霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 空縛(くうばく)〔一四七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第3篇 天上天下 よみ:てんじょうてんか
章:第24章 第57巻 よみ:くうばく 通し章番号:1474
口述日:1923(大正12)年03月26日(旧02月10日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5724
愛善世界社版: 八幡書店版:第10輯 361頁 修補版: 校定版:292頁 普及版:132頁 初版: ページ備考:
001 小国別(をくにわけ)神館(かむやかた)には家令(かれい)のオールスチンが帰幽(きいう)せし(こと)を、002トンクの報告(はうこく)によりて()り、003(ただち)大神殿(だいしんでん)(すす)んで山野河海(さんやかかい)供物(くもつ)(けん)じ、004三千彦(みちひこ)祭主(さいしゆ)となし求道居士(きうだうこじ)005小国姫(をくにひめ)006デビス(ひめ)007ケリナ(ひめ)008ヘルその()下男(げなん)009下女(げぢよ)010参列(さんれつ)して、011オールスチンの帰幽報告祭(きいうはうこくさい)(おこな)ひ、012()(その)冥福(めいふく)(いの)るべく、013盛大(せいだい)なる祭典(さいてん)(おこな)うて()た。014()かる(ところ)へハルナの(みやこ)大黒主(おほくろぬし)使者(ししや)として、015ニコラス宣伝使(せんでんし)はポリト、016バット、017リーベナ、018ハンナ、019マリス、020ルイキンの六人(ろくにん)従者(じうしや)数十人(すうじふにん)兵卒(へいそつ)()()れ、021()(やかた)(あわただ)しく()(きた)り、022応接室(おうせつしつ)陣取(ぢんど)つて祭典(さいてん)()むのを()つて()た。023三千彦(みちひこ)その()一同(いちどう)は、024ニコラスが数十人(すうじふにん)(へい)()()(この)(やかた)(きた)りし(こと)(ゆめ)にも()らず、025一心不乱(いつしんふらん)祈願(きぐわん)()らし悠々(いういう)として(おく)()()(かへ)休息(きうそく)せむとする(とき)しも、026ニコラスは長剣(ちやうけん)(こし)()つたまま()(きた)り、
027ニコラス『拙者(せつしや)はハルナの(みやこ)大黒主(おほくろぬし)神様(かみさま)より、028重大(ぢゆうだい)なる使命(しめい)()びて出張(しゆつちやう)(いた)した(もの)(ござ)る。029長途(ちやうと)(たび)にて引率(いんそつ)せる兵卒(へいそつ)(つか)()りますれば相当(さうたう)休養所(きうやうじよ)をお(あた)(くだ)さい。030して、031小国別(をくにわけ)殿(どの)如何(いかが)(いた)されたか、032(すみやか)此処(ここ)にお()ましを(ねが)()い』
033小国姫(をくにひめ)『これはこれは遥々(はるばる)御上使(ごじやうし)のお(いで)034(をつと)小国別(をくにわけ)出迎(でむか)(つかまつ)るが本意(ほんい)(ござ)いますれど、035生命(せいめい)(かかは)(くらゐ)大病(たいびやう)(わづら)ひ、036(いま)(やうや)(いのち)()()めたる(ところ)(ござ)いますれば、037不本意(ふほんい)ながら失礼(しつれい)(いた)して()ります。038何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)(ゆる)(くだ)さいませ』
039ニコラス『小国姫(をくにひめ)殿(どの)040それは(さぞ)御心配(ごしんぱい)(ござ)らう。041御病気(ごびやうき)とあればたつてお()にかからうとは(まを)さぬ。042(しか)(なが)ら、043当館(たうやかた)には外道(げだう)宣伝使(せんでんし)三千彦(みちひこ)とやら(まを)魔法使(まはふづかひ)(かくま)ひあるよし()(およ)ぶが、044如何(いかが)(ござ)るか。045其方(そなた)大切(たいせつ)なるバラモン(けう)霊場(れいぢやう)046(こと)大黒主(おほくろぬし)(さま)発祥(はつしやう)(やかた)(あづか)らるる()(うへ)なれば、047よもや左様(さやう)取違(とりちが)ひはあるまいな。048(すみやか)御返答(ごへんたふ)(うけたま)はりませう』
