霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 百円(ひやくゑん)〔一四〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第4篇 関所の玉石 よみ:せきしょのぎょくせき
章:第16章 第54巻 よみ:ひゃくえん 通し章番号:1402
口述日:1923(大正12)年02月23日(旧01月8日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5416
愛善世界社版:195頁 八幡書店版:第9輯 691頁 修補版: 校定版:197頁 普及版:91頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎著作集 > 第二巻「変革と平和」 > 第三部 『霊界物語』の思想 > 百円
001(ふところ)(さむ)きが(ゆゑ)藪医者(やぶいしや)
002(くすり)にまでも(かぜ)ひかせけり
003『あああ、004どつかそこらに(かん)ばしい病人(びやうにん)がないかと(さが)してみたが、005()たれ、006行倒(ゆきだふ)(ばか)りで、007()つから(かね)をくれさうな(やつ)もなし、008こんな(ところ)(まよ)つて()た。009これだから、010(うち)(かか)(さけ)()むな(さけ)()むなといつも()ひよるのだけれど、011医者(いしや)養生(やうじやう)()らずといつて、012どうも節制(せつせい)(まも)れないものだ。013(あま)(この)(ごろ)世界(せかい)人間(にんげん)(かしこ)うなつて、014衛生(ゑいせい)とか運動(うんどう)とかに注意(ちうい)をし()したので、015何奴(どいつ)此奴(こいつ)壮健(さうけん)になり、016妖仙(えうせん)さまの(ふところ)益々(ますます)御衰弱(ごすゐじやく)(あそ)ばす、017(こま)つたことだなア。018去年(きよねん)仕入(しい)れた(くすり)(かぜ)()く、019だと()つて、020ヤツパリ(もと)がかかつてゐるのだから、021病人(びやうにん)(のま)して(かね)にせなくちや会計(くわいけい)()たず、022()ましても()ましても(なほ)らぬものだから、023彼奴(あいつ)(たけ)()だ、024藪医竹庵(やぶいちくあん)だ、025仕様(しやう)もない(うはさ)()てられ門前雀羅(もんぜんじやくら)()つて、026(じつ)(みじめ)なものだ、027どこぞ()患者(くわんじや)があれば、028(ひと)()つつかまへたいものだなア』
029独言(ひとりご)ちつつ、030八衢(やちまた)(もん)(くぐ)らうとする茶瓶爺(ちやびんおやぢ)があつた。
031(あか)『コレヤコレヤ一寸(ちよつと)()て、032(その)(はう)何者(なにもの)だ』
033()『ハイ、034拙者(せつしや)仁術(じんじゆつ)(もつ)家業(かげふ)(いた)国手(こくしゆ)(ござ)る。035(なん)(よう)(ござ)るかな。036病気(びやうき)とあらば拙者(せつしや)(みやく)をみてやらうかな』
037(あか)(おれ)至極健全(しごくけんぜん)だ、038医者(いしや)なんかに(よう)はない』
039()『ああさうかな、040さうすれば(わたし)(よう)のない(ひと)だ。041(わたし)親密(しんみつ)交際(かうさい)をする(もの)病家(びやうか)(ばか)りだ。042(この)(ごろ)(なん)だか三五教(あななひけう)とかいふ邪教(じやけう)蔓延(まんえん)して何奴(どいつ)此奴(こいつ)病気(びやうき)(なほ)し、043非常(ひじやう)商売(しやうばい)妨害(ばうがい)(いた)すので(いささ)(こま)つてゐるのだ。044ああ医者(いしや)もモウ()(すゑ)かなア』
045(あか)(その)(はう)姓名(せいめい)(なん)(まを)すか』
046()『ハイ病井妖仙(やまいえうせん)とも()藪医竹庵(やぶいちくあん)とも(まを)します』
047(あか)『どちらも(その)(はう)綽名(あだな)だな、048本名(ほんみやう)(なん)といふか』
