霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 鼻向(はなむけ)〔一四〇七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第54巻 真善美愛 巳の巻 篇:第5篇 神光増進 よみ:しんこうぞうしん
章:第21章 鼻向 よみ:はなむけ 通し章番号:1407
口述日:1923(大正12)年02月23日(旧01月8日) 口述場所:竜宮館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:261頁 八幡書店版:第9輯 713頁 修補版: 校定版:267頁 普及版:117頁 初版: ページ備考:
001 治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)刹帝利(せつていり)(もよほ)したホーフスの直会(なほらひ)(くわい)(のぞ)み、002盛大(せいだい)なる酒宴(しゆえん)(をは)一夜(いちや)をここに()かした。003朝未明(あさまだき)よりビクトル(さん)神殿(しんでん)(わう)(はじ)一同(いちどう)初詣(はつまゐり)をした。004竜彦(たつひこ)(たちま)神懸(かむがかり)となつて()ふ。
005竜彦(たつひこ)(われ)天教山(てんけうざん)木花姫命(このはなひめのみこと)である。006(なんぢ)治国別(はるくにわけ)007最早(もはや)ビクの(くに)風塵(ふうぢん)(をさ)まり後顧(こうこ)(うれ)ひなければ、008一刻(いつこく)(はや)西(にし)(むか)つて出立(しゆつたつ)せよ。009(なんぢ)徒弟(とてい)道晴別(みちはるわけ)玉木村(たまきむら)里庄(りしやう)テームスの(むすめ)スミエル、010スガールの両人(りやうにん)が、011バラモン(ぐん)のゼネラル、012鬼春別(おにはるわけ)013久米彦(くめひこ)一派(いつぱ)(うば)はれたるを(すく)はむとして、014(かへつ)て、015岩窟内(がんくつない)(ふか)(あな)(おと)()れられむとして()るから、016一時(いちぢ)(はや)猪倉山(ゐのくらやま)立向(たちむか)ふべし。017(とき)(おく)れては一大事(いちだいじ)018松彦(まつひこ)019竜彦(たつひこ)020万公(まんこう)(とも)救援(きうゑん)(むか)ふべし』
021()らせ(たま)神上(かむあ)がり(たま)うた。
022 治国別(はるくにわけ)(この)神勅(しんちよく)()いて(わが)徒弟(とてい)晴公(はるこう)道晴別(みちはるわけ)となり(あは)れなる(をんな)(すく)はむが(ため)(てき)術中(ぢゆつちう)(おちい)りたる(こと)(さと)り、023(この)(よし)刹帝利(せつていり)()げて(とき)(うつ)さず出立(しゆつたつ)する(こと)となつた。
024治国(はるくに)只今(ただいま)()きの(とほ)神勅(しんちよく)(さが)りましたから、025(なが)らくお世話(せわ)(あづ)かりましたが、026(これ)でお(いとま)(いた)します』
027刹帝(せつてい)(なが)らくお世話(せわ)(あづ)かりましてお(れい)申上(まをしあげ)(やう)(ござ)いませぬ。028(しか)(なが)(この)(まま)(わか)(まを)すのは(じつ)本意(ほい)()(ござ)りますれば、029()(かく)一度(いちど)ホーフスにお(かへ)りの(うへ)030袂別(べいべつ)(さかづき)取交(とりかは)()(ござ)ります。031あまり(まは)(みち)でもありませぬからお()(くだ)さい。032(また)(いそ)ぎとならば(うま)用意(ようい)(いた)さねばなりませぬから』
033治国(はるくに)(しか)らば折角(せつかく)思召(おぼしめし)034(この)まま徒歩(とほ)(いそ)ぐよりもお(うま)拝借(はいしやく)すれば非常(ひじやう)便利(べんり)(よろ)しう(ござ)います。035(しか)らば(いま)一応(いちおう)世話(せわ)になりませう』
