霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第72巻(亥の巻)

あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
インドのトルマン国の「スガの港」の物語。
千草の高姫と妖幻坊の杢助の悪事と、それに対する照国別一行の活躍が描かれている。
第1~7章
高姫や妖幻坊が乗った老朽船が「ハルの湖」を「スガの港」に向かって進んで行く。
しかし途中で嵐に遭って転覆。乗客たちは照国別一行が乗った新造船に救助された。
妖幻坊は兇霊の正体を現し、高姫を連れて離れ島「太魔(たま)の島」に漂着。
高姫はこの島にいたカップルを白蟻の餌食にして、服と舟を奪って妖幻坊と一緒に島から離れる。
その後、梅公別(うめこうわけ)が島に現れてカップルを救出した。
第8~17章
スガの港の長者アリスは財産全部を大神に捧げて神殿「スガの宮」を造営する。
その完成祭典の2日前に、ダリヤ姫が神谷村の玉清別に送られて帰宅した。玄真坊に拐かされて行方不明になっていたのだ。(第71巻第1~7章参照)
ヨリコ姫はスガの宮に宗教問答所を開設。それを聞いた高姫と妖幻坊は旅館の別館をウラナイ教の本部にして宣伝を開始。スガの宮よりも参詣者が多くなった。
キューバーは恋着した高姫のために、スガの町中を宣伝に回る。
第18~22章
高姫は、ヨリコ姫がオーラ山の山賊の女帝だったという素性をすっぱ抜いてヨリコ姫をスガの宮から追い出し、スガの宮を手に入れて、関係者を一人も残らず叩き出す。
梅公別が大きなツヅラを担いでやって来て、「あなたの身には欠点はないのか」と言ってツヅラを開けると、「太魔の島」で白蟻の餌食にしたカップルが出て来た。
高姫は顔面蒼白となり、悪狐となって空の彼方に逃げて行った。
スガの宮は元のように玉清別が宮司となり、ヨリコ姫と花香姫は、照国別一行と共に宣伝の旅に出ることになった。
特別篇 筑紫潟
巻末に収録されている「筑紫潟」には、黒姫が死後、中有界で苦しみ、最後にはエンゼルによって救われる様子が記されている。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
千草の高姫43歳
妖幻坊の杢助

フクエ岸子スガのカップル

照国別
照公
梅公別
玄真坊
コブライ、コオロ

アリススガの港の長者
アルエス門番

玉清別神谷村の庄屋

ヨリコ姫タライ村の老婆サンヨの娘(姉)、元オーラ山の山賊の女帝
花香タライ村の老婆サンヨの娘(妹)
ダリヤ姫

タルヤ旅館の亭主

キューバー
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第七十二巻』愛善世界社、2010(平成22)年2月3日 第一刷
初版発行日:1929(昭和4)年4月3日