霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 愚恋(ぐれん)〔一四〇一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第4篇 関所の玉石 よみ:せきしょのぎょくせき
章:第15章 愚恋 よみ:ぐれん 通し章番号:1401
口述日:1923(大正12)年02月23日(旧01月8日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:181頁 八幡書店版:第9輯 686頁 修補版: 校定版:183頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎著作集 > 第二巻「変革と平和」 > 第三部 『霊界物語』の思想 > 愚恋
001 晴曇(せいどん)(つね)なき晩秋(ばんしう)(そら)002(つめ)たき(かぜ)裳裾(もすそ)をあふられて、003トボトボとやつて()一人(ひとり)(をとこ)がある。004ここはブルガリオの八衢(やちまた)関所(せきしよ)である。005(れい)(ごと)白赤(しろあか)二人(ふたり)守衛(しゆゑい)厳然(げんぜん)(もん)()つてゐた。006一人(ひとり)(をとこ)何気(なにげ)なく(この)(もん)(くぐ)らむとした。007(あか)守衛(しゆゑい)は、
008(あか)旅人(たびびと)(しばら)()てツ』
009()びとめた。010(をとこ)立止(たちど)まつて、
011(をとこ)『ハイ、012(なん)(よう)(ござ)いますか』
013(あか)(その)(はう)何者(なにもの)だ。014そして姓名(せいめい)名乗(なの)れ』
015(をとこ)『ハイ、016(わたし)自動車(じどうしや)運転手(うんてんしゆ)六助(ろくすけ)(まを)します』
017(あか)『あの有名(いうめい)なカウンテスの悪川鎌子(あしかはかまこ)情夫(じやうふ)だな』
018六助(ろくすけ)左様(さやう)(ござ)います、019それが(また)(なん)(いた)しましたか、020(べつ)貴方(あなた)(がた)にお(とがめ)(かうむ)理由(りいう)毛頭(まうとう)(ござ)いませぬがな』
021(あか)(その)(はう)はここを何処(どこ)心得(こころえ)()る』
022六助(ろくすけ)現界(げんかい)でもなければ、023霊界(れいかい)でもなし、024()んだやうにも(おも)ひますし、025()んでゐないやうだし、026つまり五里霧中(ごりむちゆう)(さま)よつて()ります。027(しか)(なが)(この)途中(とちう)(めう)(うた)()きましたので、028ヤツパリ()んだのではあるまいかと(かんが)へます』
029(あか)『どんな(うた)()いたのだ、030ここで(ひと)()つて()よ』
031六助(ろくすけ)『ハイ、032何卒(どうぞ)(わら)(くだ)さいませぬやうに、033判然(はつきり)(おぼ)えてゐませぬが、034あの(うた)によると()うやら()んだやうで(ござ)います。035そして愛人(あいじん)鎌子(かまこ)(あと)(のこ)つてるやうな()(いた)します』
036(あか)愛人(あいじん)(こと)(たづ)ねて()るのでない、037(うた)()かせといふのだ』
038六助(ろくすけ)『ハイ、039()づザツと()次第(しだい)(ござ)います。
 
040 (いのち)からるる鎌子(かまこ)ぞと
041 ()らぬが(ほとけ)六助(ろくすけ)
042 犬死(いぬじ)にさせたは(たれ)(つみ)
043 親馬鹿(おやばか)子馬鹿(こばか)亭主馬鹿(ていしゆばか)
 
044といふ(やう)(うた)(ござ)いました』