036一行(いつかう)四人(よにん)刹帝利(せつていり)以下(いか)役員(やくゐん)(とも)(いそ)ぎホーフスに(かへ)つた。037左守司(さもりのかみ)部下(ぶか)(めい)名馬(めいば)四頭(しとう)()()して、038一行(いつかう)出立(しゆつたつ)用意(ようい)(いそ)いでゐる。039刹帝利(せつていり)(わか)れを(をし)(なみだ)(なが)(なが)ら、040(みづか)(さかづき)をとつて治国別(はるくにわけ)(わた)し、041(さけ)をなみなみと()いで袂別(べいべつ)(しき)()げた。
042刹帝利(せつていり)何時(いつ)(まで)(きみ)御影(みかげ)(をが)まむと
043(おも)ひし(こと)水泡(みなわ)となりぬる。
044さりながら(きみ)(のこ)せし勲功(いさをし)
045万代(よろづよ)(まで)()つる(こと)なし。
046かねてより()くある(こと)()(なが)
047今更(いまさら)(ごと)(かな)しかりけり』
048治国別(はるくにわけ)七十路(ななそじ)()えさせ(たま)()なれども
049(まめ)やかに()御姿(みすがた)(うれ)しき。
050村肝(むらきも)(こころ)(あと)(のこ)しつつ
051(すす)みて()かむ(かみ)大道(おほぢ)に。
052ヒルナ(ひめ)治国別(はるくにわけ)只今(ただいま)
053(きみ)(わか)れて(たび)()でむとす。
054(ねが)はくば国王(こきし)(きみ)朝夕(あさゆふ)
055(こころ)(くば)らせ(まも)らせ(たま)へ』
056ヒルナ(ひめ)『なつかしき治国別(はるくにわけ)神司(かむつかさ)
057(わか)れむとして(なみだ)こぼるる。
058(わが)(きみ)()()()ひて朝夕(あさゆふ)
059(まも)(まも)らむ(かみ)(めぐ)みに。
060治国(はるくに)(わけ)(つかさ)松彦(まつひこ)
061竜彦(たつひこ)万公(まんこう)(まめ)やかに()せ』
062松彦(まつひこ)千代(ちよ)八千代(やちよ)(うご)かぬビクの国柱(くにばしら)
063()てさせ(たま)(かみ)(いの)りて。
064いざさらば(わが)()(きみ)諸共(もろとも)
065(こま)(むちう)(わか)()かなむ』
066タルマン『天地(あめつち)(かみ)(ちから)()()けて
067(すす)ませ(たま)(つき)御国(みくに)へ。
068治国(はるくに)(わけ)(みこと)(かみ)にませば
069如何(いか)なる(まが)もさやらざるらむ。
070(わが)(きみ)()ふも(さら)なり(この)(くに)
071(つかさ)(たみ)如何(いか)(なげ)かむ。
072さり(なが)(こころ)(やす)けく思召(おぼしめ)
073(わが)()(をしへ)(あつ)(まも)れば』
074治国別(はるくにわけ)有難(ありがた)(わか)れに(のぞ)一言(ひとこと)
075(こと)()さへも()でぬ(かな)しさ。
076さり(なが)(かみ)(たま)ひし(たましひ)
077これの御国(みくに)にとどまりて(まも)る』
078左守(さもり)治国(はるくに)(わけ)(みこと)(こころ)して
079(すす)ませ(たま)醜野ケ原(しこのがはら)を。
080バラモンの(また)もや(しこ)軍人(いくさびと)
081(はら)はむとして()でます(きみ)よ。
082健気(けなげ)なる(をしへ)(つかさ)首途(いでたち)
083見送(みおく)(われ)(なみだ)こぼるる』
084治国別(はるくにわけ)大神(おほかみ)(あつ)(めぐ)みに(いだ)かれて
085(すす)みて()かむ(こころ)(やす)かれ』
086右守(うもり)常暗(とこやみ)()()らします神司(かむつかさ)
087(いま)果敢(あへ)なく(わか)れむとする。
088(いま)(しば)輿(ひつぎ)(とど)(たま)へかしと
089(たの)甲斐(かひ)なき今日(けふ)首途(いでまし)
090(きみ)()かばこれのホーフスは(たちま)ちに
091()()えしごと(さび)しくならむ』
