霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 人畜(にんちく)〔一四六四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第2篇 顕幽両通 よみ:けんゆうりょうつう
章:第14章 第57巻 よみ:にんちく 通し章番号:1464
口述日:1923(大正12)年03月25日(旧02月9日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5714
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 327頁 修補版: 校定版:190頁 普及版:90頁 初版: ページ備考:
001 テルモン(ざん)山麓(さんろく)(くす)岩窟(いはや)には、002神館(かむやかた)姉娘(あねむすめ)デビス(ひめ)悪狐(あくこ)化物(ばけもの)として押込(おしこ)めてあつた。003宮町(みやまち)一般(いつぱん)老若男女(らうにやくなんによ)八九分通(はちくぶどほ)りまで(まこと)(ひめ)とは()らず、004(いづ)れも妖怪(えうくわい)変化(へんげ)とのみ(しん)じ、005(おそ)れて(ちか)づく(もの)()かつた。006ワックスは(よる)(ひそ)かに燈火(あかり)(てん)じ、007親切(しんせつ)らしく窟内(くつない)(ひめ)()うた。008(ひめ)(くら)がりの窟内(くつない)端坐(たんざ)し、009述懐(じゆつくわい)(うた)つて()る。
010デビス(ひめ)()常暗(とこやみ)となり()てて
011月日(つきひ)(かげ)(うす)らぎつ
012悪魔(あくま)四方(よも)横行(わうかう)
013(ぜん)(そこな)(あく)(たす)
014所在(あらゆる)手段(しゆだん)(めぐ)らして
015テルモン(ざん)神館(かむやかた)
016(ねら)()るこそ(うた)てけれ
017家令(かれい)(せがれ)ワックスは
018(おもて)(ぜん)標榜(へうぼう)
019(あま)言葉(ことば)(なら)べつつ
020(しり)(けん)()蜜蜂(みつばち)
021(そら)(おそ)ろしき悪漢(しれもの)
022(わらは)日頃(ひごろ)()(した)
023目尻(めじり)()げて()(きた)
024そのスタイルの(いや)らしさ
025(わらは)はもとより(をんな)()
026(いづ)れは(をつと)()()なれど
027せめて(をとこ)らしき益良夫(ますらを)
028(わが)()(きみ)(あが)めつつ
029(ちち)(いへ)をば()(まも)
030(はは)(こころ)(なぐさ)めて
031(かみ)御為(おんため)()(ため)
032(まこと)(ひと)つを立通(たてとほ)
033(この)()(かがみ)(うた)はれて
034(めぐ)みの(つゆ)民草(たみぐさ)
035(うへ)(ひた)しつ(かみ)()
036(うま)()でたる(つと)めをば
037(つく)さむものと朝夕(あさゆふ)
038(かみ)御前(みまへ)(いの)りしが
039如何(いか)なる悪魔(あくま)のさやりしか
040大黒主(おほくろぬし)(ひら)きたる
041(うづ)聖地(せいち)何日(いつ)しかに
042魔神(まがみ)棲処(すみか)となり()てて
043(わが)()(ため)(ちから)をば
044(つく)して(つか)(まつ)るべき
045家令(かれい)(せがれ)ワックスは
046(こひ)(とりこ)()()てて
047日毎(ひごと)夜毎(よごと)悪企(わるだく)
048大黒主(おほくろぬし)(のこ)されし
049如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(ぬす)()
050(わらは)(いへ)(あだ)をなし
051(ちち)(はは)とを(くる)しめて
052往生(わうじやう)づくめに(わらは)をば
053(つま)となさむと(たく)らみつ
054振舞(ふるま)ひたるぞ(にく)らしき
055(ちち)(こころ)(くる)しめて
056(おも)(やまひ)()(たま)
057(いのち)(ほど)(はか)られぬ
058御身(おんみ)とこそはなり(たま)