049妖仙(えうせん)『あまり商売(しやうばい)(いそが)しいので、050本名(ほんみやう)(わす)れました。051(たれ)(かれ)(わたし)(まへ)では、052先生(せんせい)々々(せんせい)といひますから、053マア先生(せんせい)本名(ほんみやう)(ござ)いませうかい』
054(あか)(その)(はう)一生(いつしやう)(あひだ)病人(びやうにん)(いく)(たす)けたか』
055妖仙(えうせん)(たす)けたのも沢山(たくさん)(ござ)いますが、056寿命(じゆみやう)のない(もの)は、057(かみ)さまだつて、058医者(いしや)だつて(かな)ひませぬから……(しか)(なが)医者(いしや)南瓜(かぼちや)はひねたが()いと(まを)しまして、059一人前(いちにんまへ)医者(いしや)にならうと(おも)へば、060どうしても経験上(けいけんじやう)千人(せんにん)(ぐらゐ)(ころ)さなくちやなりませぬからなア』
061(あか)(きさま)本当(ほんたう)診察(しんさつ)しても、062病気(びやうき)原因(げんいん)医療法(いれうはふ)徹底的(てつていてき)(わか)つて()るのか』
063妖仙(えうせん)人間(にんげん)分際(ぶんざい)として、064(わか)(さう)(こと)はありませぬが、065()(かく)先人(せんじん)(つく)つておいた医書(いしよ)(くび)(ぴき)して(くすり)調合(てうがふ)(いた)します。066そして問診(もんしん)()つて、067介抱人(かいほうにん)家族(かぞく)(もの)(やまひ)経過(けいくわ)()き、068食欲(しよくよく)有無(うむ)()(ただ)し、069(また)望診(ばうしん)()つて、070病人(びやうにん)様子(やうす)(のぞ)み、071(かほ)黄色(きいろ)病人(びやうにん)黄疸(わうだん)断定(だんてい)し、072(あか)(やつ)(さけ)(よひ)断定(だんてい)し、073()相当(さうたう)(くすり)(あた)へます。074(その)(うへ)血液(けつえき)循環(じゆんかん)様子(やうす)や、075呼吸器(こきふき)076神経系統(しんけいけいとう)などを、077念入(ねんい)りに調(しら)べる(ため)078打診(だしん)079聴診(ちやうしん)080触診(しよくしん)など、081所在(あらゆる)手段(しゆだん)(つく)し、082どうしても(わか)らない(とき)は、083()加減(かげん)()をつけて、084マア胡魔化(ごまくわ)すのですな。085沢山(たくさん)医者(いしや)()りますが、086実際(じつさい)病気(びやうき)をつかんだ医者(いしや)は、087(おそ)らくは一人(ひとり)もありますまい。088()(なか)はマアこんなものですよ』
089(あか)不届(ふとどき)藪医者(やぶいしや)()090(その)(はう)薬違(くすりちがひ)によつて、091あるべき(いのち)()てたる(もの)幾人(いくにん)あるか(わか)らぬぞ、092人殺(ひとごろし)大罪人(だいざいにん)()
093妖仙(えうせん)医者(いしや)(ひと)(ころ)しても、094(べつ)法律(はふりつ)には()れませぬよ。095それが医者(いしや)特権(とくけん)です。096普通(ふつう)人間(にんげん)(ひと)(ころ)せば、097(たちま)死刑(しけい)処分(しよぶん)()けねばなりますまい。098医者(いしや)堕胎(だたい)をしようが手足(てあし)()らうが、099堕胎罪(だたいざい)にもならず、100傷害罪(しやうがいざい)にもならず、101一種(いつしゆ)特権階級(とくけんかいきふ)だから、102(まへ)さま()大罪人(だいざいにん)()ばはりをされる(はず)がない、103(かま)うて(くだ)さるな。104ヘン、105(まへ)さまは(かほ)(あか)い、106チツと逆上(のぼ)せて(ござ)るな。107チツと(ふる)いけれどセメンエンでも()げませうか。108陳皮(ちんぴ)茯苓(ぶくりやう)109ケンチアナ(まつ)に、110アマ仁油(にんゆ)111重曹(ぢうさう)牡蠣(ぼれい)112(なん)なら一服(いつぷく)()(あが)つたら()うだい』
113(あか)『バカツ、114(きさま)医者(いしや)押売(おしうり)(いた)すのか』