092治国別(はるくにわけ)仮令(たとへ)(われ)ビクの御国(みくに)()るとても
093(かみ)ましませば(さび)しからまじ。
094(ねが)はくば右守(うもり)(かみ)国王(こきし)(きみ)
095誠心(まごころ)(ささ)(つか)(たま)はれ。
096三五(あななひ)(かみ)大道(おほぢ)(ゆめ)にだに
097(わす)(たま)ふな(ゆめ)にも(うつつ)にも』
098竜彦(たつひこ)『いざさらば(きみ)(やかた)竜彦(たつひこ)
099(かみ)のまにまに(わか)()かなむ。
100刹帝利(せつていり)(もも)(つかさ)人々(ひとびと)
101(たもと)(わか)()くぞ(かな)しき。
102さり(なが)道晴別(みちはるわけ)(すく)はずば
103(かみ)(つかさ)(みち)()たねば』
104右守(うもり)竜彦(たつひこ)(かみ)(つかさ)御言葉(おんことば)
105()くにつけても(いさ)ましきかな』
106万公(まんこう)万代(よろづよ)もいと(すこや)かにましませと
107(いの)るは誠心(まことごころ)なりけり』
108ハルナ『吾国(わがくに)艱難(なやみ)(はら)(わが)(きみ)
109(たす)(たま)ひし(ひと)(たふと)き。
110万代(よろづよ)御側(みそば)(つか)へまつらむと
111(おも)ひし甲斐(かひ)なく(わか)れむとぞする。
112(ねが)はくば三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
113ビクの御国(みくに)(わす)(たま)ふな』
114治国別(はるくにわけ)『いかにして(かみ)のまします神国(かみくに)
115(かみ)(つかさ)(わす)れるべきかは』
116カルナ(ひめ)大神(おほかみ)(めぐ)みの(つゆ)(うるほ)ひし
117(ひと)(ことごと)さぞや(なげ)かむ。
118(われ)(また)今日(けふ)(わか)れを(なん)となく
119(なみだ)ぐまれぬ(をし)まれにける』
120 ()(たがひ)(うた)()(かは)し、121(はや)くも刹帝利(せつていり)より(たま)はつた駿馬(しゆんめ)(またが)り、122(くつわ)(なら)べて四人(よにん)師弟(してい)(わか)れを()(むち)()げて一目散(いちもくさん)大原野(だいげんや)(かけ)()く。123(あと)見送(みおく)つて一同(いちどう)両手(りやうて)(あは)感謝(かんしや)(なみだ)(こゑ)(くも)らせてゐた。
124治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)
125(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
126ビクの国王(こきし)司等(つかさら)
127(いとま)()げて(いさぎよ)
128(こころ)(つく)しの(こま)()
129(くつわ)(なら)戞々(かつかつ)
130青葉(あをば)(しげ)れる(つゆ)(みち)
131初夏(しよか)微風(びふう)(おもて)をば
132なめられ(なが)(すす)()
133(またた)(うち)五十里(ごじふり)
134原野(げんや)()()猪倉(ゐのくら)
135魔神(まがみ)(こも)峰続(みねつづ)
136シメジ(たうげ)(ふもと)まで
137(はや)くも無事(ぶじ)()きにけり
138ここに四人(よにん)(ひづめ)をば
139とどめて大地(だいち)()()りつ
140馬首(ばしゆ)をば(ひがし)差向(さしむ)けて
141一鞭(ひとむち)あつればさしもの名馬(めいば)
142もと()(みち)引返(ひつかへ)
143名残(なごり)(をし)げに(いなな)きつ
144一目散(いちもくさん)(かへ)()
145治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)
146シメジ(たうげ)急坂(きふはん)
147エンヤラヤツと(のぼ)りつめ
148(しば)(あせ)をばいれ(なが)
149四方(よも)景色(けしき)打眺(うちなが)