059悲嘆(ひたん)(なみだ)神館(かむやかた)
060(とき)じく()りて()()なく
061(くる)しみ(もだ)ゆる親娘(おやこ)(こころ)
062(あは)れみ(たま)物凄(ものすご)
063深山(みやま)(おく)(ただ)一人(ひとり)
064()()(かよ)ひて水垢離(みづごうり)
065三七日(さんしちにち)(その)揚句(あげく)
066さも(おそ)ろしき盗人(ぬすびと)
067途中(とちう)出会(であ)(たま)()
068(いのち)()えむとする(とき)
069三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
070求道居士(きうだうこじ)(いもうと)
071ケリナを(ともな)(きた)りまし
072(わらは)(いのち)(すく)ひつつ
073仁慈(じんじ)無限(むげん)(こころ)もて
074ベルとヘルとの二人(ふたり)まで
075(すく)はせ(たま)ひし健気(けなげ)さよ
076(わらは)居士(こじ)(したが)ひて
077(つゆ)おく野路(のぢ)をスタスタと
078パインの(もり)立向(たちむか)
079少時(しばし)(やす)らふ()りもあれ
080(かね)太鼓(たいこ)でドンチヤンと
081旗指物(はたさしもの)押立(おした)てて
082(すす)(きた)りしワックスが
083数多(あまた)町人(ちやうにん)使嗾(しそう)して
084(わらは)(きつね)化身(けしん)ぞと
085()ひくるめつつ手足(てあし)をば
086(かた)(しば)つて岩窟(がんくつ)
087()()みたるぞ(おそ)ろしき
088如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(いま)何処(いづこ)
089(ちち)(いのち)(いま)もまだ
090つづかせ(たま)ふか(かりがね)
091便(たよ)りもがなと(おも)へども
092(たづ)ねむ(よし)もなく(ばか)
093求道居士(きうだうこじ)(いもうと)
094()(うへ)如何(いか)になりしかと
095(おも)へば(むね)()()くる
096(この)(くるし)みを如何(いか)にして
097()やさむ(すべ)もなき(たふ)
098(した)()()つて()なむかと
099(おも)ひしことも幾度(いくたび)
100さはさり(なが)()てしばし
101(とし)()(たま)ひし父母(ちちはは)
102(この)()()ますその(かぎ)
103短気(たんき)(おこ)()()せなば
104不孝(ふかう)(つみ)(かさ)なりて
105未来(みらい)(ほど)(おそ)ろしと
106(また)とり(なほ)(こころ)(ゆみ)
107矢竹心(やたけごころ)何処(どこ)までも
108(とほ)さにやおかぬ(わが)(おも)
109三五教(あななひけう)(まも)ります
110国治立(くにはるたち)大御神(おほみかみ)
111豊国主(とよくにぬし)大御神(おほみかみ)
112果敢(はか)なき吾等(われら)()(うへ)
113(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
114御前(みまへ)(つつし)()(まつ)
115朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
116(つき)()つとも()くるとも
117仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
118(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
119(かみ)(をしへ)()(すく)
120(すく)ひの(かみ)(たの)めよと
121()らせ(たま)ひし()(きみ)
122言葉(ことば)(いま)(わす)られず
123いと(なつか)しき求道居士(きうだうこじ)
124(まめ)()ませや(いもうと)
125それにつけてもヘル(つかさ)
126一日(ひとひ)(はや)大神(おほかみ)
127(めぐ)みの(つゆ)()()びて
128岩窟(いはや)(なか)(くる)しみを
129(のが)()でませ惟神(かむながら)
