吾々(われわれ)でない。144(はや)(かへ)つたがよからう』
145手足(てあし)(うご)かぬくせに流石(さすが)刹帝利(せつていり)(たね)(だけ)あつて、146気丈夫(きぢやうぶ)なものである。147松彦(まつひこ)は、148千言万語(せんげんまんご)(つひや)して、149刹帝利(せつていり)真心(まごころ)(あるひ)はホーフス(宮中(きうちう))の様子(やうす)細々(こまごま)()()てた。150四人(よにん)(やうや)くにしてヤツと安心(あんしん)した。
151アール『それに間違(まちがひ)なくば、152吾々(われわれ)兄妹(きやうだい)(ここ)でラートを(ひら)き、153(その)結果(けつくわ)御返事(ごへんじ)(いた)しませう。154少時(しばら)御猶予(ごいうよ)(ねが)ふ』
155松彦(まつひこ)『ヤ、156早速(さつそく)御承知(ごしようち)157可成(なるべく)(はや)くラートをお(ひら)きの(うへ)158吾々(われわれ)一緒(いつしよ)にホーフスへ御帰(おかへ)(くだ)さいませ』
159アール『(しか)らば(しばら)くここを(とほ)ざかつて(もら)ひたい、160(けつ)して()げも(かく)れも(いた)しませぬ』
161 松彦(まつひこ)は『(よろ)しい』と四五十間(しごじつけん)(ばか)(かたはら)山腹(さんぷく)退(しりぞ)き、162六人(ろくにん)様子(やうす)監視(かんし)してゐた。163六人(ろくにん)(こゑ)(ひそ)めて、164相談会(さうだんくわい)(ひら)いた。
165アール『オイ、166(おとうと)167前達(まへたち)はどう(おも)ふか。168あの三人(さんにん)(ちち)家来(けらい)だと()つたが、169どうも(からだ)様子(やうす)(かんが)へてみると、170モンク(修道師(しうだうし))の(やう)だ。171あんな(こと)()つて、172(ちち)(めい)()吾々(われわれ)兄妹(きやうだい)此処(ここ)にゐる(こと)(おそ)れて、173(うま)くゴマかし、174()(かへ)り、175牢獄(らうごく)へブチ()(かんが)へではあるまいか、176ここは余程(よほど)(かんが)へねばなるまいぞ』
177イース『あれは(けつ)してモンクではありますまい。178(ちち)(めい)()けてやつて()たグレナジアーでせう。179さうでなければ、180吾々(われわれ)猪武者(いのししむしや)六人(ろくにん)()(ところ)へ、181(ただ)三人(さんにん)(ぐらゐ)()られるものぢやありませぬワ』
182オークス『兄上様(あにうへさま)のお(かんが)へも一応(いちおう)(もつと)(なが)ら、183(わたし)夜前(やぜん)(ゆめ)()ましたのには、184(ある)(たふと)神様(かみさま)のプロパガンデストが三人(さんにん)吾々(われわれ)をホーフスへ(むか)(かへ)り、185大切(たいせつ)にしてくれる(こと)をみましたが、186(ゆめ)(こと)だから(あて)にならないと(おも)うて、187(じつ)(ところ)はお(はなし)もせずに()つたのです。188そした(ところ)(ゆめ)にみたと同様(どうやう)のモンクがやつて()ました。189キツと間違(まちが)ひありますまい。190そんな(こと)仰有(おつしや)らずに三人(さんにん)(したが)つて(かへ)らうぢやありませぬか、191(ちち)老年(らうねん)(およ)び、192余程(よほど)()(よわ)つて()りませうから、193滅多(めつた)(こと)(ござ)いますまい』
194アース『あれ(だけ)頑固(ぐわんこ)迷信(めいしん)(ふか)父上(ちちうへ)だから、195(なん)とも安心(あんしん)する(わけ)には()くまい。196のうウエルス、197(まへ)()(おも)ふか』
198ウエルス『ハイ、199(わたし)(かんが)へでは、200どうも(あた)(まへ)人間(にんげん)とは(おも)ひませぬ。201(また)(ちち)命令(めいれい)()たのとも(かんが)へませぬ。202妖幻坊(えうげんばう)といふモンスターが(この)(へん)徘徊(はいくわい)するといふ(こと)は、203(むかし)から()いて()りますが、204其奴(そいつ)()けて()たのではありますまいか。205ホーフスだと(おも)うて泥田(どろた)(なか)へでも()()まれるやうな(こと)はありますまいかな。206コレヤ、207うつかりして()つたら、208どんな()()ふか()れませぬぞ』