045(あか)親馬鹿(おやばか)046子馬鹿(こばか)六助馬鹿(ろくすけばか)といふのだらう、047本当(ほんたう)にあつたら(いのち)()てて、048(ろく)でもない(こと)をする(やつ)だなア』
049六助(ろくすけ)『どうせ六助(ろくすけ)ですから、050(ろく)(こと)(いた)しますまいて、051(しか)しモ(ひと)つふるつた(やつ)(ござ)います。
 
052 ()なず(とも)よいお(まへ)()んで
053 ()なにやならない(わし)()ねぬ
054 ホンに浮世(うきよ)(まま)ならぬ
055 どしたら(この)()(のが)れようか
056 六助(ろくすけ)さまは(さぞ)やさぞ
057 蓮華(れんげ)(はな)(うてな)にて
058 半座(はんざ)をわけて(わが)()くを
059 ()つて(ござ)るであろ(ほど)
060 いやな亭主(ていしゆ)介抱(かいはう)する
 
061といふ(やう)(うた)道々(みちみち)(きこ)えて()りましたよ。062六助鎌子(ろくすけかまこ)()つたら、063大抵(たいてい)(わたし)(こと)だらうと(かんが)へて()ります』
064(あか)(きさま)主人(しゆじん)(むすめ)左様(さやう)(こと)(いた)して(なん)とも責任(せきにん)(かん)じないのか』
065六助(ろくすけ)(けつ)して(わたし)(わる)(こと)だとは(おも)ひませぬ。066双方(さうはう)納得(なつとく)(うへ)067(しか)(をんな)(はう)から熱烈(ねつれつ)なる情波(じやうは)(おく)られ、068ラブの(あめ)誕生(たんじやう)釈迦(しやか)さま(ほど)()びせかけられ、069()むを()ず……でもなく、070ヘヘヘヘヘ、071つい(うれ)しい(なか)になりました。072(しか)(なが)現代(げんだい)比較的(ひかくてき)愚物(ぐぶつ)(おほ)いので、073……カウンテスに自動車(じどうしや)運転手(うんてんしゆ)などがラブ関係(くわんけい)(むす)ぶとは()しからぬ……などと、074法界悋気(はふかいりんき)(いた)すので、075一層(いつそ)(こと)第二(だいに)世界(せかい)(もと)めて、076両人(りやうにん)仲能(なかよ)理想生活(りさうせいくわつ)(いとな)まむが(ため)077情死(じやうし)(いた)した(ところ)078どうやら鎌子(かまこ)(あと)(のこ)つた(やう)塩梅(あんばい)(ござ)います。079イー、080何時(いつ)(ごろ)鎌子(かまこ)此処(ここ)()るでせうか。081手数(てすう)をかけますが、082一寸(ちよつと)生死簿(せいしぼ)をくつて(くだ)さいますまいか』
083(あか)(きさま)世間(せけん)()づかしいとは(おも)はぬか』
084六助(ろくすけ)(けつ)して()づかしとは(おも)ひませぬ、085(をとこ)として()(くらゐ)名誉(めいよ)はないと心得(こころえ)てゐます。086よく(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。087貴族(きぞく)だとか、088門閥(もんばつ)だとか、089富豪(ふうがう)だとか、090人為的(じんゐてき)階級(かいきふ)(たて)()威張(ゐば)()らしてる、091一方(いつぱう)には没分暁漢(わからずや)があり、092驕慢不遜(けうまんふそん)(やつ)があり、093一方(いつぱう)には泥坊(どろばう)にも(ひと)しき上流社会(じやうりうしやくわい)を、094一生懸命(いつしやうけんめい)尊敬(そんけい)し、095一文(いちもん)御厄介(ごやくかい)にもならぬ貴族(きぞく)(たい)して、096米搗(こめつき)バツタ(よろ)しく、097(あたま)()(こし)()()をふり、098追従(つゐしよう)タラダラ(いた)らざるなき愚痴妄眛(ぐちまうまい)人間(にんげん)(たい)し、099一種(いつしゆ)刺激剤(しげきざい)ともなり、100覚醒剤(かくせいざい)ともなり、101興奮剤(こうふんざい)ともなりませう。