049小国姫(をくにひめ)『ハイ、050(この)()(およ)んで(なに)(かく)しませう。051(さつ)しの(とほ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)三千彦(みちひこ)(さま)(はじ)求道(きうだう)(さま)()真人(しんじん)(まゐ)つて()られます』
052ニコラス『かかる(たふと)聖場(せいぢやう)へ、053誰人(たれ)(ゆる)しを()けてお(いれ)なされたか、054(その)理由(りいう)(うけたま)はらう』
055 小国姫(をくにひめ)はハツと(むね)をつきながら、056(かな)はぬ(ところ)覚悟(かくご)(さだ)め、057(なみだ)片手(かたて)(ぬぐ)ひ、
058(まこと)申訳(まをしわけ)のない次第(しだい)(ござ)いますが、059(これ)には(ふか)仔細(しさい)(ござ)います。060何卒(どうぞ)一応(いちおう)()(とり)(ねが)ひます。061(この)(やかた)には悪人(あくにん)(はびこ)り、062大黒主(おほくろぬし)(さま)より吾々(われわれ)(あづか)りし御神宝(ごしんぱう)(ぬす)()られ途方(とはう)()れ、063吾々(われわれ)二人(ふたり)(はら)かつさばいて申訳(まをしわけ)をせむかと(おも)(ところ)へ、064飄然(へうぜん)として三五教(あななひけう)三千彦(みちひこ)宣伝使(せんでんし)がお()しになり、065(たま)所在(ありか)(をし)へて(くだ)さいました。066(また)(わらは)(むすめ)二人(ふたり)(まで)悪漢(わるもの)誘拐(かどはか)され、067憂愁(いうしう)(なみだ)(くれ)()(ところ)をお(すく)(くだ)さつて(やうや)親子(おやこ)対面(たいめん)(いた)した(ところ)(ござ)います。068それ(ゆゑ)この二人(ふたり)のお(かた)(この)(やかた)(すく)(ぬし)(おも)ひまして、069(はや)(かへ)()いと仰有(おつしや)るのを無理(むり)()()めて()ります。070(けつ)して三千彦(みちひこ)(さま)求道(きうだう)(さま)(つみ)(ござ)いませぬ。071(みんな)(わたし)()()れたのですから、072如何(いか)やうとも御成敗(ごせいばい)(ねが)ひます』
073ニコラス『其方(そなた)成敗(せいばい)一先(ひとま)大黒主(おほくろぬし)(さま)御意見(ごいけん)()かねば処置(しよち)する(こと)出来(でき)ぬ。074(それ)(まで)神妙(しんめう)(ひか)へて()られたがよからう。075(しか)(なが)ら、076外道(げだう)宣伝使(せんでんし)一刻(いつこく)猶予(いうよ)はならぬ、077一刻(いつこく)(はや)(この)(はう)(まへ)()()しめされ』
078小国姫(をくにひめ)『ハイ』
079()(なが)顔色(かほいろ)()へてモジモジして()る。
080三千彦(みちひこ)拙者(せつしや)がお(たづ)ねの三千彦(みちひこ)(ござ)る。081今日(こんにち)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)とは()(なが)(この)(やかた)養子(やうし)デビス(ひめ)(をつと)(ござ)れば貴方(あなた)自由(じいう)にはなりますまい。082御意見(ごいけん)あらば(うけたま)はりませう』
083求道居士(きうだうこじ)拙者(せつしや)三五教(あななひけう)修験者(しゆげんじや)求道居士(きうだうこじ)(まを)すもの、084当家(たうけ)(むすめ)ケリナ(ひめ)(をつと)(ござ)る。085不都合(ふつがふ)(ござ)れば如何(いか)やうともなさつたがよからう』
086デビス(ひめ)『お上使様(じやうしさま)087(わらは)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(つま)(ござ)います。088どうか(をつと)(かは)りに(わらは)御処刑(ごしよけい)(くだ)さるやうにお(ねが)(いた)します』
089ケリナ(ひめ)(わらは)(をつと)身替(みがは)りに御処刑(ごしよけい)()けまする』
090三千彦(みちひこ)『アハハハハ、091ニコラス殿(どの)092サア(はや)吾々(われわれ)をお(しば)りなされ』