150()()(やう)風色(ふうしよく)
151(たび)(つか)れを()やしけり
152少時(しばらく)ありて一行(いつかう)
153立板(たていた)なせる坂道(さかみち)
154行進歌(かうしんか)をば(うた)ひつつ
155注意(ちうい)(なが)(くだ)()く。
156 万公(まんこう)(さき)()一歩(ひとあし)々々(ひとあし)調子(てうし)をとつて(うた)()した。
157万公(まんこう)『バラモン(ぐん)将軍(しやうぐん)
158威張(ゐば)()らした両人(りやうにん)
159ビクの(くに)をば退(やら)はれて
160(いのち)からがらドツコイシヨ
161卑怯未練(ひけふみれん)猪倉(ゐのくら)
162(やま)(やうや)落延(おちの)びて
163土竜(むぐら)(やう)穴住(あなず)まひ
164三千余騎(さんぜんよき)引率(いんそつ)
165さも(つよ)さうに(かま)へゐる
166その権幕(けんまく)反対(はんたい)
167(わづ)四人(よにん)神司(かむづかさ)
168打出(うちだ)(いづ)言霊(ことたま)
169(おそ)れて()()卑怯(ひけふ)さよ
170いざ(これ)よりはフサの(くに)
171玉木(たまき)(むら)立向(たちむか)
172始終(しじう)様子(やうす)探索(たんさく)
173(わが)()(きみ)(したが)ひて
174魔神(まがみ)()まへる岩窟(がんくつ)
175一大騒動(いちだいさうどう)(おこ)すべく
176(すす)みて()かむ(たの)しさよ
177ア、ウントコドツコイ(あぶ)ないぞ
178松彦(まつひこ)さまよ、竜彦(たつひこ)
179貴方(あなた)(あし)(よわ)(ゆゑ)
180用心(ようじん)なさるが(よろ)しかろ
181これこれ御覧(ごらん)この(さか)
182一方(いつぱう)断岩(だんがん)屹立(きつりつ)
183一方(いつぱう)千尋(ちひろ)(たに)(そこ)
184岩石(がんせき)起伏(きふく)(あひだ)をば
185飛沫(ひまつ)()ばす(みづ)(おと)
186()るさへ(たん)(さむ)くなる
187(いのち)あつての物種(ものだね)
188(かなら)怪我(けが)()(やう)
189大神様(おほかみさま)太祝詞(ふとのりと)
190(とな)()げつつ(くだ)りませ
191ア、ウントコドツコイドツコイシヨ
192これ(ほど)難所(なんしよ)(また)()
193如何(どう)してあらうか親不知(おやしらず)
194子不知峠(こしらずたうげ)()(やう)
195命知(いのちし)らずの宣伝使(せんでんし)
196とは()ふものの肉体(にくたい)
197なくては神業(しんげふ)(つと)まらぬ
198(ひと)(からだ)神様(かみさま)
199御使用(ごしよう)(あそ)ばす傀儡(からくり)
200(この)傀儡(からくり)何処(どこ)までも
201立派(りつぱ)保護(ほご)(たてまつ)
202大黒主(おほくろぬし)三五(あななひ)
203(をしへ)(みち)(まつろ)ひて
204誠心(まことごころ)(かへ)るまで
205大必要(だいひつえう)(この)(からだ)
206(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
207(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる
208朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
209(つき)()つとも()くるとも
210仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
211(かみ)(よさ)しの使命(しめい)をば
212(はた)さにやおかぬ益良夫(ますらを)
213(あか)(こころ)(みそなは)
214猪倉山(ゐのくらやま)()ふも(さら)
215黄金山(わうごんざん)大雲山(だいうんざん)
216()()曲津(まがつ)言向(ことむ)けて
217(ふと)しき勲功(いさを)万代(よろづよ)