102(けつ)して男女(だんぢよ)関係(くわんけい)権門(けんもん)門閥(もんばつ)財産(ざいさん)地位(ちゐ)(ふる)道徳(だうとく)()つて、103左右(さいう)()べきものでないと()標本(へうほん)(しめ)した犠牲者(ぎせいしや)(ござ)いますから、104世間(せけん)人間(にんげん)は、105……(この)六助(ろくすけ)(をとこ)(なか)(をとこ)だ。106大丈夫(だいぢやうぶ)典型(てんけい)だ。107ラブ・イズ・ベストの擁護者(ようごしや)だ。108貴族(きぞく)(たい)する警戒(けいかい)だ……と()つて賞讃(しやうさん)してくれてるでせう。109今回(こんくわい)六助(ろくすけ)行動(かうどう)()つて、110キツと社会(しやくわい)亡者連(まうじやれん)(やや)()()ました(こと)でせう。111貴族(きぞく)だつて、112平民(へいみん)だつて、113運転手(うんてんしゆ)だつて、114(おな)人間(にんげん)です。115思想(しさう)観念(くわんねん)(けつ)して(かは)りはありますまい。116それ(ゆゑ)(わたし)暗黒(あんこく)なる社会(しやくわい)光明(くわうみやう)となつた(かんが)へで(ござ)います』
117(あか)(なん)とマア(えら)権幕(けんまく)だなア。118余程(よほど)娑婆(しやば)教育(けういく)も、119デモクラチツク(くわ)したと()えるワイ』
120六助(ろくすけ)(わたし)恋愛(れんあい)(なや)世間(せけん)男女(だんぢよ)(ため)犠牲(ぎせい)になつたのです。121平民階級(へいみんかいきふ)(むすめ)ならば(すこ)(ばか)自由(じいう)()きますが、122上流階級(じやうりうかいきふ)(むすめ)()ると、123()れは()れは悲惨(ひさん)(もの)(ござ)います。124上流(じやうりう)(むすめ)(ため)(いま)(まで)()ざされたる天国(てんごく)(みち)開鑿(かいさく)した大慈善者(だいじぜんしや)(ござ)います』
125(あか)()(かく)理窟(りくつ)()きにして、126主人(しゆじん)(むすめ)心中(しんちう)せむと(いた)した(その)行動(かうどう)(ゆる)(こと)出来(でき)ぬ。127()()(どく)(なが)色欲道(しきよくだう)地獄(ぢごく)()かねばなるまいぞ』
128六助(ろくすけ)()むに()まれぬ破目(はめ)(おちい)つて、129情死沙汰(じやうしざた)(まで)引起(ひきおこ)したのは、130所謂(いはゆる)社会(しやくわい)強迫(きやうはく)暴虐(ばうぎやく)なる圧制(あつせい)()へかねて決行(けつかう)したのですから、131そこはチツと御推量(ごすゐりやう)(ねが)ひたいものですな』
132(あか)()(かく)伊吹戸主様(いぶきどぬしさま)審判廷(しんぱんてい)事情(じじやう)申述(まをしの)べたがよからう。133サ、134(おく)(とほ)れ、135社会(しやくわい)道徳(だうとく)攪乱者(かくらんしや)()
136()(なが)ら、137ポンと(しり)(たた)いて門内(もんない)へつつ()んだ。138六助(ろくすけ)門内(もんない)にツと立止(たちど)まり、139()をギヨロつかせ(なが)ら、140小声(こごゑ)になつて、
141六助(ろくすけ)(なん)とマア、142何処(どこ)()つても没分暁漢(わからずや)(おほ)(こと)だなア。143八衢(やちまた)守衛(しゆゑい)(まで)俺達(おれたち)のローマンスを羨望嫉妬(せんばうしつと)(あま)り、144ゴテつきやがる。145エエ、146これから審判廷(しんぱんてい)滔々(たうたう)公平(こうへい)議論(ぎろん)をまくし()て、147審判廷(しんぱんてい)空気(くうき)一洗(いつせん)してやらうかい』