115妖仙(えうせん)『さうですとも、116生存競争(せいぞんきやうそう)(はげ)しき()(なか)117医者(いしや)だと()つて、118ジツとして()れば(たれ)()ませぬ。119大新聞(だいしんぶん)広告(くわうこく)をしたり、120記者(きしや)提灯(ちやうちん)(もた)せたり、121(かね)()して博士(はかせ)称号(しやうがう)()つたり、122種々(いろいろ)雑多(ざつた)体裁(ていさい)(かざ)()てなくては、123乞食(こじき)だつて()(にぎ)つてくれといふ(もの)がありませぬワ』
124(あか)(この)帳面(ちやうめん)に、125よく調(しら)べてみると、126(その)(はう)葡萄酒(ぶだうしゆ)(みづ)()ぜて、127大変(たいへん)高貴(かうき)(くすり)だと(まを)し、128病人(びやうにん)にのませ、129非常(ひじやう)にボツた(こと)があらうな』
130妖仙(えうせん)『そらさうですとも、131(しか)(なが)私達(わたしたち)のボルのは一服(いつぷく)五銭(ごせん)十銭(じつせん)(ちひ)さくボツて()くのです。132一口(ひとくち)千円(せんゑん)万円(まんゑん)とボツてゐる(やつ)は、133世界(せかい)(いく)らあるか()れませぬよ。134四百四病(しひやくしびやう)(うち)でも(なほ)(やまひ)もあれば、135どうしても(なほ)らない(やまひ)がありますが、136それでも病人(びやうにん)(くすり)をくれといへばやらぬ(わけ)にも()かず、137(また)此方(こちら)もボルことが出来(でき)ぬから、138あかぬとは()りつつ、139葡萄酒(ぶだうしゆ)(みづ)をまぜて慰安(ゐあん)(ため)()ましてをります。140(これ)所謂(いはゆる)医者(いしや)(まさ)(つく)すべき道徳律(だうとくりつ)ですから、141さう貴方(あなた)のやうに一口(ひとくち)(けな)すものぢやありませぬ』
142(あか)()(かく)難物(なんぶつ)だ。143到底(たうてい)モルヒネ注射(ちうしや)(ぐらゐ)では()がつくまいが、144(いま)荒料理(あられうり)をしてやるから、145マア(おく)()つて順番(じゆんばん)()(まで)()つてゐるが()いワ』
146妖仙(えうせん)貴方(あなた)(いま)147荒料理(あられうり)をしてやると()つたが、148それは外科的(げくわてき)大手術(だいしゆじゆつ)(こと)でせう。149貴方(あなた)医者(いしや)鑑札(かんさつ)()つてゐますか。150そんな(こと)をなさると医師法(いしはふ)違反(ゐはん)告発(こくはつ)しますぞ。151サ、152(なん)といふ姓名(せいめい)だ、153()かして(もら)ひませう。154此方(こちら)にも(かんが)へがあるから、155前達(まへたち)のやうな素人(しろうと)俺達(おれたち)縄張(なはばり)()らされては、156到底(たうてい)157医者(いしや)として()つていけるものぢやない。158鎮魂(ちんこん)だの、159祈祷(きたう)だの、160心理療法(しんりれうはふ)だのと、161(この)(ごろ)俺達(おれたち)(てき)沢山(たくさん)(あらは)れて、162商売(しやうばい)妨害(ばうがい)をするから、163全国医師大会(ぜんこくいしたいくわい)(ひら)いて、164政府(せいふ)抗議(かうぎ)申込(まをしこ)彼等(かれら)(ともがら)殲滅(せんめつ)せむと、165筍会議(たけのこくわいぎ)()めてあるのだ。166それに素人(しろうと)のお(まへ)が、167大手術(だいしゆじゆつ)医者(いしや)(わし)(むか)つて、168してやらうなどとは、169法治国(はふちこく)人民(じんみん)として、170(じつ)()しからぬものだ。171サア、172()()かしなさい』
173(ふところ)から手帳(てちやう)()し、174鉛筆(えんぴつ)(ねぶ)つて、175姓名(せいめい)()()めようとしてゐる。176(しろ)守衛(しゆゑい)妖仙(えうせん)(うで)をグツと(にぎ)り、177(いや)がるのを無理(むり)無体(むたい)引張(ひつぱ)つて、178門内(もんない)(かく)れた。