130(かみ)かけ(いの)(たてまつ)
131三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
132一度(いちど)(ひら)(ためし)もあるに
133(うめ)(さくら)(たと)ふべき
134(わが)姉妹(おとどひ)如何(いか)にして
135(つぼみ)(はな)(ひら)かざる
136(はや)岩戸(いはと)何人(なにびと)
137(なさけ)(ふか)武士(もののふ)
138(たづ)(きた)りて(ひら)きませ
139(こころ)(そら)日月(じつげつ)
140伊照(いて)(わた)れど現身(うつそみ)
141(まま)ならぬ()如何(いか)にせむ
142(はがね)(かべ)(へだ)てられ
143(くも)()てたる現世(うつしよ)
144(ひかり)さへ()浅間(あさま)しさ
145(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
146(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
147(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
148直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
149()(わざはひ)()(なほ)
150(すく)はせ(たま)大神(おほかみ)
151御袖(みそで)(すが)(たてまつ)
152(わらは)生命(いのち)(をし)まねど
153(ちち)(はは)との御身(おみ)(うへ)
154如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(たから)をば
155(すく)はせ(たま)大御神(おほみかみ)
156(こころ)(みだ)()(くる)
157前後(ぜんご)()らぬ乙女子(をとめご)
158(あと)(さき)なる口説(くど)(ごと)
159(ゆる)させ(たま)素盞嗚(すさのを)
160(みづ)御霊(みたま)御前(おんまへ)
161(つつし)(ゐやま)()(まつ)
162アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
163御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
164 ワックスは(てつ)門扉(もんぴ)(へだ)てて(この)(うた)をスツカリ()いて(しま)ひ、165双手(もろて)()んで吐息(といき)をつき(なが)独言(ひとりごと)
166ワックス『アア(いま)(うた)様子(やうす)ではデビス(ひめ)余程(よほど)(おれ)(うら)めてゐる(やう)だ。167こりや一通(ひととほ)りでは(なび)くまい。168(なん)とかうまく言葉(ことば)(まう)けて(ひめ)歓心(くわんしん)()ひ、169ワックスに(うらみ)がないものだと(おも)はしめねばならぬ。170ハテ(こま)つた(こと)だな。171……ウン、172ヨシヨシ此奴(こいつ)あエキスに、173にじりつけてやらう。174さうすりや、175屹度(きつと)デビス(ひめ)(うたがひ)()らし自分(じぶん)信用(しんよう)するに(ちが)ひない。176万一(まんいち)三千彦(みちひこ)(やつ)177こんな(ところ)(かく)してある(こと)(さぐ)り、178(すく)()さうものなら、179それこそ大変(たいへん)だ。180(なん)でも今晩(こんばん)(うち)に、181(うま)くやつつけねば六菖十菊(ろくしやうじつきく)(くい)(のこ)さねばなるまい。182だと()つて(にはか)()知恵(ちゑ)()ない、183(こま)つたものだ』
184独語(ひとりご)ちつつ半時(はんとき)ばかり(かんが)へて()た。185ワックスは(なに)()思案(しあん)(うか)んだと()え、186(いや)らしい(ゑみ)()かべ(なが)ら、187(つき)西山(せいざん)(かく)れたのを(さいは)ひ、188入口(いりぐち)(すす)()つて、