093 ニコラスは(あやま)るかと(おも)ひの(ほか)094度胸(どきよう)(すわ)つた四人(よにん)(いきほひ)辟易(へきえき)しながらも、095六人(ろくにん)従者(じうしや)()くばせした。096六人(ろくにん)(ふところ)より捕縄(ほじよう)()()し、097四人(よにん)(なは)をかけた。098四人(よにん)従容(しやうよう)として(ばく)されたまま表門(おもてもん)()かれ()く。099ニコラスは天下(てんか)懲戒(みせしめ)門前(もんぜん)広場(ひろば)(くひ)()ち、100四人(よにん)雁字搦(がんじがら)みに(つな)()き、101数十人(すうじふにん)兵卒(へいそつ)(かた)(まも)らせ()き、102六人(ろくにん)(したが)へ、103(ひぢ)()(ふたた)(おく)()(かへ)(きた)る。
104 小国姫(をくにひめ)(ただ)一人(ひとり)脇息(けふそく)(もた)(うれ)ひに(しづ)んで()る。
105ニコラス『アイヤ、106小国姫(をくにひめ)殿(どの)107(かく)(ごと)弱虫(よわむし)(なん)(おも)つて御館(おやかた)へお()れなさつたか、108貴女(あなた)にも似合(にあは)ぬやり(かた)109二人(ふたり)(むすめ)(まで)咎人(とがにん)となさるとは(はや)まつたやり(かた)だ。110()(どく)ながらもはや(たす)ける(わけ)にはゆきませぬ。111覚悟(かくご)をなされたがよろしからう』
112小国姫(をくにひめ)何処(どこ)(まで)()(ねら)(わざわひ)(かみ)113もはや覚悟(かくご)(いた)して()ります。114皆様(みなさま)115オサラバ』
116()ふより(はや)(ふところ)懐剣(くわいけん)()()()()てんとする一刹那(いちせつな)117スマートは(ちう)()んで()(きた)り、118ワンと一声(ひとこゑ)懐剣(くわいけん)(かじ)()き、119もぎ()(おもて)をさして韋駄天走(ゐだてんばし)りに(はし)()く。120隣室(りんしつ)より三千彦(みちひこ)(こゑ)として、
121千早(ちはや)ふる(かみ)(めぐみ)(いだ)かれし
122(わが)(からたま)(しば)るよしなし。
123三五(あななひ)(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
124(いま)此処(ここ)にありニコラスの(きみ)
125 ニコラスは、126(この)(こゑ)()いて不審(ふしん)()れやらず、
127『イヤ小国姫(をくにひめ)殿(どの)128其方(そなた)三五教(あななひけう)魔法(まはふ)(なら)つたと()える。129ますますもつて()しからぬ代物(しろもの)だ。130もうかうなる(うへ)大黒主(おほくろぬし)(さま)御命令(ごめいれい)()(まで)もなく、131ふん(じば)つて成敗(せいばい)(いた)すで(ござ)らう。132ハンナ、133マリス、134(その)(ほか)四人(よにん)(すみやか)(この)(をんな)(ばく)せ』
135 『ハイ』と(こた)へて六人(ろくにん)小国姫(をくにひめ)無雑作(むざふさ)(しば)()げむとす。136(この)(とき)(となり)()より(すず)しき(こゑ)にて、
137(ひと)138(ふた)139()140()141(いつ)142(むゆ)143(なな)144()145(ここの)146(たり)147(もも)148()149(よろづ)
150(あま)数歌(かずうた)(きこ)えて()た。151小国姫(をくにひめ)肉体(にくたい)より、152(たちま)金色(こんじき)(ひかり)放射(はうしや)し、153ニコラス(はじ)六人(ろくにん)(もの)(たちま)(まなこ)(くら)み、154タヂタヂと(あと)しざりしながらバタリと座敷(ざしき)真中(まんなか)(たふ)れける。
155 三千彦(みちひこ)156求道(きうだう)157デビス、158ケリナの四人(よにん)莞爾(にこにこ)しながら、159(つぎ)()から悠々(いういう)として(あら)はれ(きた)り、160小国姫(をくにひめ)(まへ)()()めた。161小国姫(をくにひめ)()るより二度(にど)吃驚(びつくり)
162『ア、163貴方(あなた)宣伝使(せんでんし)(さま)164ヤ、165(むすめ)166どうしてあの(いましめ)()いて(かへ)られたか』
167三千彦(みちひこ)(まこと)(ひと)つの肉体(にくたい)には、168(やいば)()ちませぬ。169(しば)つても(しば)(こと)出来(でき)ませぬ。170御安心(ごあんしん)なさいませ』