148()(なが)ら、149一方(いつぱう)(かた)(たか)くし、150一方(いつぱう)(かた)をさげ、151懐手(ふところで)(なが)ら、152のそりのそりと(すす)()く。
153 (かほ)白粉(おしろい)をペツタリとつけ、154()(たか)一寸(ちよつと)渋皮(しぶかは)()けた二十四五才(にじふしごさい)()ゆる(をんな)が、155シヨナシヨナとやつて()た。156(あか)は、
157(あか)『ハハア此奴(こいつ)ア、158(いま)()つた六助(ろくすけ)のアモリヨーズだなア。159まだ肉体(にくたい)現界(げんかい)にある精霊(せいれい)らしい、160どこ(とも)なしに元気(げんき)がないワ』
161独言(ひとりごと)()(なが)ら、162近付(ちかづ)くのを()つてゐた。163(をんな)()(はな)れた(もん)(しきゐ)(また)げようとした途端(とたん)(しろ)守衛(しゆゑい)大手(おほで)(ひろ)げ、
164(しろ)『モシモシお女中(ぢよちう)165(しばら)くお()ちなさい。166貴方(あなた)此処(ここ)()(ところ)ぢやありませぬ』
167(をんな)(わたし)はアマンの(あと)(した)うて(まゐ)りました(もの)(ござ)います。168何卒(どうぞ)そんな意地(いぢ)(わる)(こと)仰有(おつしや)らずに、169此処(ここ)(とほ)して(くだ)さい』
170(あか)『コレヤ(をんな)171(その)(はう)のネームは(なん)(まを)すか』
172(をんな)『ハイ、173鎌子(かまこ)(まを)します』
174(あか)『ウーン、175さうすると、176カウント悪川不顕正(あしかはふけんせい)(むすめ)だな』
177(をんな)『ハイ、178(さつ)しの(とほ)り、179カウンテスで(ござ)います』
180(あか)(その)(はう)貴族(きぞく)(いへ)(うま)(なが)ら、181世間(せけん)義理(ぎり)(かんが)へず、182祖先(そせん)家名(かめい)をも(かへり)みず、183雇人(やとひにん)六助(ろくすけ)情交(じやうかう)(つう)じ、184道徳(だうとく)(みだ)したあばずれ(をんな)だな』
185鎌子(かまこ)『ホホホホ、186(なん)とマアこれ(だけ)(ひら)けた()(なか)に、187(ふる)(あたま)()つてゐられますなア。188チツと(あたま)のキルクを()いて、189(あたら)しい空気(くうき)注入(ちうにふ)なさいませ』
190(あか)『コレヤ()しからぬ、191豪胆不敵(がうたんふてき)曲者(くせもの)()192(その)(はう)(をつと)のある()(もつ)不義(ふぎ)快楽(けらく)(ふけ)り、193家庭(かてい)(みだ)し、194上流社会(じやうりうしやくわい)名誉(めいよ)(きずつ)けた大罪人(だいざいにん)だ』
195鎌子(かまこ)『ヘーエ、196(わたし)(ろく)さまと密通(みつつう)したのが、197それ(ほど)(つみ)になりますか。198今日(こんにち)()(なか)御覧(ごらん)なさい。199すべて貴婦人(きふじん)といふ(もの)役者(やくしや)()ひ、200(あるひ)情夫(じやうふ)(こしら)へる(ため)夜会(やくわい)といふものが出来(でき)()るのです。201(をんな)交際界(かうさいかい)(はな)ですから、202(はな)にはキツと(てふ)がとまつて()るものです。203今日(こんにち)()(なか)情夫(じやうふ)一人(ひとり)()()たない(やう)(をんな)だつたら、204(けつ)して貴婦人(きふじん)とは()へませぬよ。