218()てさせ(たま)惟神(かむながら)
219(かめ)(よはひ)万公(まんこう)
220真心(まごころ)こめて()ぎまつる
221ウントコドツコイ ドツコイシヨ
222(みな)さま()をつけなさいませ
223シメジ(たうげ)第一(だいいち)
224ここが難所(なんしよ)()(こと)
225足許(あしもと)大切(だいじ)(たの)みます
226ア、ウントコドツコイ、アイタツタ
227あんまり(うた)()をとられ
228注意(ちうい)(あた)へた万公(まんこう)
229第一番(だいいちばん)()けよつた
230アイタタタツタこれや如何(どう)ぢや
231(けつ)(かは)()けた(やう)
232これも(まつた)神様(かみさま)
233(わたし)(からだ)()(きた)
234大厄難(だいやくなん)小難(せうなん)
235見直(みなほ)しましたお(かげ)だろ
236ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
237御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
238 治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)(かは)(がは)宣伝歌(せんでんか)進行歌(しんかうか)(うた)(なが)ら、239(やうや)くにして玉木(たまき)(さと)のテームスの(やかた)()いた。240邸内(ていない)老木(らうぼく)鬱蒼(うつさう)として際限(さいげん)もなく(ひろ)く、241立派(りつぱ)建物(たてもの)沢山(たくさん)立並(たちなら)んでゐた。242されども何処(どこ)ともなく(この)(やかた)(うち)憂事(うれひごと)(つつ)まれて()(やう)気配(けはい)がしてゐる。
243万公(まんこう)『もし先生(せんせい)244ここが木花姫(このはなひめ)(さま)がお(しめ)しになつた、245玉木(たまき)(むら)里庄(りしやう)テームスの(やかた)()えますな。246二人(ふたり)(むすめ)(とら)はれて()るので心配(しんぱい)があると()え、247立派(りつぱ)(いへ)(むね)までが(なん)だか力無(ちからな)げに俯向(うつむ)いて(なげ)いてゐる(やう)()えますな。248何時(いつ)先生(せんせい)(ひと)(いへ)屋根(やね)()たら其処(そこ)(うち)(さか)える(いへ)か、249(おとろ)へる(いへ)か、250(よろこ)びがあるか、251(かな)しみがあるか、252(わか)るものだと仰有(おつしや)いましたが、253如何(いか)にも(その)(とほ)り、254(なん)とはなしに(いへ)(まで)心配(しんぱい)にしてゐるぢやありませぬか』
255治国(はるくに)万公(まんこう)256こんな(ところ)左様(さやう)(こと)()ふものでない。257(これ)からテームスの(やかた)()けば(けつ)して(しやべ)つてはいかぬぞ。258治国別(はるくにわけ)命令(めいれい)する(まで)普通(ふつう)一般(いつぱん)挨拶(あいさつ)だけしたら(だま)つてゐるのだ。259脱線(だつせん)だらけの(こと)(しやべ)()てると(かへつ)てお(まへ)人格(じんかく)(かる)()られ、260ひいては(わし)(まで)(はづか)しい()をせなくてはならぬから屹度(きつと)(つつし)んでくれよ』
261万公(まんこう)『はい、262(つつし)みます。263万口(まんこう)()へば(まん)(くち)ですから一口(ひとくち)づつ()つても万口(まんくち)(なら)(やう)(おも)へば、264随分(ずいぶん)(りやう)(おほ)うなりますからな』
265松彦(まつひこ)『アハハハハハさア先生(せんせい)御言葉(おことば)(とほ)り、266これから万口(まんこう)ぢやない、267篏口令(かんこうれい)だ』
268()(なが)表門(おもてもん)()ちトントンと(こぶし)(もつ)(おとづ)れた。
269大正一二・二・二三 旧一・八 於竜宮館 北村隆光録)