179 ()のクルリとした、180(はな)(かど)のある、181腮鬚(あごひげ)一尺(いつしやく)(ばか)()やした一癖(ひとくせ)(あり)さうな(をとこ)182(この)街道(かいだう)(おれ)のものだといふやうな調子(てうし)で、183大手(おほて)()つてのそりのそりとやつて()る。184(あか)守衛(しゆゑい)は、
185(あか)『オイ(しばら)()て、186取調(とりしら)べる(こと)がある』
187呶鳴(どな)つた(こゑ)に、188()(をとこ)(たち)どまり、189(いや)らしい()(あか)(かほ)()めつけ(なが)ら、
190(をとこ)(なん)だ、191天下(てんか)大道(だいだう)自由(じいう)濶歩(かつぽ)するのは吾々(われわれ)自由(じいう)権利(けんり)だ、192()てとは(なん)だ。193他人(たにん)権利(けんり)妨害(ばうがい)し、194仮令(たとへ)一刻(いつこく)でも暇取(ひまど)らせるならば、195それ(だけ)損害賠償(そんがいばいしやう)請求(せいきう)するぞ。196(その)(はう)人間(にんげん)権利(けんり)義務(ぎむ)といふ(こと)(わきま)へてるか、197エエン』
198(あか)『ここは八衢(やちまた)関所(せきしよ)だ。199(きさま)生前(せいぜん)のメモアルを(しら)べ、200天国(てんごく)へやるか、201地獄(ぢごく)(おと)すか、202……といふ分水嶺(ぶんすゐれい)だ。203(きさま)のネームは(なん)といふか』
204(をとこ)拙者(せつしや)人尾威四郎(ひとをおどしらう)といふ有名(いうめい)弁護士(べんごし)だ。205そして特許弁理士(とくきよべんりし)()ねてゐるのだ。206これでも法科大学(はふくわだいがく)卒業生(そつげふせい)だ。207守衛(しゆゑい)分際(ぶんざい)として吾々(われわれ)取調(とりしら)べる権能(けんのう)がどこにあるツ』
208(あか)『いかにも(きさま)人間(にんげん)生血(いきち)(しぼ)悪党(あくたう)だ。209随分(ずいぶん)(かね)()(しぼ)()つたものだなア』
210人尾(ひとを)(ひと)(うれ)ひの(なみだ)(しづ)み、211(くび)もまはらぬやうになつてゐる(ところ)を、212(いささ)慰安(ゐあん)(あた)へるのが拙者(せつしや)職掌(しよくしやう)だ。213(その)報酬(はうしう)として労金(らうきん)請求(せいきう)するのは商売上(しやうばいじやう)権利(けんり)ぢやないか、214請求(せいきう)すべき(もの)請求(せいきう)したのが(なに)(わる)い』
215(あか)(その)(はう)(はじめ)からの弁護士(べんごし)ではあるまい。216(いま)人尾威四郎(ひとをおどしらう)(まを)してゐるが、217以前(いぜん)二股検事(ふたまたけんじ)()つて、218随分(ずいぶん)悪辣(あくらつ)(こと)(いた)した(もの)だなア。219無謀(むぼう)検挙(けんきよ)(いた)して、220失敗(しくじ)つた揚句(あげく)221()むを()弁護士(べんごし)になつたであらう』
222人尾(ひとを)(かま)つて(くだ)さるな、223自由(じいう)権利(けんり)だ。224(まへ)吾々(われわれ)(はづかし)める(つも)りか、225ヨーシ現行法律(げんかうはふりつ)()つて誹毀罪(ひきざい)(うつた)へてやる。226事実(じじつ)有無(うむ)(くわん)せず、227(ひと)悪事(あくじ)非難(ひなん)(いた)した(もの)は、228新刑法(しんけいはふ)条項(でうかう)(てら)相当(さうたう)処分(しよぶん)がある(はず)だ。229(しか)(なが)(その)(はう)出様(でやう)によつては取消(とりけ)さない(こと)もない、230賠償金(ばいしやうきん)(いく)()すか』
231(あか)馬鹿(ばか)()へ、232ここは霊界(れいかい)だ。233霊界(れいかい)現界(げんかい)法律(はふりつ)()つて()ても通用(つうよう)(いた)さぬぞ。234(その)(はう)(すこ)しくボレ(さう)大事件(だいじけん)(のこ)らず有名(いうめい)弁護士(べんごし)()られて(しま)ひ、235糊口(ここう)(きう)し、236小作人(こさくにん)煽動(せんどう)し、237労働者(らうどうしや)(おだ)てあげて、238沢山(たくさん)入監者(にふかんしや)(つく)り、239自分(じぶん)弁護(べんご)得意先(とくいさき)製造(せいざう)(いた)す、240しれ(もの)であらうがな』