205活眼(くわつがん)(ひら)いて社会(しやくわい)裏面(りめん)()観察(くわんさつ)して御覧(ごらん)なさい。206(わたし)(ごと)きは恒河(こうが)(すな)(わづか)(その)一粒(いちりう)(あら)はれた(くらゐ)なものです。207こんな(こと)(つみ)になるのならば、208今日(こんにち)社会(しやくわい)全部(ぜんぶ)(つみ)社会(しやくわい)ですよ。209男本位(をとこほんゐ)圧制的(あつせいてき)社会(しやくわい)制度(せいど)根本(こんぽん)改革(かいかく)し、210(いた)ましい(しひた)げられた(をんな)社会(しやくわい)(つく)(ため)犠牲(ぎせい)に、211(わたし)(あらは)れて()たものです。212日々(にちにち)新聞紙(しんぶんし)御覧(ごらん)なさい。213大抵(たいてい)三件(さんけん)五件(ごけん)214(おほ)(とき)には十件(じつけん)(ばか)りも密通沙汰(みつつうざた)情死沙汰(じやうしざた)報道(ほうだう)してゐるぢやありませぬか。215新聞紙上(しんぶんしじやう)(あら)はれる()(なか)出来事(できごと)()ふものはホンの(その)(うち)一小部分(いちせうぶぶん)(かぎ)られてるのです。216それから(かんが)へてみましても、217新聞紙上(しんぶんしじやう)(あらは)れてゐない悲哀(ひあい)なる姦通事件(かんつうじけん)情死沙汰(じやうしざた)(いく)(おこな)はれつつあるか()れますまい。218なぜ()うした(いた)ましい事件(じけん)頻々(ひんぴん)(おこ)るのであらうか。219(この)問題(もんだい)(たい)して何人(なにびと)責任(せきにん)()はねばならぬか、220もし責任(せきにん)()はねばならぬとすれば、221それは(をとこ)でせうか(をんな)でせうか。222()(まで)もなく、223社会(しやくわい)全般(ぜんぱん)責任者(せきにんしや)でなければなりますまい』
224(あか)『さうすると、225(まへ)今度(こんど)不始末事件(ふしだらじけん)も、226社会(しやくわい)()はねばならぬといふのか。227チツと勝手(かつて)理窟(りくつ)ぢやないか』
228鎌子(かまこ)『さうですとも、229よく(かんが)へて御覧(ごらん)なさいませ。230現在(げんざい)社会組織(しやくわいそしき)といふものは、231すべてが貴族本位(きぞくほんゐ)232資産家本位(しさんかほんゐ)(まを)すに(およ)ばず、233男子本位(だんしほんゐ)(つよ)者勝(ものがち)(ござ)いませう。234(とく)男女(だんぢよ)関係(くわんけい)()いては、235今日(こんにち)制度(せいど)(なに)もかも(をとこ)()つては有利(いうり)事柄(ことがら)(ばか)りです。236そして(をんな)(たい)しては何等(なんら)特権(とくけん)(あた)へられて()りませぬ。237(じつ)不公平(ふこうへい)至極(しごく)社会制度(しやくわいせいど)で、238(をんな)()つて(これ)(ほど)不利益(ふりえき)悲惨(ひさん)(こと)はありませぬ。239なぜ()うした不公平(ふこうへい)を、240(をとこ)(をんな)(あひだ)(まう)けておかねばならないのか、241(その)理由(りいう)()るに私達(わたしたち)(くるし)(もの)です。242ですから一度(いちど)夫婦間(ふうふかん)(ある)事情(じじやう)から離婚問題(りこんもんだい)持上(もちあが)つたが最後(さいご)243何時(いつ)(をとこ)有利(いうり)位地(ゐち)()ち、244(をんな)(その)反対(はんたい)立場(たちば)におかれて、245泣寝入(なきねいり)(てい)ですよ。