霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 建替(たてかへ)〔一四〇六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第5篇 神光増進 よみ:しんこうぞうしん
章:第20章 第54巻 よみ:たてかえ 通し章番号:1406
口述日:1923(大正12)年02月23日(旧01月8日) 口述場所:竜宮館 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5420
愛善世界社版:247頁 八幡書店版:第9輯 709頁 修補版: 校定版:251頁 普及版:113頁 初版: ページ備考:
001 左守(さもり)(かみ)長子(ちやうし)ハルナの(うた)
002ハルナ『高天原(たかあまはら)移写(いしや)として
003ビクトル(さん)聖場(せいぢやう)
004大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
005(しづ)まり()ます大神(おほかみ)
006御前(みまへ)(ことほ)(たてまつ)
007高天原(たかあまはら)司神(つかさがみ)
008(いづ)御霊(みたま)()れまして
009(ひと)(ふた)()()(いつ)()
010(なな)()(ここの)(たり)(もも)()
011(よろづ)のものの元津祖(もとつおや)
012大国常立大御神(おほくにとこたちおほみかみ)
013高皇産霊(たかみむすび)大御神(おほみかみ)
014神皇産霊(かむみむすび)大神(おほかみ)
015稜威(みいづ)(もつ)(かぎ)()
016(よろづ)のものを(つく)りまし
017(あめ)(した)なる神人(しんじん)
018うまし御国(みくに)永久(とこしへ)
019いと(やす)らけく()ませむと
020日月大地(ひつきくぬち)(つく)りまし
021(おのおの)(きよ)(みたま)をば
022(さづ)(たま)ひて八百万(やほよろづ)
023(たふと)(かみ)()(たま)
024天地万有(てんちばんいう)(まも)ります
025広大無辺(くわうだいむへん)御恵(みめぐみ)
026(たふと)(ゐやま)(たてまつ)
027豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
028生言霊(いくことたま)(さち)はひて
029(もも)(たから)(くだ)しまし
030(きみ)(くらゐ)千代(ちよ)八千代(やちよ)
031(うご)きもやらず(かは)()
032(しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
033(あめ)壁立(かべた)(その)(きは)
034(くに)聳立(そぎた)(その)(かぎ)
035棚引(たなび)(くも)()てまでも
036伊照(いて)(とう)らす大御稜威(おほみいづ)
037これぞ(まつた)()(まも)
038(かみ)(まも)りと(よろこ)びて
039(あさ)(ゆふ)なに(つか)へなむ
040常夜(とこよ)()らす月読(つきよみ)
041(かみ)(ひかり)()(まも)
042蒼生(あをひとぐさ)()(たま)
043天勝国勝国(あまかつくにかつくに)(おや)
044国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
045天地(あめつち)成出(なりで)(その)(とき)
046隠身(すみきり)ましてすみ(たま)
047玉留魂(たまつめむすび)霊徳(みいづ)()
048海月(くらげ)(ごと)(ただよ)へる
049国土(くに)をば(つく)(かた)めなし
050大地(くぬち)海陸(かいりく)(わか)ちまし
051豊国主(とよくにぬし)大神(おほかみ)
052足玉魂(たるたまむすび)御霊徳(みみいづ)もて
053植物(きくさ)()()(まも)りまし
054葦芽彦遅(あしがいひこぢ)大神(おほかみ)
055生玉魂(いくたまむすび)霊徳(みいづ)もて
056あらゆる動物(いけもの)()(そだ)
057(うご)(ちから)大戸地(おほとのぢ)
058(しづ)まる(ちから)大戸辺(おほとのべ)
059(ほど)ける(ちから)宇比地根神(うひぢねのかみ)
060(かた)まる(ちから)須比地根(すひぢね)(かみ)
061引力(いんりよく)(まも)生杙神(いくぐひのかみ)
062弛力(ちりよく)(まも)角杙神(つぬぐひのかみ)
063合力(がふりよく)(まも)面足神(おもたるのかみ)
064()ける(ちから)惶根(かしこね)
065御稜威(みいづ)(もつ)()(なか)
066すべての(もの)(あた)へまし
067(あめ)(つち)との(みたま)をば
068(かみ)大道(おほぢ)()らしめ(たま)
069()神国(かみくに)(しろ)()
070神伊邪那岐(かむいざなぎ)大御神(おほみかみ)
071(つき)神国(みくに)(しろ)()
072神伊邪那美(かむいざなみ)大神(おほかみ)