241人尾(ひとを)成程(なるほど)242それに間違(まちが)ひはない。243(しか)(なが)煽動(せんどう)する(もの)(わる)いのぢやない、244(その)煽動(せんどう)にのる(やつ)(わる)いのだ。245拙者(せつしや)拙者(せつしや)として商売繁昌(しやうばいはんじやう)(ため)所在(あらゆる)手段(しゆだん)(つく)し、246活動(くわつどう)してゐるのだ。247(この)権利(けんり)侵害(しんがい)する(もの)は、248何程(なにほど)霊界(れいかい)だつてあらう(はず)がない。249(わけ)(わか)らぬ(こと)をいはずにスツ()んだがよからう。250八衢(やちまた)関所(せきしよ)()(うへ)(さだ)めて審判所(しんぱんしよ)もあるだらう。251ヨシ、252裁判(さいばん)はお()のものだ。253これから滔々(たうたう)弁論(べんろん)をまくし()判官(はんぐわん)()()ましてやらう。254第一審(だいいつしん)でいけなければ第二審(だいにしん)255第二審(だいにしん)()かなければ第三審(だいさんしん)256美事(みごと)()つてみせよう。257そして天国(てんごく)永住権(えいぢうけん)獲得(くわくとく)し、258人生(じんせい)特有(とくいう)権利(けんり)遺憾(ゐかん)なく発揮(はつき)する心段(つもり)だ、259オツホン』
260()(なが)ら、261反身(そりみ)になつて(みづか)(もん)(くぐ)り、262のそりのそりと(すす)()く。263(あと)二人(ふたり)守衛(しゆゑい)(かほ)見合(みあは)せ、
264(しろ)彼奴(あいつ)アどしても地獄墜(ぢごくお)ちですなア、265法律家(はふりつか)といふ(もの)(じつ)(あぢはひ)のない(もの)ですなア』
266(あか)冷酷無残(れいこくむざん)(けだもの)とは彼奴等(あいつら)(こと)だ。267法律(はふりつ)にのみ精神(せいしん)傾注(けいちう)してゐる現界(げんかい)(やつ)は、268(くち)では権利(けんり)義務(ぎむ)(さけ)(なが)ら、269(ひと)権利(けんり)侵害(しんがい)し、270義務(ぎむ)()みたたくる(くらゐ)(なん)とも(おも)つてゐない。271厚顔(こうがん)無恥(むち)精神病者(せいしんびやうしや)(ばか)りだから、272可哀相(かあいさう)なものだ。273あああ()いかげんに守衛(しゆゑい)もお(ひま)(いただ)かねば(たま)らなくなつてきた。274(しか)(なが)自分(じぶん)(いへど)も、275天国(てんごく)()資格(しかく)もなし、276(ほか)(これ)といふ(げい)もないのだから、277ヤツパリ(いや)守衛(しゆゑい)(つと)めねばならないのかなア』
278 ()(はな)(ところ)へ、279(また)もや向方(むかふ)(かた)より、280三十(しんじふ)恰好(かつかう)のハイカラ(をとこ)がそそりを(うた)(なが)ら、281千鳥足(ちどりあし)にて大道(だいだう)(せま)しとやつて()る。
 
282(ふゆ)()
283 うす()をうけて(ただ)一人(ひとり)
284 (わか)らぬ(ところ)彷徨(さまよ)(きた)る。
285 (ふゆ)()
286 (そら)にふるうて()りわたる
287 (からす)皺枯声(しわがれごゑ)がする。
288 (なん)となく
289 あとの(こころ)(さび)しさよ
290 (いま)()になき恋人(こひびと)(おも)へば。
291 なれそめて
292 (きみ)におびえぬ(とり)ありと
293 (かな)しき(こと)()ける(ふみ)
294 島田(しまだ)つぶして丸髷(まるまげ)()うて
295 (うれ)しやお(みや)礼参(れいまゐ)り……と、
 
296あああ()うた()うた、297一体(いつたい)ここはどこだい。298(なん)だか無粋(ぶすゐ)(やつ)山門(さんもん)仁王然(にわうぜん)()つてゐやがるぢやないか。