171小国姫(をくにひめ)有難(ありがた)(ござ)います。172三五教(あななひけう)大神様(おほかみさま)173ようお(たす)(くだ)さいました。174只今(ただいま)(かぎ)りバラモンは(おも)()神殿(しんでん)()()けますれば、175何卒(どうぞ)(ゆる)(くだ)さいませ。176アア惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
177合掌(がつしやう)して()る。
178 ニコラス以下(いか)六人(ろくにん)(また)もやムクムクと()(あが)り、
179ニコラス『ヤア其方(そなた)はどうして(いましめ)()(かへ)つてうせたか、180不届者(ふとどきもの)()181サア(はや)()(まは)せ』
182 四人(よにん)一度(いちど)に、
183『アハハハハ、184ホホホホホ』
185哄笑(こうせう)(なが)()(まは)した。186六人(ろくにん)念入(ねんい)りに四人(よにん)(しば)()げ、187今度(こんど)最早(もはや)大丈夫(だいぢやうぶ)と、188(ほそ)針金(はりがね)をもつて(その)(うへ)(しば)(なが)ら、189(また)もや門前(もんぜん)()いて()く。190数十人(すうじふにん)兵士(へいし)(いづ)れも長途(ちやうと)(たび)(つか)グタリとなつて他愛(たあい)もなく(ねむ)つて()る。191ニコラスは大音声(だいおんじやう)にて、
192ニコラス『汝等(なんぢら)兵士(へいし)奴輩(やつばら)193大切(たいせつ)なる咎人(とがにん)()(にが)(ねむ)つて()ると()(こと)があるか。194左様(さやう)(こと)大切(たいせつ)御用(ごよう)(つと)まるか』
195呶鳴(どな)りつけた。196(この)(こゑ)兵士(へいし)一同(いちどう)(おどろ)()(あが)り、197()をつけ」の姿勢(しせい)直立(ちよくりつ)し、198行儀(ぎやうぎ)よく(なら)んだ。199ニコラスは(また)もや四人(よにん)(おな)じく(しば)りつけて()き、200兵士(へいし)厳重(げんぢゆう)監督(かんとく)警護(けいご)すべく(めい)じ、201オホンと呟払(せきばら)ひしながら大手(おほで)()つて六人(ろくにん)(したが)へ、202(おく)()(すす)()る。203(おく)()には小国姫(をくにひめ)204ヘルが心配(しんぱい)さうに火鉢(ひばち)(なか)()いて何事(なにごと)(ささや)いて()る。205ニコラスは威猛高(ゐたけだか)になり、
206ニコラス『如何(いか)小国姫(をくにひめ)207千変万化(せんぺんばんくわ)妖術(えうじゆつ)使(つか)ふとも、208(かく)(ごと)針金(はりがね)をもつて(しば)りつけ数多(あまた)兵士(へいし)(まも)らせたれば最早(もはや)(のが)れる(みち)はない。209サア(これ)から(その)(はう)(ばん)だ。210(すみやか)()(まは)せ』
211小国姫(をくにひめ)『ホホホホホ、212どうせ(いのち)()てようと決心(けつしん)した(わらは)(ござ)います。213そんな(むつかし)(かほ)をせずに(しば)()げて、214()きなと、215()るなと御勝手(ごかつて)になさいませ』
216ヘル『オイ、217ニコラス、218貴様(きさま)(おれ)(かほ)()つて()るか、219(おれ)軍曹(ぐんさう)のヘルさまだぞ。220今日(こんにち)()しも()されもせぬ天下(てんか)泥坊様(どろばうさま)だ。221サア(しば)つて()け。222貴様(きさま)(いま)(しば)つて()つた求道居士(きうだうこじ)は、223鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)秘書官(ひしよくわん)エミシのカーネルさまだ。224下級(かきふ)(もの)上官(じやうくわん)(しば)()げると()(こと)があるか、225反対(あべこべ)(おれ)(はう)からハルナの(みやこ)注進(ちゆうしん)しようか』
226ニコラス『エエ、227カーネルでもヘルでも容赦(ようしや)があらうか。228大黒主(おほくろぬし)(さま)反抗(はんかう)(いた)した大罪人(だいざいにん)229サア(はや)くハンナ、230マリス、231容赦(ようしや)()らぬ、232(ただ)ちに(しば)()げよ』
233 『ハイ』と(こた)へて六人(ろくにん)(また)もや二人(ふたり)(きび)しく(しば)()げ、234門前(もんぜん)広場(ひろば)()きつれ()く。
235大正一二・三・二六 旧二・一〇 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)