霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第14巻(丑の巻)

第
霊界物語舞台マップ(説明説明を閉じる
  • 霊界物語舞台マップは当サイトで独自に作成したものであり、底本にはありません。
  • 霊界物語は独自の地名がたくさん出てきます。聞いたことのない地名ばかりだと覚えにくいため、仮に現代の世界地図に当てはめて、物語の世界を覚えやすくしました。
  • 霊界物語は35万年前の太古の神代の物語という時代設定になっています。当時と現代とでは地形に大きな変動がありますので、現代の地図にそのまま当てはめることは出来ません。仮に現代の地図に当てはめるとしたらこの辺になるだろう、という推測で作成したものです。大ざっぱな目安としてごらんください。
  • 世界・日本・大本という「三段の型」があります。霊界物語の舞台は世界のことでもあり、日本のことでもあり、大本のことでもあります。この地図は仮に現代の世界地図に当てはめたものです。
  • 2016/2/26現在、第1~36巻のマップしか作っていません。今後順次作成して行きます。舞台マップをすべて見る
あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
フサの国(ペルシャ)を舞台に、弥次彦、与太彦、勝彦らの身魂磨きの旅が描かれる。
第1~9章
半ダース宣伝使の音彦と、弥次彦・与太彦の三人は、ウラル教の捕り手に追われて谷川に飛び込んだ。
三人の霊魂は中有界をさまよい歩き、三途川(しょうずがわ)の川守の婆と珍妙な問答を繰り広げる。三途川というのは、死者が最初に訪れる場所で、霊魂の善悪が調べられ、天界へ行くか地獄界へ行くか、それとも現界に戻されるか、各自の行く先が決められる。この婆は、使者が悪の霊魂の時には鬼婆となり着衣を剥いで地獄へ落とし、善の霊魂の時には美女に変じて錦の衣に着替えさせ天界へ送るという、通称「脱衣婆」である。
現界に還って来た後、一行は日の出別命の後を追ってフサの都に向かって進む。
弥次彦・与太彦・六公の三人は小鹿山で、ウラル教によって岩窟の中に幽閉されていた三五教の宣伝使・勝彦を救出するが、今度は勝彦と弥次彦の二人が強風に吹き飛ばされて中有界に行ってしまい、三途川の婆と押し問答を繰り広げる。
第10~16章
二人が現界に還ってくると、勝彦・弥次彦・与太彦・六公の四人は休憩のため、山田村のお茶屋に立ち寄った。すると、茶屋で働くお竹という娘は、六公の妻だったことが発覚する。実は六公は妻に暴力を振るうDV夫で、お竹は六公から逃げて、このお茶屋に身を潜めていたのだった。
六公は今は改心をして復縁を願っていた。三五教には「結婚は二度まで」という教えがある。お竹は以前にも離婚歴があり「バツ2」なので、もう後がない。最終的に二人は勝彦の仲人で復縁の祝儀を上げることになる。
第13~14章で、四人は慢心して暴風に吹き飛ばされ、またまた中有界へ。今度は一途川(いちずがわ)にやって来る。ここは現世で善一筋か悪一筋で生きてきた人の霊魂が訪れる場所である。ここにも婆がいて「オレは天国は大嫌いぢゃ。天国へ行こうとする奴を片っ端から霊(たま)を抜いて地の底に送るのがオレの役ぢゃ」と恐ろしいことを言い放つ。
本巻の「跋文」に一途川と三途川の状態について詳しく記されている。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
音彦半ダース宣伝使
弥次彦
与太彦
三途川の脱衣婆
源五郎ウラル教の大目付
銅木像銅と木で造られた機械な化け物
日の出別命
岩彦梅彦亀彦駒彦鷹彦半ダース宣伝使
八公ウラル教の捕り手
六公(六助)
勝彦三五教の宣伝使、30歳
お竹松屋の下女、小山村出身
烏勘三郎ウラル教。大目付役の鷲掴の源五郎の部下(三羽烏)
鶴助お竹の父
お亀お竹の母
松公お竹の兄
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第十四巻』愛善世界社、1995(平成7)年11月5日 第一刷
初版発行日:1922(大正11)年11月15日
備考:
コジカ山の四十八の峠を上り下りしながら、谷に落ちて、三度も中有界を彷徨い、また現界へと戻って来る。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)