299 二世(にせ)三世(さんせ)()うでもよいが
300  せめて一夜(いちや)(えん)なりと………とけつかるわい。301ウーエ、302(なん)(さび)しい街道(かいだう)だな。303ソロソロ(よひ)()()したやうだ。304こんな(ところ)()められちや、305やり()れない。306モウ(しばら)持続(ぢぞく)する(ため)(うた)でも(うた)つて(さわ)いでやらうかな、307……
308 (なん)とするかと狸寝(たぬきね)すれば
309  (した)()したり(わら)つたり……と、
310アハハハハ、311(とく)(やつ)312(この)(あひだ)(ばん)馬鹿(ばか)にしてゐやがる、
313 浮気(うはき)()いても()になる(ひと)
314  出雲参(いづもまゐ)りを(たれ)とした……か、
315 二世(にせ)(ちぎ)つたあなたの(まへ)
316  ()れて()になる三味(しやみ)(いと)
317 ()れた()れたは世間(せけん)(うはさ)
318  (みづ)(うきぐさ)()()れぬ………と(なん)()つても、319(とく)はお(とく)だ、320要助(えうすけ)さまには、321(たれ)(なん)()つても……()れはせぬ……と(ぬか)すんだから、322(たい)したものだ』
323袖懐(そでふところ)をし(なが)ら、324ドンと(もん)行当(ゆきあた)り、325(あたま)がフラフラした拍子(ひやうし)にバツタリ此処(ここ)(たふ)れた。326守衛(しゆゑい)背中(せなか)(ちから)(かぎ)りに()()(つづ)(うち)()つた。327要助(えうすけ)はハツと()がつき、328(さけ)(よひ)()め、329真青(まつさを)(かほ)になり、330二人(ふたり)(かほ)をギロギロと見詰(みつ)めてゐる。
331(あか)(その)(はう)何者(なにもの)だ』
332要助(えうすけ)『ヘヘ、333(わたし)有名(いうめい)好色男子(かうしよくだんし)要助(えうすけ)(まを)します。334(わたし)をお()()めになつて、335(なに)要助(えうすけ)(ござ)いますかな。336(あま)りお(とく)にならぬ(こと)はお(たづ)ねなさらぬが(よろ)しい。337(とく)(へん)じてお(そん)となつては(たがひ)迷惑(めいわく)ですからな』
338(あか)(その)(とく)といふのは何処(どこ)(をんな)だ』
339要助(えうすけ)『エヘヘヘ、340一寸(ちよつと)申上(まをしあ)(にく)(ござ)いますが、341ベコ(すけ)女房(にようばう)(ござ)います』
342(あか)『ベコ(すけ)女房(にようばう)に、343(その)(はう)関係(くわんけい)をしたのか』
344要助(えうすけ)関係(くわんけい)があるといへばあります。345()いと()へばない(やう)なものですが……』
346(あか)(その)(はう)はお(とく)肱鉄(ひぢてつ)をかまされたぢやないか。347そして沢山(たくさん)(かね)()られただらう』
348要助(えうすけ)『ヘエ、349(じつ)(ところ)はエー、350(とく)要求(えうきう)(おう)じ、351(おやぢ)貯金(ちよきん)(ひつ)ぱり()し、352饂飩屋(うどんや)資本金(もとで)にするといふものですから、353百両(ひやくりやう)(ばか)()してやりました。354そして(さけ)一杯(いつぱい)すすめられ、355()(ふり)をしてみて()りますと、356(とく)(やつ)357(した)()したり、358(わたし)(はう)()て、359イインをしたり、360(わら)つたりしてをるのですよ、361……(なに)をするかと狸寝(たぬきね)すれば、362(した)()したり(わら)つたり……、363マアこんな調子(てうし)でした、364何分(なにぶん)にもお(とく)にはレコがあるものですから、365どうしても要助(えうすけ)完全(くわんぜん)意志(いし)疎通(そつう)する(こと)出来(でき)ませぬので、366()()いたり、367仕方(しかた)をしたり、368それはそれは苦心(くしん)をして()りますよ。369(しか)しまだ一度(いちど)姦通(かんつう)などはして()りませぬから、370二人(ふたり)(なか)潔白(けつぱく)なものです』