189『ヤアヤア、190これなる岩窟(がんくつ)押込(おしこ)められ(たま)御方(おんかた)如何(いか)なる御仁(ごじん)(ござ)るか。191道聴途説(だうちやうとせつ)によれば三五教(あななひけう)悪狐(あくこ)高倉稲荷(たかくらいなり)化身(けしん)との(こと)192拙者(せつしや)大悪人(だいあくにん)のエキスに(あやま)られ大切(たいせつ)なる姫君様(ひめぎみさま)高倉稲荷(たかくらいなり)()()らひ、193その御姿(おすがた)(うま)()()るものと(しん)じ、194(ひめ)(さま)(かたき)()たむものと、195(おそ)(おほ)くも(この)岩窟内(がんくつない)()()めたり。196これ(まつた)くワックスの(こころ)より()でしものに(あら)ず、197(しか)(なが)(ひめ)(さま)(あだ)(むく)はむとの真心(まごころ)()(たて)(たま)らず無慚(むざん)にも白狐(びやくこ)化身(けしん)(おも)(あやま)押込(おしこ)(まゐ)らせたり。198昨晩(さくばん)のバラモン大神(おほかみ)(ゆめ)のお()げに、199(この)岩窟(がんくつ)(はい)られ(たま)(ひめ)(さま)(まこと)のお(ひめ)(さま)との(こと)200直様(すぐさま)(まか)()で、201(たす)(まを)さむと(こころ)矢竹(やたけ)(はや)れども、202悪人(あくにん)エキス、203ヘルマン、204(わが)身辺(しんぺん)看守(みまも)()れば、205無念(むねん)(なが)夜陰(やいん)()ち、206只今(ただいま)(むか)への(ため)参上(さんじやう)(つかまつ)つたり。207姫君様(ひめぎみさま)208如意宝珠(によいほつしゆ)のお(たま)もエキス、209ヘルマンの両人(りやうにん)(ぬす)()たりしを(この)ワックス慧眼(けいがん)(もつ)看破(かんぱ)し、210(ただ)ちに小国別(をくにわけ)(さま)返附(へんぷ)させたれば(この)(こと)御安心(ごあんしん)あれ。211(また)御父上様(おちちうへさま)()御壮健(ごさうけん)()しませば(かなら)心慮(しんりよ)(なや)ませ(たま)(こと)(なか)れ。212御両親(ごりやうしん)(この)ワックスの忠誠(ちうせい)御称讃(ごしようさん)(あそ)ばされ、213(いま)やデビス(ひめ)御夫(おんをつと)御定(おさだ)めの(うへ)214神館(かむやかた)御相続人(ごさうぞくにん)とお(さだ)めありし(うへ)は、215今日(こんにち)只今(ただいま)より(ひめ)(さま)拙者(せつしや)女房(にようばう)216(つま)(ため)には身命(しんめい)(をし)まぬ(この)ワックス、217御安心(ごあんしん)なされませ。218(また)御妹君(おんいもうとぎみ)ケリナ(さま)御無事(ごぶじ)()られますれば、219(よろこ)びなされませ。220これ(まつた)くワックスが尽力(じんりよく)(いた)(ところ)221(かなら)ずお(うたが)(くだ)さいますな。222ワックス、223只今(ただいま)人目(ひとめ)(しの)びお(むか)へに参上(さんじやう)(つかまつ)りました』
224大音声(だいおんじやう)(よば)はつた。225(なか)よりデビス(ひめ)(ほそ)(こゑ)にて、
226デビス(ひめ)夜陰(やいん)にも(かかは)らず(この)(おそ)ろしき山奥(やまおく)(わらは)(たづ)(きた)るは何者(なにもの)ぞ。227狐狸(こり)か、228妖怪(えうくわい)か、229(すみやか)にここを立去(たちさ)れ。230左様(さやう)世迷言(よまいごと)()(みみ)()たぬ。231エー(けが)らはしい』
232ワックス『これはしたり、233デビス(ひめ)(さま)234拙者(せつしや)狐狸(こり)でも妖怪(えうくわい)でも(ござ)らぬ。235正真正銘(しやうしんしやうめい)家令(かれい)(せがれ)ワックスで(ござ)います。236貴女(あなた)(たす)けむために()()苦労(くらう)(いた)したか(わか)りませぬ。237御推量(ごすゐりやう)(くだ)さいませ』