073天津御神(あまつみかみ)神勅(みこと)もて
074(あめ)瓊矛(ぬぼこ)をとりもたせ
075千五百(ちいほ)(あき)瑞穂国(みづほくに)
076千足(ちたる)(くに)浦安国(うらやすくに)
077完全(うまら)委曲(つばら)につくりなし
078(とほ)(ちか)きの国々(くにぐに)
079国魂神(くにたまがみ)()(たま)
080産土神(うぶすながみ)()けまして
081青人草(あをひとぐさ)氏子(うぢこ)とし
082(おの)(おの)もに()()けて
083(した)しく(まも)らせ(たま)ひける
084大御恵(おほみめぐみ)(つつし)みて
085(あふ)(よろこ)(たてまつ)
086ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
087御霊(みたま)(さち)はひましませよ
088(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
089とは()ふものの何時(いつ)となく
090曲津(まがつ)(かみ)曲事(まがこと)
091相交(あひまじ)こりて()(よる)
092(つみ)(けがれ)(しづ)みつつ
093憂瀬(うきせ)(しづ)(あは)れさを
094(あはれ)(たま)厳御霊(いづみたま)
095(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)
096(あや)聖地(せいち)()ふも(さら)
097黄金山(わうごんざん)やウブスナの
098(うづ)真秀良場(まほらば)()ふも(さら)
099青垣山(あをがきやま)(めぐ)らせる
100下津岩根(したついはね)(この)(やま)
101(あら)はれまして()(ひと)
102(をし)(みちび)(あめ)(した)
103四方(よも)国々(くにぐに)(たひら)けく
104いと(やす)らけく(をさ)めます
105(その)御恵(みめぐみ)万分一(まんぶいち)
106(むく)いむ(よし)もなけれども
107(あた)(かぎ)りの赤心(まごころ)
108(つく)して(かみ)(きみ)(ため)
109生命(いのち)(かぎ)(つか)へなむ
110(あは)れみ(たま)惟神(かむながら)
111(かみ)御前(みまへ)平伏(ひれふ)して
112(つつし)(ゐやま)()(まつ)
113天地初発(てんちしよはつ)(その)(とき)
114隠身(すみきり)(たま)ひし(くに)(おや)
115大国常立大神(おほくにとこたちおほかみ)
116御前(みまへ)にハルナ(つつし)みて
117(かしこ)(かしこ)()(まを)
118(きよ)(たふと)(あめ)(した)
119四方(よも)御国(みくに)()()でし
120青人草(あをひとぐさ)霊等(みたまら)
121(さづ)(たま)ひし御分霊(ごぶんれい)
122直日(なほひ)(みたま)()らしつつ
123ますます(ひか)(うる)はしき
124伊都能売魂(いづのめのみたま)となさしめよ
125もしたまさかに(あやま)ちて
126(しこ)曲津(まがつ)精霊(せいれい)
127(けが)(やぶ)らる(こと)()
128四魂五情(しこんごじやう)(まつた)けき
129(その)(はたら)きによりまして
130皇大神(すめおほかみ)天業(みわざ)をば
131いと(やす)らけく(たひ)らけく
132(つか)(まつ)らせ(たま)へかし
133如何(いか)なる災禍(わざはひ)(きた)るとも
134よく()(しの)(ひと)たるの
135(たふと)品位(ひんゐ)(たも)たせて
136(かみ)(たま)ひし(たま)()
137生命(いのち)(なが)(いへ)(わざ)
138いやますますに()(さか)
139いと(うる)はしき天地(あめつち)
140(はな)(あら)はれ(ひかり)となり
141天地(てんち)御子(みこ)たる()本能(さが)
142(ひら)()げしめ(たま)へかし
143(あふ)(つつし)(ねが)はくば
144皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
145(かな)(まつ)りて現世(うつしよ)
146(みたま)(つみ)(けがれ)なく
147いみじき(あやま)ちあらしめず
148(かみ)(たま)ひし精霊(せいれい)
149(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
150すべての事業(なりはい)(いとな)むも
151恩頼(みたまのふゆ)(さち)はひて
152いと()(こと)正行(まさわざ)
153破竹(はちく)(いさ)みを()(おこ)
154益々(ますます)(すす)(まつた)きの
155(さかひ)到達(たうたつ)せしめまし
156(あさ)(ゆふ)なに(かみ)たちを
157(ゐやま)(まつ)りわが(きみ)
158(たふと)御言(みこと)(たが)ふなく
159(くに)(つかさ)国民(くにたみ)
160(つと)めを(まつた)()()ふせ
161(あまね)世人(よびと)(した)しみて
162(あらそ)(くる)(こと)もなく