209アース『ヤ、210(けつ)してモンスターではあるまい。211()(かく)(あやふ)きに(ちか)よらずと()(こと)があるから、212ここで(あた)(かぎ)りの抵抗(ていかう)(こころ)み、213どうしてもゆかねば住家(すみか)()へるより、214仕様(しやう)がないぢやないか』
215エリナン『兄上(あにうへ)申上(まをしあ)げます。216(わたし)はどう(かんが)へても、217彼等(かれら)三人(さんにん)妖怪(えうくわい)でもなければ悪人(あくにん)でもない、218オークスの()つた(やう)に、219(ちち)改心(かいしん)結果(けつくわ)吾々(われわれ)(むか)へに()てくれた(もの)(かんが)へます。220取越苦労(とりこしくらう)をせずに、221()(かく)()いて()つたら如何(どう)でせう。222(あや)しとみたら(また)(その)(とき)処置(しよち)()れば()いぢやありませぬか』
223ダイヤ『五人(ごにん)(にい)さま、224(わたし)はどうもあの(かた)本当(ほんたう)だと(おも)ひます。225一層(いつそう)(こと)226(かへ)らうぢやありませぬか』
227 アールは(おも)()つて、
228『エエ(こは)(ところ)()かねば熟柿(じゆくし)はくへぬと()(こと)だ、229(うん)(てん)(まか)して(かへ)ることにしようかい。230(しか)(なが)らヒルナ(ひめ)とやら()ふハイエナ・イン・ベテコーツが(ひか)へてゐるから、231余程(よほど)()をつけて(かへ)らなくてはなるまいぞ。232サア(おも)()つて(かへ)(こと)にしよう』
233といよいよ評議(ひやうぎ)一決(いつけつ)して、234三人(さんにん)手招(てまね)きした。235三人(さんにん)(よろこ)んで六人(ろくにん)(まへ)()(きた)り、
236松彦(まつひこ)『いよいよ御帰(おかへ)りと決定(けつてい)した様子(やうす)(ござ)います。237吾々(われわれ)大慶(たいけい)(ぞん)じます。238サ、239(かへ)りませう。240(さつ)しの(とほ)り、241拙者(せつしや)三五教(あななひけう)のプロパガンデストで(ござ)います。242(じつ)(ところ)はビクトリア(じやう)右守司(うもりのかみ)のベルツの(ため)(ほとん)落城(らくじやう)せむとする間際(まぎは)に、243(わが)()(きみ)治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)吾等(われら)をつれて(あら)はれ、244(すく)(まを)し、245城内(じやうない)(やや)小康(せうかう)()(ところ)(ござ)います。246刹帝利様(せつていりさま)貴方方(あなたがた)(いのち)()らむとした(こと)非常(ひじやう)後悔(こうくわい)して、247吐息(といき)()らしてお(なげ)(あそ)ばしたので、248(わが)()(きみ)が、249貴方(あなた)(がた)がここにゐられる(こと)看破(かんぱ)し、250刹帝利様(せつていりさま)にお(はなし)になつて、251吾々(われわれ)(つか)はされたので(ござ)います。252(かなら)御心配(ごしんぱい)(あそ)ばすな、253サ、254(かへ)りませう』
255 (この)言葉(ことば)六人(ろくにん)兄妹(きやうだい)はやつと安心(あんしん)し、256松彦(まつひこ)257竜彦(たつひこ)258万公(まんこう)(あと)(したが)ひ、259八男一女(はちなんいちによ)道連(みちづ)れは(やま)()え、260(たに)(わた)り、261(やうや)くにしてフオール・ゾンネン・アウフ・ガンダの時刻(じこく)治国別(はるくにわけ)(やかた)にソツと(かへ)()たりける。
262大正一二・二・二一 旧一・六 於竜宮館 松村真澄録)