238デビス(ひめ)人間(にんげん)か、239怪物(くわいぶつ)()らないが其方(そなた)(ひと)(めん)(かぶ)つた古狐(ふるぎつね)古狸(ふるだぬき)だ。240()大妖怪(だいえうくわい)だ。241悪逆無道(あくぎやくぶだう)邪鬼(じやき)242羅刹(らせつ)243(なんぢ)言葉(ことば)()くも(けが)らわしい。244(また)仮令(たとへ)(しん)のワックスにもせよ。245(けつ)して言葉(ことば)(かは)所存(しよぞん)はない。246卑劣(ひれつ)(きは)まる根性(こんじやう)(ひつさ)げて夜中(やちう)(しの)(しの)岩窟(がんくつ)(きた)るとは腹黒(はらぐろ)曲者(くせもの)247最早(もはや)(わらは)(この)岩窟(がんくつ)女王(ぢよわう)となり数多(あまた)のエンゼルに(すく)はれ、248食物(しよくもつ)にも不自由(ふじゆう)なく安心(あんしん)(くら)して()る。249(なんぢ)(ごと)犬畜生輩(いぬちくしやうばら)には()んでも御世話(おせわ)にならない。250(およ)ばぬ(のぞ)みを(おこ)すよりも、251トツトと()()つて(かへ)れ、252人畜生(にんちくしやう)()
253言葉(ことば)(きび)しく(ののし)つた。254ワックスはクワツと(いか)り、255鉄門(かなど)(いし)にてガンガンと(ちから)(かぎ)りに()(つづ)脅喝(けふかつ)(なが)ら、
256ワックス『コレ、257(ひめ)さま、258そんな(こと)()つた(ところ)岩窟内(がんくつない)食物(しよくもつ)がある(はず)もなし、259名代(なだい)魔窟(まくつ)にエンゼルのお(くだ)(あそ)ばす道理(だうり)はない。260痩我慢(やせがまん)()るよりも因果腰(いんぐわごし)()めて(この)ワックスの(こひ)をお()(くだ)さい。261魚心(うをごころ)あれば水心(みづごころ)あり、262テルモン(ざん)神館(かむやかた)(はじ)御両親(ごりやうしん)のお()(うへ)(まも)るは(この)ワックスより(ほか)には(ござ)いませぬぞ。263左様(さやう)無分別(むふんべつ)(こと)()はずに(うん)()ひなされ。264どこ(まで)頑張(ぐわんば)つて()かなければ此方(こちら)にも覚悟(かくご)(ござ)る。265(こひ)(かな)はぬ意趣返(いしゆがへ)し、266嬲殺(なぶりごろ)しに(いた)しても(おそ)ろしうは(ござ)らぬか』
267デビス(ひめ)『エー、268(けが)らはしや、269悪党者(あくたうもの)270主人(しゆじん)(むか)つて無礼(ぶれい)(つみ)271(ゆる)しは(いた)さぬぞ、272覚悟(かくご)しや』
273()(なが)岩片(がんぺん)(ひろ)ふより(はや)(てつ)格子窓(こうしまど)(あひだ)よりワックスに(むか)つて()げつけた。274ワックスは烈火(れつくわ)(ごと)(いきどほ)竹槍(たけやり)(しご)いて垣越(かきご)しに(ほね)(とほ)れよと、275デビス(ひめ)目蒐(めが)けて()()した。276(せま)岩窟(がんくつ)(へだ)てられ、277デビス(ひめ)()()くる余地(よち)()い。278あわや突殺(つきころ)されむとする一刹那(いちせつな)279何処(いづく)ともなく(ちう)()んで()(きた)猛犬(まうけん)280『ウーウー、281ウワッウワッ』と威喝(ゐかつ)(なが)らワックスの利腕(ききうで)(かじ)()いた。282ワックスはアツと()うた(まま)283(その)()(もろ)くも(たふ)れた。284猛犬(まうけん)スマートは(あと)()(かへ)()(かへ)り『ウーウーウー』と(しか)りつけ(なが)ら、285何処(いづく)ともなく姿(すがた)(かく)した。
286 (しば)らくあつてワックスは()がつき、287(うで)()(ぬぐ)四辺(あたり)(くさ)にて(くく)(なが)這々(はふばふ)(てい)にて一先(ひとま)(わが)(やかた)へスゴスゴと(かへ)()く。288四辺(あたり)()(しげ)みから(ふくろふ)(こゑ)『アホーアホー、289ゴロツトカヘセ、290ヤラレタナー、291バカバカ』と()いて()る。292(にはか)山柿(やまがき)(えだ)から(せみ)(こゑ)『ザマ ザマ ザマ、293ミーン ミーン ミーン ミーン』、294蟋蟀(きりぎりす)(こゑ)『ケラ ケラ ケラ』。
295大正一二・三・二五 旧二・九 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)