163()(あやま)ちは詔直(のりなほ)
164善言美詞(みやびのよごと)(たて)として
165(かみ)(ひと)とを(なご)めつつ
166天地(てんち)(かは)勲功(いさをし)
167堅磐(かきは)常磐(ときは)()てさせよ
168(めぐみ)(ふか)幸魂(さちみたま)
169(いき)とし()ける万物(ばんぶつ)
170(そこな)(やぶ)(こと)()
171生成化育(せいせいくわいく)大道(だいだう)
172(かしこ)(つか)奇魂(くしたま)
173(ひか)りによつて曲神(まがかみ)
174(をしへ)真理(しんり)(くる)へるを
175完全(うまら)委曲(つばら)(さと)るべく
176直日(なほひ)(みたま)(さち)はひて
177理非曲直(りひきよくちよく)(かへり)みつ
178(まこと)(ひと)つの信仰(しんかう)
179(はげ)ませ(たま)言霊(ことたま)
180(たす)けに(かみ)御心(みこころ)
181(さと)りて(こころ)()(きた)
182()()()るる許々多久(ここたく)
183(つみ)(けがれ)村肝(むらきも)
184(こころ)(おも)(まよ)ひをも
185(はら)退(やら)はせ(たま)へかし
186ビクトル(さん)永久(とこしへ)
187ビクとも(うご)かぬ(その)(ごと)
188ライオン(がは)(その)(なが)
189いや永久(とこしへ)(きよ)(ごと)
190(うご)かず(かは)らず息長(おきなが)
191いと偉大(たくま)しくあらしめ(たま)
192()長人(ながひと)遠人(とほひと)
193生命(いのち)(たも)健全(まめやか)
194五倫五常(ごりんごじやう)(まも)りつつ
195公共(こうきよう)のために(うる)はしき
196功績(いさを)万世(ばんせ)相伝(あひつた)
197天地(てんち)御子(みこ)(うま)れたる
198(つと)めを(つく)させ(たま)へかし
199ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
200すべての感謝(かんしや)とわが(いの)
201神世(かみよ)(むかし)高天(たかま)にて
202千座(ちくら)置戸(おきど)()(たま)
203大和田原(おほわだなか)(ひと)(じま)
204退(やら)はれ(たま)ひて天津罪(あまつつみ)
205国津罪咎(くにつつみとが)許々多久(ここたく)
206(けがれ)(はら)(たま)ひたる
207現世(うつしよ)幽世(かくりよ)(まも)(がみ)
208国常立(くにとこたち)大御神(おほみかみ)
209豊国主(とよくにぬし)大御神(おほみかみ)
210(いづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
211(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)
212御名(みな)(さち)はひ(きこ)()
213(うべな)(たま)()(まも)
214()()(まも)りに(さち)はへませと
215(かみ)御前(みまへ)平伏(ひれふ)して
216(うな)突抜(つきぬ)()(まつ)
217ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
218御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
219 カルナ(ひめ)(また)(うた)ふ。
220右守司(うもりつかさ)(いもうと)
221なりて(うま)れしカルナ(ひめ)
222今日(けふ)のよき()のよき(とき)
223いとなみ(たま)ひし御祭(おんまつ)
224(つつし)(ゐやま)()(まつ)
225(かみ)(まも)りしビクの(くに)
226(おも)ひがけなきバラモンの
227鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)
228数多(あまた)軍勢(ぐんぜい)引率(ひきつ)れて
229短兵急(たんぺいきふ)()めよする
230右守(うもり)(かみ)()(あに)
231卑怯未練(ひけふみれん)(こし)ぬかし
232()()(てき)本城(ほんじやう)
233蹂躙(じうりん)されし(くや)しさよ
234()()(きみ)諸共(もろとも)
235ヒルナの(ひめ)(したが)ひて
236()()(てき)打向(うちむ)かひ
237獅子(しし)奮迅(ふんじん)活動(くわつどう)
238(こころ)みたれど如何(いか)にせむ
239雲霞(うんか)(ごと)敵兵(てきへい)
240(ささ)ふる(よし)()きままに
241(たちま)一計(いつけい)案出(あんしゆつ)
242巡礼姿(じゆんれいすがた)となり(かは)
243わざとに(てき)(かつ)がれて
244両将軍(りやうしやうぐん)陣営(ぢんえい)
245(おく)られたりし(その)(とき)
246(こころ)(おも)(めぐ)らせば
247(つるぎ)(わた)りし心地(ここち)なり
248ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