246(をんな)自分(じぶん)正当(せいたう)()があつても、247(をとこ)立場(たちば)になつて、248(しか)(をとこ)にのみ有利(いうり)()められた現代(げんだい)法律(はふりつ)では、249(すこ)しも(をんな)正当(せいたう)(まを)()でを聞入(ききい)れてくれませぬ。250どこ(まで)(をんな)(をとこ)従属(じゆうぞく)したものだといふ観念(くわんねん)(もと)に、251かうした問題(もんだい)(たい)しても、252(をとこ)(はう)(うへ)にして断定(だんてい)(くだ)(こと)になつてますが、253(はた)して(これ)(ただ)しいと()はれませうか。254道徳(だうとく)でも法律(はふりつ)でも、255男女平等(だんぢよびやうどう)(おこな)はなければならないと、256吾々(われわれ)女性(ぢよせい)絶叫(ぜつけう)してゐるのです。257(をんな)立場(たちば)からすれば、258どうしてもさう(さけ)ばずには()られないでせう。259(しか)元々(もともと)(をとこ)(をんな)(あひだ)に、260さうした差別(さべつ)勝手(かつて)(まう)けられたのですから、261()はば無理非道(むりひだう)公平(こうへい)()いだものと()はねばなりませぬ。262だから(をんな)(をんな)としての権利(けんり)があります。263(その)権利(けんり)(をんな)(はう)から、264そんなに遠慮(ゑんりよ)したり、265自分(じぶん)(みづか)らを卑下(ひげ)したりするには(あた)らないと(おも)ひます。266どこ(まで)一個(いつこ)人間(にんげん)として、267(をとこ)同等(どうとう)(かんが)へで()(すす)んでゆけば、268それで()(こと)ぢやありませぬか。269そこに(をんな)としての生命(せいめい)があり、270自由(じいう)があり、271幸福(かうふく)があるので、272それこそ(をんな)としての本来(ほんらい)()()きものなのです。273男女関係(だんぢよくわんけい)(ばか)りでなく、274今日(こんにち)制度(せいど)弱肉強食(じやくにくきやうしよく)275優勝劣敗(いうしようれつぱい)悪制度(あくせいど)(おこな)はれて()りますから、276吾々(われわれ)はカウントの(いへ)(うま)れたのを(さいは)ひ、277(あやま)れる(ふる)道徳(だうとく)形式(けいしき)打破(だは)して、278(あたら)しい社会(しやくわい)光明(くわうみやう)となる(かんが)へで、279女一人(をんないちにん)としての本能(ほんのう)発揮(はつき)した(ばか)りです』
280(あか)『どうも挨拶(あいさつ)仕方(しかた)がない、281(しか)(なが)左様(さやう)(かんが)へでは社会(しやくわい)秩序(ちつじよ)(みだ)れるから、282ヤツパリ男尊女卑(だんそんぢよひ)法則(はふそく)(まも)らねばなりませぬぞ。283何程(なにほど)男女同権(だんぢよどうけん)だと()つても、284夫婦(ふうふ)となつて家庭(かてい)(つく)(うへ)は、285夫唱婦従(ふしやうふじゆう)法則(はふそく)(したが)ひ、286(ここ)(はじ)めて男尊女卑(だんそんぢよひ)287所謂(いはゆる)夫婦不同権(ふうふふどうけん)(ゐき)()るのだ。288不都合千万(ふつがふせんばん)(をつと)()(ぬす)み、289雇人(やとひにん)姦通(かんつう)をしておき(なが)ら、290社会(しやくわい)()()ますの、291新社会(しんしやくわい)光明(くわうみやう)となるとは()しからぬ()()けだ。292(まへ)()(とほ)りに、293()(なか)がなるのなれば、294第一(だいいち)家庭(かてい)(みだ)れ、295姦通(かんつう)白昼(はくちう)公然(こうぜん)(おこな)はれ、296嫉妬紛争(しつとふんさう)()()がなくなるではないか』