371(あか)仮令(たとへ)肉体(にくたい)(うへ)姦通(かんつう)はしなくても、372(すで)(すで)(こころ)姦通(かんつう)したぢやないか』
373要助(えうすけ)『サ、374()れが判然(はつきり)(わか)りませぬので、375(わたし)(はう)では、376(こころ)(すで)姦通(かんつう)せむとして()りますが、377トツクリ(はなし)をする()がないものですから、378(むか)ふの意志(いし)十分(じふぶん)(わか)りませぬ。379出刃(でば)()れるとか、380菜刀(ながたな)()れるとか、381今日(けふ)(かね)()れたとか、382饂飩(うどん)原料(げんれう)()れたとか、383仕舞(しま)ひの(はて)にや……()れた()れたは世間(せけん)(うはさ)384(みづ)(うきぐさ)()()れぬ……などと(うた)つてるものですから、385実際(じつさい)(わたし)(こと)()つてるのか、386商売(しやうばい)(こと)()つてるのか、387まだスツカリ判断(はんだん)がつかないのです。388そした(ところ)389(うち)(おやぢ)()が、390(わたし)貯金(ちよきん)引張出(ひつぱりだ)饂飩屋(うどんや)のお(とく)にやつたと()(こと)()いて、391(おこ)るの(おこ)らぬのつて、392矢庭(やには)手斧(てをの)(ふり)かざし……コーラ極道伜(ごくだうせがれ)()……と(おに)のやうな(かほ)して(おひ)かけて()るものですから、393()むを()ずライオン(がは)投身(とうしん)をしたと(おも)へば、394ヤツパリ(ゆめ)だつたか、395こんな(ところ)()(まよ)うて()ました。396何分(なにぶん)(さけ)のまはつてる最中(さいちう)()ひかけられたものですから、397どこをどう(とほ)つて()たのか、398(かは)へはまつたのが本当(ほんたう)か、399テンと(わけ)(わか)りませぬワ』
400 (あか)生死簿(せいしぼ)()(なが)ら、
401(あか)『ヤ、402(その)(はう)はまだ四十年(しじふねん)(ばか)(いのち)(のこ)つてゐる。403(しか)(なが)(その)(はう)肉宮(にくみや)(おやぢ)(かは)から引上(ひきあ)げて、404(この)極道(ごくだう)()」と()つて、405矢庭(やには)(つち)(なか)()()んで(しま)ひよつたので、406最早(もはや)(かへ)(こと)出来(でき)まい。407()(どく)(なが)四十年(しじふねん)(ばか)り、408(この)中有界(ちううかい)修業(しうげふ)(いた)したがよからう』
409要助(えうすけ)『ハイ、410ソリヤ仕方(しかた)がありませぬ。411(しか)しお(とく)何処(どこ)()りますか、412一寸(ちよつと)()らせて(くだ)さいな。413(べつ)(むか)ふに思召(おぼしめし)のないのに、414無理(むり)要求(えうきう)(おう)じてくれとは(まを)しませぬ。415(ただ)百円(ひやくゑん)(かね)()した(ため)に、416こんな顛末(てんまつ)になつたといふ(こと)(だけ)()つてやりたう(ござ)いますから、
417 百円(ひやくゑん)逆縁(ぎやくえん))も、418もらさで(すく)(ぐわん)なれば
419  (みちび)(たま)弥陀(みだ)浄土(じやうど)へ……
420といふ、421どこやらの観音様(くわんおんさま)の、422詠歌(えいか)(ござ)いましたなア、423あの百円(ひやくゑん)さへ(わたし)()(かへ)されば、424極楽浄土(ごくらくじやうど)(すく)うて(くだ)さるでせうから、425(はた)してここが冥土(めいど)とあれば、426仮令(たとへ)幽霊(いうれい)になつてでもあの(かね)をお(とく)から取返(とりかへ)し、427極楽行(ごくらくゆき)がしたう(ござ)いますからなア』
428 (あか)は、
429『エエ八釜(やかま)しい、430そちらへ()けツ』
431(ちから)(まか)して突飛(つきと)ばせば、432要助(えうすけ)(ほそ)くなつて、433東北(とうほく)(はう)()がけて()げて()く。
434大正一二・二・二三 旧一・八 於竜宮館 松村真澄録)