249かかる(あやふ)(はな)(わざ)
250(まも)らせ(たま)抜群(ばつぐん)
251勲功(いさを)()てさせ(たま)ひたる
252皇大神(すめおほかみ)(たふと)けれ
253一旦(いつたん)(てき)退却(たいきやく)
254ヤレ(うれ)しやと(おも)()
255あらせず右守(うもり)叛軍(はんぐん)
256三千余騎(さんぜんよき)(したが)へて
257(ふたた)謀叛(むほん)(はた)()
258旗鼓(きこ)堂々(だうだう)()(きた)
259(ひと)(のが)れて(また)(ひと)
260如何(いかが)はせむと城内(じやうない)
261守将(しゆしやう)(あん)(わづら)ひつ
262わが()(きみ)全軍(ぜんぐん)
263指揮(しき)して(ふせ)(たたか)へど
264(かち)()つたる叛軍(はんぐん)
265退()(よし)さへも()えざりき
266かかる(ところ)久方(ひさかた)
267(あめ)八重雲(やへぐも)かきわけて
268(くだ)らせ(たま)三五(あななひ)
269(かみ)使(つかひ)宣伝使(せんでんし)
270治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)
271生言霊(いくことたま)(さちは)ひに
272(こころ)(きたな)右守司(うもりがみ)
273ベルツを(はじ)めシエールまで
274威勢(ゐせい)()たれて顛倒(てんたう)
275身動(みうご)きならぬあさましさ
276ヒルナの(ひめ)(したが)ひて
277(こま)(またが)猪倉(ゐのくら)
278(たうげ)(あと)にカツカツと
279(ひづめ)(おと)(いそ)がしく
280(かへ)りて()れば城内(じやうない)
281修羅(しゆら)(ちまた)()()てぬ
282表門(おもてもん)には宣伝使(せんでんし)
283裏門(うらもん)よりはヒルナ(ひめ)
284(わらは)(とも)()めよせて
285(てき)(のこ)らず()()らし
286(ふたた)天下太平(てんかたいへい)
287曙光(しよくわう)(あふ)ぎし有難(ありがた)
288(あさひ)()るとも(くも)るとも
289(つき)()つとも()くるとも
290仮令(たとへ)天地(てんち)(かへ)るとも
291(まこと)(かみ)御恵(おんめぐ)
292幾千代(いくちよ)(まで)(わす)るまじ
293ヒルナの(ひめ)(ねが)ひにて
294(この)聖場(せいぢやう)宮柱(みやばしら)
295(ふと)しき()てて大神(おほかみ)
296(いつ)(まつ)りし(うれ)しさは
297天国(てんごく)浄土(じやうど)()(あた)
298(ひら)()めたる心地(ここち)なり
299ああ皇神(すめかみ)皇神(すめかみ)
300恩頼(みたまのふゆ)()(たま)
301ビクの御国(みくに)刹帝利(せつていり)
302(もも)(つかさ)()ふも(さら)
303(よろづ)(たみ)(たひら)けく
304いと(やす)らけく永久(とこしへ)
305(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
306御前(みまへ)(つつし)()(まつ)る』
307竜彦(たつひこ)天地(あめつち)皇大神(すめおほかみ)宮柱(みやばしら)
308(ふと)しく()ちし今日(けふ)(うれ)しき。
309天地(あめつち)(かみ)(うべな)(たま)ふらむ
310(もも)(つかさ)誠心(まことごころ)を。
311(いにしへ)神代(かみよ)(まま)のビクの(くに)
312立直(たてなほ)したる今日(けふ)(うれ)しき』
313万公(まんこう)千代(ちよ)八千代(やちよ)万代(よろづよ)(まで)(いの)るかな
314ビクの御国(みくに)(さか)えまさむを。
315治国別(はるくにわけ)(かみ)(みこと)(したが)ひて
316今日(けふ)(まつり)()ふぞ(うれ)しき。
317ビクの(くに)(をさ)(たま)へる刹帝利(せつていり)
318(きみ)(まこと)(かみ)もめでなむ。
319(きみ)(いま)七十路(ななそじ)(さか)()えませど
320万代(よろづよ)までと(いの)万公(まんこう)
321万年(まんねん)生命(いのち)(たも)ちビクの(くに)
322(のぞ)ませ(たま)刹帝利(せつていり)(きみ)
323治国別(はるくにわけ)千早(ちはや)()(かみ)御稜威(みいづ)(たか)くして
324(つか)(まつ)りぬ(たま)宮居(みやゐ)を。
325ヒルナ(ひめ)(たす)(たま)へるビクの(くに)
326(よる)なき(くに)(さか)えますらむ。
327(やみ)()治国別(はるくにわけ)神司(かむつかさ)
328ビクの御国(みくに)万代(よろづよ)(いの)る』
329 ()(おのおの)祝歌(しゆくか)(たてまつ)目出度(めでた)遷座(せんざ)(しき)(をは)り、330()いでホーフスに(おい)大直会(おほなほらひ)(えん)(ひら)かるる(こと)となつた。
331大正一二・二・二三 旧一・八 於竜宮館 外山豊二録)