297鎌子(かまこ)相愛(さうあい)男女(だんぢよ)夫婦(ふうふ)となつたのならば、298(けつ)して何程(なにほど)解放的(かいはうてき)にしておかうが、299法律(はふりつ)がなからうが大丈夫(だいぢやうぶ)ですが、300今日(こんにち)(ごと)圧迫結婚(あつぱくけつこん)301財産結婚(ざいさんけつこん)302門閥結婚(もんばつけつこん)303本人(ほんにん)以外(いぐわい)(もの)(さだ)めた結婚(けつこん)には、304(しん)夫婦(ふうふ)としての(たがひ)貞操(ていさう)保持(ほぢ)する(こと)出来(でき)ぬぢやありませぬか。305(あい)のない結婚(けつこん)(しひ)るが(ため)に、306(つひ)(おさ)()れなくなつて、307かやうな問題(もんだい)(おこ)るのですよ。308それだから(この)責任(せきにん)社会(しやくわい)()はねばならないと、309(わたし)主張(しゆちやう)(いた)します』
310(あか)(しか)しお(まへ)はまだ、311生命(せいめい)現界(げんかい)(のこ)つてるから、312今日(こんにち)(あま)追及(つゐきふ)する(こと)()けておかう。313(しか)現界(げんかい)(かへ)つたら、314()(むね)()()てて、315自分(じぶん)(あやま)れる思想(しさう)考索(かうさく)し、316(いま)(をつと)貞節(ていせつ)(つく)さねばなりませぬぞ。317(つま)(はう)から真心(まごころ)(もつ)(むか)へば、318(をつと)(かなら)(つま)親愛(しんあい)する(もの)だ』
319鎌子(かまこ)(わたし)(をつと)はどれ(だけ)(つら)(あた)つても、320()()いノロ(さく)だから、321うるさい(ほど)親愛(しんあい)しようとします、322それが(わたし)(いや)なんですよ。323よう(かんが)へて御覧(ごらん)なさい、324恋人(こひびと)心中(しんぢう)をせむとして(しに)そこねた(その)女房(にようばう)を、325一言(ひとこと)立腹(りつぷく)せず、326世間(せけん)(はぢ)(かんが)へず、327下僕(しもべ)(ごと)態度(たいど)(もつ)病院(びやうゐん)介抱(かいほう)するのですもの、328(その)ノロさ加減(かげん)()つたら、329(わたし)益々(ますます)愛想(あいさう)()きました。330どうしてもチツと(ばか)りは苦味(にがみ)(はし)つたヒリリとした(ところ)がなければ、331(をんな)(けつ)して(をとこ)(あい)(そそ)(もの)ぢやありませぬ。332甘酒(あまざけ)だつて、333ヤツパリ(はじかみ)をすつて()れたり、334(あるひ)山葵(わさび)などの辛味(からみ)調和(てうわ)せなくちや、335本当(ほんたう)甘酒(あまざけ)(あぢ)がありますまい。336(あま)(ばか)りで辛味(からみ)(はい)つてゐない甘酒(あまざけ)一口(ひとくち)(よろ)しいが、337三口(みくち)四口(よくち)()みますと、338ヘドになつて()ますからね。339エエエエ、340あの(むつか)しい(かほ)わいの、341丁度(ちやうど)(わたし)(ちち)のやうなお(かた)ですなア。342仰有(おつしや)(こと)()()てゐますワ。343(その)(くせ)(かげ)では六助(ろくすけ)さま以上(いじやう)(こと)をやつてるでせう。344(わたし)(ちち)だつてさうですもの、345ホホホホホ』
346 (あか)采配(さいはい)(もつ)て、347馬鹿(ばか)ツ』と一喝(いつかつ)348鎌子(かまこ)頭部(とうぶ)()がけて打下(うちお)ろす途端(とたん)に、349鎌子(かまこ)精霊(せいれい)はパツと()えて(もと)肉体(にくたい)(かへ)つた。
350大正一二・二・二三 旧一・八 於竜宮館 松村真澄録)